不動産クラウドファンディング投資が非常に人気です。

1口1万円や多くても10万円という少額から不動産投資ができるメリットや、業界全体でも損失が出ていない安全性も間違いなく魅力的ですよね。

筆者はすでに2年以上前から複数の不動産クラウドファンディングサービスやファンドに投資をしてきました。

その中でもイチオシと言えるのがCOZUCHIです。

高い予定利回りや他社にない専門性が特徴で、2022年5月以降全てのファンドに応募することを決めています。

ここでは具体的に各ファンドを分析しています。

ぜひ参考にしてみてください。

COZUCHI全ファンド投資中の筆者が新宿区<曙橋>事業用地ファンドにも出資

筆者は多くの不動産クラウドファンディングサービスに投資をしています。

2年以上も前から投資をしているため、すでに償還されたファンドも複数ありますし、全て利益が出ています。

そのため不動産クラウドファンディングサービスには詳しいですが、中でもCOZUCHIは、サービス開始以降圧倒的な速度で成長していますよね。

5月は3本など、月に複数のファンドが組成されますし、予定利回りがとても高いことも特徴で今最も注目を浴びている1社でしょう。

他社サービスに多い一般的な区分マンション投資ではなく、COZUCHIは事業用地が多く、独特のファンドを組成できる専門性も活きていますよね。

そのため筆者は2022年5月に投資をした代々木公園のファンド以降、全てのCOZUCHIのファンドに投資することを決めています。

ここではさらに具体的に、個別のファンドを見ていきましょう。

COZUCHI新宿区<曙橋>事業用地の内容

COZUCHI新宿区<曙橋>事業用地の内容について確認します。

募集額

280,000,000 円

予定利回り

6.00 %

運用期間

12ヶ月

立地

曙橋駅から徒歩3分

応募期間

05/30 19:00-06/06 13:00

応募方法(抽選か先着)

抽選

COZUCHI新宿区<曙橋>事業用地の筆者投資額

筆者はCOZUCHI新宿区<曙橋>事業用地に3万円を出資応募します。

抽選ですので実際に投資できるかはCOZUCHI次第ですが、ぜひ投資したいですよね。

(参考記事)COZUCHIの評判は怪しい?投資歴10年の私が当たらないと噂の不動産クラウドファンディングを徹底解剖!

COZUCHI新宿区<曙橋>事業用地は大丈夫?筆者が徹底分析

新宿区<曙橋>事業用地は、すでに運用されている「六本木 事業用地Ⅱ」ファンドのように、フェーズごとに分けて事業用地に投資できるファンドです。

利回りは6%となっていますが、十分に高い利回りですよね。

立地は曙橋が最寄り駅ですが、新宿や東京駅にも近く、都心として一切問題ないでしょう。

特記すべきはCOZUCHIの仕入れ力で、前回の六本木事業用地では相場から30%のディスカウントで仕入れたとしていますが、今回はなんと46%のディスカウントのようです。

この仕入れ力と専門性が、COZUCHIにて高い利回りが狙えるポイントであり、月に何本もファンドが組成できるスピードにも繋がっていますよね。

区分建物の全8フロア中6フロア部分をすでにCOZUCHIが取得していて、残り2フロア部分も含め物件一体として売却することで利益の最大化を狙っているとのことで、COZUCHIらしいファンド構成と言えるでしょう。

安全性からリターンまで好条件で、抽選ですがぜひ当選して欲しいと願っています。

まとめ

筆者はCOZUCHIの新宿区<曙橋>事業用地に2万円投資をします。

COZUCHIの魅力である利回りの高さだけではなく、ファンドの詳細を確認した上で安全性についても問題ないと考えています。

参考にしてもらえたら幸いです。