「COMMOSUSの投資をしようと思っているけど、実際のところどうなんだろう?」

「実際に利用した人の声を聞いた上で、投資するか判断したい!」

など、COMMOSUSを利用するか検討する際、このような疑問を感じている方も多いのではないでしょうか

今回の記事では、不動産クラウドファンディングやソーシャルレンディングに100万円以上投資中の筆者が、COMMOSUSのメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

実際に投資した人の評判や口コミについても紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

COMMOSUSの公式サイトを見る

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)[ad]

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中でトップクラスの462億円を調達している実績がある
3.4.0%~5.5%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている

4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している

6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、弊社サイト経由限定で、初めて投資をする人に最大50,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

直接公式サイトから登録してしまうと、上記のキャンペーンは適用されませんので必ず下記のリンクから申し込みをしてみてください。

CREALで無料登録する⇨

「CREALに興味をもったけど、具体的にどんなサービスなのか詳しく知りたい。」

と感じる人は、下記の解説記事もあわせて参考にしてみてください。

CREALについての解説記事はこちら⇨

COMMOSUS (コモサス)の評判・口コミを紹介

続いてCOMMOSUSの評判や口コミを、リアルな声が飛び交うTwitterなどから紹介していきます。

COMMOSUS (コモサス)の評判・口コミツイート①

COMMOSUS (コモサス)の評判・口コミツイート②

COMMOSUS (コモサス)の評判・口コミツイート③

COMMOSUS (コモサス)の評判・口コミツイート④

COMMOSUS (コモサス)の評判・口コミツイート⑤

COMMOSUSの前身である旧CAMPFIRE Ownersが事業をはじめたばかりの頃は資金が集まらないこともあったようですが、最近は注目も高まり満額成立ができるようになってきました。

人気も上がってきていますよね。また過去には投資金額に応じてAmazonギフト券がもらえるキャンペーンが行われており、利回り以上に得をしたと投稿している投資家もいました。

さらには2021年にCAMPFIREは上場の噂もありましたし、より規模や安定度が増していくことも期待できます。

随時、新しい口コミや評判も追記していきます。

COMMOSUSの公式サイトを見る

COMMOSUS (コモサス)のメリット・特徴5

COMMOSUSのメリットと特徴を他の運営会社のサービスと比較した上でお伝えいたします。

主なメリットと特徴は、下記の5点です。

  • 不動産投資以外にも様々なソーシャルレンディングが可能
  • 保証付きのファンドがある
  • ほとんどが1年以内のファンドのため短期運用ができる
  • 比較的まだ知名度が低く、当選しやすい
  • 優待付きのファンドがある

それぞれ解説していきます。

COMMOSUS (コモサス)のメリット・特徴1.不動産投資以外にも様々なソーシャルレンディングが可能

45_COMMOSUS-(旧CAMPFIRE-Owners)のメリット・特徴1_不動産投資以外にも様々なソーシャルレンディングが可能

COMMOSUSでは不動産投資ファンドはもちろん、他にも飲食店やカンボジアの農業支援、教育支援や除菌剤の開発にまで融資ができます。

元々CAMPFIREはクラウドファンディングの代表的な会社であり、ファンドの種類においては他の運営会社を圧倒していると言っても過言ではありません。

人気がありすぎて投資したくてもできないのがソーシャルレンディングの難点ですので、COMMOSUSの豊富な案件はとても魅力的でしょう。

COMMOSUS (コモサス)のメリット・特徴2.保証付きのファンドがある

46_COMMOSUS-(旧CAMPFIRE-Owners)のメリット・特徴2_保証付きのファンドがある

ソーシャルレンディングは他の投資同様に元本保証ではありません。リスクが高い故の高金利です。

その中でCOMMOSUSでは保証会社を挟んでいるファンドもあります。

保証会社が入っても金利5%以上の案件もあり、高金利でもリスクが気になる方には最適な投資先ではないでしょうか。

COMMOSUS (コモサス)のメリット・特徴3.ほとんどが1年以内のファンドのため短期運用ができる

47_COMMOSUS-(旧CAMPFIRE-Owners)のメリット・特徴3_ほとんどが1年以内のファンドのため短期運用ができる

ソーシャルレンディングでは短期運用を好む方が多いです。

長期になるほど不測の事態が起きる可能性はありますし、運用中は途中解約ができないデメリットもあるためです。

COMMOSUSでは2019年9月の第一号から短期運用向けファンドが多いといえます。

短期運用にも手間が増えることや金利の付かない期間が発生するなどのデメリットはあるのですが、短期で運用していきたい方にはおすすめできるでしょう。

COMMOSUS (コモサス)のメリット・特徴4.比較的まだ知名度が低く、当選しやすい

48_COMMOSUS-(旧CAMPFIRE-Owners)のメリット・特徴4_比較的まだ知名度が低く、当選しやすい

多くのソーシャルレンディングサービスにおいて、非常に人気があるファンドでは募集と同時に応募金額に達成してしまい完売するケースが多いです。

募集して1分以内で埋まってしまうクリック合戦も珍しくなく、クリック合戦が苦手な方にはいつまでたっても出資ができないリスクがあります。

それに対してCOMMOSUSでは募集があっても瞬く間に埋まることはなく、今まで応募できなかった方にもチャンスがあります。

何かデメリットがあって人気がないわけではなく、後発のサービスであり知名度が高くないことが理由だと思われますので、今のうちに出資できるのはメリットかもしれません。

COMMOSUS (コモサス)のメリット・特徴5.優待付きのファンドがある

COMMOSUSでは過去に優待付きのファンドがあり、『THE CITY RESIDENCE』事業ファンド(シティホームズ4号)【特典付き】では投資金額によって「シティダイニング特別優待券」や『「焼肉ブルズ」たれ詰め合わせ』のプレゼントがありました。

ソーシャルレンディングでは優待や特典付きのものはとても珍しいのでCOMMOSUSならではの特徴ですね。

COMMOSUSの公式サイトを見る

 

COMMOSUS (コモサス)のデメリット・注意点3

COMMOSUSのデメリットや注意点を3つご紹介します。

  • 不動産投資以外も混ざってしまう
  • 金利の幅が広い
  • 運用期間中の途中解約はできない

これらの注意点も踏まえて利用を検討してもらえたらと思います。

COMMOSUS (コモサス)のデメリット・注意点1.不動産投資以外も混ざってしまう

49-2_COMMOSUS-(旧CAMPFIRE-Owners)のデメリット・注意点1_不動産投資以外も混ざってしまう

幅広いファンドに投資できるのがCOMMOSUSのメリットでしょう。

ただし、あくまで不動産投資のみに興味がある場合、不動産以外の融資案件も募集ファンドには混ざるため分かりにくくなる可能性はあります。

不動産投資ファンドも十分あるので、不動産投資をすること自体に問題はありませんが、他の融資案件に興味がない場合は注意が必要かもしれません。

COMMOSUS (コモサス)のデメリット・注意点2.金利の幅が広い

50_COMMOSUS-(旧CAMPFIRE-Owners)のデメリット・注意点2_金利の幅が広い

リスクが高いほど金利も高く、リスクが下がれば金利も下がってしまいます。

ソーシャルレンディングは一般的にリスクが高めの分高い金利を狙えるため人気ですが、COMMOSUSでは金利3%ほどの案件も多いです。

ただし、サービス名がCAMPFIRE ownersからCOMMOSUSに代わって以降、7〜8%程度の利回りのファンドも増えてきています。

リスクが上がったとしても、より高いリターンを狙いたい人にとっても、おすすめできるサービスになってきたと言えるでしょう。

COMMOSUS (コモサス)のデメリット・注意点3.運用期間中の途中解約はできない

51_COMMOSUS-(旧CAMPFIRE-Owners)のデメリット・注意点3_運用期間中の途中解約はできない

全てのソーシャルレンディングに共通しますが、運用期間中の途中解約はできません。

お金を引き出したくなっても期間が終わるまでは不可能です。

投資はあくまで余裕のある資金で行うものですが、万が一にでも資金を引き出す必要がないように注意しましょう。

COMMOSUSは短期運用がメインですので、長期ファンドよりはこのリスクは低いといえます。

ただ、30か月の案件も1つだけありましたので、そういった案件に投資する場合は注意が必要です。

COMMOSUS(コモサス)には手数料がかかる?

結論から言うと、かかる場合とかからない場合があります。

投資をする前に必要な「投資家登録」ですが、手数料は一切かかりません。

投資するファンドを選んで入金する際、振り込み手数料が発生します。

振り込み手数料に関しては送金元の銀行によって金額が違いますので確認をしてみてください。

そして出金用口座に出金する際に、月に1回までなら手数料はかかりませんが、2回目以降は770円(税込)かかってしまいます。

出金は月に1回までに済ませるようにするといいでしょう。

COMMOSUS(コモサス)は確定申告が必要な場合がある

ソーシャルレンディングで受けとった分配金は雑所得という種類にあたりますが、この雑所得の合計が年間20万円以上の場合確定申告が必要になります。

ソーシャルレンディングで受け取った分配金以外でも例えば仮想通貨なども全て合計しなければならないので注意しましょう。

個人の所得によって確定申告が必要な場合もありますので、税務署や税理士にご確認ください。

COMMOSUS(コモサス)は、幅広い種類に投資先を分散させたい人におすすめ

COMMOSUSは、不動産投資はもちろん他のファンドにも投資したい方におすすめできます。

種類の幅がとても広いため、こんなファンドもあるのかと驚くでしょう。

COMMOSUSを利用する目的が資産運用であり、ソーシャルレンディングの案件がなかなか見つからない方にはぜひ登録をおすすめします。

一方であくまで不動産投資のみ行いたい方には、興味ないファンド情報が混ざる点はデメリットかもしれません。

COMMOSUSの公式サイトを見る

COMMOSUS(コモサス)はCOZUCHI(コヅチ)と提携してCOZUCHI FUNDをスタート

COMMOSUSは、不動産クラウドファンディング業界で募集総額1位のCOZUCHIと提携開始しました。

CAMPFIRE Owners、不動産クラウドファンディングCOZUCHIと協働し「COZUCHI FUND」を開始

2社でCOZUCHI FUNDと呼ばれるファンドの組成を開始しています。

COZUCHIはCOMMOSUSに対して、マーケティングやファンド審査などのアドバイスを行っているようです。

COZUCHI FUNDは、主に不動産ファンドの組成になるため比較的高利回りで、COZUCHIではなかなか当選しなかった人にもおすすめです。

COMMOSUS (コモサス)のキャンペーン情報は?

COMMOSUSでは現在キャンペーンは実施されていません。

過去にはAmazonギフト券がもらえる大型キャンペーンも実施されていました。

これからも定期的にキャンペーンを実施する可能性は高いでしょう。

キャンペーン情報が出たらこの記事でも紹介していきます。

COMMOSUSの公式サイトを見る

COMMOSUS (コモサス)を始めるステップを紹介

実際にCOMMOSUSを始めるためのステップをご紹介します。

  1. 個人情報と本人確認書類の登録
  2. 審査後にはがきを受け取る
  3. 投資するファンドを選んで入金

この手順です。

COMMOSUS (コモサス)を始めるステップ1.個人情報と本人確認書類の登録

先ずはWebから個人情報を入力します。

次に本人確認書類をアップロードします。

全てWebで完結するため、とても簡単です。

COMMOSUS (コモサス)を始めるステップ2.審査後にはがきを受け取る

登録が完了したら審査結果を待ちます。

最短1日で審査も終わります。

その後はがきを受け取れば投資家登録が完了です。

COMMOSUS (コモサス)を始めるステップ3.投資するファンドを選んで入金

投資家登録が完了すればホームページからログインして投資先を選びます。

ファンドを選び入金すれば運用が始まり、あとは金利の振り込みを待つだけです。

COMMOSUSの公式サイトを見る

COMMOSUS (コモサス)の運営会社情報

COMMOSUSは「株式会社コモサス」が運営するサービスです。

設立は2015年で、資本金は1億6,000万円、本社は渋谷区恵比寿に構えられています。

COMMOSUS (コモサス)の会社概要

会社名

株式会社コモサス

設立日

2015年12月01日

資本金

1億6,000万円(資本準備金も含む)

代表者

加藤義隆

本社所在地

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-19 2F

登録/加入協会

第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2973号
一般社団法人第二種金融商品取引業協会

まとめ

COMMOSUSは、不動産投資の枠を超えて数多くのファンドの種類を誇るソーシャルレンディングサービスです。

投資できるファンドが不足しているソーシャルレンディング業界において、新たな資産運用先を探している方はぜひ登録をおすすめします。

またクリック合戦が苦手な方や、運用期間の短いファンドに投資をしたい方にも向いているサービスといえるでしょう。

組成されているファンドの種類の多さ故に金利が低めのファンドがあることや、不動産投資がしたい方には興味ないファンドもあるかもしれないため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

COMMOSUSが気になった方は無料の会員登録をしてみてはいかがでしょうか。

COMMOSUSの公式サイトを見る

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)[ad]

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中でトップクラスの462億円を調達している実績がある
3.4.0%~5.5%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている

4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している

6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、弊社サイト経由限定で、初めて投資をする人に最大50,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

直接公式サイトから登録してしまうと、上記のキャンペーンは適用されませんので必ず下記のリンクから申し込みをしてみてください。

CREALで無料登録する⇨

「CREALに興味をもったけど、具体的にどんなサービスなのか詳しく知りたい。」

と感じる人は、下記の解説記事もあわせて参考にしてみてください。

CREALについての解説記事はこちら⇨

参照記事:COMMOSUSの評判・口コミはどう?:不動産コラム

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。