新しい資産運用の手段としてクラウドファンディングが人気を高めています。

ソーシャルレンディングのように企業に融資する形や、不動産投資の代わりになる種類もあります。

サービスの運営会社も続々と増えているため、どのような違いがあるのか、自分に適した投資サービスはあるのか知りたい方もいるでしょう。

ここでは不動産投資クラウドファンディングの中でも珍しく、いつでも出し入れ自由で期間の制限もない「i-Bond」というサービスを紹介します。

「お金 第3の置き場」というコンセプトの通り他とは異なる仕組みのため参考にしてみてください。

i-bondの公式サイトはこちら⇨

i-Bondってどんなサービス?概要をわかりやすく解説

通常の不動産投資クラウドファンディングではファンドごとに金利や期間を設定し、それぞれ個別の不動産に出資する仕組みです。

それに対してi-Bondは、予定分配率は年1.50%(税引前)、期間は無期限となっております。

個別の不動産に出資するのではなく、物件の変更や追加が可能となっており、物件の入れ替えを行い常に好条件の物件で運用できるファンドとなっています。

出資者は、全ての物件を対象にしたi-Bondという一つの商品に出資することになります。

私たち投資家は資金をi-Bondに預け、運営会社の株式会社マリオンがその資金で不動産事業を行い、賃料や売却益などの事業利益の中から年1.50%(税引前)を投資家に支払います。

他の運営会社と比べても新しいサービスといえるでしょう。

i-Bondの評判と口コミ

i-Bondの評判と口コミはよいのか確認してみましょう。

i-Bondの評判・口コミツイート①

i-Bondの評判・口コミツイート②

i-Bondの評判・口コミツイート③

i-Bondの評判・口コミツイート④

i-Bondの評判・口コミツイート⑤

比較的新しいサービスですが評判も出始めていますし、悪い口コミは見つかりませんでした。

今後も評判や口コミをアップデートしていきます。

i-bondの公式サイトはこちら⇨

i-Bondの4つのメリット・強み

他の不動産投資クラウドファンディングと比較した上でi-Bondのメリットや強みをお伝えします。

i-Bondのメリット・強み1 無期限で置いておける

通常の不動産投資クラウドファンディングでは物件ごとに運用期間が決まっています。

半年から1年が多く、長くても2,3年運用したら償還されます。

それに対してi-Bondは無期限という大きな特徴があり、短期も中期も長期も可能で、投資家自身の投資方針に合わせることができます。

クラウドファンディング共通の悩みとして、人気が高いため募集があっても即埋まってしまい、そもそも投資の機会が得られないこともあります。

早いもの勝ちや抽選でどうにか投資ができても半年で終わってしまう課題に対しては、i-Bondの無期限で置けることはメリットでしょう。

i-Bondのメリット・強み2 いつでも買取請求して現金化が可能

不動産投資クラウドファンディングには中途解約ができないサービスもたくさんあります。

融資型のソーシャルレンディングにおいてはまず中途解約できません。

一方でi-Bondはいつでも買取請求ができて現金に戻せます。

現金が必要な時に手数料無料で戻せることは出資者に有利な特徴でしょう。

i-Bondのメリット・強み3 物件の売却損は運営会社である㈱マリオンが負担

i-Bondならではの特徴として不動産事業において売却損が発生した場合は運営会社の負担になります。

不動産投資クラウドファンディングでは物件の売却損や賃料未払い、空室などにより出資者が損失を受けるリスクがあります。

金利の低下や元本割れの可能性もありますが、このうち売却損については運営会社である㈱マリオンが負担する仕組みです。

投資対象の物件が複数であるため個別物件ではないi-Bond特有のサービスが可能にしたメリットでしょう。

i-Bondのメリット・強み4 上場企業が運営している安定性

i-Bondは東証JASDAQスタンダードに上場している㈱マリオンが運営をしています。

不動産証券化商品(不動産投資クラウドファンディングも含む)の実績は長く、2004年より行っており、出資額の累計は130億円を超えていますので、業歴に申し分のない会社です。

資本金も10億円以上あり、安定性も問題ないでしょう。

不動産投資クラウドファンディングの運営会社はまだ上場企業は多くないため、安定性の面でもメリットのあるサービスと言えます。

i-bondの公式サイトはこちら⇨

i-Bondの2つのデメリット・注意点

i-Bondならではのメリットも多い反面、デメリットや注意点も理解することが重要です。

i-Bondのデメリット・注意点1 予定分配率が年1.50%(税引前)と低い

i-Bondの予定分配率は年1.50%(税引前)です。

不動産投資クラウドファンディングの平均金利は3-5%ほどあり、ソーシャルレンディングでは8%以上のファンドもある中で、i-Bondの金利は低いといえるでしょう。

安全性や独特のメリットがある分リターンは低くなっています。

もちろん銀行預金よりは高いですが、元本割れのリスクはありますので、年1.50%(税引前)のリターンがリスクに見合っているのかは注意が必要です。

i-Bondのデメリット・注意点2 優先劣後方式の出資割合が5%

不動産投資クラウドファンディングでは出資者のお金を守る仕組みとして優先劣後方式が導入されています。

不動産事業における損失を先に運営会社が被ることで、出資者の金利や元本をできるだけ減らさない仕組みです。

i-Bondも優先劣後方式が使われているところは良いのですが、運営会社側の出資金割合は5%となっています。

他の運営会社では少なくとも10%、多いところで30%出資していることからもi-Bondは少ないと言えるでしょう。

その分売却損は全てi-Bondが負担するなど別のメリットがありますが、5%は注意が必要です。

i-bondの公式サイトはこちら⇨

i-Bondに実際に投資している筆者の評判は?おすすめの投資方法はある?

筆者はほとんど全ての不動産投資クラウドファンディングに登録と投資をしています。

i-Bondについても比重は多くありませんが投資をしています。

予定分配率は年1.50%(税引前)と他社と比べても低いですが、実績豊富な不動産業者だけあり投資する物件がしっかりしていることと、5営業日後に現金に戻せる流動性があるため、待機資金を金利0%で放置しておくくらいなら預けておこうと考えています。

実際に2019年の第一号ファンドは5億円を超える大型ファンドでしたが数日で完売しています。

SREホールディングス(旧ソニー不動産)のスマートホームであり物件の質も良く、同じように考えた投資家が多かったということでしょう。

少しでも金利を得たい方にはおすすめできるのではないでしょうか。

i-Bondをおすすめしたい人の特徴

i-Bondはクラウドファンディングの中でも他にないサービスを行っており、無期限で預けておけることや現金に戻しやすい流動性が特徴です。

安全性は他のサービスよりは高く途中解約もできるため、金利が低くても平気な特に初心者の方におすすめできるでしょう。

一方で年1.50%(税引前)の金利では物足りない方は、別のクラウドファンディングがよいかもしれません。

i-bondの公式サイトはこちら⇨

i-Bondを始める方法を紹介

i-Bondでの投資は3つのステップで始められます。

1 ホームページより会員登録

先ずはホームページより無料で会員登録をします。

SNSのアカウントでも初期登録できます。

2 本人確認書類をアップロードして完了

会員情報を登録した後、本人確認書類をアップロードして完了です。

3 出資

他のクラウドファンディングのように新規ファンドの応募を取り合うこともなく、1つの商品に出資するだけで資産運用が始まります。

i-Bondの運営会社情報

i-Bondは株式会社マリオンが運営するクラウドファンディングサービスです。

i-Bond自体は新しいサービスですが株式会社マリオンは30年以上前から不動産事業を2004年から不動産証券化商品(不動産投資クラウドファンディングは2019年より開始)を手掛けており、クラウドファンディング以外が本業だからこそ実現できた仕組みだと思います。

東証JASDAQスタンダードに上場しており、資本金も10億円以上あるため、長い社歴を考えても安全性の高い運営会社だと言えるでしょう。

株式会社マリオンの会社概要

会社名

株式会社マリオン

設立日

1986年11月

資本金

1,387,642,720円

本社所在地

〒162-0067 東京都新宿区富久町9番11号

まとめ

数多くの不動産投資クラウドファンディングの中でも、i-Bondのサービスは独特のメリットを持ちます。

運用期間が無期限であること、いつでも中途解約が可能であること、また物件が複数であり分散されていることや売却損は運営会社が負担することは大きなメリットでしょう。

一方で年1.50%(税引前)という金利はクラウドファンディングの中では最も低い水準です。

元本保証ではないため年1.50%(税引前)が自分に適しているかは考える必要があるでしょう。

今のところ元本割れはありませんし、気になる方は無料で会員登録してみてはいかがでしょうか。

i-bondの公式サイトはこちら⇨

 

編集部イチオシの投資サービス「Funds(ファンズ)」

投資には企業の株式を売買する株式投資以外にも、企業に間接的に貸し付ける方法もあります。 

Funds(ファンズ)という投資サービスでは、ファンドへの投資を通企業に間接的にお金を貸し付けて資産運用することができます。

Funds(ファンズ)において、投資されたお金の借り手となるのは上場企業グループの企業が中心です。 

お金の借り手となった企業は、私たちが間接的に貸し付けした資金で事業を行います。

弁済期がきたら借り入れた資金に金利を付けて返済行うため、投資家は投資元本に加えて金利を受け取ることができます。

Funds(ファンズ)のメリットとしては株式投資のように日々値動きがなく、投資する段階から予定利回りが定められています。 

株式投資であれば投資した企業の業績が良かったとしても、他の要因で株価が下がってしまい損をすることありますよね。 

Funds(ファンズ)ならば貸付先が倒産などしない限りきちんと元本と利息が受け取れますので、比較的損失を被るリスク社債のような投資が可能となります。 

※2021年5月12日現在

予定利回りは1-3%(年率税引前とファンドごとに異なりますが、株式投資の配当率の平均と同じくらいです。 

投資は1円からできることもメリットで、株式投資のように最初から数十万円という資金は必要なく、この点でも始めやすいですよね。 

ボラティリティの高い株式投資と併用でリスクの低いFunds(ファンズ)を使うことで、より投資ポートフォリオを安定化させることもできるでしょう。 

ぜひFunds(ファンズ)による投資を検討してみてはいかがでしょうか。 

Fundsの公式サイトを見てみる⇨