近年では本業だけでなく、副業を推奨する企業も増えてきたため、多くの方が副業について勉強していることでしょう。

個人で稼げる時代となった今、副業にもさまざまな種類があり、自身の能力を活かした仕事や、株やFX、仮想通貨などの投資関連も人気です。

本記事で紹介するには「コインランドリー副業」です。

コインランドリー副業は、一見難しそうなイメージがありますが、成功すれば大きな収益につながります。

そこで今回、コインランドリー副業のメリット・デメリットを紹介し、収益なども解説します。

また副業として開業する際は、フランチャイズの加盟がおすすめとなりますので、5つのおすすめできるフランチャイズ店を紹介します。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

コインランドリー副業のメリット3選

コインランドリー副業のメリットとしては下記の3つ、

  • 不労所得が得られる
  • 高収入利回りに期待できる
  • 副業から本業に切り替わることもある

が挙げられますので紹介します。

不労所得が得られる

不労所得とは自身が働かず、物件や機械か稼働して収益を得る方法です。

コインランドリーを始めとした賃貸住宅経営や駐車場経営などが該当します。

副業は自身の能力を活かして仕事をしますが、コインランドリーは洗濯機器が稼働してくれるため、労力は不要となります。

つまり働かなくても収入を得ることができるメリットがあります。

また労力を使わないため、コインランドリー副業以外の副業もすることが可能です。

高収入利回りに期待できる

利回りとは投資した金額に対して、1年間で回収できる資金額を指します。

例えば利回り10%であった場合、10年間で投資額を回収できるということです。

コインランドリーの場合、開業するにあたって資金は必要となりますが、毎年の収入も高いため、高利回りが期待できます。

下記の表は不動産投資別の利回りです。

不動産投資種別

利回り

賃貸アパート経営

6%前後

マンション経営

4%前後

駐車場経営

8%前後

コインランドリー経営

14%前後

立地や初期費用額によって異なるものの、コインランドリー経営の利回りが不動産投資の中でも高い傾向があります。

副業から本業に切り替わることもある

つまり、本業の収入を超えることもあるということです。

コインランドリーの収入は後ほど説明致しますが、店舗数の拡大をすることにより、サラリーマンの年収を大きく上回る事も可能です。

本来副業として始めたコインランドリーの収入が大きくなった方は、本業をコインランドリーに移行されている方もいます。

もちろん今の本業が好きで辞めていない方もいらっしゃいますが、楽をして稼ぎたいという気持ちが強い方にはお勧めの副業となるでしょう。

コインランドリー副業のデメリット3選

コインランドリー副業のメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

ここではコインランドリー副業で考えられる3つのデメリット、

  • 初期投資費用が必要となる
  • 立地に左右される
  • 競合相手が多い

を紹介します。

初期投資費用が必要となる

コインランドリー副業は0円から始めることは不可能です。

デザイナーやWEBライターはパソコンを保有していればできる仕事でもありますが、コインランドリーは初期投資費用が必要となります。

店舗の建設費や機器代金などさまざまな費用が必要となり、大きな初期投資費用となることでしょう。

そのため、誰でもできる副業ではないということでもあります。

立地に左右される

土地を所有しているからといって、安易にコインランドリー副業を始めても、コインランドリーは立地がとても重要です。

人口が多いエリアだけでなく、交通量や店舗への入りやすさなどさまざまな条件が必要となります。

そのため、需要が見込めるエリアでしか収益を得られないのがコインランドリー経営であり、事前のマーケティング調査が必要な副業でもあるというデメリットがあります。

競合相手が多い

昨今のコインランドリーの店舗数は右肩上がりで、多くの人が本業もしくは副業として始めています。

もちろん需要が高いからだと言えますが、その分競合相手も多いレッド・オーシャン状況でもあります。

そのため常に競合相手の状況を確認し、対策を練って経営していかないといけないデメリットもあります。

副業で始めるコインランドリーの開業資金と収益は

ここからは副業で始めるコインランドリー経営の開業資金と月収益について解説します。

実際どれくらいの初期費用で、収入はいくらになるのかを紹介しますので、コインランドリー副業を検討されている方は、他の副業と比較して見ましょう。

開業資金について

コインランドリーの開業資金は店舗の大きさや場所によって異なります。

ここでは15坪ほどの小型店舗の開業資金を紹介します。

工事別

小型店舗(15坪)

洗濯機器設備代金

約1,200万円~1,300万円前後

内装設備関連工事費用

600万円~700万円

基礎工事費用

400万円~500万円

合計

2,300万円前後

おおよそ2,300万円前後となりますが、これ以外に既存建物の解体費用や立ち退き費用などが必要となる場合、3,000万円近くなるとこともあります。

月収入について

小型店舗の月収入は下記のようになります。

項目

小型店舗

売り上げ

375,000円

ランニングコスト

150,000円(想定)

借入返済(30年ローン・金利1.3%)

77,000円(2,300万円借り入れ)

月利益

148,000円

あくまで想定となりますが、先ほどの開業資金を元に計算した場合、おおよそ15万円前後の手残りになります。

ただし、場所や立地によって稼働率も異なり売り上げも変わりますので、目安程度としておきましょう。

副業で始めるコインランドリー経営は個人とフランチャイズどちらがおすすめ?

副業で始めるコインランドリーの経営方法には「個人経営タイプ」「フランチャイズ経営タイプ」の2つあります。

個人経営タイプは、言わば「すべて一から一人で」という認識です。

市場のリサーチから建物の機器選び、店舗の検知器会社の選定など、本業をされている方では時間が無くて難しいでしょう。

一方フランチャイズの場合、フランチャイズ店の担当者と協力しながら開業していきます。

専門的な知識や経験を持ち合わせているので、おまかせしても良いくらいでしょう。

また副業としてコインランドリーを開業した後は、フランチャイズ店名を名乗れるため、ユーザーへの認知が高く、集客につながるメリットなどもあります。

オススメできるフランチャイズ店

ここからはオススメできるコインランドリーのフランチャイズ店5選、

  • マンマチャオ
  • WASHハウス
  • エコラックスランドリー
  • ランドリーデポ
  • 洗濯革命本舗

を紹介します。

マンマチャオ

マンマチャオは電子マネーの支払いができるコインランドリーであるため、若い方が利用しやすい傾向があります。

また、30分かかった洗濯時間が20分程で完了するなど、利用者に嬉しい機能も持ち合わせているフランチャイズ店です。

マンマチャオの詳細情報は以下の通りです。

会社名

株式会社エムアイエス

旧社名:株式会社mammaciao(マンマチャオ)

代表者名

代表取締役 三原 淳

会社住所

東京本部

東京都港区東新橋2丁目18番3号 ルネパルティーレ汐留3F

電話番号

03-4400-7701

創業

2000年9月

事業内容

コインランドリー機器輸入販売

コインランドリー店舗設計施工

エコランドリーmammaciaoチェーン本部

米国デクスター社日本総代理店

マンマチャオの公式サイトはこちら⇒

WASHハウス

WASHハウスは本部でさまざまな対応をしてくれるフランチャイズ店です。

毎日の清掃や機器メンテナンスをWASHハウスの方で行ってくれるので、実質オーナーがすることが無いといえるほど、手放しできる強みがあります。

WASHハウスの詳細情報は以下の通りです。

会社名

WASHハウス株式会社

代表者名

代表取締役社長 児玉康孝

会社住所

宮崎県宮崎市新栄町86番地1

電話番号

0985-24-0000

創業

2001年11月

事業内容

遠隔管理型コインランドリー店舗の企画・開発・運営事業

WASHハウスの公式サイトはこちら⇒

エコラックスランドリー

エコラックランドリーはスマホアプリで売上管理ができるシステムを構築している特徴があります。

また洗濯機器や両替機などのコイン詰まりをスマホで遠隔操作して解消できる技術も持ち合わせています。

最先端を走るフランチャイズ店として言えるでしょう。

エコラックスランドリーの詳細情報は以下の通りです。

会社名

いっちー合同会社

会社住所

東京都品川区西五反田8-10-21

電話番号

03-5708-5418

創業

2014年4月

事業内容

コインランドリーの運営

コンサルタント業務

シェアオフィスの運営

WASHハウスの公式サイトはこちら⇒

ランドリーデポ

ランドリーデポはコンビニエンスストアやスーパーなどとの複合出店できるフランチャイズ店です。

そのため収益が安定して確保できる特徴を持ち合わせています。

機器のメンテナンスもランドリーデポが行ってくれるため、オーナーとしては有難い点でもあるでしょう。

ランドリーデポの詳細情報は以下の通りです。

会社名

株式会社プライムランドリーソリューションズ

代表者名

代表取締役社長 船橋 亘

会社住所

東京都町田市原町田3-15-17

電話番号

042-739-4500

創業

2001年11月

ランドリーデポの公式サイトはこちら⇒

洗濯革命本舗

洗濯革命本舗はクリクラの名誉会長である西山由之氏が代表をつとめているコインランドリー会社でもあります。

西山がコインランドリーを開業する方に向けてセミナーなどを行うため、成功者の話を聞ける会社でもあります。

洗濯革命本舗の詳細情報は以下の通りです。

会社名

株式会社センカク

代表者名

代表取締役社長 西山 由之

会社住所

東京都新宿区西新宿1-25-1新宿センタービル37階

電話番号

03-3343-1111

創業

1971年

事業内容

コインランドリー事業

トランクルーム事業

デバイス事業

クリーンネス事業

ランドリーデポの公式サイトはこちら⇒

フランチャイズ店でコインランドリー副業をする際に気を付ける事

ここからはフランチャイズ店でコインランドリー副業をする際に気を付けること2点を紹介します。

加盟金が必要となる

フランチャイズでコインランドリーを経営し始める際は、フランチャイズ店に加盟金を支払う必要があります。

会社によって異なるものの、おおよそ100万円から200万円前後が一般的です。

また、毎月の売り上げに対し、ロイヤリティという手数料を支払う必要もあります。

こちらの手数料も加盟金同様各社異なりますが、おおよそ売り上げの5%前後の金額となります。

会社信頼度を確認する

フランチャイズ店に加盟する際は、その企業の会社信頼度などを調査し、倒産リスクなどがないかを調べておきましょう。

万が一倒産した場合、自身のコインランドリー店舗への影響は少なからず出るはずです。

そのため企業の信頼度調査は必須となります。

まとめ

副業でやるコインランドリー経営のメリット・デメリットについて解説し、おすすめのフランチャイズ店5選を紹介してきました。

副業でコインランドリーを経営し始める際、本業の忙しさもあるため、個人で経営するのは難しいです。

そのためフランチャイズ店に協力してもらいながら始めた方が、安定した経営となる事でしょう。

今回オススメしたフランチャイズは5店舗でしたが、全国に何百とフランチャイズ店はあります。

かならずフランチャイズ店を調査した上で相談して見ましょう。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る