「福岡市エリアに特化した不動産クラウドファンディング『えんFunding』ってどんなサービス?」

「期待通りの利回りは実現できる?」

えんFundingを検討する人は、上記のような疑問を持っている人が多いです。

1万円から不動産投資を始めることが出来る不動産クラウドファンディングですが、気になるのは、本当に運用利回りが出るのかと言う点です。

特に投資未経験の人にとって、運用利益を得た成功体験が無い分、本当に投資して利益が出るのか気になると言う人もたくさんいるでしょう。

そこでおすすめするのが、福岡市エリアの不動産に特化した不動産クラウドファンディングサービス「えんFunding」です。

えんFundingは、福岡市内に特化して収益不動産の開発・管理事業をメインに展開する「株式会社えんホールディングス」が展開するサービスです。

えんFundingは、どんなサービスなのでしょうか。

今回は、えんFundingの評判や口コミ、利用する際のメリット・デメリット等についてレビューします。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

関連記事⇨不動産投資クラウドファンディングおすすめ比較ランキング【2022年最新】

えんFundingの評判・口コミを紹介

ここでは、えんFundingの評判・口コミについて紹介します。

avatar
利用者

最低投資額が10万円と言うファンドもある中でえんFunding であれば、1万円から始めることが出来ると知り応募してみました。

募集方式は抽選でしたが、運よく当選。

想定通りの利回りも実現出来、満足していますが、本音を言うともっと高額を投資しておけばよかったです。

抽選倍率を考えるととても勿体無いことをしたと後から反省しました。

avatar
利用者

何といっても他社より高い利回りが魅力的に感じます。

倍率が高くなかなか当選しませんが、今まで5度応募し、2度当選、一つは運用終了しており、もう一つは、今も運用中です。

運用終了したものは、問題なく想定利回りを達成しましたので、運用中のファンドに期待が高まります。

なかなか当選しない抽選もイベント事として楽しんでおります。

avatar
利用者

投資ファンドとしては魅力的ですが、なかなか当選しないのが、デメリットに感じます。

今まで4度の応募で当選はゼロ。

毎回期待を込めて応募しますが、なかなか当選しないので投資になりません。

投資商品と言うよりは、宝くじを買うような感覚で今後も毎回応募したいと思っています。

えんFundingの強み・メリット3選

ここでは、えんFundingの強み・メリット、

  • 最低投資額1万円から応募できる
  • 他社よりも高い運用利回りが魅力的
  • 福岡エリアに根差してきたプロが物件を選定

についてそれぞれ紹介していきます。

えんFundingの強み・メリット1.最低投資額1万円から応募できる

えんFundingのファンドは、すべて最低投資額1万円から応募が出来ます。

他社サービスでは、ファンドによって最低投資額が違うこともありますが、えんFundingであれば、基本的にどのファンドでも1万円から応募可能です。

応募は、抽選になり倍率も高い為、当選するかは難しいところですが、1万円であれば初心者でもお試しで投資が出来る為、駄目元での応募でも投資を始めるきっかけにはなります。

応募に落選しても1万円を取られる訳ではないので、初心者の人は、「当たればラッキー」と言う気持ちで気軽に応募してみましょう。

えんFundingの強み・メリット2.他社よりも高い運用利回りが魅力的

えんFundingは、他社サービスよりも利回りが高いファンドが多いことも魅力の一つです。

通常の不動産クラウドファンディングであれば、利回り3%から5%前後のファンドが多い中で、えんFundingは、6%から8%台のファンドが基本となります。

実際に応募数が殺到している理由も利回りが高いと言う点が一番の理由となっています。

投資である以上、収益性は非常に大切な要素になる為、高利回りである点は、投資商品として最大の強みであると言えます。

えんFundingの強み・メリット3.福岡エリアに根差してきたプロが物件を選定

えんFundingを運営する「株式会社えんホールディングス」は、1,990年(平成元年)11月に創業してから福岡市エリアに根差して不動産事業を展開してきた会社です。

福岡市のエリア事情については、熟知しており、長年を通して不動産相場の値動き等についても把握しています。

えんFundingで運用する収益不動産は、そんな福岡エリアに根差してきたプロがすべての物件を選定しています。

地元ならでは、の情報網もあり、優良な物件情報が集まってくる為、高い利回りを実現しながらも安定性の高い運用が実現出来ます。

福岡市エリアに特化すると言う地元密着型の事業展開を出来る点が、えんFunding一番の強みと言えるかも知れません。

えんFundingの公式サイトはこちら⇒

えんFundingの注意点・デメリット3選

次にえんFundingの注意点・デメリット、

  • 当選確率が低い
  • 運用する不動産が福岡市エリアの物件に限られる
  • 募集金額が小規模

についてそれぞれ紹介していきます。

えんFundingの注意点・デメリット1.当選確率が低い

えんFundingで一番に挙がるデメリットは、新規ファンドの募集毎に応募数が殺到することによる当選確率の低さです。

えんFundingのファンド一覧を見ると募集倍率は、低いものでも4倍、高いもので8倍の当選率となり、おおよそ4回から8回に一度しか当選しない確率となります。

投資であれば通常、資金を投入して運用益が出るかと言う点が焦点になりますが、えんFundingでは、投資出来る確率自体が低いことになります。

先着順であれば、常に新規ファンドの情報をチェックするなど努力が出来ますが、抽選であればどうしようもありません。

ある意味宝くじのようなファンドですが、一口1万円から応募自体は可能である為、めげずに応募を続けるしか無いでしょう。

えんFundingの注意点・デメリット2.運用する不動産が福岡市エリアの物件に限られる

福岡市エリアに特化している点が、えんFundingの強みですが、逆に言うと福岡市エリアの物件以外には、現状投資が出来ないことになります。

単純に収益性だけ気にして投資する人であれば問題ないですが、「土地勘が無いところに投資したくない」、「幅広いエリアから自分で投資先を決めたい」と言う人には、向いていないサービスと言えます。

えんFundingの注意点・デメリット3.募集金額が小規模

えんFunding最後のデメリットは、募集金額が小規模である点です。

新規ファンド1件ごとの募集金額は、1千万円から1千500万円程度の規模が多く、投資機会はとても少ないと言えます。

募集倍率が高くなる理由もこの募集金額が低すぎる点が一番に考えられますので、今後、募集規模の拡大に期待したいところです。

えんFundingのキャンペーン情報

現在、お得なキャンペーン情報等はありませんが、今月2022年1月25日から募集開始予定の「第7号ファンド(大橋)」と「第8号ファンド(大橋)」がリリースされています。

まだ、募集が始まっていない為、倍率については、不明ですが、これまで同様応募が殺到すると予想されます。

最低投資金額は、これまで同様どちらも1万円からになるので、当選するかは分かりませんが、応募してみるのも良いでしょう。

えんFundingを利用するまでの流れ

えんFundingを始めたい人向けに利用するまでの流れ、

  1. 会員仮登録
  2. 案内メールに記載のURLから本登録
  3. 審査完了後、本人確認コードの発行・入力
  4. 会員登録完了
  5. ファンド申込・重要書類確認
  6. ファンドの成立・投資資金入金

について紹介します。

ステップ1.会員仮登録

ホームページ上の「会員登録はこちら」をクリックし、会員仮登録画面にてメールアドレス等の必要事項を入力、仮登録申請を行います。

ステップ2.案内メールに記載のURLから本登録

仮登録画面で入力したメールアドレス宛に「本登録URLのご案内」メールが送られます。

メールに記載された本登録URLをクリックし、会員本登録画面にある必要事項を入力します。

その際、出金先口座(分配・償還金の返金先口座)の情報が分かる書類の画像データをアップロードする必要がある為、事前に用意しておきましょう。

次に、手持ちのスマートフォンからオンライン認証(TRUSTDOCK社提供)を使って本人確認(身分証明書の原本と本人顔写真の撮影)を行います。

規定の顔写真付き身分証明書がある為、事前に確認の上用意しておいてください。

ステップ3.審査完了後、本人確認コードの発行・入力

本登録を申請後、アップロードした書類の確認と所定の審査が運営会社側で行われます。

書類に不備が無く、審査が完了すると『本人確認コード』が記載されたメールが登録済みのメールアドレスに届きます。

マイページにログインする前の本人確認コード入力画面からコードを入力し、マイページにログインしてください。

ステップ4.会員登録完了

会員登録が完了するとマイページにログイン後、好きなファンドに投資申込が可能となります。

ファンド一覧から募集中の案件を選択し、詳細内容等を確認のうえ投資申込を進めていきます。

ステップ5.ファンド申込・重要書類確認

募集中の案件の中からファンドの概要・リスク・電子取引業務に係る重要事項説明書・契約成立前書面を確認した後、申込手続きを行います。

手続きは全て会員登録済みのサイト内で完結しますのでとても簡単です。

ステップ6.ファンドの成立・投資資金入金

ファンドの申込が確定すると、契約成立時書面と出資金の入金案内がメールで届きます。

入金には期限があるので、必ず指定の期日までに指定口座へ入金してください。

えんFundingの公式サイトはこちら⇒

えんFundingは、エリアを問わず高利回りの運用がしたい人におすすめ!

ここまでえんFundingについてレビューしてきましたが、えんFundingはエリアを問わず高利回りの運用がしたい人におすすめのサービスと言えます。

当選倍率が非常に高い為、なかなか当選しない点が難しいポイントですが募集状況を定期的に確認しリリースされる度に応募していれば当選する可能性は充分にあります。

また運用する不動産が福岡市エリアに限定される為、他のエリアで投資がしたい、若しくは幅広い選択肢の中から自分で選びたいと言う人にはあまりおすすめ出来ません。

福岡市エリアに興味がある、または投資エリアは選ばないと言う人で福岡市エリアのプロが厳選した高収益不動産に投資したい人は是非一度応募してみることをおすすめします。

えんFundingの運営会社情報

最後にえんFundingの運営会社である「株式会社えんホールディングス」についても紹介しておきます。

株式会社えんホールディングスは、1989年11月に福岡市内で設立した不動産会社です。

創業時は、「株式会社アビーロード」と言う社名で不動産仲介をメインに展開していましたが、現在は複数のグループ会社を束ねる総合不動産会社として事業展開しています。

株式会社えんホールディングスの会社概要

株式会社えんホールディングスの詳細情報は以下の通りです。

会社名

株式会社えんホールディングス

資本金

1億円

代表者

原田 透(代表取締役)

本社

福岡市博多区住吉3丁目12番1号 えん博多ビル

事業内容

建築・開発・総合管理

まとめ

今回は福岡市エリアで展開されている不動産クラウドファンディングサービス「えんFunding」についてレビューしました。

運用物件は福岡市エリアに限定されますが、同社の長年福岡市エリアに根差して事業展開してきたノウハウを存分に享受できます。

ファンド募集が始まると応募が一気に殺到する為、興味がある人は是非定期的に募集状況をチェックの上、一度応募してみて下さい。

えんFundingの公式サイトはこちら⇒

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る