不動産投資を検討中、『Jointoα(ジョイントアルファ)』という言葉を耳にしたことがある方もおられるでしょう。

不動産投資には、マンションなどの物件を購入しその家賃収入で利益を得る方法と、ある物件にクラウドファンディングスタイルで投資し収益を得る方法があります。

このクラウドファンディングスタイルの不動産投資が現在人気となっており、Jointoα(ジョイントアルファ)もその不動産投資方法の一つです。

そこで、この記事では今注目を集めているJointoα(ジョイントアルファ)の概要やメリット・デメリットについて解説していきます。

Jointoα(ジョイントアルファ)とは?概要を紹介

Jointoα(ジョイントアルファ)とは、大手総合不動産企業のあなぶき興産が手掛ける『不動産投資型クラウドファンディング』です。

最近では、新しい事業を始める・サポートするという形でクラウドファンディングという言葉をよく耳にするようになりました。

クラウドファンディングとは、企業や個人が提案した案件に賛同した不特定多数の方が出資し、サポートするというものです。

一見募金と同じように聞こえますが、多くのクラウドファンディングでは出資した額に合わせてリターンが受けられる『投資型クラウドファンディング』もあります。

このJointoα(ジョイントアルファ)も、不動産に投資することでリターンが受けられるクラウドファンディングです。

それでは、一般的な不動産投資と、Jointoα(ジョイントアルファ)のような不動産投資型クラウドファンディングにはどのような違いがあるのか解説していきます。

一般的な不動産投資とは

一般的な不動産投資とは、マンションなどを購入し、継続的に家賃収入を得たり、物件を売却することで利益を得る方法です。

投資対象はマンションだけでなく、一戸建てや駐車場などもあり、投資額や求める利益額に応じて投資対象を決めていきます。

運用がうまくいけば多額の利益を得ることができる不動産投資ですが、初期投資額が高くなるため、資産を豊富に持っていないと始めにくいというデメリットがあります。

しかし、Jointoα(ジョイントアルファ)は一般的な不動産投資とは異なり、不特定多数の方同士が出資し合うクラウドファンディング形式の投資なので、収入が低く貯蓄額が少ない若い方でも始めやすいのが特徴です。

それでは、不動産投資型クラウドファンディングとはどのようなものかを解説していきましょう。

不動産投資型クラウドファンディングとは

不動産投資型クラウドファンディングとは、事業者が掲示する投資対象の不動産に出資し、家賃収入で得た収益の中から配当金が得られるというシステムです。

出資の際は、一口いくらからという投資額が決まっているので、自身の資産状況に合わせて出資することができます。

現在、不動産投資型クラウドファンディングを提供しているいくつかの会社のうち、最低投資金額はなんと1万円からとなっています。

そして不動産投資型クラウドファンディングでは、出資後は事業者が運用してくれるので、比較的気軽に始められる投資方法です。

1万円という金額であれば、若い世代の方も不動産投資に手が出しやすいでしょう。

またリスクも低いため、不動産投資に興味はあるけれど資産が少ない、失敗が怖いという方は、まずこちらの不動産投資型クラウドファンディングを始めてみるのもおすすめです。

Jointoα(ジョイントアルファ)の投資先

Jointoα(ジョイントアルファ)の投資先は、あなぶき興産が保有する投資用のマンションをはじめ、宿泊施設再生プロジェクトへの投資となります。

宿泊施設再生プロジェクトとは、あなぶき興産が本社を置く香川県高松市の宿泊施設のリノベーションへ出資し、地域活性化を図るものです。

現在、香川県は海外からの旅行者の誘致や、国際芸術祭の開催により観光客が急増しています。

そのため、安定的な収益の確保が期待でき、また地域活性化のサポートもできるという点でも注目を集めています。

また2019年11月現在、Jointoα(ジョイントアルファ)の公式サイトに掲載されている投資先は、東京・大阪・京都・福岡にあるマンション1棟ずつと、香川県にあるゲストハウスの計5つです。

あなぶき興産とはどのような会社か

そもそも、Jointoα(ジョイントアルファ)を手掛ける『あなぶき興産』とはどのような会社なのでしょうか。

不動産投資するのであれば、やはり安心できる企業の不動産に投資したいと思うことでしょう。

そこで、あなぶき興産について簡単にご紹介します。

あなぶき興産とは、東証一部上場企業の大手総合不動産企業で、正式な会社名は『穴吹興産株式会社』です。

本社は先ほど述べたように、香川県の高松市にあり、支店は四国をはじめ関東や九州、沖縄にあります。

昭和39年に設立された歴史のある会社で、不動産サービスをはじめ施設運営やマンション管理、就職支援やトラベルサービスなども行っています。

また資本金は7億5千万円、そして2019年の6月期の通期売上高は996億円と安定した業績を残しているのも、不動産投資先として安心できるポイントの一つです。

またあなぶき興産の経営理念である、「地域社会の文化と歴史の創造に貢献する」という言葉通り、Jointoα(ジョイントアルファ)では高松市の地域活性化へも繋がっています。

これらのことから、経営状況も経営理念も明朗な企業であるということが分かります。

Jointoα(ジョイントアルファ)の始め方と使い方

これまで説明したように、Jointoα(ジョイントアルファ)とは、不動産に投資し、リターンとして収益を得ることができるものです。

それでは、このJointoα(ジョイントアルファ)はどのようにして始めるのか、そしてその使い方も解説していきましょう

Jointoα(ジョイントアルファ)の始め方

Jointoα(ジョイントアルファ)を始めるには、まず公式サイト上での会員登録手続きが必要となります。

公式サイトでの会員登録手続きの流れは、

  1. 個人情報などの必要事項を記入し会員登録申請
  2. 出資申し込みを行う
  3. 投資家審査を受ける

となります。

投資家審査をクリアすることで、晴れてJointoα(ジョイントアルファ)を始めることができます。

個人情報には資産額も

会員登録の際に記載しなければいけない個人情報は、

  • メールアドレス
  • 氏名
  • 住所
  • 勤務先
  • 保有資産
  • 銀行口座

となります。

投資家としての適合性があるかの質問や、本人確認書類のダウンロードも必要です。

本人確認書類は、

  • 免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 在留カードまたは外国人登録証明書

のうちのどれかを公式サイト上にダウンロードすることになります。

スムーズに登録手続きを行うためにも、会員登録する際にはいずれかの本人確認書類を手元に用意しておきましょう

Jointoα(ジョイントアルファ)の使い方

それでは次に、Jointoα(ジョイントアルファ)の使い方を説明します。

使い方の簡単な流れは以下のようになります。

  1. 投資家審査をクリア後、出資する不動産をチェック
  2. 出資する不動産と口数を決めて応募
  3. 応募が成立
  4. 契約手続き
  5. 専用口座に出資金を入金
  6. 運用開始

すべて公式サイト上で手続きできるので、煩わしさがなく便利です。

また契約手続きの時点で、契約書面同意日から8日以内であれば契約解除(クーリングオフ)することが可能なので覚えておきましょう。

Jointoα(ジョイントアルファ)のメリット・デメリット

登録も比較的簡単で使い方も分かりやすいJointoα(ジョイントアルファ)。

若い人でも始めやすい投資型クラウドファンディングですが、不動産投資にはメリット・デメリットがそれぞれ存在します。

そこで、Jointoα(ジョイントアルファ)のメリットとデメリットをそれぞれ解説していきましょう。

Jointoα(ジョイントアルファ)のメリット

Jointoα(ジョイントアルファ)のメリットには、

  • 劣後出資割合が30%
  • 6~5.0%という高い利回り
  • 登録や維持費が無料

の3点が挙げられます。

まず、劣後出資割合とは、事業者であるあなぶき興産がプロジェクト費用の30%を負担します。

そしてもしも不動産価格が下落した場合、全体価格の30%以内の下落幅であれば、出資者が投資したお金の損失は避けられるというものです。

元本割れのリスクが低く、投資初心者の方でも安心して始めることができます。

またJointoα(ジョイントアルファ)は利回りが高いという点でも人気です。

一般的な定期預金での利回りは、0.01~0.2%というものが多いです。

そのため、3.6~5.0%という高い利回りのJointoα(ジョイントアルファ)は、投資を考えている方にとってかなり狙い目とも言えます。

そして、Jointoα(ジョイントアルファ)は会員登録や口座開設、維持費が無料なのも嬉しいポイントです。

ただし、投資額を振り込む際の振込手数料は投資者が支払うことになるので注意しておきましょう。

Jointoα(ジョイントアルファ)のデメリット

Jointoα(ジョイントアルファ)のデメリットには、

  • 投資金額が10万円から
  • 企画倒れの恐れがある

の2点が挙げられます。

Jointoα(ジョイントアルファ)は一般的な不動産投資よりも手頃な価格で始められますが、不動産投資型クラウドファンディングの中では最低投資額が高いです。

他の不動産投資型クラウドファンディングでは、一口1万円や5万円からというものが多いですが、Jointoα(ジョイントアルファ)は10万円からとなります。

そのため、資産に少し余裕を持って始めることをおすすめします。

また全ての不動産投資型クラウドファンディングに言えることですが、企画倒れに終わってしまうリスクもあります。

企画倒れした場合、投資による利益を受けられませんし、最悪の場合投資したお金も戻ってきません。

劣後出資割合が30%と高いJointoα(ジョイントアルファ)ですが、元本割れのリスクがゼロではないということは覚えておきましょう。

まとめ

現在Jointoα(ジョイントアルファ)の掲載案件は5件と少なく、キャンセル待ちも多いため当選しないこともありますが、これからチャンスは増えていくでしょう

会員登録だけしておき、希望の案件が出次第応募するということもおすすめです。

またJointoα(ジョイントアルファ)のような不動産投資は現物資産のため価値がゼロになるリスクが低いのも、初めて不動産投資をする際の安心できるポイントとなります。

登録も運用も比較的簡単なこちらのJointoα(ジョイントアルファ)で、自分の資産に合った投資運用にぜひチャレンジしてみましょう。