資産運用の方法はいくつかありますが、その中で不動産投資をしてみたいと考える方もいます。

しかし不動産投資は高額であったり割高なものが多く、中々手を出せないと悩むこともあるでしょう。

そんな悩みにこたえるのが、投資型クラウドファンディングです。

クラウドファンディングとはクラウド(群衆)とファンディング(資金調達)を掛け合わせた造語であり、インターネット上で多くの人から資金調達をする仕組みをいいます。

これを利用することで、投資額が抑えられリスクの上昇を防ぐことができるのです。

では、そんな投資型クラウドファンディングのプラットフォームを提供する会社「クラウドリアルティ」を紹介しましょう。

クラウドリアルティの公式サイトはこちら⇨

関連記事⇨10社投資中プロ比較!不動産投資クラウドファンディングおすすめランキング!【2022年最新】

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

クラウドリアルティはどんな会社?

「新しいまちづくりの形」をキャッチコピーに登場したのが、不動産に特化した投資型クラウドファンディングの「クラウドリアルティ」です。

会社は「プロジェクト起案者と出身者が出会って、一緒に新しい価値の創造に取り組むことが出来る場」を提供しています。

主要株主は、カブドットコム証券や大手銀行です。

特徴としては、プロジェクトに投資することで利回りに期待できることの他、条件を満たせば出資者優待を貰えることでしょう。

更に他の多くの不動産型クラウドファンディングとは違い、未成年でも口座開設することができます。

そのため子供口座を利用して税金面での優遇を受けることも出来るのです。

社長は鬼頭武嗣さんで、2014年の12月に株式会社クラウドリアルティの代表取締役に就任しています。

東京大学及び東京大学院に在学中、不動産ファンド会社「グローブ」にてインターンをし、卒業後は戦略系コンサルティング会社で知られる「ボストンコンサルティング」に勤めました。

そこからメリルリンチ証券会社に転職し、日本の不動産の資金補完を目指して起業したそうです。

この鬼頭氏をはじめとして、各分野の専門家を集めて作られたのがクラウドリアルティとなっています。

クラウドリアルティの口コミ・評判は?

クラウドリアルティの口コミ・評判はおおむね好評です。

公開しているファンドを確認すると、1億7,400万円のプロジェクトでも100%を達成しています。

全てのプロジェクトで目標は達成できていますので投資家には好意的に受け入れられているのでしょう。

クラウドリアルティのツイッターでの口コミ・評判

SNSでの評判は「クラウドリアルティが気になる」という意見から、運用に対して疑問を持つ意見までありました。

元本割れの評判もあったので、トータルでプラスになるような運用を目指したいですね。

クラウドリアルティの口コミ・評判1.ユニークなファンドがある

クラウドリアルティの口コミなどで散見されるのが、ユニークなものが多くて面白い、という意見でした。

例えばクラウドリアルティは海外の不動産案件も取り扱っているほか、他社では見ない京町屋の取得が目的のファンドもあります。

さきほど紹介した1億7,400万円の案件は、保育園とシェアハウス併設型設備の事業用の資金融資ファンドとなっており、注目を集めました。

保育園が建つ場所も公開されており、そこが待機児童が多い場所だと確認も出来ます。

利回りは8%と低くはなく、ファンドの透明性や具体性が評価されたため投資家たちに有望な投資先と判断されたのでしょう。

クラウドリアルティの口コミ・評判2.ファンドの運用条件も公開している

更に高評価となっているのは、クラウドリアルティはファンドの運用条件も公開している点です。

運用手数料を記載していることで、投資家はリスクの把握が出来るようになります。

融資額のうち会社の運用手数料は元本に対しいくらか、さらに成果報酬は想定利回りの何%かということも記載されています。

こうした情報公開の姿勢が、高評価を得ている理由でしょう。

クラウドリアルティの口コミ・評判3.最低投資金額が高い

一方で、初心者が参加しにくいという口コミもありました。

その理由は、クラウドリアルティは投資の最低金額が高めだからというものです。

ソーシャルレンディング(借り手と貸し手をマッチングするサービス)投資は、小額からの投資が可能というメリットがあります。

しかし、クラウドリアルティは最低投資金額が5万円となっているので、初心者が躊躇する原因となっています。

クラウドリアルティの公式サイトはこちら⇨

クラウドリアルティで会員登録を行う手続きを写真付きで解説

口座開設は無料ででき、順番は以下のようになっています。

1.クラウドリアルティの公式サイトにアクセスし「無料で会員登録」をクリックします

2.メールアドレスを入力し「メールを送信する」をクリックします

3.先ほど入力したメールアドレスに届いた確認キーを入力し「確認」をクリックします

確認キーは下記のようなメールが届きます

4.会員情報を入力し「送信する」をクリックします

5.下記の画面になったら、先ほど入力したメールアドレスの受信箱をチェックしましょう

下記のようなメールが届くので、「会員登録を完了する」をクリックしましょう

6.下記の画面になったら、「投資家登録する」をクリックします

7.下記の画面になったら、「個人として投資家登録する」をクリックします

8.電子交付の内容を確認し「送信」をクリックします

9.同意書の内容を確認し「送信」をクリックします

10.外国PEPsの内容を確認し「送信」をクリックします

11.下記の画面になったら、「マイナンバーを入力する」をクリックします

12.マイナンバーカードの写真をアップロードと個人番号を入力し「送信」をクリックします

13.下記の画面になったら、「住所などの基本情報」をクリックします

14.基本情報を入力し「送信」をクリックします

15.下記の画面になったら、「資産・投資についての状況」をクリックします

16.資産・投資の状況を入力し「送信」をクリックします

17.下記の画面になったら、「払い戻し口座情報」をクリックします

18.口座情報を入力し「送信」をクリックします

19.下記の画面になったら、「投資家登録のページ」をクリックします

20.下記の画面になったら、「登録する」をクリックします

21.最後に今後のプロセスを確認しておきましょう

クラウドリアルティの公式サイトはこちら⇨

クラウドリアルティを利用するメリットとデメリット

投資型クラウドファンディングのクラウドリアルティが持つメリット・デメリットを紹介していきます。

投資は少なからずリスクがあるものですが、運営会社を選ぶにあたってはまずメリット・デメリットの確認が大切です。

クラウドリアルティの5つのメリット

良い評判につながったものが、投資家にとってのメリットです。

まずメリットは、

  • 投資家が判断しやすい
  • 分配金の振込手数料が無料
  • セミナーを実施
  • 海外ファンドにも投資可能
  • 投資家優待がある

これらの点がありますので、それぞれ見ていきましょう。

クラウドリアルティには、メリットが5つあります。

メリット1.投資家が判断しやすい

クラウドリアルティは情報公開を徹底しています。

プロジェクトごとに運営会社の手数料や成果報酬が確認できるほか、借り手に関する情報など充実した情報をチェックできます。

また、運用シミュレーションやスキームの詳細など、確認できる点が多いです。

投資家が判断する材料をたくさん出しているため投資の失敗や後悔が少なくなりますし、信頼性という意味でも評判となります。

メリット2.分配金の振込手数料が無料

せっかく得た利益が振り込み手数料などで減ってしまうのは、やはり残念に思う方が多いです。

しかし、クラウドリアルティでは、出資したプロジェクトから得た配当金の振り込み手数料は無料となっています。

他社では出金時には100円~300円程度の手数料が発生し、更に分配金が大きいとその手数料は増える傾向にあります。

「コストでリターンが減少しない」というのは投資家にとって大きなメリットでしょう。

メリット3.セミナーを実施

「最低金額が高めなので初心者は躊躇する」という口コミもありますが、クラウドリアルティでは初心者向けにセミナーも開催しています。

受講すれば、投資のリスクやメリットを勉強できます。

口座開設をしていればイベントにも招待されますので、そこで運営会社からノウハウを聞けたり投資家同士が情報交換できます。

ですから、悩みや不安が多い投資初心者には優しい会社と言えるでしょう。

メリット4.海外ファンドにも投資可能

クラウドリアルティが運営しているプロジェクトの中には、海外投資ファンドもあります。

今までに「エストニア不動産担保ローン」を、1号から3号まで運営してきました。

利回りは高めで、国内のファンドを比べると運用期間も12か月や13か月と短期になっています。

エストニア不動産担保ローンの1号・2号は償還されて、運用期間は15ヶ月と20ヶ月と若干伸びたものの、償還されているのがいいですね。

また、エストニア不動産担保ローン1号に関しては確定利回り11.4%(税引前)とかなりの高利回りとなっています。

海外ファンドはリスクも大きいですが、利回りが大きい案件もあるのが特徴です。

メリット5.投資家優待がある

プロジェクトによっては投資家優待があります。

例として3つほど紹介しましょう。

「ワークスペース創出プロジェクト」では、出資20万円ごとに「スペイシー」掲載の貸会議室やレンタルスペースに使える2000円の割引券がもらえます。

「おおいた和牛プロジェクト」では、出資金額25万円以上でオリジナルカレー1箱、出資金300万円以上でおおいた和牛のフルコース付き旅行券がもらえます。

「京都壬生坊城町町家再生プロジェクト」では、出資金300万円いじょうで京懐石料理の食事券(最高約10万円相当)がもらえます。

分配金以外に豪華な特典があるため、選ぶ投資家も多いようです。

クラウドリアルティの公式サイトはこちら⇨

クラウドリアルティの3つのデメリット

クラウドリアルティが取り扱うファンドは独自性が強いものが多く、知っておくべきデメリットも3つあります。

  • 運用期間が長いものがある
  • 最低投資金額が高い
  • 募集が少ない

となっていますので、それぞれ紹介しましょう。

デメリット1.運用期間が長いものがある

デメリットの1つは、運用期間が長く出資金がすぐには返ってこないことです。

クラウドリアルティで投資できる案件の運用期間は長期間にわたるものもあり、短い投資期間で利益を得たいと考えている方には向きません。

プロジェクトでは12か月程度のものは少なく、36か月や60か月の案件が多くなっています。

36か月という期間はファンドテーマの市況が変化してしまうリスクが高くなりますが、原則途中解約ができません。

ですから、市況次第では貸し倒れのリスクが高まることが考えられ、躊躇する投資家もいます。

デメリット2.最低投資金額が高い

評判のところでも触れましたが、クラウドリアルティが扱うプロジェクトでは出資金額が高めです。

最低金額は5万円となっていますが、多くのプロジェクトでは10万円や20万円からとなっています。

ある程度の資金を確保してからの投資となるという点がデメリットです。

デメリット3.募集が少ない

クラウドリアルティは5年目の会社ですが、他社に比べると募集が少なめです。

少数精鋭ともいえますが、投資する機会が限られることはデメリットでしょう。

2021年の応募は4月までは1ヶ月に1件ペースで募集が行われていましたが、それ以降の応募は見当たりません。

投資の機会が少ないので、メインとしてよりサブ事業者として利用するという人もいるのがクラウドリアルティの特徴です。

まとめ

不動産に特化した投資型クラウドファンディングの会社「クラウドリアルティ」は、独自のユニークなファンドを運営していることで有名です。

評判や口コミは多く、SNS上で評判を確認することもできます。

設立が2014年とまだ若い会社ですが、実績はのびていますし、安全性や透明性が高いことが人気です。

高額になりがちな不動産投資に少額で投資できますので、興味がある方は公式サイトを覗いてください。

クラウドリアルティの公式サイトはこちら⇨

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る