近年、都心部だけでなく、地方のエリアにもコインランドリーの普及が増えて来ました。

コインランドリーは不労所得が得られる不動産投資として非常に人気です。

しかし、安易な気持ちで始めてしまうと、さまざまな局面にぶつかった際に対応しきれず、収益が出ない経営となってしまうことでしょう。

そのため、事前に考えられるコインランドリー経営のデメリットを理解してから経営を始めることが大切です。

事前に理解しておくことで、経営上問題があったとしても対策を練れるようになり、経営破綻になることは少なくできることでしょう。

今回はコインランドリー経営を検討している方に向けて、コインランドリー経営のデメリットを5つ紹介します。

重ねて事前に出来る収益面の対策方法も3つ紹介します。

これからコインランドリー経営を検討している方はぜひ参考にしてください。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

コインランドリー経営で考えられる5つのデメリット

コインランドリー経営で考えられる5つのデメリット、

  • 数か月は収益が低い
  • 時期によって売り上げが大きく変わる
  • 投資資金が必要となる
  • ランニングコストがかかる
  • セキュリティ面に不安がある

を紹介します。

数か月は収益が低い

コインランドリーは賃貸住宅などと異なり、すぐに大きな収益が入らないデメリットがあります。

その期間は、1年や2年を費やすこともあるでしょう。

新築賃貸物件の場合、新築の人気度は高く、すぐに満室となるため、翌月から最大の収益を確保することも可能です。

一方コインランドリー経営の場合、利用者の数が売り上げに繋がるため、開業時は認知度が低く、大きな利益と出すことが難しいです。

そのため開業の宣伝が大切でもあります。

とはいえ、コインランドリー経営の認知度を上げるには、一定期間その場所に存在し、リピーターを獲得するなど、時間を要する方法が多くなるでしょう。

そのため、コインランドリー経営は数か月間の収益が低く、長期にわたってコツコツ営業をする必要があるということです。

時期によって売り上げが大きく変わる

コインランドリーのリピーターが増えてきたとしても、時期によって売り上げは大きく変動します。

コインランドリーの主な収益は乾燥機です。

そのため梅雨の時期の売り上げは高いですが、夏場などの晴天が続く日は収益が大きく下がります。

毎月の収益に大きな差が出るため、常に環境の変化を意識して経営する必要があるでしょう。

投資資金が必要となる

コインランドリーを経営するためには、投資資金が必要となります。

テナント建築費だけでなく、機器設置費用や電気水道工事など多くの費用が必要となります。

一般的な初期投資相場としては2,000万円前後になりますが、規模によって大きく異なります。

とはいえ、決して簡単に投資できる金額ではありません。

そのため、自己資金に余裕のある方や金融機関の融資が通った方のみしか投資できないデメリットがあります。

ランニングコストがかかる

コインランドリーはセルフサービス事業でもあるため、人件費は不必要となりますが、電気・水道などのランニングコストが必要となってきます。

自宅に来る電気料金や水道料金とは比にならない金額が請求されるため、最初は驚く方も多いでしょう。

また機器メンテナンス費用や店舗清掃費用なども必要となるため、電気料金や水道料金と合わせると、月々のランニングコストは非常に大きな金額となってしまうデメリットがあります。

セキュリティ面に不安がある

コインランドリー経営の不安としてはセキュリティ面が挙げられます。

防犯カメラなどで対策はできるものの、両替機や洗濯物の盗難は後が絶ちません。

無人経営のため、事前に防ぐ方法はなく、事件が起きてから対応するしか方法はありません。

また、一度事件があった店舗は周辺への悪影響も多く、利用者が減るケースも考えられます。

デメリットに対するできる3つの対策方法とは

これまでコインランドリー経営におけるデメリットを5つ紹介してきました。

ここからは収益面のデメリットに対する対策方法を3つ、

  • 宣伝広告を行う
  • オープン時期を考える
  • 事前に収支計算を行う

紹介します。

宣伝広告を行う

コインランドリーを開業した際は、周辺の方へ新店舗を認知してもらい、リピーターになってもらうことが顧客獲得と収益確保に繋がります。

そのため、開業時は広告宣伝を行い集客しましょう。

利用料金が安くなるキャンペーンや、特典などを用意することで、利用者確保につながることもあります。

何もしないで開業すると、「何の店舗?」と周辺の方に思われるのは必然です。

その場合、出だしスタートに失敗することになりますので、宣伝広告を検討しておきましょう。

オープン時期を考える

コインランドリーを開業する際は、オープン時期も大切となります。

需要が高い梅雨の時期に開業することで、利用者が増え、認知度が向上し、さらにリピーターに繋がる可能性が高いです。

そのため、夏場などの晴天の時期は利用者が少ないため、開業は避けるようにしましょう。

事前に収支計算を行う

コインランドリー経営の平均利回りは、15%前後と言われています。

15%の利回りの場合、投資した初期費用を約7年で回収できるという計算になります。

しかし、需要と供給によって大きく変動するため、地域性に影響される経営でもあります。

場所によっては利回り5%などという事例もあります。

そのため、コインランドリー会社に地域市場のマーケティングを行ってもらい、どれくらいの収益が見込めるかを事前に計算していきましょう。

その際、初期費用と利用料金だけでなく、ランニングコストも加味することが大切です。

ランニングコストがどれくらいになるか分からない場合は、コインランドリー会社の担当者に聞けば相場感を教えてもらえるでしょう。

コインランドリー経営を成功させる2つの方法

コインランドリー経営は如何に利用者を確保し、収益に繋がるかが成功の秘訣です。

利用者あっての事業となりますので、ここでは利用者確保に繋がる経営方法を2つ紹介します。

店舗などに隣接する

近年コインランドリーだけでなく、コンビニエンスストアやカフェ、クリーニング店を併設した店舗が増えてきております。

それらの要因としては集客につながるからでしょう。

コンビニエンスストアやクリーニング店が併設してある場合、一度で用事が済ませることが可能となり、利用者にとってもメリットしかありません。

また、コインランドリーを待っている時間を有意義に過ごしたということで、カフェも非常に人気となっています。

そのためコインランドリーだけでなく、他店舗と併設することが利用者確保に大きく繋がります。

今後も店舗併設型のコインランドリーが増加していくことになるますので、これからコインランドリー経営を始める方はぜひ一度検討して見ましょう。

フランチャイズを利用する

コインランドリーはフランチャイズ店に加盟することで利用者確保に繋がります。

フランチャイズ店は知名度もあり、開業した時でも周辺認知してもらえることでしょう。

場合によっては、フランチャイズ店名が一番の宣伝広告にもなりかねません。

それほどフランチャイズというのは影響力がありますが、加盟金などが必要となりますので、慎重に検討しましょう。

まとめ

今回はコインランドリー経営を検討している方に向けて、コインランドリー経営のデメリットを5つと、収益面の対策方法を3つ、2つの成功する方法を紹介しました。

今後も需要が高まるコインランドリー経営ですが、決して簡単な事業ではなく、デメリットを理解した上で検討する必要があります。

また、コインランドリー経営は事前のマーケティングや他事業店舗との共存が必要となります。

そのため専門家やプロの意見を聞きながら始めるようにしましょう。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る