1週間ほどで始められて、オンラインで完結できるソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)が人気ですよね。

投資家の数は増え続けていますし、サービス会社も10社を超えています。

1万円から投資できるサービスも多く、株式投資や不動産投資よりも高い利回りが狙えることも大きなメリットでしょう。

ここでは、2020年12月に始まったばかりの最新ソーシャルレンディング「バンカーズ」をご紹介します。

新規のサービスならではのキャンペーンも実施していますので、ぜひご覧ください。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら⇒

Bankers(バンカーズ)のソーシャルレンディング評判と口コミ

まずは、バンカーズに関する評判や口コミをSNSからご紹介します。

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ①

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ②

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ③

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ④

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ⑤

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ⑥

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ⑦

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ⑧

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ⑨

バンカーズは2020年12月にサービスが始まったばかりですが、すでにいくつもツイートが見つけられます。

投資家の期待が高いことが分かりますね。

第1号ファンドも完売でしたし、サービス開始から1年未満で20以上のファンドが組成されるなど、募集ペースが早いのも好評です。

今後も人気は高まっていくのではないでしょうか。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら⇒

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴5選

バンカーズのメリットや特徴としては

  1. 融資と商業手形を組み合わせた日本初のソーシャルレンディング
  2. 金融出身者による堅実なファンド組成
  3. 1口1万円から投資できる
  4. 46年の社歴があるサービス会社の信頼性
  5. 日本円建ての投資

が挙げられますので、具体的に解説していきます。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴1.融資と商業手形を組み合わせた日本初のソーシャルレンディング

バンカーズは、融資だけではなく商業手形も組み合わせた貸付スキームになります。

これはソーシャルレンディング業界で初めてだそうです。

バンカーズの前身が創業46年の貸金業者であるため、豊富なノウハウを活かしているようです。

実際に前身企業は商業手形について10年間不渡りを出していないと公表しており、安定性もとても高いですよね。

また、融資だけの場合と異なり商業手形分は金利のアップサイドにもなるため、予定金利に幅があることも特徴です。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴2.金融出身者による堅実なファンド組成

バンカーズには金融出身者が多数在籍しており、高度で手堅いファンドを組成しています。

大和証券や大手ソーシャルレンディング業者の出身者もいるため、後発だからこそのリスクを抑えた投資ができそうです。

他のソーシャルレンディング会社と比べても、専門知識に長けた人材が集まっているのではないでしょうか。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴3. 1口1万円から投資できる

バンカーズは、1口1万円から投資ができるのも特徴です。

筆者は10社以上のソーシャルレンディングサービスや類似している不動産投資クラウドファンディングにも投資をしていますが、特に不動産領域では1口10万円からなど最低投資額が上がってしまうこともあります。

バンカーズは始まったばかりのサービスですし、「まずは少額だけ投資をして様子を見たい」という方もいるのではないでしょうか。

1万円から気軽に始められる点は大きなメリットでしょう。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴4. 46年の社歴があるサービス会社の信頼性

ソーシャルレンディングは、サービス会社の信頼性が非常に重要です。

始まったばかりのサービスでは、本当に信頼できる会社が運営しているのか必ず確認したいですよね。

バンカーズはソーシャルレンディングへの参入は新規ですが、サービス会社は昭和49年に設立された実績のある貸金業者です。

他のソーシャルレンディング会社と比較しても社歴が長く、そこに金融出身者たちがさらに加わった形のようです。

設立したばかりの会社や、ソーシャルレンディングしか行っていない会社よりも安定性は優れていると言えるでしょう。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴5.日本円建ての投資

最近は、日本のソーシャルレンディングでも海外に投資できるファンドが増えています。

先進国だけではなく、新興国など世界中に投資が可能になってきました。

しかし、その際の為替リスクは大きく、せっかく貸付で利益が出ても為替差益で損をしてしまうことや、手持ちの外貨が使えず、サービス会社内で手数料を払って外貨に両替えする必要があるなど、考慮しなければならないことは増えます。

バンカーズでは円建ての投資となるため、為替がよく分からない方にはシンプルでよいのではないでしょうか。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら⇒

Bankers(バンカーズ)のデメリット・注意点3選

バンカーズでの投資を検討する際には、デメリットや注意点も必ず理解しておきましょう。

Bankers(バンカーズ)のデメリット・注意点1.金利は1.8%~4%とやや低め

現在組成済みのファンドでは、金利は1.8%~4%ほどとやや低めです。

リスクの低さがバンカーズの利点ではありますが、ソーシャルレンディングは、ハイリスクハイリターンで株式投資よりも高いリターンが狙えることも魅力ではあります。

「多少はリスクを取っても高利回りが欲しい」という方には少し物足りないかもしれません。

Bankers(バンカーズ)のデメリット・注意点2.ソーシャルレンディングとしての実績はこれから

バンカーズは新規参入のため、2021年9月現在、無事に運用が終了したファンドはまだ2件だけです。

サービスが始まったばかりの頃は、「金利が高すぎておかしい」だとか「ファンドの組成が続くか怪しい」などと言われることも多いため、不安を感じる方もいるかもしれません。

ただし、バンカーズはすでに貸金事業の長い運営会社が始めたサービスであるため、今後の発展に期待はできるでしょう。

Bankers(バンカーズ)のデメリット・注意点3.元本は保証されない(全てのソーシャルレンディングで共通)

保証や担保でリスクを減らしたとしてもリスクはゼロにはなりません。

絶対に安全な投資商品は存在しないため、バンカーズがいくらリスク対策に力を入れているとしても、元本が保証されるわけではないのは覚えておきましょう。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら⇒

Bankers(バンカーズ)をおすすめしたい人の特徴

バンカーズは、すでに長い事業歴のある会社によるソーシャルレンディング参入となります。

そのため、筆者のように様々なソーシャルレンディングに投資をしながら、「さらに投資先を増やしたい」「新しいファンドに投資してみたい」という方におすすめです。

また、バンカーズはリスク対策に重点を置いているソーシャルレンディングと言えるため、堅実なサービスを探している方にも向いているでしょう。

償還実績がまだ少ないため未知数の部分はありますが、新規サービスならではのキャンペーンもあるため、有効に活用してみてはいかがでしょうか。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら⇒

Bankers(バンカーズ)の運営会社の評判は?実際に話を聞いた印象はよい?

バンカーズは新規参入ということから、最初のファンドが募集される前に直接説明を聞ける場がありました。

バンカーズからは担当者だけではなく経営層も参加をして、筆者を含めて10人ほどが話をお聞きしました。

画面越しですがお顔も拝見しましたので、その時の印象をお伝えします。

Bankers(バンカーズ)は専門性の高いベテラン揃いで信頼できる

始めに取締役の方が理念やミッションを話され、そのあと担当者の方が細かくサービスの特徴を説明してくれました。

全員が長年大手金融機関で経験を積んできた専門家であり、年齢層は高く落ち着いた雰囲気でした。

サービスは新しいものの、ベテラン感がありましたね。

また、具体的なファンドの仕組みや今後の方針については質疑応答の時間があり、専門的な質問も出ましたが分かりやすく即答していました。

ソーシャルレンディングはどうしても事業者リスクに注意する必要がありますが、直接社員の方と話をした印象として、非常に信頼できると感じました。

余計な心配はせずに、今後もファンドを期待できるサービスだと思います。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら⇒

Bankers(バンカーズ)はキャンペーンが豊富?令和3年のキャンペーン情報

ソーシャルレンディングの中には、キャンペーンを頻繁に実施しているサービス会社も多いです。

ギフト券がもらえたり、特産物が送られてくるキャンペーンもありますね。

バンカーズにもキャンペーンはあるのか、最新情報を確認しましょう。

Bankers(バンカーズ)もキャンペーンを実施中(2021年9月現在)

バンカーズでは、サイトのリニューアル記念として、会員登録でもれなく2,000円のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しています。

こちらは2021年9月30日までに仮登録が必要ですので、興味のある方はお急ぎください。

すでに会員登録をされている方は、投資累計金額30万円以上で1,000円分~300,000円分のAmazonギフト券がもらえる「投資大キャンペーン」に参加できます。

こちらも9月30日までとなっていますが、バンカーズはキャンペーンが豊富なため、期限が延長されたり、すぐに新しいキャンペーンが始まる可能性も高いです。

最新情報は、ぜひ公式サイトからチェックしてくださいね。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら⇒

Bankers(バンカーズ)の筆者の評判は?実際に投資している?

バンカーズには、筆者も実際に投資をしています。

金利は少し低めですが、リスク対策がしっかりしているため、ポートフォリオに組み入れています。

利回りが上振れする可能性は他社になく面白いですし、実際に複数の社員の方と話をした感触として、信頼性は高いと感じました。

現在のファンド数や規模ではバンカーズの体制に比べて小規模だと思われるため、今後も更なる拡大が前提なのではないでしょうか。

引き続き、新しいファンドにも期待しながら投資していく予定です。

Bankers(バンカーズ)のリスク対策は今後さらに重視される

2021年に入って、ソーシャルレンディング業界で大きなニュースが起きました。

融資残高でトップのSBIソーシャルレンディングにおいて、最大150億円ほどの損失が発覚したのです。

筆者も相当額を投資しており、幸いにして元本は補填されるため損はしませんが、今後はより安全性を重視する必要があるでしょう。

この点でもバンカーズのリスク対策は魅力的であるため、今後はさらに投資額を増やしていこうと考えています。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら⇒

Bankers(バンカーズ)のソーシャルレンディングはなぜリスクが低い?

ソーシャルレンディングの投資については、「リスクは高いのではないか?」「株式投資の方がよいのでは?」といった意見も聞かれますよね。

株式投資も10年以上実施している筆者が、そんな疑問にお答えいたします。

Bankers(バンカーズ)のソーシャルレンディングは外部要因に影響されにくい

「バンカーズのソーシャルレンディングはなぜリスクが低いか」については、「損をする要因が限られているから」と回答できます。

例えば株式投資であれば、どれだけ投資先の企業の業績が良かったとしても、競合他社との比較、政治状況、国際問題など、個々の企業ではどうにもならない要因によって損をする可能性があります。

外部要因の影響を否応なしに受けてしまうため、「株はリスクが高い」と言われるのです。

一方でソーシャルレンディングについては、貸付先の業績が仮に悪化しようが、世の中全体が混乱している時期だろうが、貸している資金を回収できればよいわけです。

貸付先についても個人などではなく、しっかりと支払い能力のある企業をスクリーニングし、さらには保証や担保までファンドに組み込んでいるケースもありますよね。

そのため、数年に一度起きるような詐欺事件に巻き込まれない限り、非常に高確率で儲かるわけです。

バンカーズはそのソーシャルレンディングの中でも特に安全性を重視しているため、「損をしたくない」という方におすすめできます。

ソーシャルレンディングと株式投資、どちらか一方だけでは分からない利点を、ぜひ参考にしてください。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら⇒

Bankers(バンカーズ)を始めるステップを紹介

それでは、バンカーズで実際に投資を始めるためのステップをお伝えしましょう。

1.ホームページから仮登録

まずは、ホームページから仮登録をします。

会員登録のフォームに必要事項を入力して、「会員仮登録を完了する」をクリックすると、記入したメールアドレスに本登録の案内が届きます。

2.会員本登録用のURLから本登録

【会員仮登録完了のお知らせ】というメールが届いたら、URLをクリックして本登録ページに進みましょう。

詳細な情報を入力したら「内容に同意の上、本人確認書類提出へ進む」をクリックして、金融機関の登録と、本人確認書類のアップロードを行います。

3日~1週間ほどで本登録が完了となりますので、連絡を待ってください。

3.ハガキ受け取りと本人確認コード入力

本登録が済んだら、1週間以内に登録した住所にハガキが届きます。

ハガキに記載されている本人確認コードをログイン画面で入力すれば、投資ができる状態になります。

3.ファンドを選んで運用開始

応募したいファンドを選んで、成立すれば運用開始です。

Bankers(バンカーズ)の運営会社情報

バンカーズは、株式会社バンカーズが運営する2020年12月にサービスを開始した新しいソーシャルレンディングサービスです。

ソーシャルレンディング事業は新規となりますが、46年の歴史がある「泰平物産株式会社」という貸金業者を前身としているため、他のサービス会社と比べても社歴のある企業と言えます。

大和証券出身者など様々な金融企業での経験豊富なメンバーに加えて、IT業界からもメンバーが参画し、2019年を第2創業期として「バンカーズ」としての新しいスタートを切ったようです。

貸金業と金融商品取引業にテクノロジーも加えて、バンカーズだけのファンドスキームを提供するなど、今後が楽しみなサービスではないでしょうか。

有力な株主として、サイバーエージェントとインキュベイトファンドの2社からの出資を受けているのも特筆すべき点です。

ソーシャルレンディングはサービス会社の信頼性が非常に重要ですので、資本金が1億3,300万円ある点も併せて、安心できる企業だと言えます。

株式会社バンカーズの会社概要

会社名

株式会社バンカーズ

設立日

昭和49年8月

資本金

13,300万円

本社所在地

東京都千代田区麹町2-12-1 VORT半蔵門8F

登録/加入協会

第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第3216号
貸金業登録番号:関東財務局長(13)第00077号
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
日本貸金業:協会会員 第002411号
加入指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構

まとめ

バンカーズは、2020年12月にサービスを開始した新しいソーシャルレンディングサービスです。

新規参入が増えているソーシャルレンディング業界ですが、昭和49年設立で事業歴が豊富なため期待できます。

多くの金融出身者たちに作り込まれた、リスクの低いファンドも特徴的ですよね。

キャンペーンも頻繁に実施しているため、投資先を増やしたい方はチェックしてみてはいかがでしょう。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら⇒

 

☆編集部イチオシの投資サービス「COZUCHI」☆

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、20以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始めら、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

COZUCHIのファンドは非常に人気が高くすぐに枠が埋まってしまうので、最新のファンド情報を逃さないためにも無料の会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見てみる⇨