これまで、新築至上主義と言われていた日本ですが、最近中古住宅の需要も徐々に増え始めています。

新築よりも安く中古の物件を購入し、リノベーションを実施することで、新築より安く新築同然の家に住めるようになったことが理由の一つです。

そんな中、リノベーション実施済み不動産の売買仲介プラットフォームとして注目を集めているのが、カウカモです。

リノベーション済み物件の中から、カウカモ独自の視点で物件を絞り込み、目利きした物件のみが掲載されています。

今回の記事では、注目の不動産テック「カウカモ」の評判や特徴について、詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

カウカモの公式サイトはこちら⇨

cowcamo(カウカモ)の特徴・メリットまとめ

続いて、カウカモの特徴について説明をしていきます。

カウカモの主な特徴は、下記の5点。

  1. 独自の基準にマッチしたリノベ物件のみを掲載
  2. 物件ごとの情報量がとにかく豊富
  3. 物件選びの悩みを相談できるコンシェルジュがいる
  4. リノベ物件への知識を深めるセミナーも開催
  5. 売却時のサポートやバックアップも

それぞれ詳しく解説をしていきます。

①独自の基準にマッチしたリノベ物件のみを掲載

リノベーション済みの物件は、世の中にたくさんあふれています。

しかし、カウカモは掲載する物件数を増やすことを、目的としていません。

マンションの設備や立地だけでなく、エリアの魅力やメリット、建物の管理状況など、実際に購入する段階で重要になるポイントを満たした物件のみ掲載しています。

②物件ごとの情報量がとにかく豊富

大手不動産ポータルサイトで中古の物件をみても、フォーマット化された物件情報と、数枚の写真が掲載されているだけであるケースが多いです。

より詳しく知りたい情報があったとしても、実際に内見して足を運ばないとわからないわけです。

それに比べてカウカモの物件情報は、

  • 物件概要
  • 交通の便・アクセス
  • 評判の飲食店、スポット
  • 物件の様々な写真
  • それぞれの部屋の詳細説明
  • 周辺施設

など、非常に詳細な情報が、写真付きで非常に詳しく掲載されています。

これだけしっかり情報が掲載されていれば、内見をする前にある程度候補を絞れるメリットがあります。

③物件選びの悩みを相談できるコンシェルジュがいる

家を購入する際は、資金計画や住むエリア選び、物件選びなど考えるポイントが多岐に渡ります。

不動産を購入する経験は人生でなんども行うものではないので、疑問や悩みが常につきまとうもの。

カウカモは、「カウカモコンシェルジュ」と呼ばれるサポートサービスも提供しているので、細かい悩みを相談することができます。

カウカモに掲載されていない物件の購入であってもサポートしてもれえるので、ありがたいですよね。

④リノベ物件への知識を深めるセミナーも開催

カウカモは、オンラインでの情報提供のみでなく、オフラインでセミナーも開催しています。

これから家を買いたい人、購入してからリノベーションしたい人などに対して、物件選びで役に立つポイントや注意点を学べます。

約1週間に1度のペースでセミナーは開催されているので、具体的に相談したいことがある人はぜひ参加してみてください。

⑤売却時のサポートやバックアップも

これまでは、カウカモで物件を購入した人の立場で執筆してきました。

ただ、築古の物件を持っている人や、リノベ済み物件を売り出す人側へのサポートも積極的にやっています。

物件の査定はもちろん、強みを生かした販売戦略も考えてくれるので非常にためになるはずです。

 

〜特集記事〜

自己資金1万円からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」とは?

話題の「FANTAS FUNDING(ファンタスファンディング)」の評判や特徴をわかりやすく解説!

cowcamo(カウカモ)を利用した人の口コミ・評判

続いて、カウカモに関するネット上のリアルな評判や口コミについて紹介をしておきます。

一般的に、匿名のアカウントでのやりとりが中心のツイッターでは、ネガティブな口コミや、批判的な意見が多くなりがちです。

しかし、カウカモに関しては、実際に買った人もそうでない人も、ポジティブな意見が本当に多くみられました。

不動産テック企業で上場までこぎつけるケースは稀ですから、非常に注目度の高さを感じました。

cowcamo(カウカモ)の関連事業

カウカモは、先ほど紹介したリノベ済み物件の売買仲介サイトだけでなく、複数の媒体やアプローチを持っています。

そこで、カウカモに関連する他の媒体をいくつか紹介しておきましょう。

cowcamo App

cowcamo Appは、カウカモに掲載されていない物件も、より幅広く検索できるアプリです。

掲載物件のエリアは首都圏が中心で、物件のレビューはカウカモと変わらず、かなり詳しく説明がされています。

自分の希望条件を保存しておくことで、条件にマッチした物件が売りに出された場合に、通知を自動で受け取ることも可能です。

cowcamo MAGAZINE

リノベ済み物件の魅力や、エリアごとの特徴、物件の選び方など、幅広い情報を発信しているメディア。

高い頻度で更新されているので、リノベ済み物件を買いたい人、売りたい人はぜひチェックしておくといいですよ!

cowcamo EVENT

カウカモが開催しているイベント情報を詳しく紹介している記事。

過去のイベントレポートもあるので、参加してみたいセミナー情報がわかるはずですよ。

リノベコーディネート

実際にリノベーションをしたいと考えている人に対して、ある程度枠組みがある中から選択するパッケージタイプや、フルオーダー式のリノベーションまで、幅広く対応してもらうことができます。

カウカモメンバーズ

カウカモを通じて不動産を売買した場合に、契約をして終わりではなく、アフターサービスや限定イベント情報などを継続的に受けとれる仕組みも用意されています。

cowcamo(カウカモ)の運営会社情報

cowcamo(カウカモ)を運営しているツクルバは、2011年創業の比較的新しい会社であるにも関わらず、2019年7月31日に東証マザーズに上場しました。

数ある不動産テック企業の中でも、上場まで漕ぎ着けている会社はまだまだ少なく、ツクルバのビジネスモデルの注目度や評価が非常に高いことが伺えます。

代表を勤めている村上浩輝さんは、新卒でコスモスイニシアに入社し、大手不動産ポータルサイトを運営する株式会社ネクスト(現株式会社LIFULL)でマーケティングなどで活躍した人物です。

不動産テック企業の中には、不動産業務に一切関わったことのないIT人材も多い中、不動産業務を実体験してきた経験がある点で、ツクルバは強みがあると言えるでしょう。

ツクルバの会社概要

社名

株式会社ツクルバ(英文社名:tsukuruba inc.)

設立

2011年8月

本社所在地

〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-1-5 第二育良ビル 2F

代表者

代表取締役CEO 村上浩輝 / 代表取締役CCO 中村真広

従業員数

164名(2019年5月31日付)

事業内容
  • ITを活用したリノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」事業
  • シェアードワークプレイス事業
  • インターネットサービスの開発
  • 空間デザイン・プロデュースに関する調査分析・企画・デザイン

引用: 会社概要 | tsukuruba inc.(ツクルバ)

まとめ

いよいよ都市部での人口減少も現実化してきた日本は、確実に不動産に対する需要が減少していきます。

しかし一方で、今でも新築住宅は建設されつづけており、このままでは大量の空き家が生まれるのは目に見えています。

新しい家を立てるよりも、既存住宅を活用して長期的に住まいとして使っていこうとする考え方は、今後より顕著になるでしょう。

不動産テックサービスの中で上場できているのも、時代のニーズを汲み取り、需要が見込める分野だったからではないでしょうか。

リノベーション済みの物件を購入したい人や、物件を売りたいと考えている人は、まず相談してみることをおすすめします。

カウカモの公式サイトはこちら⇨