リースバックとはマイホームを売ってまとまったお金を手に入れた後もそのまま賃貸として同じ家に住み続けられるサービスです。

大きな資金が短期間で手に入り引っ越しなどの面倒な手間もなく人気が高まっています。

リースバック業者も増えてきているのでどの業者がおすすめか迷う方もいるでしょう。

マイホームを売るわけですから不安もありますし金額も大きいため失敗が許されませんよね。

ここでは様々な不動産事業を手掛ける株式会社ミライエの「en満ライフ」を紹介します。

参考にしてみてください。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。

家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

ミライエ「en満ライフ」のリースバックの評判・口コミまとめ

続いて、ミライエ「en満ライフ」のリースバックを利用した人の評判・口コミを紹介していきます。

私は経営者として自分の会社を経営しているのですが、業績が振るわず役員報酬を大幅に下げて生活をしていました。

結果として、自宅の住宅ローンの支払いも難しくなり、期日までに返済ができないような状況が続いていたのです。

そんな時、妻がリースバックという方法についてネットで調べ、私にその方法を提案してくれました。

住宅ローンはまだ残っていましたが、リースバックは可能だということで実際に利用してみることにしました。

結果として、今の家に住み続けるまままとまった資金を手に入れることができ、生活を安定させることができたのです。

将来的にはまた事業を軌道に乗せて、今の家を買い戻すことも検討しています。

私は現在、母親と夫、子供の4人で生活をしています。

子供はまだ小さく、これからの教育資金を貯めないといけない一方で、母親の体調が悪化し自宅での介護が必要になっていきました。

子育てと母親の介護の両立をすることは非常に難しく、母親を介護施設に入居させることを決めました。

しかし、介護施設の入居費用が非常に高額で、入居させるためには子供のための貯金を切り崩す必要があったのです。

これからのための貯金を切り崩すことも難しいし、どうすればいいのか悩んでいたところ、リースバックという仕組みを知りました。

家を手放すのは辛いことでしたが、変わらず同じ家に住み続けることができ、まとまった資金も手に入ったことで母の介護施設の入居も実現できました。

妻と子供2人の4人で生活をしている私は、昔からギャンブルでの借金癖がありました。

最初のうちは自分だけで返済をしていたので、家族にもバレなかったのですが、次第に自分だけで返済ができなくなりました。

妻もパートで働いてくれていますが、子供の教育費や住宅ローンの返済に手一杯で、とても返済に回せる余裕はありません。

いよいよ追い詰められていた私は、ネットで調べて見つけたリースバックを活用することに決めました。

自宅を賃貸の形でそのまま借りられて、まとまった資金が入ったことで借金を返済できたので、これからまた人生をリセットして子供や妻を守っていきたいと思っています。

関連記事⇨リースバック業者おすすめ比較ランキング8選

ミライエ「en満ライフ」のリースバックのメリット・特徴2選

他の業者と比較した上でミライエ「en満ライフ」のメリットや特徴を紹介します。

1 日本全国かつ様々な不動産に対応

そのまま住み続けられるとは言ってもマイホームを売るわけですから誰しも不安になるでしょう。

信頼できる業者なのか実績が気になりますが、ミライエの「en満ライフ」は日本全国で対応しています。

ホームページには何月何日にどの県でリースバックの依頼があったかが書かれていますが、ほぼ毎日のように全国から依頼があります。

対応住宅も戸建てや区分マンションに加え、実は倉庫など住宅以外もリースバックが可能であり、非常に幅広い対応が特徴です。

2 資金の使い道が自由

リースバックは持ち家を売却して現金を手に入れます。

似たようなサービスで持ち家を担保にして融資を受けるものもありますが、これでは資金の使い道に制限がついてしまいます。

売却して得た資金はローンの返済や相続問題、急な医療費などいくつも目的があるでしょうが、ミライエの「en満ライフ」ならば自由に使えます。

一番の目的はまとまった資金でしょうから重要な点だと思います。

ミライエ「en満ライフ」のリースバックのデメリット・注意点2選

ミライエ「en満ライフ」のデメリットや注意点を他業者と比較した上で紹介します。

1 家賃が再契約で上がるリスク

持ち家を売却した後は賃貸契約を結んで住み続けられます。

先に資金を手に入れた後にゆっくりと引っ越し先を見つけて出ていく方もいますが、できるならずっと住み続けたい方もいるでしょう。

通常の賃貸契約では2年ごとに更新をしていくため、ミライエの「en満ライフ」でも再契約を結べば継続して住むことはできます。

ただし通常の物件同様に家賃も上がる可能性があるため注意が必要でしょう。

2 所有権は無くなる

マイホームを売却しても賃貸として住み続けられますが、所有権が無くなる点は事前によく検討しましょう。

家賃の値上がりや万が一の滞納などによって契約が解除されるリスクもあります。

これはミライエの「en満ライフ」に限った話ではなく賃貸契約として当然の話ですが、特に高齢者の方は気を付けた方がよいでしょう。

ミライエ「en満ライフ」でリースバックを依頼する際の手順を解説

実際にミライエ「en満ライフ」でリースバックを依頼する手順をお伝えします。

1 メールかフリーダイヤルから相談と机上査定

先ずはメールやフリーダイヤルから相談します。

要望を伝えた上で机上査定をしてもらいます。

2 面談と現地調査

実際に相談し机上査定をしてもらった上で、現地調査を依頼したい場合は無料で実施してくれます。

現地調査の結果、売却価格と賃料を提示されます。

条件に満足した場合に契約となります。

ミライエ「en満ライフ」の運営会社情報

「en満ライフ」は株式会社ミライエが運営するリースバックサービスです。

従業員は少数ですがリースバック以外にも不動産売買や仲介、相続税コンサル業務も行っており不動産の専門家業者といえるでしょう。

メガバンクとも取引しており全国に顧客実績もあることから信頼して相談できるのではないでしょうか。

株式会社ミライエの会社概要

会社名

株式会社ミライエ

従業員数

13人

本社住所

〒110-0015
東京都台東区東上野1-13-2 成田第二ビル6階

まとめ

持ち家を売って短期間で大きな金額の現金が手に入るのは魅力的ですし、そのまま住み続けられるリースバックは人気も高まっています。

ミライエの「en満ライフ」は全国で実績のある不動産専門会社によって査定されるため売却価格も賃料も信頼できるでしょう。

リースバックは賃貸契約に切り替わるため家賃の値上がりや万が一の滞納による契約解除のリスクもあるため注意は必要です。

顧客の声も載せているため気になった方は見てみてはいかがでしょうか。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。

家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

 
The following two tabs change content below.
アバター

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。