不動産投資型クラウドファンディングのひとつ、COZUCHI(コヅチ)は利回りが高いため大人気ですよね。

儲かることは嬉しいですが、同時に「税金を納める必要があるのか」と心配になる方もいるでしょう。

ここでは、COZUCHIで実際に投資中の筆者が確定申告が必要になるケースをお伝えします。

また、COZUCHIではサイト限定最大50,500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

無料の投資家登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえる豪華なキャンペーンです。

公式サイト上でもキャンペーンは行われていますが、当サイト経由よりも500円分もらえる金額が少なくなってしまいますので気をつけてください。

4月30日までのキャンペーンですが、登録には時間がかかる場合もあるので、早めの登録をおすすめします。

最大50,500円分もらえるCOZUCHI公式サイト

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)[ad]

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中でトップクラスの462億円を調達している実績がある
3.4.0%~5.5%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている

4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している

6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、弊社サイト経由限定で、初めて投資をする人に最大50,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

直接公式サイトから登録してしまうと、上記のキャンペーンは適用されませんので必ず下記のリンクから申し込みをしてみてください。

CREALで無料登録する⇨

「CREALに興味をもったけど、具体的にどんなサービスなのか詳しく知りたい。」

と感じる人は、下記の解説記事もあわせて参考にしてみてください。

CREALについての解説記事はこちら⇨

COZUCHI(コヅチ)は確定申告が必要な場合と不要な場合がある

まず最初に今回COZUCHIの確定申告に関して説明するのは短期運用型(匿名組合型)ファンドになります。

中長期運用型ファンドについてのことではないので注意してください。

COZUCHIの確定申告については、必要な場合と不要な場合があります。

まずは、自分が確定申告が必要なのかどうかを必ずチェックしましょう。

チェックする際に確認するべきポイントを詳しく説明していきます。

COZUCHI(コヅチ)の確定申告での種目は雑所得

COZUCHIで手にした利益は、確定申告の種目では雑所得の扱いとなります。

なお、雑所得は総合課税となるため、株式投資とは異なりますので注意してください。

20万円を超えると確定申告が必要といった話は聞いたことがあるかもしれませんが、それはこの雑所得にも当てはまります。

COZUCHI(コヅチ)で確定申告が必要な場合2選

それでは、COZUCHIで確定申告が必要な場合を具体的にお伝えします。

  • COZUCHI(コヅチ)の利益が20万円を超える
  • COZUCHI(コヅチ)と他の雑所得の利益が合計20万円を超える

自分が当てはまるのか必ず確認しましょう。

COZUCHI(コヅチ)で確定申告が必要な場合1. COZUCHIの利益が20万円を超える

COZUCHIでの利益が20万円を超える場合は、それだけで確定申告が必要となります。

COZUCHIは雑所得ですので、COZUCHIだけで確定申告が必要な条件を満たしてしまいます。

COZUCHIは利回りが高いですし、利回りがうわぶれる可能性もありますので、自分が当てはまっていないかしっかりと計算してください。

COZUCHI(コヅチ)で確定申告が必要な場合2. COZUCHIと他の雑所得の利益が合計20万円を超える

COZUCHIと他の雑所得の利益が合計20万円を超える場合も、確定申告が必要です。

また、当然ながらCOZUCHIの利益がゼロだとしても、他の雑所得で20万円を超える場合も確定申告は必要となります。

20万円を超えるか超えないか、毎年計算しておきましょう。

COZUCHIの公式サイトを見る

COZUCHI(コヅチ)でいくら投資したら確定申告は必要?シミュレーションを紹介

ここまで、COZUCHIで確定申告が必要な場合を紹介しました。

ただ、具体的にどれくらい投資をしていたら必要になるのか、シミュレーションが欲しい方もいますよね。

ここでは具体例を紹介しますので、参考にしてみてください。

COZUCHI(コヅチ)の利回り11%ならば200万円の投資で確定申告

COZUCHIは利回りが高くて有名ですよね。

例えば利回り11%で、年内に償還と振込まで行われた場合、200万円を投資していると22万円の利益となります。

源泉徴収されてから振り込まれるので実際の手取り配当はこれより低くなりますが、利益自体は20万円を超えて発生しているため、確定申告が必要です。

無申告になってしまわないように、しっかりと注意してくださいね。

COZUCHI(コヅチ)の確定申告で節税はできる?

税金を納めると聞くと「節税方法はないのか」と思う方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、COZUCHIを使った節税方法はあります。

方法は中長期運用型のファンドに投資することです。

主にCOZUCHIが組成している短期運用ファンドは匿名組合型のファンドになるため節税効果はありません。

しかし、中長期運用型のファンドは任意組合型のファンドのため、不動産の所有権を持ちます。

そのため節税効果が期待できるのです。

まとめ

COZUCHIで受け取る分配金は、雑所得となります。

確定申告が必要なラインは、COZUCHI単体でも他の雑所得と合わせた場合でも20万円です。

COZUCHIは利回りが高いため、200万円を超えて投資している方は特に注意が必要です。

無申告にならないように、事前に必ず計算するようにしましょう。

不明な点は所轄の税務署や税理士に相談してください。

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)[ad]

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中でトップクラスの462億円を調達している実績がある
3.4.0%~5.5%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている

4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している

6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、弊社サイト経由限定で、初めて投資をする人に最大50,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

直接公式サイトから登録してしまうと、上記のキャンペーンは適用されませんので必ず下記のリンクから申し込みをしてみてください。

CREALで無料登録する⇨

「CREALに興味をもったけど、具体的にどんなサービスなのか詳しく知りたい。」

と感じる人は、下記の解説記事もあわせて参考にしてみてください。

CREALについての解説記事はこちら⇨

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。