女性が家庭に入る専業主婦という時代から、共働き世代へ移行しつつある現代では、夫婦ともに毎日の仕事に疲れ、週末にまとめて洗濯をする文化も増えてきています。

その場合、一週間分の洗濯をする量も多いため、家庭の洗濯機ではなく、コインランドリーを利用している家庭が増加しております。

今となっては、コインランドリー事業はますます拡大し、2,000年から2022年の現代にかけて、出店舗数は二倍近くとなっています。

そこで今回、コインランドリー運営に参入しようと検討している方へ向けて、コインランドリー運用を始める際の初期費用や収入、注意点を解説します。

また、コインランドリーを運営し始めてから気を付けることもありますので、重ねて紹介していきます。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

コインランドリーを運営し始めるための資金とは

コインランドリーを運用し始めるための資金は小型店舗である場合は2,300万円前後、大型店舗である場合は4,000万円近くとなります。

決して安い金額ではないため、運用し始めるための初期費用は、金融機関からのローンを借りている方が多いです。

とはいえ、誰でも簡単に借りられるわけではなく、コインランドリーの「事業収支」「立地」「申込者の属性」などから金融機関は判断します。

運用を始めるコインランドリーが安定的な収益が見込める場所であり、収支計算も無理が無く、申込者の年収も安定しているなど、ひとつひとつを細かく精査したうえで金融機関は融資の可否を考慮します。

しかし、実際のところは融資打診してみないとわからないため、まずは金融機関に相談して見ることが良いでしょう。

コインランドリーを運営し始めるための収入とは

コインランドリーを運用し始める際は、どれくらいの収入が見込めるか気になる方も多いのではないでしょうか。

成長産業と言われているコインランドリーですが、実際の収入は地域によって異なります。

ここでは都心部で運用し始めた際の収入と、地方と呼ばれる田舎で運用し始めた際の収入を紹介します。

なお、下記の表はあくまで一例となりますので、目安程度としてご参考にしてください

工事別

都心部小型店舗(15坪前後)

地方小型店舗(15坪前後)

コインランドリー開業資金

2,300万円

単価

800円

700円

稼働台数想定

5台

稼働時間

24時間

1月あたりの

営業日数

30日

1日あたりの

稼働率

12.5%

8%

1月あたりの

売上高

360,000円

(800円×5台×24時間×30日×12.5%)

201,600円

(700円×5台×24時間×30日×10%

借入返済額

(30年ローン・金利1.5%想定

79,377円

(2,300万円の借入想定)

ランニングコスト

90,000円

(売上高に対し25%想定)

50,400円

(売上高に対し25%想定)

手残り

190,623円

71,823円

コインランドリーを運営し始める時に気を付ける3点とは 

コインランドリーを運用し始めようと検討している方は、下記の3点、

  • 需要のある立地で開業すること
  • 機器設置台数を検討すること
  • 初期投資を抑えること

を意識しておきましょう。

需要のある立地で開業すること

コインランドリーは需要のある適切な立地で開業することが大切です。

立地が悪ければ利用者確保ができず、収益が安定しない経営となってしまい、日々の借入返済やランニングコストに圧迫されてしまう事でしょう。

立地産業ともいわれるコインランドリー経営は、賃貸住宅経営やマンション経営より、シビアに土地を選定しなくてはいけません。

そのため、ただ土地を所有しているからという理由だけでは運用しない方が良いでしょう。

大きな利益が見込めるコインランドリー事業は、入り口でもある立地の調査がとても重要なポイントでもあるということです。

機器設置台数を検討すること

コインランドリーの主力機種は、主に洗濯機と乾燥機の2つです。

基本的には1年中洗濯機が利用されますが、梅雨の時期は乾燥機の売り上げの方が高い傾向があります。

片方の機種に主軸を置いた場合、「乾燥機が無いなら違う店舗に行こう」と思う人も多いでしょう。

そのため、バランスよく2種を設置することが大切です。

また、洗濯機器の中には、乾燥機付き洗濯機という、一体型のタイプのものもあります。

その場合、乾燥機だけを利用したい方のニーズに沿っていないため、客離れを起きてしまう要因にもなります。

それらを踏まえ、店舗の機器設置台数を検討することが重要です。

簡単に言えば、稼働していない機器は無駄になるだけだからです。

両機種の稼働が重要となりますが、多すぎても需要がなければ収益に繋がらないですし、少なすぎてもいけません。

需要数に合った機器設置台数を配置しましょう。

初期投資を抑えること

コインランドリーを開業する際は初期費用が必要となります。

さきほども説明した通り、小型店舗でさえ2,300万円前後の費用が相場となります。

その費用の中でも洗濯機器代金が大きなウエイトを占めているため、機器設備代金を圧縮することで初期費用を抑えることにつながるでしょう。

洗濯機器は、自身で購入する場合と、レンタルできるシステムがあります。

レンタルする場合、月々のレンタル料は必要となりますが、初期費用を大きく圧縮することが可能です。

また、機器が故障や修理が必要となった場合、レンタル会社の方の負担で修理や交換をしてくれるので、月々のランニングコストを抑えることもできます。

初期費用だけでなく、毎月の支出面でも大きなメリットがあることがわかるでしょう。

コインランドリーを運営し始めた後に気を付ける4点とは 

コインランドリーの運用をし始めた後に下記の4点、

  • クレーム対応の体制を整える
  • 店内の清掃を行う
  • セールやキャンペーンを定期的に行う
  • 競合相手の状況確認他社の動向確認

に注意しながら始めましょう。

クレーム対応の体制を整える

コインランドリー経営はセルフサービスのため、クレームがないと思われがちですが、「洗濯機器のドアが開かない」「両替機が壊れた」などさまざまな問い合わせがあります。

また中には「使い方がわからない」という連絡も来ることがあります。

そのような場合、未対応であるとリピーターはおろか、利用者が激減してしまう要因となります。

そのため個人で経営されている方は自身で対応し、フランチャイズの場合は管理会社に問い合わせできるシステムを構築しておきましょう。

連絡が来た際は即座に対応することが一番のクレーム対応です。

店内の清掃を行う

コインランドリーは清潔感ある空間という認識が強い方ほとんどです。

利用者も店内がきれいであれば、また来たいと思う方も多いです。

そのため常に店内の清掃を行い、きれいにしておくことが大切です。

自身で清掃しても良いですし、業者に委託しても問題ありません。

月に2回は行うようにしておくことをおすすめします。

セールやキャンペーンを定期的に行う

コインランドリーの利用者は、新規顧客とリピーターに分かれます。

売り上げの安定化を図るにはリピーターが重要となりますが、引っ越しなどによってリピーターが居なくなることも考えられるでしょう。

そのため新規顧客の活動は常に行っておく必要があります。

新規顧客は既に他店舗で利用している場合も考えられるため、競合先から自店舗に誘導する必要があります。

誘導する方法として、セールやキャンペーンなどを宣伝広告が有効です。

一度利用してもらえば、リピーターになるきっかけになることでしょう。

競合相手の状況確認

コインランドリー経営は競合相手の状況確認も大切です。

競合相手が魅力的なキャンペーンなどを行っている場合、利用者が流れてしまう要因にもなります。

また最新の洗濯機器などを設置された場合、単価にもよりますが、顧客離れの要因にもなります。

そのため常に競合相手の動向を確認し、いつでも対策ができるようにしておきましょう。

コインランドリーの運営で儲かる2つの方法とは

コインランドリーの運用し始めた後に気を付けることを解説してきました。

ここからはコインランドリーの運営で儲かる方法を2つ紹介します。

マーケティング調査を徹底的に行う

コインランドリーマーケティング調査が非常に大切です。

「どれくらい競合相手がいるのか」「利用者はどれくらい見込めるのか」などさまざまな点から市場を確認しましょう。

とはいえ、これからコインランドリー運営を始める人は初心者の方です。

自身で調べられるには限界があるため、コインランドリー会社などの専門家に相談して調査した方が良いでしょう。

コストを考慮した最先端コインランドリーを検討する

コインランドリーを運営していると、競合相手が出店してくる可能性もあります。

その際は、最先端機器の導入も検討していきましょう。

もちろんコストや利用料金を加味した上で考えますが、その機器の魅力が利用者に伝われば、リピーターになる可能性は大きくなります。

コストはかかるものの、新しいものが好きな日本人にとっては魅力的な集客商品となることでしょう。

まとめ

これまで、コインランドリー運営を始める際の初期費用や収入、注意点を解説してきました。

今後も高い普及が見込めるコインランドリー運営ですが、決して安い初期費用ではありません。

借入して運用される方は、常に返済リスクがあることを頭に入れながら、紹介した注意点を意識して始めるようにしましょう。

またコインランドリーは普及率が高い分、競合相手は必ずといっていいほど参入してくると思い、常に対策を考慮しながら運用することが大切です。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る