「COZUCHIのキャピタル重視型ファンドとインカムゲイン型ファンドのメリット・デメリットが知りたい」

「COZUCHIのキャピタル重視型ファンドとインカムゲイン型ファンドのどちらがおすすめ?」

上記のような疑問を持っている方に、COZUCHIに53万円投資中の筆者が解説をしていきます。

実際に投資している筆者がCOZUCHIのキャピタル重視型ファンドとインカムゲイン型ファンドのメリット・デメリットを解説するので、ぜひ参考にしてください。

またCOZUCHIは、弊社サイト限定かつ先着500名限定で「Amazonギフト1,000円分プレゼントキャンペーン」を実施しています

公式サイトにキャンペーンの情報がないので不安に感じる方がいると思うので、詳細が説明されている記事を記載しておきます。

COZUCHIのキャンペーン詳細ページはこちら⇨

直接公式サイトから登録をしたり、他のサイトから登録をしてしまうとキャンペーンは適用されないので十分注意をしてください。

今回のキャンペーンは総額200億円突破記念で、先着500名限定なので、興味がある方は早めに登録しておくことをおすすめします。

また、タイムリーな話題として、2022年12月になんと想定利回り(年利)59.5%という前代未聞の利回りのファンドが募集されました!

これまでも想定利回り10%超のファンドがいくつも組成されてきているので、高利回りファンドへの投資機会を逃さないためにも、キャンペーンが適用される今のうちに無料会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

関連記事⇨COZUCHIの評判・口コミは怪しい?元本割れしたことはある?

COZUCHI のキャピタル重視型ファンド

キャピタル重視型ファンドとは、運用益と売却益から配当金が支払われるタイプのファンドです。

ここでは、キャピタル重視型のファンドのメリット・デメリットについて解説していくので、キャピタル重視型のファンドが自身にとって合っているファンドなのか見極めてください。

COZUCHI のキャピタル重視型ファンドのメリット

COZUCHIのキャピタル重視型ファンドの最大のメリットは高い利回りです。

2022年12月20日現在の運用中のファンドを調べると、「4〜21.2%」という高い利回りが多いことが分かります。

また、キャピタル重視型のファンドは、実績利回りが大きく上振れする可能性が高いのも特徴です。

多くのファンドで想定利回りよりも実績利回りが高くなっており、武蔵関の不動産に投資したファンドでは、想定利回りが「16.0%」対して実績利回りが「283.5%」と大きく上振れしました。

このように、キャピタル重視型ファンドは想定利回り以上の実績利回りを得られる可能性があるため、大きく稼ぎたい方におすすめです。

COZUCHIのキャピタル重視型ファンドのデメリット

COZUCHI のキャピタル重視型ファンドは、インカムゲイン型よりも運用のリスクが高いです。

キャピタル重視型は運用益と売却益の合計額から想定利回りを算出しているため、売却益が変動しやすく、上振れだけでなく下振れする可能性もあります。

そのため、売却がうまく行かないと大きく元本割れしてしまう可能性が高いです。

他にも、キャピタル重視型ファンドは人気が高く、中には応募率が「15,903%」というファンドもあり、投資したくてもできないというデメリットもあります。

COZUCHIインカムゲイン型ファンド

COZUCHIインカムゲイン型ファンドは、運用益から配当が支払われるファンドです。

ここでは、インカムゲイン型ファンドのメリット・デメリットについて解説します。

COZUCHI インカムゲイン型ファンドのメリット

インカムゲイン型ファンドは家賃収入から配当が支払われるため、想定利回り通りになりやすい傾向があります。

そのため、キャピタル重視型ファンドよりも安定しており、リスクは低めです。

売却益が利回りに影響せず、売却金が低くなっても投資家の利回りが低くなることがないためです。

ただし、インカムゲイン型のファンドと記載されているファンドであっても、売却益から配当されるファンドもあります。

この場合は売却金が低くなってしまうと想定利回りよりも悪くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

とはいえ、インカムゲインの配当割合が高いため、キャピタル重視型ファンドよりも影響は大きくありません。

したがって、安定性を重視したいなら、インカムゲイン型ファンドがおすすめです。

COZUCHI インカムゲイン型ファンドのデメリット

インカムゲイン型ファンドのデメリットは、キャピタル重視型ファンドのように想定利回りよりも実績利回りが高くなるケースが少ない点です。

基本的には家賃収入のみから配当が出るため、売却金が高くなったとしても利回りが高くなることはありません。

そのため、大きく稼げる機会はキャピタル重視型ファンドよりも少ないです。

とはいえ、リスクは低いので安定性を重視したい方に向いています。

まとめ

COZUCHI には、キャピタル重視型ファンドとインカムゲイン型ファンドの2種類があります。

キャピタル重視型ファンドは実績利回りが想定利回りよりも高くなる可能性があるため、大きく稼ぎたい方に向いています。

一方で、インカムゲイン型ファンドは、想定利回り通りの運用になるケースが多いため、安定思考の方におすすめです。

このような特徴の違いを理解して、自身にとって最適なファンドに投資するようにしてください。

またCOZUCHIは、弊社サイト限定かつ先着500名限定で「Amazonギフト1,000円分プレゼントキャンペーン」を実施しています

公式サイトにキャンペーンの情報がないので不安に感じる方がいると思うので、詳細が説明されている記事を記載しておきます。

COZUCHIのキャンペーン詳細ページはこちら⇨

直接公式サイトから登録をしたり、他のサイトから登録をしてしまうとキャンペーンは適用されないので十分注意をしてください。

今回のキャンペーンは総額200億円突破記念で、先着500名限定なので、興味がある方は早めに登録しておくことをおすすめします。

また、タイムリーな話題として、2022年12月になんと想定利回り(年利)59.5%という前代未聞の利回りのファンドが募集されました!

これまでも想定利回り10%超のファンドがいくつも組成されてきているので、高利回りファンドへの投資機会を逃さないためにも、キャンペーンが適用される今のうちに無料会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

関連記事⇨COZUCHIの評判・口コミは怪しい?元本割れしたことはある?