コインパーキング経営やトランクルーム経営など、無人店舗経営で人件費をかけないビジネスが人気となっている今、コインランドリー経営もその一つです。

コインランドリーは近年の利用者の増加に伴い、店舗数が大幅に増えて来ました。

需要が高まるだけでなく、収益面も高いことから新たな不動産オーナー業として始める方もいらっしゃいます。

とはいえ、実際コインランドリーオーナーは儲かるのかと疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここではコインランドリーオーナーが儲かる理由と、オーナーになるためにクリアする3つの項目を紹介します。

これから不動産投資オーナーを目指す方は、本記事を読んでコインランドリーオーナーも選択肢の一つになるか判断してもらえればと思います。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

コインランドリーのオーナーは儲かる?

コインランドリーオーナーは他の不動産オーナーより儲かります。

コインランドリーのオーナーが儲かる理由は、市場性と利益率です。

詳しくは次で解説します。

コインランドリーの市場は

下記の表は厚生労働省が発表したコインオペレーションクリーニング営業施設に関する調査になります。

 

年数

コインランドリー

店舗数

施設の種類

ランドリーのみの

施設店舗

ドライ機器

設置施設店舗

平成8年

10,228

9,562

666

平成9年

10,739

10,051

688

平成10年

11,323

10,613

710

平成11年

11,843

11,116

727

平成13年

12,502

11,832

670

平成15年

12,726

12,156

570

平成17年

13,746

13,264

482

平成19年

14,840

14,404

436

平成21年

15,426

15,062

364

平成23年

15,985

15,696

289

平成25年

16,693

16,454

239

引用:コインオペレーションクリーニング営業施設に関する調査(厚生労働省)

数字を見てわかるとおり、年々普及店舗数が増えていることがわかるでしょう。

店舗数が増えているということは市場性が高く、利用者が増加傾向にあることがわかります。

コインランドリーの収益率や利回りとは

コインランドリーの収益率は一般的には売上高の50%前後であり、利回りは15%以上を出すことも可能です。

もちろん地域によって利用率は異なるため、収益率や利回りは変動あります。

しかし、賃貸住宅経営やマンション経営の利回りは5%から10%前後と言われているため、コインランドリー経営は大きな収益が見込め、儲かる事業となっています。

コインランドリーの開業資金と月収支について

コインランドリーの店舗数が増えてきている理由は需要と利益率が高い点が理由ということはお分かりになりましたでしょうか。

次は実際に始める際の開業資金と月収入について解説します。

開業資金の相場とは

コインランドリーの開業資金の相場は店舗規模によって異なります。

店舗規模は15坪ほどの大きさの小型店舗と、30坪ほどの大型店舗に分かれるケースが多いです。

下記の表は店舗別の初期費用相場を表したものです。

店舗規模

小型店舗(15坪前後)

大型店舗(30坪前後)

機器設備代

約1,300万円前後

洗濯乾燥機2~3台、乾燥機3~5台、洗濯機1~2台

約2,100万円前後

洗濯機乾燥機7~8台、乾燥機9~11台

洗濯機3~4台

内装設備工事

600万円~700万円

1,000万円

基礎工事

400万円~500万円

600万円

諸費用

200万円

300万円

合計

2,200万円前後

4,000万円前後

小型店舗では2,200万円前後の開業資金、大型店舗となると4,000万円前後の開業資金となります。

しかし、地域によってコインランドリーを開業する方へ向けて補助金制度を設けている自治体もあります。

数十万円から数百万円まで補助してくれる場合がありますので、上記の開業資金より安く済む場合もあることを覚えておきましょう。

月収入はどれくらい?

月の売り上げは各コインランドリー店舗によって異なるものの、下記の売上高がおおよその相場となります。

項目

小型店舗

大型店舗

客単価

700円前後

稼働台数想定

5台(10台中)

12台(23台中)

1日当たりの営業時間

24時間

1月の営業日数

30日(1か月30日想定)

1日当たりの稼働率

15%(3.6時間想定3.6時間÷24時間

12.5%(3時間想定3時間÷24時間)

売上高

378,000円

(700円×5台×24時間×30日×15%)

756,000円

(700円×12台×24時間×30日×12.5%)

    

大型店舗にすることで大きな売上高が見込めますが、台数が多い分稼働率は下がる傾向があります。

とはいえ、上記の表はあくまでおおよその相場なので、目安程度として認識しておきましょう。

コインランドリーのオーナーになるためにクリアする3つの項目

ここからはコインランドリーのオーナーになるためにクリアする3つの項目、

  • 土地を取得する
  • 金融機関の融資審査を通す
  • コインランドリーのマーケティング調査

を紹介します。

土地を取得する

コインランドリーオーナーになるためには、土地を所有していないと始められません。

土地を所有していない方は、土地を購入する段階から始めます。

そのため、先ほど説明した開業資金の他に、土地代金が加算されることとなります。

土地を購入する際は土地代金の他に諸費用が必要となります。

主な諸費用は「仲介手数料」「所有権移転登記費用」「契約印紙代金」です。

おおよそ土地代金の5%前後の費用が必要となる事と認識しておきましょう。

金融機関の融資審査を通す

コインランドリーオーナーになるための開業資金を、金融機関からの事業用ローンを利用して始めたい方は、融資審査をクリアする必要があります。

融資審査をクリアするためには、「コインランドリーの事業性」「コインランドリーを開業する立地」「経営者の属性」などさまざまな条件が好条件である必要があります。

そのため、一概に金融機関へ足を運んで「コインランドリー経営を始めたい方融資してほしい」というのは難しいのが現実です。

誰でもオーナーになれるわけではありませんが、実際は融資審査をしてみないとわからない点でもあります。

コインランドリーのマーケティング調査

コインランドリー経営は無人事業でありながら、立地産業でもあります。

人件費がかからない分、個性もなく、集客力が弱いです。

そのため、立地を考慮しながら開業しなくてはいけません。

しかし、どのような立地が良いかわからない方も多いため、コインランドリー店の担当者にヒアリングしたり、セミナーに参加したりしてプロや専門家の意見を参考にすることが良いでしょう。

自身で気に入った土地があったとしても、専門家からみれば、道路の出入りのしやすさや交通量、利便性の面から集客できないと判断される場合もあります。

コインランドリーのオーナーがやる仕事とは?

コインランドリー経営は無人事業でありながらも、オーナーがしなければいけない項目が3つあります。

  • 機器メンテナンス
  • 店舗清掃
  • 売上管理

機器メンテナンス

コインランドリーは機器設備を利用し、収益を得る事業です。

しかし、機械を用いる以上、定期的なメンテナンスは必須です。

一般的にはメーカーなどに依頼しますが、その段取りはオーナーが行うものです。

機器設備が壊れた際は、利用者からクレームや返金請求などトラブルになりかねませんので、日々注意しながら運用していく必要があります。

店舗清掃

コインランドリーは清潔感が非常に大切となります。

衣類や布団類をきれいにする場所ですから、店舗内外も清潔感がなければ集客に繋がりません。

そのため、機器メンテナンス同様、店舗清掃は必須となります。

自身で行うことも可能でありますが、目が行き届かない場所も清掃してくれる業者も多数ありますので、一般的には委託している方が多いです。

売上管理

コインランドリーオーナーは経営者です。

つまり、毎月の収入と支出の計算はしておく必要があるでしょう。

目先の売り上げだけでなく、月にどれくらいのランニングコストがかかっているのかなどを計算します。

コストが大きい場合の対策や、その他後々必要となる費用などを想定しておくことで、安定した経営をすることが可能となります。

まとめ

これまでコインランドリーオーナーが儲かる理由と、オーナーになるためにクリアする3項目について解説してきました。

市場としては申し分ない需要と供給になっているコインランドリー経営ですが、誰でもできるわけでなく、3つの条件をクリアする必要があります。

また仮にコインランドリーオーナーになれたとしても、日々経営について考えながらオーナー業を勤めていくことが大切となります。

これからコインランドリーオーナーを目指している方は、安易な気持ちで始めず、しっかり勉強してから取り組みましょう。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る