「COZUCHIの審査に落ちたときはどうすれば良いの?」

「COZUCHIの審査に落ちる主な原因が知りたい」

COZUCHIの利用を検討している方の中には、上記のような要望や疑問を持っている方がいます。

COZUCHIに投資するためには投資家登録が必要になりますが、審査に落ちる可能性があるためです。

そこで、この記事では、COZUCHIの登録手順と審査に落ちた際の対応について解説します。

COZUCHIの利用を検討している方はこの記事を参考にしてください。

またCOZUCHIは、弊社サイト限定かつ先着500名限定で「Amazonギフト1,000円分プレゼントキャンペーン」を実施しています

公式サイトにキャンペーンの情報がないので不安に感じる方がいると思うので、詳細が説明されている記事を記載しておきます。

COZUCHIのキャンペーン詳細ページはこちら⇨

直接公式サイトから登録をしたり、他のサイトから登録をしてしまうとキャンペーンは適用されないので十分注意をしてください。

今回のキャンペーンは総額200億円突破記念で、先着500名限定なので、興味がある方は早めに登録しておくことをおすすめします。

また、タイムリーな話題として、2022年12月になんと想定利回り(年利)59.5%という前代未聞の利回りのファンドが募集されました!

これまでも想定利回り10%超のファンドがいくつも組成されてきているので、高利回りファンドへの投資機会を逃さないためにも、キャンペーンが適用される今のうちに無料会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

関連記事⇨COZUCHIの評判・口コミは怪しい?元本割れしたことはある?

COZUCHIの登録手順

COZUCHIを利用するためには、以下の手順で投資登録をする必要があります。

  1. サイトからアクセスする
  2. 会員登録しSNS承認を行う
  3. 投資家登録を行う
  4. 審査結果を待つ

上記の4つのステップについて詳しく解説するので参考にしてください。

COZUCHIの登録手順1.サイトからアクセスする

まずは、COZUCHIの公式サイトにアクセスをします。

サイト内にある会員登録をクリックし、会員登録ページに飛んだら登録することが可能です。

ちなみに、COZUCHI投資家登録は公式サイトには15分程度で登録できると記載されています。

COZUCHIの登録手順2.会員登録しSNS承認を行う

会員登録ページで以下の情報を登録します。

  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスワード

入力が完了したら「会員登録する」をクリックし、登録した電話番号にSNS認証が送付されます。

SNS認証が届き、そこに記載されている番号を入力すれば会員登録が完了です。

ちなみに、会員登録しただけではまだ投資はできません。

会員登録はファンドの情報などをメールで受け取れるだけであるため、投資するには投資家登録が必要です。

COZUCHIの登録手順3.投資家登録を行う

会員登録が完了したらいよいよ投資家登録です。

投資家登録では、以下のいずれかの本人確認書類が必要になります。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 在留カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書

上記の本人確認書類が用意できたら、必要事項を入力していきます。

入力する内容は以下の通りです。

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 年収
  • 投資目的
  • 投資経験
  • 投資資金
  • 不動産投資への興味
  • 住まいの形態
  • 取引動機

これらの個人情報を入力し、最後に「破産者であるのか」や「生活保護を受けているのか」などの質問に回答し、個人情報保護法の方針などの内容を確認してから、その内容に同意します。

その後、取引口座の登録を行い、本人確認書類を撮影し、アップロードすることで投資家登録が完了です。

COZUCHIの登録手順4.審査結果を待つ

投資家登録が完了したら、COZUCHIで審査が行われ、登録したメールアドレス宛に審査結果のメールが届くのを待ちます。

登録から審査結果が出るまでの期間は4〜5営業日が多いです。

中には、翌日にメールが届く場合もあるため、登録後はこまめにメールをチェックしましょう。

COZUCHIの審査に落ちた際の対応

COZUCHIの審査に落ちてしまうケースもあります。

しかし、投資家の審査に落ちたからといってすぐに落胆する必要はありません。

審査結果のメールには、審査に落ちた原因が記載されています。

内容によっては再度投資家申請をやり直すことで、審査に通るケースも多いです。

ちなみに、本人確認書類の画像に問題があることが理由で審査に落ちるケースもよくあります。

まとめ

COZUCHIで投資するためには、会員登録だけでなく投資家登録も必要です。

しかし、投資家登録には審査があり「落ちてしまうのではないか」という不安を感じている方も少なくありません。

そこで、この記事では、COZUCHIの登録手順と審査に落ちた際の対応について解説してきました。

COZUCHIの利用を検討している方は参考にしてください。

またCOZUCHIは、弊社サイト限定かつ先着500名限定で「Amazonギフト1,000円分プレゼントキャンペーン」を実施しています

公式サイトにキャンペーンの情報がないので不安に感じる方がいると思うので、詳細が説明されている記事を記載しておきます。

COZUCHIのキャンペーン詳細ページはこちら⇨

直接公式サイトから登録をしたり、他のサイトから登録をしてしまうとキャンペーンは適用されないので十分注意をしてください。

今回のキャンペーンは総額200億円突破記念で、先着500名限定なので、興味がある方は早めに登録しておくことをおすすめします。

また、タイムリーな話題として、2022年12月になんと想定利回り(年利)59.5%という前代未聞の利回りのファンドが募集されました!

これまでも想定利回り10%超のファンドがいくつも組成されてきているので、高利回りファンドへの投資機会を逃さないためにも、キャンペーンが適用される今のうちに無料会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

関連記事⇨COZUCHIの評判・口コミは怪しい?元本割れしたことはある?