「サーチプラスfor不動産」は、不動産WEBサイトに必要な機能を全て実現したオールインワンのシステムです。

比較的低コストでの導入が可能ですし、必要な機能が生じれば後からオプションにて追加可能です。

不動産会社にとって、最適なWEBサイト運営が可能となります。

複数の必要なものをひとつにまとめたものです。

今回の記事では、サーチプラス for 不動産のサービスの内容やメリット・デメリットなどを詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

サーチプラス for 不動産の公式サイトはこちら⇨

サーチプラスfor不動産のサービスの概要

「サーチプラスfor不動産」は不動産WEBサイト制作に特化しているCMS(※)です。

基本的な不動産WEBサイトや物件情報検索ページであれば、標準機能のみでも構築が可能です。

物件検索・管理がし易く、物件情報も簡単に登録することができます。

WEBを通じての管理やCSVデータとして入出力も可能です。

広告や他社物件登録も容易に行えます。

不動産WEBサイトの構築を検討している会社だけでなく、物件検索機能の追加を検討している会社にとっても便利なサービスとなります。

また、不動産WEBサイトのデザインを任された会社など、様々な条件に対応可能となっています。

多彩な機能

不動産物件管理や物件情報登録をスムーズにできる多彩な機能を準備しています。

また、マルチデバイス対応になっています。

検索機能

物件情報を探しだすことが迅速にできます。

TOPページに新着情報の掲載が可能です。

問合せ情報の共有化

顧客から問合せがあった場合、問合せ内容も全て管理可能です。

社内全体で、問合せ内容の管理が可能です。

サーチプラスfor不動産のメリット・デメリット

「サーチプラスfor不動産」のメリット、デメリットについて説明します。

サーチプラスfor不動産メリット・特徴

テンプレートを使用すれば、誰でも容易に物件登録が可能であり、知識がなくても導入可能です。

HTML設定で不動産WEBサイト構築

HTMLの設定のみで容易に不動産WEBサイトを作成することができます。

ページの作成はHTMLをWEBサイトに貼り付けるのみで、簡単に設定できます。

CMSを搭載していますので、登録物件をテンプレートとして使用することが可能です。

必要箇所だけを変更したり、置き換えたりすることで容易に新規物件登録が可能です。

既存WEBサイトへの適用もできますし、新規WEBサイトの立上げにも簡単に、手間少なく導入できます。

短期間・低コストの導入

0からWEBサイト構築を始めることと比較して、短期間・低コストにて導入できます。

不動産WEBサイト運営に必要な基本的機能に加え、CSV管理機能など、実用性に重点を置いたオールインワンシステムです。

基本的な不動産WEBサイト・物件情報であれば、標準機能だけで構築可能です。

スクラッチ開発と比較し、短期間・低コストでの不動産WEBサイト構築が可能です。

管理・運営が容易

不動産WEBサイトの管理・運営を容易にする機能を標準搭載しています。

物権管理は項目別に分類可能となっており、その項目は80項目を準備しています。

それ以外にも、会社独自で必要となるフリー項目も10項目までの追加が可能です。

カテゴリの分類により、各会社に合わせた使いやすいカスタマイズが可能です。

項目設定を行った後でも、間取りや金額設定などの項目変更も可能です。

物権管理をし易く、検索もスムーズにできるため、業務効率化が進みます。

不動産WEBサイト運営に適合したシステムです。

高い拡張性

モジュールを導入することで、不動産WEBサイトの運営状況に沿った豊富な機能を搭載できます。

必要なモジュールを選択できるため、顧客オリジナルの不動産WEBサイトが構築できます。

サーチプラスfor不動産のデメリット、注意点

物件登録数はサーバー容量に依存し、データ編集した際、付随したデータが削除される可能性があります。

不動産物件情報の登録数の上限

システム的な制限は無く登録数は無制限ですが、サーバー容量に依存する形となります。

データ削除時に付随した写真は?

物件情報データの編集・削除・差し替えなどを行う際、対象データの写真や写真に付随した別データの写真は、サーバーから自動的に削除されます。

データをCSVにてアップロードする際に、写真を他のデータと共有しないようにする注意が必要です。

片方のデータが編集・削除・差し替えをした場合、もう一方の写真も削除されます。

機能の紹介

「サーチプラスfor不動産」は、物件管理・棟管理・コンテンツ管理・会員管理・問合せ管理・メール管理・掲載アカウント・追加モジュールなど、多彩な機能を搭載しています。

機   能
物件管理管理画面より物件情報を入力し、容易にWEBサイト上に公開できます。

物件情報の掲載期限の設定、掲載日予約などが可能です。

CSVによる入出力にも標準対応しています。

棟管理マンション・アパートなどの棟管理が可能です。

棟に付属する部屋の登録により、棟ごとの管理ができます。

複数の部屋の登録も、CSVファイルによる一括登録にて管理ができます。

※棟管理機能のモジュールが必要です。

コンテンツ

管理

テンプレートの利用により、容易にコンテンツ管理ができます。

HTMLを画面に貼りつけ、変数への差し替えや簡単な設定だけで、動的な

不動産WEBサイトが構築できます。

デザインの自由度、導入の手軽さを可能にしています。

会員管理不動産WEBサイトを訪れたユーザーが会員登録を行うことができます。

会員の物件お気に入り情報を登録したり、会員限定の物件情報配信も可能です。

※会員機能のモジュールが必要です。

問合せ管理ユーザーや会員の問合せの受付が可能です。

問合せ内容を管理でき、自動返信メールにも対応します。

6メール管理会員、掲載アカウントへのメール送受信管理が可能です。

メール配信:会員、掲載アカウントに分けてメール配信できます。

メール配信テンプレート:配信メールのテンプレートを作成し管理できます。

ステップメール:会員登録から指定日に自動でメール配信できます。

※一括メール配信機能のモジュールが必要です。

7掲載

アカウント

物件情報を管理するアカウントの発行が可能です。

管理会社や支店・会社によりアカウントを変更して物件情報管理が可能です。

※掲載アカウント機能のモジュールが必要です。

8追加

モジュール

オプションにて、「棟管理」・「ステップメール」・「メール配信」などの利用が

可能です。

予算に応じての必要な機能の搭載が可能です。

サーチプラス for 不動産の公式サイトはこちら⇨

サーチプラスfor不動産の簡単な使い方、始め方

「サーチプラスfor不動産」を始めるにあたり、システム要件の確認が必要です。

その後、サーバーへアップロードする手続きを行い、運用を始めます。

システム要件

「サーチプラスfor不動産」を導入するにあたり、推奨するシステム要件は下表の通りです。

PHPPHP5.3~PHP7.2を推奨

※PHP5.6またはPHP7系(7.0~7.2)を推奨

MySQLMySQL5.0~MySQL5.7

※MariaDBはMySQLと互換性がある為、利用可

CRONPHPスクリプトが実行できるcron設定が可能な環境

(シェル実行も可能)

その他OSはLinux系、WebサーバーはApacheを推奨

始め方:製品ファイルの準備

ダウンロード版(買い切り)の説明をします。

ダウンロード版

決済後、注文した際のメールアドレス宛にダウンロードアカウントが送信されます。

そのアカウントにて、ダウンロードシステムにログインし、システム一式をダウンロードします。

製品搭載に必要なツール

「FTPソフト」、「解凍ソフト」の準備が必要です。

フリーソフトなどでダウンロードした圧縮ファイル(zip形式)を解凍します。

サーバーへアップロード

ファイルをサーバーにアップロードする方法は、運用パターンにより違います。

①パターン1:ドメイン直下で検索システムを運用する場合

「検索サイト」をメインコンテンツとして運用します。

②パターン2:ドメイン直下に検索システム用のディレクトリを設置する場合

企業サイトなどでトップページのランディングページを準備し、検索システムは別のコンテンツとして運用します。

パーミッションを変更

  1. アップロードしたファイル内の「file」ディレクトリを右クリックします。
  2. 「属性変更」を選択します。
  3. 「現在の属性」を「777」に変更します。

データベース情報のインストール

  1. ブラウザにて、http://設置先/setup/install.phpにアクセスします。
  2. 「ALL INSTALL START」をクリックします。
  3. 「SQL INSTALL COMPLETE!」が表示されるとインストール完了です。

管理画面にアクセス

  1. ブラウザにて、http://設置先/admin.phpにアクセスします。
  2. 初期ID/PASSにてログインします。
  3. ※初期IDは、「admin」、PASSは、「leafworks」です。
  4. 「システム設定」をクリックし、「サイト設定」の項目に行きます。
  5. 「メールアドレス」、「設置先URL」を設定します。

ディレクトリを削除

「setup」ディレクトリ一式の削除で、製品の準備が完了です。

使い方の流れ

不動産WEBサイトの運営の仕方、物件情報検索システムの構築の仕方など、実際の現場での使い方の簡単なイメージは次の通りです。

  1. システム導入→物件登録→WEBサイトに掲載→物件問合せ→売買or賃貸交渉
  2. システム導入→物件登録→WEBサイトに掲載→物件問合せ→会員登録→メルマガ配信→顧客化

導入プラン

導入するにあたり価格に関しては、自社にエンジニアが在籍しシステムを構築できる場合は、買い切りタイプがお勧めです。

自社にエンジニアが在籍せず、サーバー管理からWEBサイトの運営まで任せたい場合は、運用サポート付プランがお勧めです。

価格は下表を参照してください。

株式会社リーフワークスの会社概要

「サーチプラスfor不動産」の開発会社の概要は下表の通りです。

会 社 名株式会社リーフワークス
住   所〒520-0242 滋賀県大津市本堅田4-16-3エルミナ堅田ビル2F、3F
代表取締役澤 健太
設   立2010年7月6日
資 本 金10,000,000円
TEL077-535-9027
FAX077-535-9029
URLhttps://www.leafworks.jp/
E-mailcontact@leafworks.jp
事業内容1. WEBサイトの企画・制作・運営事業

2. WEBパッケージ製品開発・販売事業

3. WEBシステムソリューション事業

4. ITコンサルティング事業

価   格

2019/09/02

時点

1. 買い切りタイプ:136,000円(税込)~

2. 運用サポート付:初期66,000円(税込)/月額

:スタンダード:66,000円(税込)/月額

:ライト   :60,500円(税込)/月額

:プレミアム :77,000円(税込)/月額

まとめ

「サーチプラスfor不動産」の概要、メリット・デメリット、機能などを見てきました。

HTMLを管理画面から貼り付けることによりオリジナルな不動産検索機能付きWEBサイトの構築が可能です。

多彩な機能を有する「サーチプラスfor不動産」は不動産業者の要望に対して充分に応えます。

ぜひ、活用してみてください。

サーチプラス for 不動産の公式サイトはこちら⇨

The following two tabs change content below.

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。