1週間ほどで始められて、オンラインで完結できるソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)が注目されていますよね。

投資家の数は増え続けていますし、サービス会社も10社を超えています。

1万円から投資できるサービスも多く、株式投資や不動産投資よりも高い利回りが狙えることも大きなメリットでしょう。

ここでは、2020年12月に始まったソーシャルレンディング「バンカーズ」をご紹介します。

新規のサービスならではのキャンペーンも実施していますので、ぜひご覧ください。

※現在バンカーズでは、当サイトがバンカーズのタイアップメディアに選ばれたことで、当サイト経由で新規登録された方はAmazonギフト券が2,000円相当ももらえるキャンペーンを実施中です

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

関連記事⇨不動産投資クラウドファンディングおすすめ比較ランキング【2022年最新】

Bankers(バンカーズ)のソーシャルレンディング評判と口コミ

まずは、バンカーズに関する評判や口コミをSNSからご紹介します。

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ①

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ②

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ③

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ④

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ⑤

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ⑥

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ⑦

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ⑧

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ⑨

Bankers(バンカーズ)の評判と口コミ⑩

バンカーズは2020年12月にサービスが始まったばかりですが、すでにいくつもツイートが見つけられます。

投資家の期待が高いことが分かりますね。

第1号ファンドも完売で、サービス開始から1年で30以上のファンドが組成されるなど、募集ペースが早いのも好評です。

キャンペーンが豊富な点もメリットで、ツイッターでもキャンペーンがとても盛り上がっていますよね。

今後も人気は高まっていくのではないでしょうか。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴9選

バンカーズのメリットや特徴としては

  • 融資と商業手形を組み合わせた日本初のソーシャルレンディング
  • 金融出身者による堅実なファンド組成
  • 1口1万円から投資できる
  • 47年の社歴があるサービス会社の信頼性
  • 日本円建ての投資
  • お得なキャンペーンが豊富
  • 年間30ファンドのハイペース組成
  • 親会社がセイムボート出資の安全性
  • 株価市場の変動を受けにくい

が挙げられますので、具体的に解説していきます。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴1.融資と商業手形を組み合わせた日本初のソーシャルレンディング

融資と商業手形を組み合わせた日本初のソーシャルレンディング

バンカーズは、融資だけではなく商業手形も組み合わせた貸付スキームになります。

これは、ソーシャルレンディング業界で初めてだそうです。

バンカーズの前身が創業47年の貸金業者であるため、豊富なノウハウを活かしているようです。

前身企業は、商業手形について10年間不渡りを出していないと公表しており、安定性もとても高いですよね。

また、融資だけの場合と異なり、商業手形分は金利のアップサイドにもなるため、予定金利に幅があることも特徴です。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴2.金融出身者による堅実なファンド組成

38_特徴2_金融出身者による堅実なファンド組成

バンカーズには金融出身者が多数在籍しており、高度で手堅いファンドを組成しています。

大和証券や大手ソーシャルレンディング業者の出身者もいるため、後発だからこそのリスクを抑えた投資ができそうです。

他のソーシャルレンディング会社と比べても、専門知識に長けた人材が集まっているのではないでしょうか。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴3. 1口1万円から投資できる

1口1万円から投資できる

バンカーズは、1口1万円から投資ができるのも特徴です。

筆者は10社以上のソーシャルレンディングサービスや、類似している不動産投資クラウドファンディングにも投資をしていますが、特に不動産領域では1口10万円からなど最低投資額が上がってしまうこともあります。

ただ、バンカーズは始まったばかりのサービスですし、「まずは少額だけ投資をして様子を見たい」という方もいるのではないでしょうか。

1万円から気軽に始められる点は、初めて投資を行うという方にも大きなメリットでしょう。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴4. 47年の社歴があるサービス会社の信頼性

46年の社歴があるサービス会社の信頼性

ソーシャルレンディングは、サービス会社の信頼性が非常に重要です。

始まったばかりのサービスでは、本当に信頼できる会社が運営しているのか必ず確認したいですよね。

バンカーズはソーシャルレンディングへの参入は新規ですが、サービス会社は昭和49年に設立された実績のある貸金業者です。

他のソーシャルレンディング会社と比較しても社歴が長く、そこに金融出身者たちがさらに加わった形になります。

設立したばかりの会社や、ソーシャルレンディングしか行っていない会社よりも、安定性は優れていると言えるでしょう。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴5.日本円建ての投資

日本円建ての投資

最近は、日本のソーシャルレンディングでも海外に投資できるファンドが増えています。

先進国だけではなく、新興国など世界中に投資が可能になってきました。

しかし、その際の為替リスクは大きく、せっかく貸付で利益が出ても為替差益で損をしてしまうことや、手持ちの外貨が使えず、サービス会社内で手数料を払って外貨に両替えする必要があるなど、考慮しなければならないことは増えます。

バンカーズでは円建ての投資となるため、為替がよく分からない方にはシンプルでよいのではないでしょうか。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴6.お得なキャンペーンが豊富

お得なキャンペーンが豊富

バンカーズはお得なキャンペーンが豊富なソーシャルレンディングサービスとなっています。

他にもキャンペーンを実施するソーシャルレンディングサービスはありますが、他社と比べてもキャンペーンが豊富なおすすめのサービスです。

バンカーズでは、当サイトがバンカーズのタイアップメディアに選ばれたことで、当サイト経由で新規登録された方は「Amazonギフト券が2,000円相当」もらえるキャンペーンも実施しています。

始めるのなら間違いなく今がチャンスですので、必ず当サイト経由でお得に登録してみてください。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴7.年間30ファンドのハイペース組成

年間30ファンドのハイペース組成

バンカーズは2020年12月に開始された、比較的新しいソーシャルレンディングサービスではありますが、なんと1年間で30ファンドを組成しています。

他のソーシャルレンディングと比べても、間違いなくハイペースですよね。

専門性や充実した体制がしっかりと発揮されていると言えます。

利回りは3~4%が多く、ファンドの募集金額は平均で1億円近い大型ですし、総合力のとても高いソーシャルレンディングへサービスと急成長しています。

資金効率という観点からも、おすすめできる投資先ですよね。

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴8.親会社がセイムボート出資の安全性

親会社がセイムボート出資の安全性

バンカーズでは、ソーシャルレンディングでは珍しく、セイムボート出資を導入しているファンドがあります。

ソーシャルレンディングでは、同一のファンドに運営会社は出資せず、投資家のみで出資することが一般的です。

匿名組合契約においては、匿名組合の営業者が匿名組合員(投資者)になることができないことも要因ですよね。

そのためバンカーズでは、親会社が共同出資をすることで、セイムボート出資を実現しているメリットがあります。

投資家だけではなく、バンカーズの親会社も同じファンドに出資をすることは、安全性や信頼性、専門性の発揮においても間違いなくプラスと言えるでしょう。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

Bankers(バンカーズ)のメリット・特徴9.株価市場の変動を受けにくい

株価市場の変動を受けにくい

バンカーズでは、一般的に金利の上昇や低下、さらには景気の動きで利回りが変動します。

株式投資などと違って日々の値動きがなく、株式市場の変動を受けにくいです。

株式投資をしていると、どうしても株価の変動に対して一喜一憂してしまうことがあるでしょう。

バンカーズのファンドへの投資なら、そうした価格変動に左右されないという強みがあります。

Bankers(バンカーズ)のデメリット・注意点4選

バンカーズでの投資を検討する際には、デメリットや注意点も必ず理解しておきましょう。

主なデメリットは

  • 金利は1.8%~4%と低め
  • ソーシャルレンディングとしての実績はこれから
  • 元本は保証されない(すべてのソーシャルレンディングで共通)
  • 中途解約不可

となっていますので、それぞれ解説していきます。

Bankers(バンカーズ)のデメリット・注意点1.金利は1.8%~4%とやや低め

金利は1.8%〜4%とやや低め

現在組成済みのファンドでは、基本的に金利は1.8%~4%ほどとやや低めです。

リスクの低さがバンカーズの利点ではありますが、ソーシャルレンディングは、ハイリスクハイリターンで、株式投資よりも高いリターンが狙えることも魅力ではあります。

「多少はリスクを取っても高利回りが欲しい」という方には、少し物足りないかもしれません。

ただ、2021年の後半には利回り5.50%のファンドや利回り6.0%のファンドも誕生してきており、利回りが高い案件も徐々に見られるようになってきました。

今後のファンドも継続的に見ていけば、高利回りファンドに投資できるかもしれません。

Bankers(バンカーズ)のデメリット・注意点2.ソーシャルレンディングとしての実績はこれから

ソーシャルレンディングとしての実績はこれから

バンカーズは新規参入のため、2022年2月時点で、無事に運用が終了したファンドはまだ6件だけです。

サービスが始まったばかりの頃は、「金利が高すぎておかしい」「ファンドの組成が続くか怪しい」などと言われることも多いため、不安を感じる方もいるかもしれません。

ただ、2021年9月地点では2件のみしか運用終了してませんでしたから、だんだん運用終了が増えてきています。

バンカーズはすでに貸金事業の長い運営会社が始めたサービスであるため、今後の発展に期待はできるでしょう。

Bankers(バンカーズ)のデメリット・注意点3.元本は保証されない(すべてのソーシャルレンディングで共通)

元本は保証されない(全てのソーシャルレンディングで共通)

ソーシャルレンディングなどすべての投資商品に言えることですが、保証や担保でリスクを減らしたとしても、リスクはゼロになりません。

バンカーズに限らず、ソーシャルレンディングには元本保証がないので、投資商品共通のデメリットと言えるでしょう。

絶対に安全な投資商品は存在しないため、バンカーズがいくらリスク対策に力を入れているとしても、元本割れする可能性があることは覚えておきましょう。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

Bankers(バンカーズ)のデメリット・注意点4.中途解約不可

中途解約不可

バンカーズではファンドに申込をしてしまうと、出資金を入金していなくても、さらには運用が開始されていなくても解約できません。

入金のキャンセルや、未入金によるキャンセルもできません。

たとえ少額とはいえ投資は投資です。

自分のお金で運用をするのですから、投資内容は必ず確認しておきましょう。

Bankers(バンカーズ)をおすすめしたい人の特徴

バンカーズは、すでに長い事業歴のある会社によるソーシャルレンディング参入となります。

そのため、様々なソーシャルレンディングに投資をしながら、「さらに投資先を増やしたい」「新しいファンドに投資してみたい」「新しい資産運用方法を試してみたい」という方におすすめです。

また、バンカーズはリスク対策に重点を置いているソーシャルレンディングと言えるため、堅実なサービスを探している方にも向いているでしょう。

償還実績がまだ少ないため未知数の部分はありますが、新規サービスならではのキャンペーンもあるため、有効に活用してみてはいかがでしょうか。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

Bankers(バンカーズ)の運営会社の評判は?実際に話を聞いた印象はよい?

バンカーズは新規参入ということから、最初のファンドが募集される前に直接説明を聞ける場がありました。

バンカーズからは担当者だけではなく経営層も参加をして、筆者を含めて10人ほどが話をお聞きしました。

画面越しですがお顔も拝見しましたので、その時の印象をお伝えします。

Bankers(バンカーズ)は専門性の高いベテラン揃いで信頼できる

Bankers(バンカーズ)は専門性の高いベテラン揃いで信頼できる

始めに取締役の方が理念やミッションを話され、そのあと担当者の方が細かくサービスの特徴を説明してくれました。

全員が長年大手金融機関で経験を積んできた専門家であり、年齢層は高く落ち着いた雰囲気でした。

サービスは新しいものの、ベテラン感がありましたね。

また、具体的なファンドの仕組みや今後の方針については質疑応答の時間があり、専門的な質問も出ましたが、分かりやすく即答していました。

ソーシャルレンディングはどうしても事業者リスクに注意する必要がありますが、直接社員の方と話をした印象として、非常に信頼できると感じました。

余計な心配はせずに、今後もファンドを期待できるサービスだと思います。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

バンカーズ・ホールディング

株式会社バンカーズ・ホールディングは、バンカーズのグループ会社を統括するいわばバンカーズの親会社で、株主を増やして資金調達を行いながら、事業拡大を図っています。

大口の投資家から富裕層向けの投資商品を開拓して商品化しながら、バンカーズを通じて一般の個人投資家たちにも小口で投資できるスタイルを成立させているのです。

バンカーズ・ホールディング(親会社)によるセイムボート出資も特徴的

ソーシャルレンディングにおいては、通常、運営会社が同じファンドに出資することはできません。

優先劣後方式が採用できないわけです。

しかし、バンカーズはソーシャルレンディングでは珍しく、運営側も同じファンドに出資をして安全性を高めていますよね。

これは、バンカーズ・ホールディングという親会社を使うことで、親会社が投資家と共同出資をしている形になります。

このような他のソーシャルレンディングにはない仕組みで共同出資を可能にしている点も、バンカーズの専門性の高さが伝わってきますよね。

Bankers(バンカーズ)はキャンペーンが豊富!当サイト特別キャンペーンも実施中!令和4年のキャンペーン情報

ソーシャルレンディングの中には、キャンペーンを頻繁に実施しているサービス会社も多いです。

ギフト券がもらえたり、特産物が送られてくるキャンペーンもありますね。

バンカーズにもキャンペーンはあるのか、最新情報を確認しましょう。

Bankers(バンカーズ)は当サイト特別キャンペーンでAmazonギフト券2,000円相当がもらえる!

当サイトがバンカーズのタイアップメディアに選ばれたことで、当サイト経由で新規登録された方は、Amazonギフト券が2,000相当もらえるキャンペーンを実施中です。

Amazonギフト券がもらえる条件は、当サイト経由で新規会員登録をすることと、その後にメールマガジン登録をすることです。

結果的に全く投資をしなかったとしても、新規会員登録をするだけでAmazonギフト券がもらえるのは非常に嬉しいですよね。

注意してほしいのは、2022年5月15日までの限定キャンペーンである点と、必ずこのサイト経由で会員登録をしなければならない点です。

バンカーズで投資をしてみたい方や、まずは会員登録しておいてファンドを待ちたい方は、必ずこのお得なキャンペーンを利用することをおすすめします。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

Bankers(バンカーズ)の今後のキャンペーンは?

バンカーズはキャンペーンが豊富なため、期限が延長されたり、すぐに新しいキャンペーンが始まることが多いです。

最新のキャンペーンも公開されていますので、随時チェックしておきましょう。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

Bankers(バンカーズ)の筆者の評判は?実際に投資している?

バンカーズには、筆者も実際に投資をしています。

金利は少し低めですが、リスク対策がしっかりしているため、ポートフォリオに組み入れています。

利回りが上振れする可能性は他社になく面白いですし、実際に複数の社員の方と話をした感触として、信頼性は高いと感じました。

現在のファンド数や規模ではバンカーズの体制に比べて小規模だと思われるため、今後も更なる拡大が前提なのではないでしょうか。

引き続き、新しいファンドにも期待しながら投資していく予定です。

Bankers(バンカーズ)のリスク対策は今後さらに重視される

2021年に入って、ソーシャルレンディング業界で大きなニュースが起きました。

融資残高でトップのSBIソーシャルレンディングにおいて、最大150億円ほどの損失が発覚したのです。

筆者も相当額を投資しており、幸いにして元本は補填されるため損はしませんが、今後はより安全性を重視する必要があるでしょう。

この点でもバンカーズのリスク対策は魅力的であるため、今後はさらに投資額を増やしていこうと考えています。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

Bankers(バンカーズ)のソーシャルレンディングはなぜリスクが低い?

ソーシャルレンディングの投資については、「リスクは高いのではないか?」「株式投資の方がよいのでは?」といった意見も聞かれますよね。

株式投資も10年以上実施している筆者が、そんな疑問にお答えいたします。

Bankers(バンカーズ)のソーシャルレンディングは外部要因に影響されにくい

Bankers(バンカーズ)のソーシャルレンディングは外部要因に影響されにくい

「バンカーズのソーシャルレンディングはなぜリスクが低いか」については、「損をする要因が限られているから」と回答できます。

例えば株式投資であれば、どれだけ投資先の企業の業績が良かったとしても、競合他社との比較、政治状況、国際問題など、個々の企業ではどうにもならない要因によって損をするかもしれません。

外部要因の影響を否応なしに受けてしまうため、「株はリスクが高い」と言われるのです。

一方でソーシャルレンディングについては、貸付先の業績が仮に悪化しようが、世の中全体が混乱している時期だろうが、貸している資金を回収できればよいわけです。

貸付先についても個人などではなく、しっかりと支払い能力のある企業をスクリーニングし、さらには保証や担保までファンドに組み込んでいるケースもありますよね。

そのため、数年に一度起きるような詐欺事件に巻き込まれない限り、非常に高確率で儲かるわけです。

バンカーズはそのソーシャルレンディングの中でも特に安全性を重視しているため、「損をしたくない」という方におすすめできます。

ソーシャルレンディングと株式投資、どちらか一方だけでは分からない利点を、ぜひ参考にしてください。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

Bankers(バンカーズ)で会員登録を行う手続きを写真付きで解説

それでは、バンカーズで実際に投資を始めるためのステップを紹介します。

1.Bankers(バンカーズ)の公式サイトにアクセスしを赤枠の部分をクリックします

2.メールアドレスやパスワードを入力し「会員仮登録を完了する」をクリックします

3.下記の画面になったら、先ほど入力したメールアドレスの受信箱をチェックしましょう

下記のようなメールが届くので、URLをクリックしましょう

4.会員情報を入力し「内容に同意の上、本人確認書類書類提出へ進む」をクリックします

5.本人確認書類をアップロードし「本人確認書類を提出する」をクリックします

7.登録完了後に、審査結果が後ほどメールで届きます

6.最後に利用の流れを確認しておきましょう

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

Bankers(バンカーズ)の運営会社情報

バンカーズは、株式会社バンカーズが2020年12月にサービスを開始した新しいソーシャルレンディングサービスです。

ソーシャルレンディング事業は新規となりますが、47年の歴史がある「泰平物産株式会社」という貸金業者を前身としているため、他のサービス会社と比べても社歴のある企業と言えます。

大和証券出身者など様々な金融企業での経験豊富なメンバーに加えて、IT業界からもメンバーが参画し、2019年を第2創業期として「バンカーズ」としての新しいスタートを切ったようです。

貸金業と金融商品取引業にテクノロジーも加えて、バンカーズだけのファンドスキームを提供するなど、今後が楽しみなサービスではないでしょうか。

株式会社バンカーズの会社概要

会社名

株式会社バンカーズ

代表者

澁谷 剛

設立日

昭和49年8月

資本金

1,000万円

本社所在地

東京都千代田区麹町2-12-1 VORT半蔵門8F

登録/加入協会

第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第3216号
貸金業登録番号:関東財務局長(13)第00077号
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
日本貸金業:協会会員 第002411号
加入指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構

まとめ

バンカーズは、2020年12月にサービスを開始した新しいソーシャルレンディングサービスです。

新規参入が増えているソーシャルレンディング業界ですが、バンカーズは昭和49年設立で事業歴が豊富なため期待できます。

多くの金融出身者たちに作り込まれた、リスクの低いファンドも特徴的ですよね。

キャンペーンも頻繁に実施しているため、新しい資産運用方法として、投資先を増やしたい方はチェックしてみてはいかがでしょう。

Bankers(バンカーズ)の公式サイトはこちら(当サイト特別キャンペーン実施中)⇒

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る