「不動産投資に興味があったが資金が無いのでJ-REITへの投資を考えている」

「J-REITを購入したいが注意すべきポイントがわからない」

など、不動産投資に興味を持ったけど不動産を購入する資金が用意できないのでJ-REITを始めようと考えている人が増えています。

J-REITは不動産投資に特化した上場投資信託です。

東京証券取引所に上場しているので株式と同じように取引時間内であればいつでも購入ができます。

不動産投資は、初期費用で数百万円~数千万円と高額である、賃貸経営に手間暇が掛かるなど中々始められない人も多いです。

しかし、J-REITは不動産投資法人が投資家の代わりに不動産投資を行ってくれるので、手間暇が掛からず、数万円の少額から不動産投資が始められるということで人気が高まっています。

今回は、J-REITの仕組みとメリット、注意すべきポイントについて解説します。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

J-REITと不動産投資の違い

J-REITも不動産投資も同じ不動産へ投資を行いますが、資金面や運営、管理、規模など違いも多いです。

ここではJ-REITと不動産投資の違い、

  • 必要な資金
  • 運営や管理
  • 規模

について解説します。

必要な資金

個人で不動産投資を行う場合は、不動産を購入する資金が必要です。

投資先は居住用のマンションや店舗付住宅、商業ビルなど色々とありますが、物件は最低でも数百万円、高いと数億円が必要な場合もあります。

投資用ローンを使うとしてもワンルームマンションでも100万円~200万円は頭金として準備しないといけません。

一方でJ-REITは東京証券取引所に上場しており、証券口座があれば10万円以下でも購入が可能です。

J-REITであれば少額で同じ不動産への投資を少額から始めることができます。

運営や管理

個人で不動産投資を行う場合は、自主管理だと賃貸経営についてすべて自分で運営や管理を行う必要があります。

管理会社に任せるとしても、入退去時の打合せや確定申告など色々と対応が必要です。

一方でJ-REITは、運営会社である不動産投資法人が資産運用会社や資産管理会社などに業務を委託して行ってくれます。

投資家はJ-REITを購入するだけで後は何もする必要がありません。

規模

個人で不動産投資をする場合の投資規模は数百万円~数億円です。

規模を大きくするには時間も掛かりますし一度に複数の物件を購入するのは難しいでしょう。

そのため、分散投資をしてリスクを減らすということが難しいです。

その点J-REITは、スポンサーや投資家から集めた資金と借入金を使って数百億円~数千億円規模で資産を運営します。

個人で不動産を行うよりも多くの資金を使うことができるので、複数の物件に分散投資をしてリスクを抑えることができます。

J-REITの仕組み

まずはJ-REITの仕組みを理解することが重要です。

ここではJ-REITの仕組み、

  • 上場投資信託
  • 分配金の配当
  • 3つの投資方法

について解説します。

上場投資信託

一般的な投資信託は上場していないので、当日の15:00までに購入申し込みを行っても夜に基準価格が決まるまで購入ができません。

J-REITは東京証券所に上場している上場投資信託です。

上場しているので取引時間内であれば株式と同様に証券口座を通じでいつでも購入できます。

投資信託のように基準地価格が決まるまで購入価格が分からないということはなく、価格の上昇や下落もリアルタイムに確認することができます。

分配金の配当

J-REITの魅力の一つは分配金の配当です。

J-REITはスポンサーや投資家から集めた資金と金融機関からの借入金を使って不動産に投資を行い、家賃収入や不動産を売買して得た収益を投資家に分配金として配当します。

分配金の金額はJ-REITによって違います。

3つの投資方法

J-REITの投資対象は、オフィスビルや商業施設、投資用マンション、ホテル、倉庫など様々です。

景気の影響を受けやすいオフィスビルや商業施設、ホテルなどは、好景気時は価格の上昇、高い分配金を得ることができますが、景気が悪くなると価格の下落、分配金の減配などが起こります。

一方で投資用マンションや倉庫などは景気の影響を受けにくいので安定した収益が期待できますが、オフィスビルや商業施設などと比べると分配金利回りは低めです。

J-REITを運営する不動産投資法人は、得意な用途の不動産へ投資を行うことで収益を上げています。

J-REITの投資方法には、一つの用途に特化する単一用途特化型と二つ以上の複数の用途に投資する複数用途型、用途を決めずにその都度投資する用途を決める総合型の3つがあります。

J-REITの銘柄を選ぶ際には、どの投資方法を採用しているかを確認することが重要です。

J-REITのメリットとは

J-REITは株式と比べると価格の上下動が少なく、分配金利回りも高いので安定した運用ができる投資商品として人気です。

ここでは、J-REITのメリット、

  • 高い分配金利回り
  • 流動性が高い
  • 少額で始められる

について解説します。

高い分配金利回り

J-REITは、金融機関の普通預金などと比べると3%台~5%台と分配金利回りは高いです。

一般的な法人の場合、事業で上げた収益については法人税が掛かります。

しかし、J-REITは、収益の90%以上を分配金に回すといった条件を満たすと法人税を払う必要がないので、一般的な法人と比べると配当金に多く回すことができる仕組みになっています。

流動性が高い

個人で不動産投資を行うと不動産を売買したいと思ってすぐに売却することはできません。

売却には2~3か月、短くても1か月程度は掛かります。

しかし、J-REITは東京取引証券所に上場しているので取引時間内であればいつでも売買が可能なので流動性が高いです。

急に現金が必要になった場合でも売却すればすぐに現金化できます。

少額で始められる

J-REITは1口~100口単位で購入ができます。

安い銘柄だと1口4万円~5万円で購入が可能です。

不動産投資のように数百万円、数千万円といった大きな資金を用意する必要はなく、少額で投資を始められます。

J-REITで注意すべきポイントは?

メリットの多いJ-REITですが購入に当たっては注意すべきポイントがあります。

ここでは、J-REITで注意すべきポイント、

  • 分配金の高さで選ばない
  • 種類を抑える
  • 一気に投資するよりも積立投資が効果的

について解説します。

分配金の高さで選ばない

分配金の利回りは、年間の分配金を銘柄の価格で割ったものに100を掛けて算出されます。

  • 分配金の利回り=年間の配当金÷銘柄の価格×100

投資家としては多くの利益を上げたいので、分配金の利回りは高い方が良いはずです。

しかし、銘柄の価格が大きく下がって一時的に分配金の利回りが高くなっているケースもあります。

そのため、分配金の高さだけで銘柄を選ぶのは危険です。

購入前にはその銘柄の直近の価格の変動を必ずチェックしましょう。

種類を抑える

J-REITの投資方法には、単一用途特化型、複数用途型、総合型の3つがあります。

購入を検討する銘柄がどの種類の投資方法かを抑えておくことが重要です。

単一用途特化型の特徴は、オフィスブルならオフィスビルといった得意な用途に対して特化して投資を行います。

収益性が高い反面、その用途の状況が悪化すると価格が大きく下がる、減配するといったケースも多いです。

複数用途型は、複数の用途に投資をしてリスク分散を行うので安定した収益が期待できます。

総合型は、投資する際に収益が上がりそうな用途を選んで投資を行うので、分散投資が可能で高い収益性も期待できますが、不動産投資法人の運営手腕によって業績が大きく左右されます。

一気に投資するよりも積立投資が効果的

J-REITの不動産投資法人は短期の価格上昇を見込むというよりは長期的な資産の拡大を目指しています。

そのため、一気に投資するよりも積立投資で長期的に投資をする方が効果的です。

証券会社によっては積立設定できるので定期的に投資を行うように設定しておくと良いでしょう。

まとめ

J-REITは、東京取引証券所に上場している不動産投資信託です。

不動産投資と比べると少額で始めることができ、高い分配金の利回り、いつでも売買できる流動性の高さなどのメリットがあります。

J-REITの購入を検討する場合は、J-REITの投資方法の確認し、分配金の高さだけで銘柄を選ばないといった点に注意しましょう。

J-REITは、長期的な資産形成に向いているので一気に投資するよりは積立投資が効果的です。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る