「阪急阪神リートのファンドの特徴が知りたい」

「阪急阪神リートの運用状況が知りたい」

投資先として阪急阪神リートを検討している方の中には、上記のような要望を持っている方が少なくありません。

阪急阪神リートに限ったことではありませんが、J-REITに投資する際は、ファンドの特徴や運用状況などを把握して、リスクがあるかどうかを判断する必要があるためです。

この記事では、阪急阪神リートの特徴や運用状況などについて詳しく解説していきます。

阪急阪神リートへ投資を検討している方は、この記事を参考にしてください。

投資のプロがおすすめする「TECROWD」(平均利回り8%)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気ですよね。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、平均想定利回りは8.0%以上を維持しています。

またTECROWDは今まで元本割れゼロですので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

少額から高利回りの不動産投資を始めてみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

TECROWDの詳細記事を見る

TECROWDの公式サイトを見る

阪急阪神リートとは

阪急阪神リートとは、東京証券取引所に上場している「阪急阪神リート投資法人」のことで、阪急阪神ホールディングスグループをスポンサーとするJ-REITです。

主な投資対象は商業施設やホテルになり、総合型のJ-REITに分類されますが、軸足は商業施設に置いています。

また、スポンサーが阪急阪神ホールディングスグループであるため、投資エリアが関西圏に集中しており、地域特化型のJ-REITというのも特徴です。

そんな阪急阪神リート投資法人の2022年6月7日時点の投資口価格と時価総額は、以下の表で確認できます。

【8966阪急阪神リート投資法人】

投資口価格

時価総額

分配金利回り

基準日

151,800円

105,531.36百万円

3.87%

2022年6月7日

出典:阪急阪神リート投資法人 – JAPAN-REIT.COM SP版

なお、今後の阪急阪神リート投資法人の価格や利回りなどの推移については、上記のサイトで確認することが可能です。

阪急阪神リートの価格推移

阪急阪神リートの価格は、2017年7月時点の投資口価格は「138,500円」で、2022年5月7日時点では、「151,800円」まで上昇しています。

出典:阪急阪神リート投資法人 – JAPAN-REIT.COM SP版

経緯としては、運用開始以来、阪急阪神リートの価格は順調に上昇していましたが、2020年の新型コロナウイルスの影響に大きく下落しました。

2021年に入ると価格は上昇していきましたが、新型コロナ発生前の価格である「181,200円」のラインまでは回復していません。

阪急阪神リートは、ホテルや商業施設への投資割合が多いためです。

とはいえ、ホテル特化型リートと比較すると、阪急阪神リートは総合型リートであるため、新型コロナウイルスの影響を抑えられているという一面もあります。

阪急阪神リートの運営状況

阪急阪神リートに投資をするか判断するためにも、運用状況を把握しておくことが必要になります。

そのためには、以下の3つの内容を理解しておくことが重要です。

  • 分配金の推移
  • 利回りの推移
  • ポートフォリオの状況

上記のポイントについて解説していくので、参考にしてみてください。

阪急阪神リートの運営状況1.分配金の推移

阪急阪神リート投資法人が公表している第33期までの分配金の推移を確認すると、2021年11月(第33期)の1口あたりの分配金は前期から「-99」の「2,909円」になっており、減少しています。

出典:分配金推移 阪急阪神リート投資法人

分配金の推移としては、分配金は第28期の「3,211円」から毎期少しずつ減少している状況です。

とはいえ、第26期以前の分配金を確認すると、第8期以降は、「2500〜3000円前後」で推移しており、今後もその傾向が続く可能性が高いと言えます。

したがって、安定した収益を得たい方は、阪急阪神リート投資法人を検討してみてください。

阪急阪神リートの運営状況2.利回りの推移

阪急阪神リート投資法人の利回りは、2017年7月時点が「4.03%」で、2022年5月10日時点が「3.87%」になっており、約5年の間に利回りは「0.16%」下がっています。

出典:阪急阪神リート投資法人 – JAPAN-REIT.COM SP版

上記のグラフで推移を確認してみると、新型コロナウイルスの影響によって投資口価格が大きく下落した際に利回りが大幅に上昇しているものの、投資口価格が上昇するとともに利回りが下落していることがわかります。

利回りが下落した理由は、阪急阪神リートの分配金がコロナ以前とコロナ後で同等の水準だったためです。

今後も同水準の分配金である可能性が高いため、利回りが上昇する可能性は高くありません。

とはいえ、利回りが大きく下落する可能性も少ないため、安定した投資先と言えます。

ちなみに、阪急阪神リート投資法人は、「JAPAN-REIT.COM」が公表しているJ-REITの利回りランキングによると、61銘柄中「34位(2022年5月9日時点)」です。

阪急阪神リートの運営状況3.ポートフォリオの状況

阪急阪神リートが公表しているポートフォリオサマリーを確認すると、2021年12月27日時点では、運用している物件数が「32件」、資産規模が「1,686億円」です。

運用している不動産の種類は、商業施設、ホテル、オフィスビルになっており、総合型リートでありながら、レジデンスなどの住宅系の不動産には投資していないことが分かります。

出典:ポートフォリオサマリー 阪急阪神リート投資法人

上記のグラフからもわかるように、約7割が商業系の不動産に投資しており、残りの約3割はオフィスビルなどの事務用不動産に投資しています。

ちなみに、資産規模は拡大しており、今後も運用物件は増えていく可能性が高いです。

出典:第33期 決算説明会用資料 阪急阪神リート投資法人

このように、今後も資産規模が拡大していくことが見込めるJ-REITと言えます。

阪急阪神リートの特徴

阪急阪神リートには、以下の3つの特徴があります。

  • 商業用不動産の割合を50%以上にしている
  • 関西圏に重点投資している
  • スポンサーが阪急阪神ホールディングスグループ

上記の特徴について解説していくので、内容をよく把握したうえで、阪急阪神リートに投資をするのが最適なのかを判断してください。

阪急阪神リートの特徴1.商業用不動産の割合を50%以上にしている

阪急阪神リートの特徴のひとつが、ホテルやショッピングモールなどの商業用不動産への重点投資です。

その割合は50%以上に設定しており、2021年12月27日時点では、「68.8%」と7割近くにいたっています。

このように、商業用不動産に重点投資している理由は、スポンサー企業である阪急阪神ホールディングスのノウハウを最大限活かして、投資した不動産の運用を行うためです。

実際「99%」という高い稼働率を誇っており、家賃収入が無くなってしまうという状況はほとんど起きていません。

そのため、家賃収入が減少することもなく、安定した運用が可能になっています。

阪急阪神リートの特徴2. 関西圏に重点投資している

阪急阪神リートのもうひとつの特徴が、関西エリアに重点的に投資していることです。

関西エリアの投資比率は、ポートフォリオ全体の投資額の50%以上に設定しています。

実際、以下の地域別の投資比率を表した円グラフを確認すると、関西エリアへの投資比率は、「73.7%」と70%を超えている状況です。

出典:ポートフォリオサマリー 阪急阪神リート投資法人

このように、関西エリアに重点投資している理由に関しては、100年以上の歴史がある阪急阪神ホールディングスグループのブランド力やネットワーク力などを最大限活用するためです。

ちなみに、阪急阪神リートは首都圏や全国の政令指定都市、それに準ずる主要都市以外には投資しない方針を掲げています。

阪急阪神リートの特徴3.スポンサーが阪急阪神ホールディングスグループ

阪急阪神リートは、スポンサーが阪急阪神ホールディングスグループ です。

スポンサーである阪急阪神ホールディングスグループ が、投資物件の選択や運用など、さまざまな場面でサポートしています。

百貨店経営やホテル経営など、多くの商業施設を経営している阪急阪神ホールディングスグループの豊富なノウハウを活かすことで、安定した運用を実現しているという訳です。

そして、それは今後も継続されるため、安定した運用をしている投資先を探している方は、ぜひ阪急阪神リートを検討してみてください。

阪急阪神リート投資法人概要

阪急阪神リート投資法人の概要は以下になります。

会社名

阪急阪神リート投資法人

Hankyu Hanshin REIT, Inc.

設立日

2004年12月1日

執行役員

白木 義章

本社住所

〒530-0013
大阪市北区茶屋町19番19号 アプローズタワー19階

なお、スポンサーである阪急阪神ホールディングス株式会社の概要は以下のとおりです。

会社名

阪急阪神ホールディングス株式会社

Hankyu Hanshin Holdings, Inc.

設立日

1907年10月19日

資本金

994億円74百万円

代表者名

杉山 健博

本社住所

〒530-0012
大阪市北区芝田1丁目16番1号

まとめ

阪急阪神リートは、関西エリアや商業施設に重点投資を行っているJ-REITです。

関西エリアで100年以上事業をしている阪急阪神ホールディングスのノウハウを活かして運用しているため、安定した運用がされています。

したがって、投資を検討している方は多いですが、検討している方の中には特徴や運用状況を詳しく知りたいという方も少なくありません。

そのため、この記事では、阪急阪神リートの特徴や運用状況などについて詳しく解説していきました。

阪急阪神リートへ投資を検討している方は、この記事を参考にしてください。

投資のプロがおすすめする「TECROWD」(平均利回り8%)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気ですよね。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、平均想定利回りは8.0%以上を維持しています。

またTECROWDは今まで元本割れゼロですので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

少額から高利回りの不動産投資を始めてみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

TECROWDの詳細記事を見る

TECROWDの公式サイトを見る