これから副業や副収入を得られるビジネスをしたいと検討されている方も多いのではないでしょうか。

本業だけの収入では満足できておらず、さらに安定した収入方法を探している人もいるでしょう。

そこで今回、不動産投資に着目して解説していきます。

不動産投資はリスクが大きいと思われがちですが、投資方法さえ間違えなければ高い成功率にもなります。

とはいえ、不動産投資の成功率が下がるパターンもありますので、重ねて3つほど紹介していきます。

これから不動産投資で成功したい方は是非参考にしてみてください。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

不動産投資の成功とは?

不動産投資における成功とは、いったいどの段階まで到達したら成り立つものなのでしょうか。

人によって成功基準が異なるため、一概には言えませんが、ここでは大きく分けて3つの成功基準、

  • 安く買って高く売却して成功
  • 安定した副収入で成功
  • 不動産投資だけで生活できる

を紹介します。

安く買って高く売却して成功

不動産投資物件を安く購入し、高く売却できた際は、売却益を得ることができます。

これをキャピタルゲインといいます。

不動産投資でキャピタルゲインを得られるときは、所有している不動産の価値が向上した時が多いです。

例えば「所有していた土地が区画整理地に該当され価格が上昇した」、「所有しているマンション周辺の地価が上がり、マンション価格が高騰した」などが挙げられます

とはいえ、そうそう簡単にあがるものではなく、キャピタルゲインによる利益確保は難しいところがあります。

しかし、キャピタルゲインだけを狙う投資家や専門家もいるのが現状です。

不動産の知識だけでなく、経験や地価が高騰する土地を選定できる先見の明をもっている方が成功しており、大きな収入確保につながっています。

安定した副収入で成功

毎月の家賃収入から得られる利益をインカムゲインと言います。

不動産投資をすることで、利用者もしくは入居者から賃料収入を得ることが可能となります。

先ほどのキャピタルゲインとは違い、資産が増えるかどうか分からない訳ではなく、毎月一定の収入が入ってくるメリットがあります。

ローンを借りて不動産投資をした場合、毎月の返済額より、収入の方が大きければ、不動産投資としては成功となります。

しかし、空室による収入減になる年もあるため、長い年月で経営し成功か否かを見極めます。

とはいえ、一般的には借入返済額よりインカムゲインの収入の方が大きくなる傾向があります。

また不動産投資家の中では、キャピタルゲインよりインカムゲインを中心に投資している方が多いです。

本業だけの収入に不安のある方は、まずはインカムゲインでの成功を目指すべきでしょう。

不動産投資だけで生活できる

不動産投資の収入だけで生活できるようになったら、不動産投資の成功と言えるでしょう。

不動産は1室や1棟だけでは大きな収入にはなりませんが、複数棟所有することにより、月に何十万円から何百万円の収入にもなります。

それまでの収入になるためには長い年月が必要となるケースが多いですが、サラリーマンだった方が脱サラし、不動産投資家になっている方も多数いらっしゃいます。

不動産投資の成功率とは

不動産投資の成功率は具体的な統計データもないうえ、さきほどもお伝えした通り、人によって成功と思う基準が異なります。

そのため何%とは言えません。

しかし、不動産投資による不労所得だけで生活できている人は、全体の10%程度とも言われているため、9割は成功者ではないともとらえることが可能です。

ただし、仮に10%が成功者だとしても、残りの9割は失敗ではなく、不労所得以外の収入もあるということにも繋がります。

そのため、一概に不動産投資の成功率は不確定であることが言えるでしょう。

他の資産運用の成功率とは

不動産投資の成功率は不明だったものの、他の資産運用の成功率はどれくらいなのでしょうか。

もちろん不動産投資の成功率同様、統計データはありませんので、目安として認識してください。

ここでは3つの資産運用の成功率、

  • 株式投資で成功する確率
  • FXで成功する確率
  • 投資信託で成功する確率

を紹介します。

株式投資で成功する確率

株式投資は、投資家たちが企業の決算状況や経営内容を確認し、将来株価が上がると想定する会社の株を購入して利益を伸ばす方法です。

株式の分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類あり、投資する企業のデータベースや過去のチャートから読み取る方法です。

とはいえ、日本国内でも4,000近い銘柄があり、また近年では海外企業の株を購入する方も増えてきたことから、マーケットの大きさが広がって来ています。

そんな中、株式投資だけで成功している方は、おおよそ10%程度です。

もちろん統計データがないため、一概には言えませんが、多くの方が損失を出し、株式投資から退場しているのも現実です。

不動産投資は入居者さえいれば、毎月の収入が安定しているメリットがありますが、株式はその企業の状況によって変動します。

急激に資産が増える場合もあれば、急激に資産が減る場合もあるハイリスクハイリターンな資産運用と言えるでしょう。

FXで成功する確率

FXは株式投資より更に成功率が低いと言われています。

人によって異なるものの、おおよそ1%前後です。

FXは為替の値動きに対し、「買い」か「売り」で取引し、差額を利益として得る方法です。

日本国内の証券会社ではレバレッジが25倍までと定められていますが、海外証券会社は1,000倍まで可能です。

つまり、1万円などの少額から1,000万円までにすることが可能な資産運用です。

しかし、1年間で資産運用を諦める方が8割以上いるともいわれ、5年間の長期で見た場合、1%も残っていないとも言われています。

FXは資産運用と言いながらも、ハイリターンが望めるため、ギャンブル精神で運用してしまっている方が多いからでしょう。

FXは急激な値動きが良くあるため、「資産をすぐに0円にしてしまった」「口座が破綻した」などという話はよく聞く運用方法です。

投資信託で成功する確率

投資信託とは、投資家から資金を集め、投資信託のプロが運用します。

プロが運用から得た利益を投資家に分配する仕組みとなっており、数千円からの小額から始めることが可能です。

そのため投資信託の知識がない初心者にも取り組みやすい資産運用方法です。

投資信託の成功率は、さまざまな条件があるため、一概には言えませんが、おおよそ長期運用の方で7割程度と言われています。

成功率は他の資産運用より高いですが、得られる収益は低い傾向があります。

そのため、大きな収益を得たい人は、それなりの投資資金が必要となる資産運用方法です。

成功率が更に下がる3つの行動パターン

ここからは不動産投資の成功率が下がる3つのパターン、

  • 人の意見を鵜呑みにする
  • 売却のタイミングを誤る
  • リスクを考慮しない

について紹介します。

人の意見を鵜呑みにする

不動産投資の知識が無い方は、専門家やプロの意見を鵜吞みにして投資してしまう傾向があります。

そのため、詐欺にあっている方や、収益がでない不動産投資をしている方も多いのも現状です。

不動産投資をする際は、人の意見を参考にしながらも自身で知識を身に付けていく必要があります。

不動産知識のない情報弱者と言われる初心者は、悪質な詐欺に引っ掛かってしまい、大きな損失を被っている方もたくさんいます。

そのため、人の話を全て受け入れるのではなく、自身で不動産投資について勉強しましょう。

自然と不動産投資の成功率向上にもつながるはずです。

売却のタイミングを誤る

不動産投資は売却によるキャピタルゲインを狙える投資方法です。

地価が向上した際は、タイミングを見計らって不動産を売却するのが一般的です。

しかし、「まだ地価は上がる」という意識が強い場合、価格の下落から目をそらしてしまうため、売却するタイミングを見逃してしまう事にもなり兼ねません。

そのまま価格が上昇すれば問題はありませんが、下落した際は、大きなキャピタルゲインを逃してしまうことにもなります。

そのため、常に売却するタイミングを考えて運営することで、不動産投資の成功率を高めることができるでしょう。

リスクを考慮しない

不動産投資には、空室リスクや借り入れリスク、地価下落リスクや金利上昇リスクなど、さまざまなリスクがあります。

それらのリスクを考慮せず運用していると、イレギュラーな対応が求められた時に対処できなくなってしまい、大きな損失を生む可能性につながります。

そのため、常にリスクを考慮しながら運用することが不動産投資の成功率向上につながることでしょう。

まとめ

これまで不動産投資における成功率と、不動産投資の成功率が下がる3つのパターンを紹介してきました。

人によって成功事例が異なるものの、投資という観点からみたら、収益がでたら成功という考えは皆共通です。

しかし、不動産投資の成功率は定かではないため、これから不動産投資を始めたい方は悩むことでしょう。

資産運用はハイリスクハイリターンになるほど専門知識が求められ、成功率は下がります。

ローリスクローリターンは初心者の方でも参入でき、高い成功率が可能となります。

そんな中、不動産投資は他の資産運用と比べると、ミドルリスクミドルリターンに該当し、ある程度の知識を持って運用しなくてはいけません。

決して他人の意見をすべて聞き入れるのではなく、不動産知識を身に付けることで、より高い成功率となることでしょう。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る