マイホームを売却してまとまった資金を得た後も賃貸として同じ家に住み続けられるリースバックサービスが人気です。

いくつものリースバック業者がサービスを行っているためどの業者がおすすめか分からない方もいるでしょう。

金額の大きい契約ですのでちょっとした手数料の違いでも大きな差になってしまいます。

ここでは知名度抜群のクレディセゾングループであるセゾンファンデックスの「リースバック」を紹介します。

参考にしてみてください。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。

家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

セゾンファンデックス「リースバック」の評判・口コミを紹介

まずは、実際にセゾンファンデックスのリースバックを利用した人の評判や口コミを紹介していきます。

私は高齢で一人暮らしをしているため、年金だけでの生活に不安を感じていました。

普段は問題ありませんが、怪我や病気をしたりしてまとまったお金が必要になると、一気に生活ができなくなってしまうので。

最初はリバースモーゲージ を検討したのですが、相続人の問題などでやめることにしました。

ネットで色々と調べていると、リースバックという仕組みがあることを知りました。

住んでいる家は持ち家でローンも完済していますし、相続の問題もないので、リースバックを利用することにしたんです。

家の所有権は失ってしまいましたが、変わらず同じ家にすみ続けることができ、生活費にも余裕が出てきたので、今ではゆとりを持って暮らしていけそうです。

新卒から定年まで勤め上げた会社を退職し、住宅ローンの返済も終えていたため、妻と静かな老後を過ごそうと考えていました。

しかし人生100年時代の今、退職金とわずかな年金だけでは、決してゆとりのある生活はできないことに気づきます。

社会人時代と比べて大幅に生活水準を下げて暮らすのは辛いと考えていたところ、リースバックという制度を知りました。

私と妻の間には子供がいなかったので、資産として家を残す必要もなかったので、リースバックを利用することを決めました。

家を手放しても、すみ慣れた我が家で住み続けることができ、今では妻と年に数回旅行に行くこともできていて、とても満足です。

とても高い金利のタイミングで住宅ローンを組んでしまったため、定年になっても住宅ローンを完済することができませんした。

わずかばかりの退職金を返済に回しても、また完済には至りません。

タダでさえ少ない年金の中から、住宅ローンの返済を続けていくのは本当に大変でした。

このままでは、生活もままならないと思い、ネットで知ったリースバックに申し込んでみることに。

やっとの思いで買ったマイホームでしたが、手放すことでまとまった生活資金が手に入り、それでいて引っ越し費用などもかからず住み続けられます。

住宅ローン返済から解放され、資金面でも余裕を持てるようになったので、リースバックを利用して本当によかったと思っています。

関連記事⇨リースバック業者おすすめ比較ランキング8選

セゾンファンデックス「リースバック」のメリット・特徴3選

他の業者と比べた上でセゾンファンデックス「リースバック」のメリットや特徴を紹介します。

1 契約時の事務手数料が無料

リースバックで持ち家を売ることで大きな金額の資金を手に入ることがサービスを活用する一番の目的でしょう。

先にまとまったお金を手に入れておき、ゆっくり引っ越し先を探す人もいれば、別の目的に使う人もいるなど使い方に制約はありません。

そのためどれだけ手数料として引かれてしまうかは気になりますが、調査費用が無料という業者は多いですが、セゾンファンデックスの「リースバック」では契約時の事務手数料も無料です。

売買契約や賃貸借契約に手数料がかからないのは大きいメリットといえるでしょう。

2 礼金、家財保険、再契約手数料も無料

持ち家の売却時に加えて、賃貸契約関連でも手数料が無料です。

売却後は賃貸となるため礼金など持ち家の時には意識しなかった出費がかかるものですが、礼金と家財保険料もかかりません。

さらにもし再契約をする場合も手数料は不要のため、コスト面で安心できる特徴があります。

3 無料でセコムやハウスクリーニングが付けられる

他の業者にはない特徴としてセゾンファンデックスの負担でセコムやアルソックなどの防犯システムや、ハウスクリーニングが付けられます。

リースバックをすることで保険が付けられることや防犯システムを強化できるのは珍しい特徴でありメリットだと思います。

セゾンファンデックス「リースバック」のデメリット・注意点2選

セゾンファンデックス「リースバック」のデメリットや注意点を他業者と比べた上で紹介します。

1 家賃の値上げ可能性

通常の賃貸契約では2年ごとに更新をして家賃も上がる可能性があります。

他のリースバック業者でも値上げの可能性がある業者も多いですが、中には完全固定であることを契約書に明記する業者もあります。

セゾンファンデックスの「リースバック」については家賃の値上げは無いと言い切っておらず、通常通り契約ごとに上がる可能性には注意が必要でしょう。

2 所有権は手放す

セゾンファンデックスの「リースバック」に限らずリースバック全体に言えることですが、マイホームの所有権は売却によって手放すことになります。

引っ越しや買主を見つける手間は省けますが、あくまで賃貸になるため相続に使えないなど今までと権利が異なってきます。

買い取り額と賃料以外にも事前に理解することをおすすめします。

セゾンファンデックス「リースバック」でリースバックを依頼する際の手順を解説

セゾンファンデックス「リースバック」でリースバックを依頼する手順をお伝えします。

1 Webかフリーダイヤルから相談と簡易査定

先ずはホームページやフリーダイヤルから相談と簡易査定を行います。

家賃は実際の査定が終わるまで提示されない業者もありますが、セゾンファンデックスの場合はこの段階で買い取り金額と家賃が伝えられます。

2 面談と現地調査

次に面談と現地調査によって実際に建物を診断します。

ここで正式な買い取り価格と家賃が提示されます。

3 実際の契約と売買代金の振り込み

条件に満足した場合は売買契約と賃貸借契約を結び、一括で売買代金が振り込まれます。

最短2週間で契約が可能です。

セゾンファンデックス「リースバック」の運営会社情報

セゾンファンデックス「リースバック」はクレディセゾングループである株式会社セゾンファンデックスが運営するリースバックサービスです。

メガバンクを主要取引金融機関に持つ設立35年の業者です。

株式会社クレディセゾンの持ち株比率100%で資本金も45億円を超えています。

他の業者と比べても長い社歴や潤沢な資本金など抜群の安定性を持つ企業でしょう。

株式会社セゾンファンデックスの会社概要

会社名

株式会社セゾンファンデックス

設立日

1984年2月1日

資本金

45億9万8,000円

本社住所

〒170-6037 
東京都豊島区東池袋三丁目1番1号 サンシャイン60 37階

まとめ

マイホームを売りまとまったお金を確保した後でも賃貸として住み続けられるリースバックに人気が集まっています。

セゾンファンデックスの「リースバック」では契約時の事務手数料に加えて礼金、家財保険、再契約手数料も無料と、コスト面で非常に魅力が高いでしょう。

セキュリティサービスやホームクリーニングサービスも無料で付帯できる珍しい特徴もあります。

セゾングループとして社歴も長く資本金も多い業者のため安心感もあります。

賃貸契約となることで更新の際に家賃が上がる可能性や所有権を手放すことなど、持ち家の時と異なる点はもちろん出てくるため、検討している方は相談してみてはいかがでしょうか。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。

家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

 
The following two tabs change content below.

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。