不動産の賃貸管理会社で働いている人は、仲介会社からの空室確認対応に追われているのではないでしょうか?

鳴り止まない電話に常に対応し続け、気づけば電話対応だけで1日が終わっていた、なんてこともあるかもしれません。

そんな時に活用してほしいサービスが、物件確認の自動応対サービス「ぶっかくん」です。

ぶっかくんは、24時間365日自動で物件確認対応してくれる業務効率化サービス。

今回の記事では、そんなぶっかくんの特徴や評判について、詳しく解説をしていきます。

ぶっかくんの公式サイトはこちら⇨

ぶっかくんの4つの特徴・メリット

まずは、ぶっかくんの特徴について紹介していきます。

主な特徴は以下の4つです。

  1. 24時間365日自動で内見確認に対応できる
  2. 浮いた人や時間をより生産性の高い業務に割ける
  3. 反響の多かった電話に関するデータを自動で作成
  4. ぶっかくんにだけ特有の機能も搭載

それぞれ紹介していきます。

1.24時間365日自動で内見確認に対応できる

ぶっかくんは自動音声ツールなので、担当者がいない営業時間外や、休みの日でも自動で問い合わせ対応ができます。

結果として、ぶっかくんを導入することにより、反響集客力が15%もアップします。

2.浮いた人や時間をより生産性の高い業務に割ける

ぶっかくんを投入することによってこれまで人手を割いていた箇所が自動化できるようになり、これまで物件確認に割いていたコストを57%カットすることが可能です。

浮いた人手と人件費を使って、より重要性の高い業務に人手を当てることができます。

3.反響の多かった電話に関するデータを自動で作成

ぶっかくんは、自動応対で取得したデータをもとに、レポートを自動で生成してくれる機能もあります。

具体的にレポートとして出力できるのは、以下のような項目。

  • 人気物件の表示
  • 物件の問い合わせ数
  • 入電者情報
  • 時間毎の反響分布
  • 入電が多い仲介会社

結果として物件オーナーさんへのレポートや業務分析に役立てることができるようになるので、とても便利です。

4.ぶっかくんにだけ特有の機能も搭載

ぶっかくんには、他の物件サービスにはない特有の機能も搭載されています。

  • PRしたい物件の資料を仲介会社に送信
  • 電話を使わずにアプリでも物件確認が可能に
  • 別サービスの「内見予約くん」に予約すると、内見予約も自動で受付可能に

ぶっかくんの運営会社である「株式会社イタンジ」は、ぶっかくん以外にも便利なITサービスを提供しています。

他のサービスとも連動させることで、ぶっかくん単体で利用する以上のメリットを享受できます。

 

ぶっかくんの注意点・デメリット

ぶっかくんのデメリットをあげるとすれば、個別具体的な問い合わせには対応できない点です。

あくまでも事前に設定したデータの中から回答するので、データ外の問い合わせがあった場合は、担当者が直接対応する必要があります。

ぶっかくんはCLOUD CHINTAIの機能の一つ

ぶっかくんは、イタンジが提供している「CLOUD CHINTAI」という賃貸ワンストップサービスの一つとして位置付けられています。

ぶっかくんを含めて、主に5つの特徴があります。

ぶっかくん以外の特徴を簡単に説明しておきますね。

コミュニケーション支援 (無料)

仲介会社と管理会社間のやりとりをチャット化することで、コミュニケーションがより手軽になります。

オートマーケティング(無料)

仲介会社のエリア内で、新着物件や条件が変更した管理物件があった場合に、自動で提案できます。

内見予約くん(オプション)

内見予約受付作業や鍵情報の照会作業を自動化でき、管理会社、仲介会社、入居希望者ともに効率がアップします。

申込受付くん(オプション)

賃貸物件への入居希望者が必要情報をWEB上で入力すると、仲介会社、管理会社、保証会社にまとめて情報を共有できます。

ぶっかくんを利用した人の口コミ・評判

ここからは、ぶっかくんに関する口コミを、ツイッターとネット上のリアルな口コミから紹介します。

ぶっかくんの口コミ・評判(ツイッター)

ぶっかくんのネット上の口コミ・評判

平均で5000件ほど、仲介会社からの電話問い合わせを受けていました。

ぶっかくんを活用したことによって、物件確認だけのための電話が大幅に減り、よりお客様の対応に時間をかけられるようになりましたね。

これまではそれぞれの視点で対応していた仲介会社からの問い合わせを、本店でまとめたことで、より重要な業務に時間を避けるようになったのがよかったです。

これまで1万件近くあった仲介会社の物件確認ですが、6割ほどはぶっかくんで対応が完結します。

空いた人員は、家賃回収業務に回すことができ、家賃未納の割合を下げることができました。

ぶっかくんのレポートデータをみながら物件オーナーさんに提案を行なっているのですが、最近はオーナー様からお褒めの言葉をもらえることが増えましたね。

ぶっかくんを導入する前は、電話対応が本当に忙しく、本来受けるべき電話を取り逃がすような事態にも陥っていました。
正直、導入当初は社内から反発の声も上がっていましたが、使用していくにつれみんな慣れていき、今では手放せない存在にまでなっています。

ぶっかくんの運営会社情報

ぶっかくんを運営しているのは、さきほども紹介した「イタンジ株式会社」です。

代表を務める「野口 真平」さんは、早稲田大学中に起業した経験を持ち、2018年11月から代表に就任したばかりです。

イタンジは、東証マザーズにも上場している「GA technologies」の完全子会社でもあり、GA technologiesの代表を務める「樋口 龍」さんは、イタンジの取締役として参画しています。

イタンジ株式会社の会社概要

商号イタンジ株式会社
本社〒106-6290
東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー 40階
設立2015年6月
資本金3,600万円
事業内容
  • 一般消費者様への不動産サービス提供
  • 不動産会社様へのシステム提供
  • 不動産業務におけるIT活用コンサルティング
取引先銀行三井住友銀行、ジャパンネット銀行

引用:会社概要|イタンジ株式会社

まとめ

今回は、物件確認に自動で対応する「ぶっかくん」について紹介してきました。

不動産管理会社の方であれば、どれだけ大幅に業務が削減できるかわかっていただけたのではないでしょうか?

ぶっかくんの利用は、公式サイトから資料請求/問い合わせできるので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

ぶっかくんの公式サイトはこちら⇨