不動産投資クラウドファンディング業界が急成長していますよね。

中でもCMでも有名なサービスにCOZUCHIがあります。

COZUCHIは知名度も上がっていますし、利回りが高いことでも有名ですので、やばいのでは?仕組みはどうなっている?と気になる方もいるでしょう。

そのため実際に投資している筆者が構造を紹介するのでぜひ参考にして下さい。

また、弊社サイト経由でCOZUCHIへの無料投資家登録を済ませた方かつ先着500名限定で、Amazonギフト券2,000円がプレゼントされるキャンペーンが実施中です!

公式サイトにキャンペーンの記載がないので混乱される方もいると思いますので、2,000円キャッシュバックのキャンペーンの詳細ページも記載しておきます。

当サイト限定のキャッシュバックキャンペーン詳細を見る⇨

通常の公式サイトから投資家登録を実施しても2,000円のギフト券はもらえませんし、500名を超えたタイミングでキャンペーンは終了するので、下記のボタン経由での早めの投資家登録をおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

COZUCHI(コヅチ)はやばい?利回りは高いが元本割れゼロ

COZUCHIはやばいのでしょうか。

結論から言えば構造にも実績も問題はありません。

COZUCHIは10%などとても高い利回りを達成していますが、これまで一度も元本割れがありません。

元本割れゼロだけではなく早期償還により利回りが数十パーセントになる事例すらあります。

これまでの実績を考えればやばいと言われる理由は一つもないでしょう。

COZUCHI(コヅチ)の仕組み

COZUCHIの仕組みがわかればより安全に投資することができますよね。

ここではCOZUCHIの仕組みを紹介します。

  1. 匿名組合型の投資
  2. 運営会社が不動産を調達してファンドを組成
  3. 投資家は出資したら償還を待つだけ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

COZUCHI(コヅチ)の仕組み1.匿名組合型の投資

COZUCHIの投資は、具体的には匿名組合型の投資となります。

つまり現物不動産を一般投資家が所有するわけではありません。

同じ不動産クラウドファンディングと呼ばれる投資でも、任意組合型は現物所有をするためその点は異なります。

COZUCHI(コヅチ)の仕組み2.運営会社が不動産を調達してファンドを組成

不動産クラウドファンディングではまず運営会社が不動産を調達します。

COZUCHIの場合はグループ会社と言える会社が不動産を調達して、COZUCHIの運営会社がファンドを組成します。

COZUCHIに登録している我々一般投資家は、このようにして組成されたファンドに応募をして出資することになります。

COZUCHI(コヅチ)の仕組み3.投資家は出資したら償還を待つだけ

COZUCHI側で不動産を調達してファンドを組成します。

その後に私たちが出資をするわけですが、出資金を振り込んでしまったら何もやることがありません。

実際の不動産の運営から売却まで全てをCOZUCHI側で実施してくれます。

これほど楽な投資はほとんどありませんよね。

このような仕組みで投資家は簡単に不動産投資ができるようになっています。

まとめ

COZUCHIはやばいのではと心配の方はいるかもしれませんが、仕組みを見ても実績を見ても一切やばい要素はないでしょう。

それどころか出資以外全てを任せておけるにも関わらず、高い利回りを達成できるCOZUCHIはとても魅力的だと言えます。

気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ 当サイト経由の無料登録で2,000円ギフト券がもらえる!/

COZUCHIの公式サイトを見る

<関連記事>COZUCHIの評判は怪しい?投資歴10年の私が当たらないと噂の不動産クラウドファンディングを真剣評価!