「安定した賃貸収入を得たい」

「不動産投資に興味はあるけど、どうやって始めればいいか分からない」

など、不動産投資や資産運用に関心のある人は、多いことでしょう。

手間をかけずに、不動産投資に取り組めることから、不動産投資型クラウドファンディングの需要は高まっています。

不動産投資型クラウドファンディングとは、複数の投資家による資金調達で、不動産の購入や管理をおこない、年に1~2回配当金を分配する投資方法です。

不動産1棟購入する場合と比較して、不動産投資型クラウドファンディングは少額から投資でき、手間も少ないのが魅力でしょう。

今回は、不動産投資型クラウドファンディング「ジャストフィット」の評判や口コミを調査しました。

ジャストフィットはどんなサービスなのでしょうか。

ジャストフィットの公式サイトはこちら⇒

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

関連記事⇨不動産投資クラウドファンディングおすすめ比較ランキング【2022年最新】

ジャストフィットの評判・口コミを紹介

ジャストフィットはシマダアセットパートナーズ株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

2021年にジャストフィットの運用がスタートし、サービス付き高齢者向け住宅や京都の賃貸マンションに投資しています。

投資家によるジャストフィットのイメージや評判はどうなのでしょうか。

SNSなどから、投資家たちの率直な意見をまとめてみました。

ジャストフィットの良い評判・口コミ

まず、ジャストフィットの良い評判・口コミを紹介します。

avatar
利用者

ジャストフィットの案件は利回りもいいほうだと思います。

安定していそうな物件で、利回りが4%を超えているので、リスクも低そうだと思います。

avatar
利用者

ジャストフィットの投資先が魅力的。

京都のレジデンスやシニア向け住宅はこれからも需要があると思います。

次の案件が出てくるのを楽しみにしています。

avatar
利用者

相続が発生した場合、家族が引き継ぐことができ、相続税が対策にもなるので、安心だと思いました。

不動産を購入するより、家族に手間がかからないし、自分も配当金をうけとれるので加入してよかったです。

投資家たちは、ジャストフィットの「利回りの良さ」、「投資先の物件そのものの魅力」、「相続対策に効果的」といった点を評価しているようです。

ジャストフィットの悪い口コミ・評判

次に、ジャストフィットの悪い口コミ・評判を紹介します。

avatar
利用者

申込金額が高いと感じました。

第二号案件は300万円以上からの申し込みだったので、投資できませんでした。

avatar
利用者

運用期間が10年は長く感じます。

クラウドファンディング自体が初めてなので、少額で運用期間が短い投資先を選択したいです。

ジャストフィットのネガティブな意見としては、「申込金額が高額である点」、「運用期間が長い点」があげられました。

しかし、長期間にわたり、300万円以上のまとまった資金で投資したい人にとっては、さほどデメリットではないでしょう。

また、ジャストフィットの最低投資金額は、案件によって異なりますので、検討段階で確認しておきましょう。

ジャストフィットの公式サイトはこちら⇒

ジャストフィットの強み・メリット3選

ジャストフィットに投資するメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

ここでは3点の強みについて紹介します。

  • シマダグループが所有する大規模不動産に投資できる
  • 評価圧縮効果により、相続税対策ができる
  • 相続・贈与での財産分割が簡単にできる

ジャストフィットの強み・メリット1.シマダグループが所有する大規模不動産に投資できる

ジャストフィットでは、シマダグループが設計から建設までおこなった大規模不動産に投資しており、その建物の共同オーナーになります。

アパートや老人ホームなど、一人で所有するには敷居の高い大規模不動産にも、少額から投資できます。

ジャストフィットでは、レジデンスやホテル、介護施設、商業施設など、将来的にも需要が見込める不動産に長期投資ができるでしょう。

ジャストフィットの強み・メリット2.評価圧縮効果により、相続税対策ができる

ジャストフィットは、現物の不動産を所有した時と同様の税制が適用されます。

一般的に、不動産は時価評価よりも相続税評価額のほうが低くなります。

そのため、現金で所有するよりも、不動産のほうが相続税を減らす効果があるでしょう。

ジャストフィットは、現物不動産よりも、手間をかけずに、相続税対策ができるサービスです。

なお、具体的な相続税の金額や税金の圧縮効果について知りたい場合には、税理士に相談しましょう。

ジャストフィットの強み・メリット3.相続・贈与での財産分割が簡単にできる

ジャストフィットは、相続や贈与での財産の分割も簡単にできます。

通常、複数人に不動産を分割する場合、売却もしくは共同持分にするかなど、話し合いや手続きに時間と手間がかかります。

ジャストフィットであれば、不動産を売却することなく口数による分割が簡単にできます。

そのため相続発生時にも、相続人同士の揉め事などが起きにくいでしょう。

ジャストフィットの公式サイトはこちら⇒

ジャストフィットの注意点・デメリット2選

ジャストフィットに投資する際には、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

納得して投資するためにも、2つの注意点を確認しておきましょう。

  • 最低投資金額が高額である
  • 案件の締め切り前に、完売することがある

ジャストフィットの注意点・デメリット1.最低投資金額が高額である

ジャストフィットの案件の最低投資金額は、高めに設定されています。

他社では、数万円から始められるクラウドファンディングもありますが、ジャストフィットは数百万円が必要です。

今までに募集が開始された2つの案件では、1口100万円単位で、第一号案件が最低1,000万円以上、第二号案件が最低300万円以上でした。

まとまった資金で相続対策をしながら、運用したい人向きのサービスといえるでしょう。

ジャストフィットの注意点・デメリット2.案件の締め切り前に、完売することがある

ジャストフィットの案件は、人気が高く、締め切り前に完売することがあります。

第1号案件・第2号案件は募集総額が合計9億円でしたが、2021年11月の募集開始から約3ヵ月で、募集期間終了前に完売しました。

今後2022年5月以降、第3号案件・第4号案件の募集が予定されていますが、今回も問い合わせや申し込みが殺到することが予想されます。(2022年3月時点)

投資したい人は、募集開始後はやめに手続きをしたほうがよいでしょう。

ジャストフィットのキャンペーン情報

現在、ジャストフィットのキャンペーンは、実施されていません。(2022年3月時点)

今後、新たなキャンペーン情報がありましたら、ご紹介させていただきます。

なお、今後もジャストフィットの案件は積極的に展開されるようです。

公式ホームページ上には、今年5月頃をめどに、第3号案件・第4号案件の募集開始予定と記載されていました。(2022年3月時点)

現段階では、案件について詳細は一切明かされていませんが、今後の案件の内容も気になるところです。

ジャストフィットの公式サイトはこちら⇒

ジャストフィットを利用するまでの流れ

ジャストフィットの新規会員登録から運用開始まで、全てを郵送で対応できます。

ジャストフィットの手続きの際に、相談しながら決めたい人や、わからないことがある場合には、面談やZOOMで担当者に質問しながら、決めるのもひとつでしょう。

ジャストフィットの利用までの手順は以下の通りです。

  1. 申込書を郵送
  2. 対面もしくは郵送にて、契約手続き
  3. 出資金の振込
  4. 組合への加入・組合員証の発行
  5. 分配金・財産管理報告書の受け取り

新規登録の際には、まず公式ホームページ上の「お問い合わせ・資料請求」からメールで問い合わせをしましょう。

そして申込書類や本人確認資料を郵送し、対面もしくは本人限定受取郵便にて契約手続きをおこないます。

対面を選択した場合、ZOOMなどのオンライン面談も選択可能です。

ジャストフィットの申し込みには、書類の郵送や面談などが必要となるため、時間がかかることもあるでしょう。

気になる案件がある場合、締め切りまでに余裕のあるスケジュールで問い合わせすることをおすすめします。

ジャストフィットは相続対策しながら運用したい人におすすめ!

ジャストフィットの案件は、相続対策をしながらまとまった資金で安定的に運用したい人におすすめの不動産投資型クラウドファンディングです。

投資金額が大きいため、少額で投資することは難しいですが、相続対策をしながら大規模不動産の共同オーナーになることができます。

相続や贈与時の分割もスムーズにおこなえるため、高齢の投資家も安心して投資できるでしょう。

ジャストフィットの公式サイトはこちら⇒

シマダアセットパートナーズ株式会社の運営会社情報

シマダグループは創業から60年にわたり、不動産再生事業や介護施設・保育園の開設、不動産開発など幅広く、展開しています。

シマダグループでは、建築だけでなく、土地の仕入れから設計、運営まで全てをおこなっています。

シマダアセットパートナーズ株式会社の会社概要

シマダアセットパートナーズ株式会社の詳細情報は以下の通りです。

社名

シマダアセットパートナーズ株式会社

代表者

佐藤 悌章

資本金

1億円

本社

渋谷区代々木3丁目22番7号

新宿文化クイントビル14階

電話番号

03-6275-1177

登録免許

宅地建物取引業 東京都知事(3)第88918号

一級建築士事務所 東京都知事第56853号

不動産特定共同事業 東京都知事第154号

まとめ

ジャストフィットは、介護施設やレジデンスなどの大規模不動産に安定的に投資できる不動産投資型クラウドファンディングです。

相続や贈与の際に、手間をかけずスムーズにおこなえるため、高齢の投資家も安心して投資できるサービスでしょう。

第1号案件・第2号案件は、申し込みが殺到し、締め切り前に完売となりました。

今後、募集予定の案件も、多数の申し込みが予想されます。

案件情報が出たら、はやめに情報収集と申し込みをおこないましょう。

ジャストフィットの公式サイトはこちら⇒

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る