資産運用の新しい手段としてこの数年人気が高まっているソーシャルレンディング。

サービス運営会社も次々と増えていく中でどの会社がよいのか迷う方もいるでしょう。

この記事ではソーシャルレンディングサービスの中でも最も世界中に投資ができる「クラウドクレジット」をご紹介します。

関連記事⇨【令和最新】ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング9選

クラウドクレジットの評判・口コミを紹介

ここでは、クラウドクレジットの評判・口コミについて、紹介をしていきます。

記事執筆時点での口コミや評判に関しては、まだまだ数が少ない状態でした。

こちらには、随時最新の口コミを追記していくようにします。

クラウドクレジットの公式サイトはこちら→

クラウドクレジットのメリット・特徴4選

他のソーシャルレンディングサービスと比較した上でクラウドクレジットのメリットと特徴をお伝えします。

参考にしてみて下さい。

1 世界中に投資ができる

ソーシャルレンディングサービスの中にはアメリカに投資できる会社やカンボジアなど途上国のファンドを扱う会社もあります。

しかしクラウドクレジットほど世界中のファンドを扱っている運営会社は日本にはないでしょう。

欧州、ロシア、東欧、ユーラシアなど、国も通貨も様々なファンドに出資ができます。

日本だけのファンドを扱うソーシャルレンディングサービスも多い中でポートフォリオの拡大には非常に適しているといえます。

2 豊富なファンド数

ソーシャルレンディングは人気故にファンドの数が足りない問題があります。

投資したいけど月に一回しかファンドの募集がなく、あっという間に満額になってまた一か月待たなければならないなど、運営会社によっては投資チャンスが得られない場合もあります。

一方クラウドクレジットについてはファンド数が圧倒的であり、常に応募中のファンドが何個もあります。

ファンドの数は他の運営会社よりはるかに充実しているでしょう。

3 分かりやすいファンド内容

運営会社の中にはファンド名や少し内容を見ただけでは何に投資するのか分かりにくい場合も多いです。

大事な資金を投資するわけですから金利だけでなくリスクも知りたいですよね。

クラウドクレジットはファンド名に「社会的インパクト重視型」や「バランス型」とパッケージの方向性が示され、さらに組入ファンド数や分散地域数、分散通貨数も明記されています。

金利や期間はどのサービスでも書きますが、ここまで情報が載っているのは分かりやすいと思います。

4 長期投資が可能

運用期間が1年以上のファンドを扱うソーシャルレンディンサービスはそこまで多くありません。

その中でクラウドクレジットは2-3年のファンドを数多く扱っているのが特徴です。

3-6か月ごとに運用が終わり新しい投資先を見つけるのは手間ですので、長期で手間をかけず資産運用したい方にはおすすめできるでしょう。

クラウドクレジットの公式サイトはこちら→

クラウドクレジットのデメリット・注意点2選

クラウドクレジットのデメリットや注意点をご紹介します。

注意点も理解することは重要です。

1 元本割れの可能性がある

ソーシャルレンディングは他の投資商品同様に元本保証ではありません。

クラウドクレジットも過去の実績を見ると元本割れになったファンドもあります。

クラウドクレジットは世界中に投資をして高金利を狙うため必然的にリスクも高まる仕組みですので、ハイリスクハイリターン型であることは理解しましょう。

2 分配金が満期一括の場合が多い

ソーシャルレンディングの利益は分配金になります。

運営会社によっては毎月や2か月に1回分配金を振り込むサービスもありますが、クラウドクレジットは満期一括のファンドが多く見られます。

余剰資金で行えば分配金のタイミングは困らないはずですが、2-3年の運用期間中は途中解約もできず分配金も入らないことは注意が必要でしょう。

クラウドクレジットをおすすめしたい人の特徴

クラウドクレジットは資金に余裕のある人で、国内だけでなく世界中に投資したい人におすすめです。

リスクが高くても金利も高いファンドに投資したい、かつ長期で預けておいても問題ない方ならば、これだけ豊富なファンド数と高い金利は大変魅力的でしょう。

一方でできるだけリスクを抑えたい方や何年も預けておける余剰資金がない方には難易度が高いかもしれません。

クラウドクレジットの公式サイトはこちら→

クラウドクレジットを始めるステップを紹介

実際にクラウドクレジットを始めるための手順をご紹介します。

1 メールアドレスの登録

先ずはホームページからメールアドレス、ID、パスワードを登録します。

2 個人情報の登録とハガキの受け取り

登録したメールアドレスから個人情報や取引に使う銀行口座を登録します。

その後受け取るハガキに書かれたコードを入力すれば完了です。

3 投資するファンドを選んで応募

登録完了後はマイページから投資したいファンドを選び応募します。

ファンドが成立になり入金すれば運用が開始されます。

クラウドクレジットの運営会社情報

クラウドクレジットはクラウドクレジット株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。

複数の金融系企業や商社からも出資を受けています。

クラウドクレジットの会社概要

会社名クラウドクレジット株式会社
設立日2013年1月
従業員数70名
本社住所〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802

まとめ

クラウドクレジットは他のサービス会社と比べて世界中に投資できる点とファンド数が非常に豊富な点が特徴です。

ここまでファンドが充実している運営会社はあまりありません。

また高金利も実現しており資金に余裕があり投資先を広げたい方にはとても魅力的でしょう。

日本以外に投資することやファンドの幅が広いためハイリスクハイリターン型になっているので初心者より経験者向きです。

様々なファンドがあるので確認してみてはいかがでしょうか。

クラウドクレジットの公式サイトはこちら→

The following two tabs change content below.

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。