所有している戸建てやマンションを売りまとまった資金を手に入れられるメリットがありながら、家から引っ越す必要はないリースバックをご存じでしょうか?

不動産は売却しますがそのまま賃貸借契約で住み続けられますし、不動産を担保としたローンよりも資金の使い道が自由で人気があります。

ここではリースバックを使うために条件や制限はあるのか、誰でも使えるのかをご紹介します。

できるだけ早く大きな金額の資金が必要な方などぜひ参考にしてみて下さい。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバック会社から1分でまとめて見積もりが取れる一括査定サイト「リースバックマッチ」と「家まもルーノ」が便利です。

一般的な不動産売却とは異なり、リースバックに対応している会社はとても少ないです。

そのため、「リースバックマッチ」と「家まもルーノ」の両方を併用して、一番良い条件で買ってくれる会社を比較することをおすすめします。

また、家まもルーノは全国の不動産に対応していますが、リースバックマッチは2020年12月時点では首都圏のみの対応なので注意してください。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、必ず活用することをおすすめします。 リースバックマッチの公式サイトをみる⇨ 家まもルーノの公式サイトをみる⇨

リースバックに条件や制限はある?

リースバック業者だけでも10社以上ありますし、不動産を買い取る業者は何百社とあるはずですが、リースバックを使うために条件や制限などはあるのかお伝えします。

リースバックの条件・制限①資金の使い道は自由

リースバックの大きなメリットとして不動産を売却して得た資金の使い道は自由です。

事業資金や税金の支払いに使ってもいいですし、進学や医療費などにも使えます。

引っ越しを検討している方は先に売却した後にゆっくりとよい物件を探すこともできますよね。

不動産を担保としたローンですと事業資金のみなど使い道が制限されてしまうため、リースバックの使い道に制限がないことは魅力といえます。

リースバックの条件・制限②買い取り価格が希望より低い場合がある

リースバックで不動産を売却して得た資金の用途は自由ですが、希望通りの金額で売れるとは限りません。

完全に売却してしまう場合の8割ほどの価格が相場とも言われているため、買取価格が低くなる可能性はあります。

想定より低くても売るか売らないかは選ぶことができますし、査定までは無料で行えるサービスを選ぶべきですので問題はありませんが、リースバックは買い取り価格がデメリットになる可能性があるので注意が必要です。

リースバックの条件・制限③家賃の支払い能力は必要

リースバックでは売買契約で不動産を売った後は、賃貸借契約を結んで賃貸として同じ物件に住み続けます。

通常の賃貸借契約と同様に家賃の支払い能力も確認されますし、実際に家賃の支払いが滞った場合は追い出されてしまう可能性もゼロではありません。

持ち家の時とは異なり所有権はありませんのでお気をつけ下さい。

リースバックがおすすめの人は?

リースバックはまとまった資金ができるだけ早く必要な方や、不動産を売却したいけれどすぐには引っ越しせずに使い続けたい方におすすめです。

不動産を担保にローンを組む選択肢があるかもしれませんが、時間がかかることや上限金額が限られることもありますし、10%以上の金利が取られてしまうよりはリースバックで売った方がお得になるかもしれませんよね。

リースバックは不動産を所有している方の資金調達方法として広くおすすめできると思います。

リースバックを使う時におすすめのサービス「家まもルーノ」

リースバックを使う際に絶対におすすめしたいのが、複数の業者から見積もりを取ることです。

何千万円という高額な契約になるため業者によって数百万円の差が生まれてしまう可能性があります。

業者ごとに得意な物件や地域も異なるでしょう。

1社だけの言い値で売ってしまうのは非常に危険です。

そのためできるだけ多くの見積もりを取ることをおすすめしますが、何社も同時にやり取りすることも大変ですよね。

「家まもルーノ」というサービスではコンシェルジュ1人だけに状況や希望を伝えれば、最大10社から査定をして最適な業者を紹介してくれるためおすすめです。

家まもルーノを使う方法は?条件や制限はある?

家まもルーノは登録している100社以上の業者から最大10社に一括査定をしてくれて、最高金額の買い取り業者を選ぶことができるサービスです。

使うための条件や制限はなく、無料で相談ができるメリットがあります。

具体的に家まもルーノを使う方法をご紹介します。

1 コンシェルジュ1人に無料相談

先ずはコンシェルジュに希望や状況を伝えます。

1人に相談すればよく、何社も自分で説明する必要はありません。

無料で相談できますし、電話もフリーダイヤルですので全て無料で行えます。

2 一括査定が行われて一番よい条件を提示してもらう

相談した内容をもとに家まもルーノ側で一括査定が行われます。

最高金額など一番よい条件と買い取り業者が提示されます。

3 契約(不動産売買、賃貸借)

提示された金額と内容に納得の場合は合意をします。

不動産売買契約で売却し、賃貸借契約で同じ家に住み続けます。

最短1週間ほどで買い取り代金が振り込まれるようです。

家まもルーノの運営会社情報

家まもルーノは株式会社応援宣言が運営しているリースバック一括査定サービスです。

不動産会社として不動産売買の仲介から賃貸管理業、リフォーム・リノベーション事業など、リースバックや査定以外にも幅広く手掛けているため信頼度は高いでしょう。
弁護士や司法書士と連携したサービスも行っているため安心して相談できるのではないでしょうか。

株式会社応援宣言の会社概要

会社名

株式会社応援宣言

電話番号

03-6427-7640

加盟団体

公益社団法人全日本不動産協会

免許番号

東京都知事(1)第98319号

本社住所

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-14-13岡崎ビル8F

家まもルーノの公式サイトをみる⇨

まとめ

リースバックは不動産を売った資金の使い道が自由であり、不動産担保ローンよりも資金用途ではメリットがあります。

リースバックを申し込むための条件や制限もありません。

買い取り金額が想定より低くなる可能性がありますので、一括査定サービスを使い扱う物件や土地が適している業者の中から最高金額の買い取り相手を見つけることをおすすめします。

買い取り業者によって数百万円の違いが出てしまう非常に重要な契約のため、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバック会社から1分でまとめて見積もりが取れる一括査定サイト「リースバックマッチ」と「家まもルーノ」が便利です。

一般的な不動産売却とは異なり、リースバックに対応している会社はとても少ないです。

そのため、「リースバックマッチ」と「家まもルーノ」の両方を併用して、一番良い条件で買ってくれる会社を比較することをおすすめします。

また、家まもルーノは全国の不動産に対応していますが、リースバックマッチは2020年12月時点では首都圏のみの対応なので注意してください。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、必ず活用することをおすすめします。 リースバックマッチの公式サイトをみる⇨ 家まもルーノの公式サイトをみる⇨

The following two tabs change content below.
【執筆・監修】松本拓也

【執筆・監修】松本拓也

投資家歴10年の個人投資家。ベンチャー企業の役員も務める。慶應義塾大学在学中に株式投資を始め、米国から新興国まで含んだ世界中の株式投資、債券、不動産、コモディティまで幅広く運用中。2014年から不動産中古ワンルームマンション投資、2017年からロボ投資、2018年からソーシャルレンディング、不動産投資クラウドファンディングも開始し、現在も継続中。