自身が所有している土地の有効活用を検討した際、賃貸住宅経営などを思いつく方が多いのではないでしょうか。

しかし賃貸住宅経営などは大きな初期投資金額となってしまうため、なかなか踏み出せない方もいらっしゃいます。

そこで今回オススメするには「コインランドリー経営」です。

コインランドリー経営は賃貸住宅経営よりコストを抑えて投資することができ、高利回り、高収入が期待できる土地の有効活用です。

コインランドリー経営は近年、各家庭が共働き世帯となってきている日本でのニーズが高く、店舗数も年々増加しており、大きく儲けている方もたくさんいらっしゃいます。

とはいえ、間違えた方法でコインランドリー経営を始めてしまうと、儲からないコインランドリー経営となってしまうので、安易に始めてはいけません。

そこで今回、コインランドリー経営が儲かる4つの理由と儲からない3つの失敗事例を紹介します。

これから土地活用を検討されている方は、ぜひ有効活用の一つとして参考にしてください。

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトを見る⇨

 

コインランドリー経営が儲かる4つの理由

コインランドリー経営が儲かる理由は大きく分けて下記の4つ、

  • コインランドリーは成長産業
  • 賃貸住宅経営などと比べて利回りが高い
  • 人件費がかからない
  • 経済市場に影響されにくい

が該当しますので紹介します。

コインランドリーは成長産業

コインランドリーは年々店舗数が増加傾向にあります。

下記の表は厚生労働省が発表している、コインオペレーションクリーニング営業施設数の推移になります。

年数

コインランドリー

店舗数

施設の種類

ランドリーのみの

施設店舗

ドライ機器

設置施設店舗

平成8年

10,228

9,562

666

平成9年

10,739

10,051

688

平成10年

11,323

10,613

710

平成11年

11,843

11,116

727

平成13年

12,502

11,832

670

平成15年

12,726

12,156

570

平成17年

13,746

13,264

482

平成19年

14,840

14,404

436

平成21年

15,426

15,062

364

平成23年

15,985

15,696

289

平成25年

16,693

16,454

239

引用:https://www.mhlw.go.jp/content/000640780.pdf

厚生労働省のデータを見ても毎年約4%増で普及しています。

2022年時点では、約20,000店舗を超え、今後も高い普及率が見込める成長産業であることがわかります。

賃貸住宅経営などと比べて利回りが高い

不動産投資の一つであるコインランドリー経営は、他の投資と比べて利回りが高い傾向があります。

下記の表は投資別利回り相場を比較したものです。

不動産投資種別

利回り

賃貸アパート経営

6%~7%前後

マンション経営

3%~4%前後

駐車場経営

7%~10%前後

コインランドリー経営

12%から15%前後

もちろん地域によって利回りが異なるため、一概には言えませんが、コインランドリー経営は他の不動産投資と比べて高利回りが期待できることがわかり、儲かる投資といえるでしょう。

人件費がかからない

コインランドリー経営は無人経営であるため、人件費がかかりません。

スーパーや飲食店は従業員が常駐しておりますが、コインランドリーはセルフサービスであるため、従業員は不要となります。

給与という支出がないため、月々のランニングコストを大きく圧縮できることでしょう。

経済市場に影響されにくい

コインランドリー経営を含めた不動産経営は立地産業であるため、場所され良ければ利用者は安定的に確保でき、収益が安定します。

また地価が暴落したしたとしても、毎月の利用者からの収入となるため関係ありません。

インフレーションやデフレーションに影響されることが少ない経営と言えるでしょう。

コインランドリー経営が儲からない3つの失敗事例

コインランドリーが儲かる理由を3つ紹介しました。

次にコインランドリーが儲からなかった失敗事例を3つ、

  • 市場のマーケティング不足
  • 差別化を優先し、初期投資額がかさんだ
  • 店内清掃が出来ておらず、リピーターが確保できていない

紹介します。

市場のマーケティング不足

コインランドリー経営を始める前の市場マーケティングを怠り、儲からないコインランドリー経営になってしまった事例です。

土地を相続し、「何か有効活用はないかな」という考えから始めたコインランドリー経営ですが、需要が無く、収益がまったくでなかっというケースです。

コインランドリー経営は立地産業であるため、どれくらいの利用者と収益が見込める場所なのかをリサーチする必要があります。

土地があるからという一点で始めるのは非常に危険ということは理解しておきましょう。

差別化を優先し、初期投資額がかさんだ

競合他社との差別化を図るために最先端の機器を設置したが、初期費用が大きくなったため、利用料金を上げて利用者確保ができなかった事例です。

初期費用額を早く回収したい気持ちから、利用料金を高額にしてしまうと、新規利用者を確保するどころか、利用者離れが起きてしまいます。

利用者は最先端機器より、利用料金を重視する傾向があるためでしょう。

差別化を図る意識は間違いではありませんが、利用料金を上げることは利用者確保に繋がらないことになってしまいます。

店内清掃が出来ておらず、リピーターが確保できていない

コインランドリーの店舗は常に清潔感がある空間にしておく必要があります。

店内の清掃が行き届いておらず、利用者離れが起きてしまった事例です。

コインランドリーは衣類や寝具などをきれいにするお店です。

そのお店が汚れていた場合、洗濯機器も汚れているのではないだろうかと思うのも必然でしょう。

どの職種の店舗でも同じですが、店舗が汚れているという事は、マイナス要因でしかありません。

コインランドリー経営で儲ける方法

先ほどの儲からないコインランドリー経営を理解した上で、次にコインランドリー経営で儲ける方法を3つ、

  • 立地の見極め
  • 固いシミュレーションで計算
  • 店内の定期的なメンテナンス

紹介します。

立地の見極め

先ほどもお伝えした通り、コインランドリー経営は立地産業であるため、場所の選定が非常に大切となります。

実際の利用者は、単身者の会社員を始め、家族層などが多いです。

単身者の会社員の場合、深夜まで仕事しているため、週末にまとめて洗濯をする方が多いです。

また家族層は共働き世代が増え、週末にまとめて洗濯をする家庭や、寝具などの季節品を洗濯されます。

つまり、単身と家族の両方が住んでいる地域を狙った方が良いでしょう。

固いシミュレーションで計算

コインランドリー経営の事前収支計算は固く見積もっていた方がよいでしょう。

一般的には一日の稼働率は2~3時間程度と言われていますが、その時間の半分で収支計算しても良いかもしれません。

固いシミュレーションで計算することで、収益第一の経営にならず、またイレギュラー時の出費に対応できるようになることでしょう。

安定的な経営を望む方は、より厳しいシミュレーションで収支計算しておきましょう。

店内の定期的なメンテナンス

店内を常に清潔にしておくことで、新規顧客だけでなく、リピーターの確保に繋がります。

誰もがきれいなコインランドリー店舗で洗濯したいと思うでしょう。

そのため利用者離れを防ぐだけでなく、新規ユーザーの確保するために、月に2回程度の清掃は必須となります。

清掃は自身で行っても問題ありませんが、目の行き届かない場所もあるので、業者に相談しても良いでしょう。

まとめ

これまでコインランドリー経営が儲かる4つの理由と儲からない3つの失敗事例を紹介してきました。

コインランドリーは今後も需要が高まる土地活用であり、店舗数も増え激化していく市場でもあります。

とはいえ、不動産投資の中でも高利回りが見込める投資であり、経済市場に影響されないメリットなども持ち合わせている特徴があります。

しかし、安易な気持ちで始めてしまうと赤字経営にもなりかねません。

常に利用者の立場に立って経営をすることが一番大切です。

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトを見る⇨