「不動産投資型クラウドファンディングで人気のあるbitREALTY(ビットリアルティ)ってどんなサービス?」

「安全に不動産投資出来るサービスがあるって本当?」

bitREALTY(ビットリアルティ)を検討する方は、上記のような疑問を持っているケースが多いです。

1万円から不動産投資を始めることが出来る不動産投資型クラウドファンディングですが、気になるのは、やはりサービスの信用度です。

特に投資未経験の方にとって、投資を始めるのは心理的なハードルが高く、自分の資金を投資するサービスが信用できるのか不安に感じてしまうものです。

そこでおすすめするのが、金融・収益不動産の部門で国内最大級の企業2社が共同で立ち上げた不動産投資型クラウドファンディングサービス「bitREALTY(ビットリアルティ)」です。

ビットリアルティは、国内最大級の不動産アセットマネジメント会社であるケネディクス株式会社と、金融ITソリューション分野で数多くの実績がある株式会社野村総合研究所が共同出資の上、誕生した「ビットリアルティ株式会社」が展開するサービスです。

ビットリアルティは、どんなサービスなのでしょうか。

この記事では、ビットリアルティの評判や口コミ、利用する際のメリット・デメリット等についてレビューします。

bitREALTYの公式サイトはこちら⇒

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトを見る⇨

関連記事⇨不動産投資クラウドファンディングおすすめ比較ランキング【2022年最新】

 

bitREALTY(ビットリアルティ)の評判・口コミを紹介

ここでは、ビットリアルティの評判・口コミについて紹介します。

avatar
利用者

不動産クラウドファンディングを展開している会社は、ベンチャー企業で実績の少ない会社も多く、会社選びにかなり迷いましたが、最終的には、最も信頼性の高そうなビットリアルティを選びました。

なんといっても金融業界屈指の企業である野村総合研究所が出資している点が安心出来ます。

もう一つの出資元であるケネディクスも収益不動産を使った運用のプロであり、国内で有名な企業なので安心して運用を任せることが出来ます。

実際の運用でも六本木の物件に投資しましたが、問題なく想定利回り通りの収益となりました。

avatar
利用者

以前までは、最低投資額が50万円であり、最低100万円と言うファンドもありましたが、現在は、最低投資額が10万円のファンドも出来た為、初心者でも投資しやすくなりました。

他社のサービスでは、一口1万円から募集しているファンドもあるので、1万円から始められるようになることを祈っています。

avatar
利用者

実績が少ないと言った声もありますが、2017年6月に設立された会社にしては、かなりハイペースでファンドの募集をしていると感じています。

それも募集金額が他社よりも高額である為、投資機会が多いので投資する側としては嬉しいポイント。

利回りは、他社よりも低いですが、運用期間が他社より少し長いファンドが多い為、余剰資金で行うには、とても良い投資だと感じています。

今後、利回りの更なる上昇に期待したいです。

bitREALTY(ビットリアルティ)のツイッターでの評判・口コミ

続いてビットリアルティのTwitterの評判も紹介します。

bitREALTY(ビットリアルティ)のツイッターでの評判・口コミ

bitREALTY(ビットリアルティ)のツイッターでの評判・口コミ

bitREALTY(ビットリアルティ)のツイッターでの評判・口コミ

辛口なコメントの多いTwitterですが、ポジティブな意見が多くみられました。

それだけbitREALTYが実際に条件のいいファンドを組成し、還元していることの証明ではないでしょうか?

bitREALTY(ビットリアルティ)の強み・メリット3選

ここでは、ビットリアルティの強み・メリット、

  • 収益不動産のプロによる高度な物件選定
  • データとテクノロジーを活用した安心の取引システム
  • 募集金額が高額であり投資チャンスが多い

についてそれぞれ紹介していきます。

bitREALTY(ビットリアルティ)の強み・メリット1.収益不動産のプロによる高度な物件選定

ビットリアルティに共同出資しているケネディクス株式会社は、国内最大級の不動産アセットマネジメント会社であり、収益不動産の運用におけるプロフェッショナルです。

ビットリアルティで運用する不動産は、そんなケネディクス株式会社のノウハウを最大限に活用し、不動産のプロの目利きに裏付けされた優良物件です。

高品質で魅力ある投資商品を厳選してリリースしている為、投資家はどの商品を選択しても安心して自身の資産を運用することが出来ます。

収益不動産を自分で目利きするのは、プロでない限りとても難しいですが、ケネディクス株式会社のノウハウを活用できるのは、投資家として大きなメリットがあります。

bitREALTY(ビットリアルティ)の強み・メリット2.データとテクノロジーを活用した安心の取引システム

ビットリアルティでは、金融ITソリューション分野で実力のある野村総合研究所のノウハウを活用し、分かり易く使いやすい、安心・安全の取引システムを利用出来ます。

投資である以上、利用するサービスに自分の資金を預ける訳ですので、サービスの透明性はとても重要な要素です。

ビットリアルティであれば、取引におけるデータやテクノロジーの活用により、投資家にとって使いやすく、明確で分かり易い取引をすることが出来ます。

bitREALTY(ビットリアルティ)の強み・メリット3.募集金額が高額であり投資チャンスが多い

他社の不動産投資型クラウドファンディングサービスでは、募集金額が、1千万円から数千万円までのファンドが多いですが、ビットリアルティのファンドは、数億円レベルでの金額で募集がされています。

募集金額の規模が小さいと投資機会が少なく、そもそも新着順で応募できなかったと言うケースも少なくないですが、ビットリアルティであれば、チャンスが豊富にあります。

ファンドがリリースされる頻度も高く、2020年3月にはじめて案件が募集されてから数年たちますが、2、3億円規模のファンドをすでに数多くリリースしています。

まさに資金力がある親会社を持つビットリアルティならでは、ですが、投資チャンスが増えるのは投資家にとって嬉しいポイントです。

bitREALTYの公式サイトはこちら⇒

bitREALTY(ビットリアルティ)の注意点・デメリット3選

次にビットリアルティの注意点・デメリット、

  • 利回りが低い
  • 最低投資金額が10万円からと高額
  • 運営会社がベンチャー企業

についてそれぞれ紹介していきます。

bitREALTY(ビットリアルティ)の注意点・デメリット1.利回りが低い

ビットリアルティは、他社サービスと比較して利回りが低いと言うデメリットがあります。

他社サービスを見てみると、利回りはおおよそ5%前後から高いもので10%前後が標準となりますが、ビットリアルティは、2%~3%半ばの水準となります。

その分、不動産のプロが厳選した物件である為、低リスクであることは予想出来ますが、他社と比較すると低利回りである点は否定出来ません。

リスクよりも利回り重視で運用したい方は、他社のサービスがおすすめです。

bitREALTY(ビットリアルティ)の注意点・デメリット2.最低投資金額が10万円からと高額

不動産投資型クラウドファンディングサービスの中には、最低投資額が1万円と言うファンドも多くありますが、ビットリアルティのファンド一覧を見ると今のところ最低投資額は10万円からとなっています。

少し前までは、最低投資額が50万円からであった為、それに比べるとハードルは下がりましたが、人によっては10万円でも高額です。

10万円ではお試し投資をするにはハードルが高い為、今後サービス向上と合わせて最低投資額も引き下げられることに期待したいですね。

bitREALTY(ビットリアルティ)の注意点・デメリット3.運営会社がベンチャー企業

ビットリアルティを運営するビットリアルティ株式会社は、不動産・金融界の有名企業が出資しているとは言え、まだ設立5年程のベンチャー企業です。

親会社こそ信頼性は高いですが、ファンドの実績もリリースされている29件のファンドのうち運用終了しているものが15件と実績十分とは言えません。

設立したての企業であれば仕方のないことですが、自分の資金を預ける会社である以上、人によっては不安に感じる部分と言えます。

bitREALTY(ビットリアルティ)のキャンペーン情報

現在、お得なキャンペーン情報等はありませんが、今月2022年9月12日から募集が開始した「レム六本木ビル:第14回ローンファンド」がリリースされています。

すでに満額達成しており、注目されていることがよく分かりますね。

ビットリアルティは、サービスが開始されて間もないですが、短期間で多くのファンドをリリースしています。

応募額の規模も大きい為、興味がある方は、公式サイトを定期的にチェックして気になるファンドを探してみて下さい。

bitREALTYの公式サイトはこちら⇒

bitREALTY(ビットリアルティ)で会員登録を行う手続きを写真付きで解説

ビットリアルティを始めたい人向けに利用するまでの流れを紹介します。

1.bitREALTYの公式サイトにアクセスし「MENU」を開き「会員登録」をクリックします

2.メールアドレスを入力し「登録する」をクリックします

3.下記の画面になったら、先ほど入力したメールアドレスの受信箱をチェックしましょう

下記のようなメールが届くので、URLをクリックしましょう

4.会員情報を入力し「登録する」をクリックします

5.下記の画面になったら、「口座開設申し込みへ」をクリックします

6.基本情報を入力し「次へ進む」をクリックします

7.審査後本人確認書類を提出たら完了です

8.最後に利用の流れを確認しておきましょう

bitREALTYの公式サイトはこちら⇒

bitREALTY(ビットリアルティ)は、豊富な投資機会を得たい人におすすめ

ビットリアルティは利回りこそ他社より劣るものの、豊富な投資機会があり、不動産の目利きのプロが厳選した優良不動産に投資出来る魅力的なファンドです。

自分で物件を厳選しハイリターンを狙いたいベテラン投資家には不満に感じるかも知れませんが、初心者が始める資産運用には、とてもおすすめです。

頻繁に新規ファンドをリリースしているので、興味がある方は、口座開設から始めて定期的にファンドをチェックしておきましょう。

bitREALTY(ビットリアルティ)の運営会社情報

最後にビットリアルティの運営会社である「ビットリアルティ株式会社」についても紹介しておきます。

ビットリアルティ株式会社は、2017年6月に「ケネディクス株式会社」と「株式会社野村総合研究所」が共同出資して設立した、不動産投資型クラウドファンディング事業特化型のベンチャー企業です。

ビットリアルティ株式会社の会社概要

ビットリアルティ株式会社の詳細情報は以下の通りです。

会社名

ビットリアルティ株式会社

資本金

1億円

代表者

菊嶋 勇晴(代表取締役)

本社

東京都港区新橋二丁目2番9号 KDX新橋ビル4階

事業内容

不動産に係る投資型クラウドファンディング・プラットフォームの運営
不動産等に係るアセットマネジメント事業

登録・免許

第二種金融商品取引業、投資助言・代理業:関東財務局長(金商)第 3098 号

加入団体

一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会

まとめ

今回は、不動産投資型クラウドファンディングの中で人気の「ビットリアルティ」について紹介しました。

不動産、金融界の大手2社による資金力とノウハウにより、設立間もない期間で多くのファンドをリリースしています。

募集額の規模も大きく、投資機会に恵まれやすいファンドである為、興味がある方は是非チェックしてみて下さい。

最低投資額の引き下げや利回りの上昇等、今後のサービス向上にも注目です。

bitREALTYの公式サイトはこちら⇒

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトを見る⇨