今回不動産テックラボでインタビューをさせていただいたのは、無人・遠隔で鍵の管理や受け渡しができるKeycafeを運営しているキーカフェ・ジャパン合同会社です。

同様のサービスは増えて来ていますが、世界で最初に開発して特許を取得したのがKeycafeで、多くのグローバル企業にも利用されています。

鍵の受け渡しにお悩みのすべての方に、ぜひチェックしていただきたいインタビューです。

無人・遠隔で鍵の管理や受け渡しができるKeycafeの公式サイトはこちら⇒

キーカフェ・ジャパン合同会社様へのインタビュー内容を紹介します

それでは早速、「キーカフェ・ジャパン合同会社様」へのインタビュー内容を紹介していきましょう。

Q1.「今回はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。まず最初に、Keycafeの概要について簡単に教えていただけますか?」

Keycafeは簡単に言うと、無人・遠隔で鍵の管理や第三者への受け渡しができるサービスです。

専用に開発された端末がクラウドに繋がっており、クラウドで鍵の情報が管理されています。

例えば、端末に鍵が入っているか、誰が鍵を持ち出す権利があるか、等の設定が可能で、さらにリアルタイムで鍵の持ち出し履歴などが把握できます。

どこからでもパソコンまたはスマホがあれば管理できるので、24時間、無人で管理できます。

Q2.「次にKeycafeをスタートしたきっかけ・経緯を教えてください。」

Keycafeは2013年にカナダのバンクーバーで始まりました。

まだ始まったばかりのシェアリングエコノミー、特にAirbnbの鍵の受け渡し問題に応える形で始まり、現在は世界の1000箇所以上のカフェやコンビニなどでご利用いただけます。

2018年ごろから、無人での鍵の管理・受け渡し全般に対するニーズが高まり、今では不動産、自動車、施設管理など、様々な分野のお客様に端末を販売しています。

Q3.「ここからは具体的な質問に入っていきたいと思います。Keycafeを上手く使うことで無人サービスが可能になると思います。どのような業態の顧客が多いですか?」

宿泊事業者(ホテル)、不動産の管理業者様、社用車の管理、車のディーラー、レンタカー、建設機械・設備管理の業種が多いです。

多くの鍵を扱っていて、常に鍵をお客様や提携業者または従業員に渡したいニーズがある業者なら全てですので、幅広い業種のお客様がいらっしゃいます。

Q4.「システム化に不慣れな事業者でもサポートしていただけますか?」

はい。

24時間のチャットまたは電話サポートがあります。

また、弊社のサービスは購入から設置、セットアップまで全てオンラインでセルフサービスで完結する様になっていますので、こちらも世界中のお客様にご利用されている理由かと思います。

パソコンやスマホの操作も分かりやすく出来ておりますので、家電製品を買う様な感覚でご利用いただけます。

Q6.「世界中で採用されているとありますが、具体的にどのようなグローバル企業が採用していますか?」

大きなグローバル企業様だと、例えば米国の電気自動車大手や、ホテルだとマリオットやヒルトンなど、ディーラーだとトヨタやBMWなどです。

不動産系ですと、世界有数のREITのUDR、レンタカーだとハーツやAvisレンタカーなどの、多種多様なグローバルな企業様でご利用いただいています。

Q7.「導入費用とサービス費用は別ですか?料金体系について簡単に教えてください」

端末の購入費と、月額のシステム利用料をいただいております。

端末は扱う鍵の数に応じて増やせますが、本体一台79,900円〜159,900円です。

また、月額料金はご利用される機能によって月額4,900円または9,900円が、本体一台ごとに発生します。

鍵の数やご利用回数などは関係なく、端末一台あたりでの月額料金となりますのでお得です。

Q8.「同様の他社サービスと比べてセキュリティの高さなどKeycafeの優位性やメリットを教えてください」

弊社が世界で最初に開発して特許を取得しておりますので、機能、端末の完成度、利用のしやすさで同様と呼べるサービスはないと思います。

アクセス権がリアルタイムで変更・キャンセルできたり、細かいユーザーのセキュリティ管理(例:鍵を受け取る際に必ずショートメッセージでの2段階認証を要求する機能などがあります)、履歴のエクスポート機能など、いわゆる「痒いところに手が届く」機能と、世界中で使われている信頼性と使いやすさで世界中のお客様の省人化・24時間化・鍵管理のデジタル化にお役に立っています。

また、APIを公開しておりますので、多くのお客様の社内システムや、事業者の予約システムや管理システムなどと簡単に連携できるのも特徴です。

Q9.「具体的なKeycafeの将来的なビジョン・ゴールがあれば教えてください。」

不動産業界をはじめとして多くの事業者様で、オペレーションの効率化・デジタルが進められています。弊社のサービスを通じてより多くのお客様のお手伝いができればと思います。

会社としては、現在欧州・北米・アジアと世界中の主要国に展開しておりますので、それぞれの事業を今後さらに拡大していく事が今のフォーカスです。

Q10.「最後にインタビュー記事の読者に向けて、一言お願いします!」

まだサービスとしてあまり知名度がないので、お問い合わせいただき商品の説明をすると「すごく便利!」「こんなに便利なものがあるなんて知らなかった!」と言われる事が多いです。

不動産関係の企業様ですと、管理物件の鍵管理、また無人での内覧などお役に立てると思いますので是非お問い合わせください。

Keycafe Inc.の会社情報

会社名Keycafe Inc.
所在地505 – 55 Water Street, Vancouver, BC V6B 1A1, Canada
代表取締役社長Clayton Brown
公式サイトURLhttps://www.keycafe.com/

最後に

今回は、Keycafeを提供しているキーカフェ・ジャパン合同会社様のインタビュー記事を紹介しました。

近年増えつつある無人での鍵の受け渡しサービスを、世界で一番最初に実現させた企業として、信頼できるサービスを提供し続けている姿勢が印象的でした。

今後もさらにサービスが認知され、広まっていくことを期待しましょう。

今回の記事で興味を持たれた方は、ぜひ下記のリンクからKeycafeの公式サイトをチェックしてみてください。

また、購入をされる方はクーポンコード「FDSNKCOFF」を入力することで割引を受けられます。

Keycafeの公式サイトはこちら⇒

キーカフェ・ジャパン合同会社様、今回はお忙しい中インタビューをお受けいただき、ありがとうございました!