資産運用や投資の新しい方法として急速に人気を集めているクラウドファンディング。

ソーシャルレンディングに代表される融資型の他にも、不動産投資型も多いですし株式投資型も出てきました。

人気に伴いサービス運営会社も増え続けているため、違いは何か、どのサービスがおすすめか分からない人もいるでしょう。

この記事ではクラウドファンディングの中でも珍しいベンチャー企業への投資型で、国内で最も取引量がある「FUNDINNO(ファンディーノ)」をご紹介します。

関連記事⇨ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング10選2020

FUNDINNO(ファンディーノ)のメリット・特徴4選

FUNDINNO(ファンディーノ)のメリットや特徴を他のクラウドファンディングと比較した上でお伝えします。

参考にしてみてください。

1 ベンチャー企業にエンジェル投資ができる

資産運用としてのクラウドファンディングにもいくつか種類があり、融資型のソーシャルレンディングや不動産投資型が多いのですが、FUNDINNO(ファンディーノ)は株式投資型になります。

株式投資型の中でも非上場のベンチャー企業に投資ができ、日本初かつ最大の取引量をほこるサービスです。

ベンチャー企業に投資したい方は多いですが今までは上場企業のようにスマホで簡単に投資できるシステムがありませんでした。

IPOやM&Aを目指している企業に投資して何十倍ものリターンを得たい投資家にはとても魅力的でしょう。

2 豊富な投資先

クラウドファンディング共通の課題は投資先が少なく、募集が出ても即埋まってしまい投資ができないことが多いです。

ましてやベンチャー企業投資では投資先の確保が難しく、今までで数社の実績しかない運営会社もありますが、FUNDINNO(ファンディーノ)はすでに100件以上、累計35億円以上の成約実績があります。

ホームページには今後の募集予定が2か月分ほど載っており、事前に投資分野や概要を知ることができるのも特徴です。

ベンチャー投資をしたい方にとっては充実したサービスといえるでしょう。

3 エンジェル税制を利用できる企業もある

エンジェル税制とはベンチャー企業に投資した際に税金上のメリットがある制度です。

投資した時点と株式を売却した時点の両方に優遇措置があります。

FUNDINNO(ファンディーノ)ではエンジェル税制が活用できる案件もあるため、投資額に応じて所得税が軽減されるメリットもあります。

投資をしながら節税もできれば有難いですよね。

実績を積み重ねてきたFUNDINNO(ファンディーノ)だから実現できる特徴でしょう。

4 すでにイグジットを達成した投資先企業がある

株式投資型クラウドファンディングとしてベンチャー企業投資ができるサービスはいくつかありますが、FUNDINNO(ファンディーノ)は日本初かつ最大の取引量を誇るだけあり、すでにイグジットに達成した投資先企業も出てきました。

買い取り価格は何倍とまではいきませんでしたが、50%ほどの利益が出た計算となります。

ハイリスクであった分、他のクラウドファンディングやソーシャルレンディングとは比べ物にならない高いリターンといえるでしょう。

今後もイグジットを達成するベンチャー企業やさらに高いリターンを生み出す投資案件も出てくると思われます。

FUNDINNO(ファンディーノ)の公式サイトはこちら⇨

FUNDINNO(ファンディーノ)のデメリット・注意点2選

FUNDINNO(ファンディーノ)のデメリットや注意点も理解することが重要です。

1 ベンチャー投資はハイリスクハイリターン型

FUNDINNO(ファンディーノ)はベンチャー企業への株式投資型クラウドファンディングであり、融資型で金利を得るソーシャルレンディングよりもリスクは高いです。

担保や保証が付いている場合も多い不動産投資型よりも高いでしょう。

投資の目的は金利や配当ではなく将来的な事業拡大であり、ハイリスクハイリターン型の投資だという点は理解しましょう。

通常の資産運用と異なる点は注意が必要です。

2 事業内容を理解する力が必要

ソーシャルレンディングであれば金利と期間しか見ない人もいるでしょう。

融資先の企業情報があまり載っていない場合も多いです。

しかしFUNDINNO(ファンディーノ)はベンチャー企業投資であり、わかりやすい金利や期間などの数字以上に、事業内容をしっかり理解する必要があります。

FUNDINNO(ファンディーノ)で募集されている時点である程度の審査はされていますが、自分で理解できない事業への投資はおすすめしません。

FUNDINNO(ファンディーノ)をおすすめしたい人の特徴

FUNDINNO(ファンディーノ)はベンチャー投資ができる株式投資型のクラウドファンディングです。

投資経験があり資金に余裕がある人、ハイリスクでも将来的に大きなリターンを狙いたい人には非常に魅力的なサービスではないでしょうか。

スマホで簡単に非上場株に投資できる点もメリットです。

一方で投資初心者の方や、大きなリターンよりも安定性のある金利が欲しい方には向かないかもしれません。

FUNDINNO(ファンディーノ)の公式サイトはこちら⇨

FUNDINNO(ファンディーノ)を始めるステップを紹介

FUNDINNO(ファンディーノ)で投資を始めるステップをお伝えします。

1 Webから申し込み

先ずはWebからメールアドレスとパスワードを登録します。

登録したメールアドレスにメールが届き、そこから個人情報と本人確認書類を登録します。

2 審査

登録後に審査を経て無料の投資家登録が完了となります。

3 投資する企業を選ぶ

ベンチャー企業を選んで投資が始められます。

FUNDINNO(ファンディーノ)の運営会社情報

FUNDINNO(ファンディーノ)は株式会社日本クラウドキャピタルが運営するクラウドファンディングサービスです。

資本金は14億円以上、従業員は50人以上おり、投資型クラウドファンディングの運営会社としては最も大きい規模でしょう。

設立から4年以上が経ち実績もあるため安心度は高いといえます。

株式会社日本クラウドキャピタルの会社概要

会社名

株式会社日本クラウドキャピタル

設立日

2015年11月26日

資本金

14億1847万9340円 ※2020年6月30日現在

従業員数

54名 ※2020年8月12日現在

本社住所

東京都品川区東五反田5丁目25番18号

まとめ

FUNDINNO(ファンディーノ)はクラウドファンディングの中でもベンチャー企業への株式投資型という珍しいサービスを提供しています。

実績は100件以上ありエンジェル税制にも対応しているなど充実度も高いです。

将来的に大きなリターンを狙いたい方にはとても魅力的だと思います。

ハイリスクハイリターン型である点はよく理解した上で、ベンチャー投資を探していた方などは無料登録してみてはいかがでしょうか。

FUNDINNO(ファンディーノ)の公式サイトはこちら⇨

The following two tabs change content below.

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。