「リースバックは一括査定する方がいい?」

「一括査定のメリットやデメリットって、何?」

リースバックの一括査定を検討したことがある人はこのような疑問を持ったことがあるのではないでしょうか。

もし、あなたがリースバックを成功させたいのであれば、複数の業者の査定を比較することはとても重要です。

しかし、リースバックを扱っている業者は多く、どの業者を比較すればいいのか分からないと思います。

また、多くの業者に査定を申し込むと、手間と時間がかかるので大変なのも確かです。

そこで、おすすめしたいのが一括査定です。

一括査定を実施することで、複数の業者の査定が短い期間で手間をかけずにできます。

ただし、いくら一括査定を依頼しても見比べるポイントを押さえていないとなんの意味もありません。

ですから、この記事では、リースバックで一括査定を行う利点や気をつけるポイント、一括査定のやり方などを紹介していきます。

あなたが、リースバックの一括査定を検討しているのなら、この記事を参考にしてみてください。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。


家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

家まもルーノの公式サイトをみる⇨

 

リースバックしている不動産会社はどのくらいある?

リースバックの会社は100社以上あり、大手の不動産会社から中規模な会社まで、さまざまな不動産会社が実施しています。

更に、最近では新型コロナウイルスの影響で、事業幅を増やそうとリースバック事業に参入する不動産会社は増加の一方です。

このように、現状でもリースバックを実施している会社は少なくないですが、今後も増えていくと考えられています。

リースバックの一括査定をする意味とは

リースバックを活用する人は、短い期間で家を現金にしたい人が多いです。

しかし、どの業者が高く買い取ってくれるかなど、どこに依頼したらいいか悩む人は少なくありません。

また、リースバックは一般的な家の売り方と違って、賃貸契約を結ぶといった特殊な内容も多いです。

そのため、さまざまな条件を複数の会社で比べることが重要です。

これらの問題を解決してくれるのが、リースバックの一括査定になります。

一括査定を活用することで、短い期間で条件を比べることが可能です。

一括査定サイトを活用する

一括査定を実施するためには、どのような方法があるのでしょうか?

それは、一括サイトを活用することです。

一括査定サイトとは、WEBサイトから複数のリースバック会社に依頼できるインターネットサービスのことをいいます。

このように、一括査定サイトに依頼をすることで、手間をかけずに短い期間で業者を見比べることが可能です。

リースバックの一括査定のやり方

ここまでで、リースバックで一括査定を実施するメリットについて、理解ができたと思います。

そこで、次に一括査定のやり方について、説明していきます。

  1. 利用する一括査サイトをインターネットで調べる
  2. 見つけた一括査定サイトから、Web上で査定を申し込む。
    または、電話相談を実施する
  3. Web査定の場合は、物件の住所、マンションか一戸建てなどの種類、築年数、個人情報を登録。
    電話の場合は、Webと同じ内容を担当者に伝える
  4. 物件情報をもとに、個人に合わせた業者をピックアップして、査定をする
  5. 一括サイトから査定価格や詳しい条件について、連絡がくる
  6. 相談をしながら、最適な業者を選んで、リースバックを実施する

このように、Webで申し込むだけで、多くの業者から査定価格や詳しい条件を提示してもらうことができます。

そのため、時間や手間をかける事なく、効率よく依頼する会社を選ぶことが可能です。

一括査定しない場合のリースバックの手順は?

では、一括査定をしない場合はどのようなやり方なのでしょうか?

それは、以下のやり方です。

  1. 申し込む業者を決める
  2. 業者に電話かメールで問い合わせ
  3. 自宅や店舗で担当者と面談を実施する
  4. 物件の査定
  5. 査定価格などの条件を提示する
  6. 条件などに納得したらリースバックを実施する

このように文章にするとあまり大変さが伝わりませんが、1の「申し込む業者を決める」だけでも大変な作業です。

多くの業者に出向き、1つ1つ見比べる必要があります。

一括査定したら何を比較すればいい?

一括査定をしても、何を比べればいいか分かっていないと意味がありません。

では、なにを比べたらいいのでしょうか?

それは以下の4つです。

  • 売却価格
  • 家賃
  • 賃貸契約
  • 買い戻し金額

それでは、それぞれの内容について説明していきます。

売却金額

リースバックは一般的な家の売り方と比べて、売却金額が安いことが多いです。

そのため、業者によっては期待していた金額にならない可能性があるので、一括査定を実施して理想の金額に近い業者を選ぶことが重要です。

家賃

リースバックで交わす賃貸契約の家賃は周辺の相場にあわせた家賃ではありません。

依頼する会社により変わり、家賃は物件の売却金額の8〜12%で設定されています。

そのため、業者によって家賃が大きく異なる場合があるので注意が必要です。

賃貸契約

リースバックの賃貸契約は定期賃貸借契約になっていることが多いです。

この定期賃貸借契約は、契約の更新が出来ません。

そのため、契約終了後も家に住むためには、貸主の同意を得て新たに契約を結ぶ必要があります。

一方、一般的に家を借りて住む場合には、普通賃貸借契約を結びます。

この契約は更新ができる契約で、貸主から一方的な解約や更新拒否はできません。

この普通賃貸借契約が一般的になっているため、リースバックでも普通賃貸借契約だと勘違いをする人は珍しくないのです。

ですから、リースバックを実施する際には、賃貸契約が定期賃貸契約なのかを確認することが非常に重要になります。

また、定期賃貸借契約の場合でも、再契約できる約定がある場合もあるので、そちらも合わせて確認してみてください。

買い戻し金額

リースバックは、売却した自宅を買い戻せることが特徴です。

そして、この買い戻し金額は、業者によって違います。

そのため、複数者を比較する必要があるのです。

ちなみに、買い戻す際の金額は売却金額の1.1〜1.3倍に設定されています。

もし、この金額よりも高い場合は、悪質な業者の可能性が高いので注意してください。

リースバックを一括査定する3つのメリット

メリットは以下の3つです。

  • 多くの業者の条件と比較ができる
  • 短い期間で査定ができる
  • 手間をかけずに査定依頼ができる

それぞれについて、説明していきます。

多くの業者の条件と比較ができる

一括査定サイトを活用することで5〜10程度の業者に、査定依頼をすることが可能です。

また、一括査定サイトによっては、100以上のリースバック業者と契約しています。

そのため、納得いくまで多くの業者に申し込むことが可能です。

短い期間で査定ができる

一括査定サイトは、インターネット上で査定が可能です。

そのため、短い期間での査定ができます。

しかし、簡単な物件情報だけで査定を実施するので、確実な査定とは言えません。

めぼしい業者を見繕ったら、実際に見て査定してもらうようにしましょう。

手間をかけずに査定依頼ができる

一括査定の手順でも述べたように、物件情報を登録するだけで、査定が可能です。

そのため、手間をかけずに査定を申し込めます。

リースバックを一括査定する3つのデメリット

一括査定をするデメリットは以下の3つです。

  • 業者からひっきりなしに電話がくる可能性がある
  • 契約していない業者には、依頼できない
  • 住所によっては査定できない

それぞれについて、説明していきます。

業者からひっきりなしに電話くる可能性がある

複数の業者に申し込むため、一度に連絡がくる可能性が高いです。

そのため、わずらわしいやりとりが増えてしまいます。

しかし、一括査定サイトの中には、専任の担当者が業者とのやりとりをおこなってくれるサイトもあります。

業者と直接やりとりをしたくない場合には、このようなサイトを利用することをオススメします。

契約していない業者には、依頼できない

一括査定サイトは、契約しているリースバック業者にしか査定を依頼しません。

そのため、場合によっては、条件のいいリースバック業者を見逃してしまう可能性もあります。

住所によっては査定できない

先ほども述べたように、一括査定サイトは、契約しているリースバック業者にしか査定を依頼しません。

そのため、リースバックを依頼したい物件の近くにある業者と契約していなければ、査定ができないのです。

もし、一括査定サイトでエリア対応してくれる業者がない場合は、あなた自身で業者を探す必要があります。

まとめ

文中でも述べましたが、リースバックを成功させるために、一括査定を実施することは非常に有効です。

それも、一括査定について深く理解していなければ意味はありません。

ですから、この記事では、リースバックで一括査定を実施するメリットやデメリット、一括査定の手順などを紹介してきました。

最後まで読んでくれたあなたは、リースバックの一括査定について理解していただけたと思います。

この記事で得たリースバックの一括査定に対する知識を、あなたがリースバックを利用する際に活かしてもらえたら幸いです。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。


家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

家まもルーノの公式サイトをみる⇨

 
The following two tabs change content below.
アバター

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。