新しい不動産投資の方法としてソーシャルレンディングが年々人気になっています。

サービスを運営する会社が増えている中でどの会社がよいのか、どう投資すべきか知りたい方もいると思います。

この記事では上場企業であるJALCOホールディングス株式会社の子会社が運営する「J.LENDING」をご紹介します。

関連記事⇨【令和2年】ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング9選

J.LENDING(ジェイ・レンディング)の評判・口コミを紹介

続いてJ.LENDINGの評判や口コミを、リアルな声が飛び交うTwitterなどから紹介していきます。

随時、新しい口コミや評判も追記していきます。

J.LENDING(ジェイ・レンディング)のメリット・特徴2

他の運営会社とも比較した上でJ.LENDINGのメリットや特徴をお伝えいたします。

投資の参考にしてみて下さい。

1. 保証、担保ありファンド

ソーシャルレンディングはクラウドファンディングの中でもリスクは高くそのため金利も高いサービスです。

保証会社を使わず担保もないファンドも多いですが、J.LENDINGのファンドには保証も担保も設定されています。

保証と担保の有無、返済方法はそれぞれのファンドごとにきちんと書かれていますので出資する前に必ず確認しましょう。

2. 3-6か月間の短期運用

運用期間は長期を好む方もいますが、短期間ですぐに回収したい方も多いですよね。

J.LENDING3か月から6か月間がメインと、他の運営会社と比べても非常に短期の分類に入ります。

長い間投資しておくのが怖い方など短期投資を好む方にはとても向いているでしょう。

J.LENDING(ジェイ・レンディング)デメリット・注意点2

J.LENDINGのデメリットや注意点をご紹介します。

注意点を理解した上で投資をおすすめいたします。

1. 投資は150万円から

大半のソーシャルレンディングサービスは11万円からの投資が可能です。

それに対してJ.LENDING150万円からと、他の運営会社よりもまとまった資金が必要になります。

少額投資を希望の人には向かないかもしれません。

一方で競争率が高く投資機会が持てないのがソーシャルレンディングの難点ですから、出資額を上げることで投資チャンスが得られるメリットもあるでしょう。

2. 長期投資ができない

J.LENDINGで募集する多くのファンドが3か月から6か月の運用期間です。

短期投資の方にはメリットですが、長期投資がしたい方は運用が終わったらまた新しいファンドを見つける必要があります。

次の運用ファンドが見つかるまでの間は金利0%と同じですので、できるだけ手間をかけずに長期で資産運用したい方は注意が必要です。

J.LENDING(ジェイ・レンディング)をおすすめしたい人の特徴

J.LENDINGは安全性の高いファンドに短期で大口投資できるのが特徴です。

J.LENDINGが厳正な審査をした上に保証や担保も付き、かつ短期で元本回収できるため短期投資家には非常にメリットが大きいでしょう。

投資額も大きいため競争率も下がり、出資できない状態が続くことも少ないはずです。

一方で短期、大口と特徴がはっきりしている分、小口投資や長期で放置したい方には向かないでしょう。

J.LENDING(ジェイ・レンディング)を始めるステップを紹介

実際にJ.LENDINGを始めるための手順をご紹介します。

1. 口座開設申し込み

先ずはオンラインでメールアドレス等を登録します。

登録したメールアドレスに返信されるURLから専用画面に移り、個人情報や本人確認書類を登録します。

書類のアップロード含めてここまで全てオンラインで完了できます。

2. 確認キーの受け取り

1で登録した住所に「確認キー」が郵送されます。

確認キーを入力してマイページに入れます。

これで口座開設が完了します。

3. 投資するファンドを選ぶ

マイページから投資したいローンファンドを選びます。

出資金を送金すれば運用が開始されます。

あとは運用期間が終わり分配金を受け取ります。

J.LENDING(ジェイ・レンディング)の運営会社情報

J.LENDINGJALCOホールディングス株式会社の子会社「株式会社ジャルコ」が運営するソーシャルレンディングサービスです。

JALCOホールディングス株式会社はJASDAQの上場企業です。

J.LENDINGの会社概要

会社名

株式会社ジャルコ

設立日

1956年(昭和31年)39

資本金

350,000,000

本社住所

103-0027
東京都中央区日本橋2丁目1611 日本橋セントラルスクエア8

まとめ

J.LENDINGは厳正な審査や保証、担保で安全性を高めている点と、大口かつ短期投資に向いている点で他の運営会社と差別化できると思います。

人気が高すぎてなかなか投資できないソーシャルレンディングにおいて出資額が上がることもメリットになり得るでしょう。

ファンドの募集も毎月行っています。

少額から始めたい初心者には向かない分、資金を持ち投資先を探している方はぜひ確認してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。