最近、日本の空き家問題が非常に深刻です。

全国的な人口減少に歯止めがかからず、 特に地方から都市部への人口流出が盛んに行われています。

その一方で地方に移住したいと考える人や、日本の自然や歴史文化を知りたいと考えている外国人の旅行者も増えてきています。

そこで、土地や空き家を持て余しているオーナーと、地方の物件に一時的に住みたいと考えているユーザーをマッチングさせるプラットフォーム「ADDress(アドレス)」が誕生しました。

今回の記事ではアドレスの特徴や評判について詳しく解説をしていきますのでぜひ参考にしてみてください。

ADDress(アドレス)の公式サイトはこちら⇨

ADDress(アドレス)の特徴・メリットまとめ

アドレスの特徴についてここから説明をしていきます.

アドレスの主な特徴は下記の3つです.

  1. 月額4万円で提携の物件に住み放題
  2. 物件はすでにリノベ済みで wi-fi や家具家電なども完備
  3. 色々な人との出会いがある

それぞれ説明をしていきます。

1.月額4万円で提携の物件に住み放題

アドレスの一番の強みは月額4万円からの定額で全国の提携物件に住み放題で利用することができる点です。

非常に低コストで地方の物件に住むことができるので、本格的な移住者ではなく、週末だけや短期的な移住を考えている人にとっても非常にありがたいサービスです。

飲み放題の月額費用の中には光熱費がすでに組み込まれているため、ランニングコストも含めたこの値段設定ですみます。

2.物件はすでにリノベ済みで wi-fi や家具家電なども完備

地方の物件ということは、かなり古い建物に住むと考える人も多いでしょう。

実はアドレスが提携している物件はすでにリノベーションを実施した後の物件であり、 wi-fiや家具家電、アメニティなどが完備されています。

普段都心部の人混みや喧騒の中で仕事をしている人が、短期的に休みを取って地方で仕事をするのもいいですね。

3.色々な人との出会い がある

アドレスの醍醐味といっても過言でないメリットは、人との出会いです。

他にアドレスを利用して滞在している人とのコミュニケーションが取れることはもちろん、その地域に住んでいる住民の人々ともコミュニケーションを取ることができます。

アドレスが提携している物件は、共同のスペースが設けられているので自然と仲間たちの会話や信頼関係が深まっていきます。

ADDress(アドレス)の注意点・デメリット

記事を書いている2019年7月時点では、 新規会員の募集がストップしています。

理由は定かではありませんが、もし優先的に再会の情報を把握したい人がいれば下記のリンクから確認しておくと良いかと思います。

また、サービスがローンチしてから時間がまだ立っていないため、掲載している物件の数がまだまだ少ないので、これからの展開に期待です。

ADDress(アドレス)の新規会員登録再開の通知を受け取る⇨

ADDress(アドレス)を利用した人の口コミ・評判

続いてはアドレスを実際に利用した人の口コミや評判について詳しく解説をしていきます。

非常に楽しいポジティブな意見や感想がたくさん Twitter 上では見られました。

やはり、移住生活や二拠点生活に憧れている人が多いことの証明ではないでしょうか。

まだまだ新しいサービスではありますのでより具体的な評判や口コミがあれば、その都度アップロードしてきます。

/a>

ADDress(アドレス)の使い方を解説!

ここからはアドレスの具体的な使い方を写真付きで解説していきたいと思います。

大まかな流れは下記の三つです。

  1. 1.年間か月毎で会員契約を行う
  2. 2.会員専用のサイトから実際に住んでみたいエリアを選択して予約する
  3. 3.予約した拠点に実際に滞在します

利用のステップはたったこれだけです。

ただし先ほどお伝えした通り、2019年7月3日時点ではアドレスの新規会員を募集は停止しています。

現時点では新しい会員になることはできませんが、 登録を行っておくことで退会した場合のお知らせを優先的に受け取ることができます。

お知らせを受け取りたいと思った人は下記のページにアクセスしてみてください。

ADDressの募集再開通知を受け取りたい方はこちら⇨

ADDress(アドレス)の運営会社情報

最後にアドレスの運営会社の情報について詳しく解説をしておきます。

ADDress(アドレス)の代表を務めるのは、佐別当隆志さんで、ガイアックスのブランド推進室で勤務されていた経験があります。

同時にシェアリングエコノミー協会の設立者兼事務局長として、シェアリングエコノミーについての提言や国と提携しながらさまざまな取り組みを行ってきた経験もお持ちです。

それらの経験を生かしてADDress(アドレス)を創業し、地方に余っている遊休資産をシェアリングエコノミーの力で活用していこうというサービスを立ち上げたのです。

現時点で利用できる拠点の一例

2019年7月時点で公式ホームページに掲載されているアドレスの拠点をいくつか紹介しておきます。

  • 清川 (神奈川県)
  • 二子玉川 (東京都)
  • 別府 (大分県)
  • 南房総 (千葉県)
  • 鎌倉 (神奈川県)
  • 長野原 (群馬県)
  • 南伊豆 (静岡県)
  • 一宮 (千葉県)
  • 美浜 (福井県)
  • 南部 (山梨県)
  • 札幌 (北海道)
  • 岩見 (鳥取県)
  • 三好 (徳島県)
  • 小布施 (長野県)
  • 新富町 (宮崎県)

上記は一部の物件ですが、 新しく会員登録をすればより多くの物件情報を確認することができます。

ADDress(アドレス)の会社概要

まとめ

今回の記事では地方の空き家遊休資産を活用し、 地方に泊まったり生活したいと考えている人のニーズをマッチングさせるADDress(アドレス)について紹介してきました。

エアビーアンドビーのように、気軽に賃貸に出すことができるサービスも出てきていますが、家具家電や光熱費を全て込みの状態で長期的に滞在できる点は大きなメリットだといえるでしょう。

短期間での滞在も可能ですし、wi-fi やアメニティなども充実しているため週末に気軽に地方で仕事をするといったようなワークスタイルも実現できそうです。

現在は新規会員の登録を実施していないので興味のある方は新規募集再開の通知を受け取れるページの申し込みをしておくといいでしょう。

ADDress(アドレス)の公式サイトはこちら⇨