自宅のマイホームやマンションを売ることでまとまった資金を手に入れた後に、引っ越しの手間もなく賃貸として同じ家に住み続けられるリースバックが人気です。

いくつものリースバック業者がサービスを展開しており、どこが自分に合っているか知りたい方もいるでしょう。

自宅を売るわけですから金額も非常に大きいですし失敗の許されない契約になりますよね。

ここでは東証一部上場企業のムゲンエステートが運営する「らくらくリースバック」を紹介します。

参考にしてみてください。

 

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。


家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

家まもルーノの公式サイトをみる⇨

関連記事⇨リースバック業者おすすめ比較ランキング8選

 

ムゲンエステート「らくらくリースバック」のメリット・特徴3選

 

他のリースバック業者と比較した上でムゲンエステート「らくらくリースバック」のメリットや特徴を紹介します。

1 東証一部上場企業が運営

リースバックで持ち家やマンションを売る一番の目的は、売却することで大きな額のお金を短い期間で手に入れることでしょう。

資金の使用目的は制限されていないため、ローンの支払いを先に済ませたい人や急な医療費に使う人、全く異なる使い道の人もいます。

大金の契約になることや長年住んだ家を売ってしまうことを考えると信頼は重要になりますが、「らくらくリースバック」は東証一部上場企業のムゲンエステートが運営しています。

上場企業のメリットは実績があることに加えてお客だけでなく投資家や大手銀行など様々な監視の目があることです。

信頼度を重視したい方には大事なポイントだと思います。

2 マンション買い取りのプロ

リースバック業者の中には戸建てを中心に扱う業者や倉庫など住居以外を扱う業者もありますが、ムゲンエステートの「らくらくリースバック」はマンションのプロとして年間300件以上の実績があります。

マンションのタイプも居住用や投資用も扱っていますし、店舗型にも対応しています。

マンションのリースバックを検討中の方には特におすすめできるかもしれません。

3 1週間ほどで金額提示

リースバックを利用したい場合に持ち家がいくらで売れるのか、賃貸として月々いくら支払うのかは最重要項目であり早く知りたいですよね。

ムゲンエステートの「らくらくリースバック」では周辺調査なども終えて金額を提示するまで1週間ほどになっています。

調査は無料で依頼できるため気になる方にはスピードもメリットでしょう。

ムゲンエステート「らくらくリースバック」のデメリット・注意点2選

 

ムゲンエステート「らくらくリースバック」のデメリットや注意点を他の業者と比較した上で紹介します。

注意点も理解することが大事です。

1 再契約で家賃が上がる可能性

持ち家を売却した後は3年間の定期賃貸借契約になります。

その後も契約更新や変更で住み続けることはできますが、通常の賃貸契約同様に家賃が上がる可能性はあります。

一切値上がりしないことを契約書に明記するリースバック業者もありますが、ムゲンエステートの「らくらくリースバック」では確認が必要でしょう。

2 売却によって所有権は手放す

ムゲンエステートの「らくらくリースバック」だけでなくリースバック共通ですが、家を売ることで所有権は手放し長年住んでいた家も賃貸に変わります。

所有権が無くなってももちろん賃貸契約で住み続けられますが、家賃の滞納などによって契約が解除されるリスクもあります。

持ち家の時には意識しなかった家賃の支払いなどは注意が必要でしょう。

ムゲンエステート「らくらくリースバック」でリースバックを依頼する際の手順を解説

 

ムゲンエステートの「らくらくリースバック」で実際にリースバックを依頼する手順をお伝えします。

1 Webかフリーダイヤルから相談

先ずはホームページやフリーダイヤルから相談をします。

ここで無料の調査と査定が依頼できます。

2 訪問査定と周辺調査

無料の訪問査定は1時間ほどで終わります。

周辺調査を入れても1週間ほどで完了します。

3 金額提示と契約

マイホームやマンションの診断が終われば金額が提示されます。

買い取り金額や賃貸料に合意できれば契約となります。

仮に断ったとしても調査費用はかかりません。

ムゲンエステート「らくらくリースバック」の運営会社情報

 

ムゲンエステート「らくらくリースバック」は株式会社ムゲンエステートが運営するリースバックサービスです。

東証一部に上場している企業で売上高は400億円ほど、資本金は25億円、従業員も100人以上いるため実績を積んできたことがわかります。

設立から30年経ちメガバンクとも主要な取引があるため、家の売買という大事な契約を結ぶ相手として安心度は高いでしょう。

株式会社ムゲンエステートの会社概要

会社名

株式会社ムゲンエステート

設立日

1990年(平成2年)5月2日

資本金

25億52百万円(2019年12月31日現在)

従業員数

単体 135名(2019年12月31日現在)

本社住所

〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目9番7号
大手町フィナンシャルシティ サウスタワー16階

まとめ

持ち家やマンションを売って大きな額のお金を確保した後でも同じ家に住み続けられるリースバックは人気が高まっています。

ムゲンエステート「らくらくリースバック」は一部上場企業が運営している安心度に加えて、特にマンションの専門性や実績は抜群のためマンションのリースバックを検討中の方にはおすすめできるでしょう。

一週間ほどで金額が提示されるのも魅力です。

所有権を手放し賃貸契約に代わるため家賃の値上がりや万一の滞納などには注意が必要です。

気になる方は無料の相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。


家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

家まもルーノの公式サイトをみる⇨

 
The following two tabs change content below.
アバター

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。