近年コインランドリーの需要が高まるのと同時に、有効な土地活用としてコインランドリー経営の人気も上昇傾向にあります。

土地や建物を更地や空き家のままにしていても、ただ固定資産税を支払うだけの負の財産となってしまいますが、コインランドリー経営をすることで固定資産税額はおろか、大きな利益を上げることが可能となるでしょう。

また不動産投資の中では、高利回り投資と言われ、多くの方が注目しています。

しかし、田舎でコインランドリー経営をした場合はどうでしょうか。

「需要はあるのだろうか」「収益はあげられるのだろうか」と疑問を持つ方も多いでしょう。

そこで今回は、田舎でコインランドリー経営をするメリット・デメリットについて解説します。

また田舎コインランドリー経営が成功した実例を2点紹介します。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

コインランドリー経営について紹介

コインランドリー経営とは、洗濯機器を店舗内に設置し、利用者からの利用料金を徴収して収益を上げていくビジネスです。

洗濯機がない人や自宅の洗濯機が壊れてしまった人、乾燥機がついていない洗濯機を利用している人、時間がない人などが主な利用者です。

近年では専業主婦の方より、共働きの家庭が増えているため、自宅の洗濯機より大きいコインランドリーで週末まとめて洗濯する家庭も増加しています。

上記の理由を踏まえ、今後もコインランドリー需要は増えて行くことが想定されている点が人気の秘訣となっていることでしょう。

コインランドリー経営にかかる費用相場とは

コインランドリー経営にかかる費用は、各業者やメーカーによって異なるものの、おおよそ2,000万円から2,500万円が一般的です。

しかし、大型店舗ともなれば、3,000万円4,000万円となることもあるでしょう。

下記の表はコインランドリー経営における初期費用の一例です。

 

小型店舗

大型店舗

機器代

約1300万円~

洗濯乾燥機2~3台、乾燥機3~5台、洗濯機1~2台

約2300万円

洗濯機7~8台、乾燥機9~10台

内装設備工事

600万円

1,000万円

基礎工事

500万円

600万円

合計

2,400万円

3,900万円

コインランドリー経営は更地の状態から始めるとなると、2,000万円から4,000万円ほど初期費用が必要となります。

既存の建物などがある場合、更に解体費用が必要となるので注意しましょう。

また、コインランドリーを多く手がける企業の中では、フランチャイズにすることで機器をレンタルしてくれる場合もあります。

初期費用を抑えたい方は、コインランドリー会社に相談してみても良いでしょう。

田舎でコインランドリーを経営する3つメリット

ここからは田舎でコインランドリー経営をするメリットの3つ、

  • 競合相手が少ない
  • 収益をもたらすことが出来る
  • 人件費がかからない

を紹介します。

競合相手が少ない

田舎は都心部と比べてコインランドリーの店舗も多くなく、競合が少ない特徴があります。

そのため、利用者を独占できるため料金価格競争にもなりません。

もちろん都市部などに比べて人口も少ないですが、供給も少ないため、一人当たりに対するコインランドリーの数は多いという地域もあります。

一概に田舎だからと言って需要がないとは言えず、むしろ競合相手が少ないという事で大きな収益に繋がる事もあるでしょう。

収益をもたらすことができる

田舎でコインランドリー経営をされる方の多くは、更地にしている土地の有効活用や、空き家を取り壊して活用する方が多いです。

もともとは収益が生まない土地であったため、コインランドリー経営をすることで大きな収益を生み出すことに繋がります。

人件費がかからない

コインランドリーは基本的に全てセルフサービスです。

利用者自身が洗濯物を洗濯機に入れて、利用料金を支払います。

もちろん店舗の清掃やメンテナンスなどの費用は必要となりますが、機械さえ稼働すれば、後は利用者が自身で作業をする形となります。

また、経営者が何かするという形がないため、コインランドリー経営は人件費がかからないメリットがあります。

田舎でコインランドリーを経営する3つデメリット

これまで田舎でコインランドリー経営をするメリットを解説してきましたが、もちろんデメリットも存在します。

主なデメリットは下記の3点です。

  • 利用者が限られている
  • 高齢者は使い方がわからない
  • 大きな敷地が必要となる

利用者が限られている

先ほどの田舎でコインランドリー経営をするメリットでは、競合が少ない点を紹介させて頂きました。

しかし人口があまりにも少ない場合は、人口に比例して利用者が少ない点もあります。

コインランドリー経営は利用者あっての事業となりますので、人口が少なければ稼働率も悪くなることは必然でしょう。

またいくら稼働台数を増やしたとしても、その地域の人口は急激に増加しないかぎり、利用者上限数に限りがあります。

この悩みは都心部とは異なり、田舎でコインランドリー経営する場合に該当するデメリットであるでしょう。

高齢者は使い方がわからない

コインランドリーの利用者の多くは20代から50代の方が多いですが、高齢者の方は非常に少ないです。

田舎では高齢者の方の人口が多くなりますが、コインランドリーの使い方がわかっていない人も多いのが現実でしょう。

コインランドリーという存在を知らない方も多いだけでなく、洗濯物は自宅でやるのが普通と考えている人も多いはずです。

そのため、高齢者が多い田舎ではコインランドリー経営は難しくなることでしょう。

大きな敷地が必要となる

田舎では自動車が生活する上で必須となります。

そのため、コインランドリー経営をする際は、駐車場を設ける必要があります。

本来、コインランドリー経営をする上で駐車場は何も収益を生まないため、不要ですが田舎ではそうはいきません。

利用者の多くは自動車に乗って来客する事でしょう。

そのため駐車場が確保できるほどの大きな土地が必要となります。

田舎のコインランドリー経営方法

コインランドリー経営のメリット・デメリットを理解した上で、次に田舎でコインランドリー経営が成功する方法を2点紹介致します。

成功事例に基づいた内容となりますので、一概に必ず成功するというわけではありませんが、ご参考になさってください。

コンビニやカフェの隣に併設

近年コインランドリーの隣に、コンビニエンスストアやカフェが併設されているケースが目立ちます。

コンビニエンスストアのオーナーだった方が、同敷地内にコインランドリーを開業したことで大きな収益に繋がったという事例がありました。

利用者もコインランドリーで待っている間に、コンビニで買い物やカフェでコーヒーをという考えになるのでしょう。

とはいえ、コンビニエンスストアが建てられる敷地面積であったり、誘致できる立地であったりすることが条件などさまざまな課題が出てきます。

しかし解決できるようであれば、大きな利益につながり成功することが可能となるでしょう。

クリーニング店と併設

こちらも先ほどのコンビニエンスストアやカフェと同様になりますが、クリーニング店を併設することで両店舗の相乗効果が見込めます。

クリーニングを出す場所と違うところでコインランドリーをするより、1か所でまとめた方が利用者は望ましいでしょう。

近年ではフランチャイズ店が上記の事例で店舗を増やしております。

しかし、田舎でコインランドリーとクリーニング店を行う場合、必ずマーケティングをして需要の確認が必須となりますので、まずはフランチャイズ店に相談してみましょう。

まとめ 

これまで田舎でコインランドリー経営をするメリット・デメリットを解説してきました。

田舎ならではのメリットとデメリットを持ち合わせたコインランドリー経営ですが、事前のマーケティングを怠らず、需要に沿った運用方法を行うことで大きな収入につながることも考えられます。

また、近年では田舎でも利便性が求められつつあり、コインランドリーと店舗などが併設しているケースが増えてきています。

これからコインランドリー経営を検討している方は、それらの店舗誘致も含め検討してみる価値はあるでしょう。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る