「住宅ローンの返済が厳しいが、家を手放したくない」

「今から家を建てるけど、住宅ローンの返済を滞らないか心配」

上記のような不安や悩みを抱えていませんか?

住宅ローンは、高額な金額を長期で返済していく借金のため、誰しもが不安を抱えています。

また、住宅ローンの支払いが滞り、家を手放す人も珍しくありません。

しかし、誰しもが、そのような経験をしたくはないと思います。

長年住んだ思い出のある家を手放したくないと考えるのは自然です。

この不安や悩みを解消するために生まれたのが、リースバックという仕組みになります。

リースバックを利用すると、家を売り渡して現金を得た後でも、賃貸契約を交わすことで住むことができるのです。

住宅ローンの返済が厳しくて売却を検討しているが、「引っ越しをしたくない」や「家を手放したくない」などの気持ちが強い人に最適な仕組みといえます。

もちろん、売却したのちに現金が貯蓄できたなら、売り渡した家を買いもどすことも可能です。

ここまで説明すると、リースバックは物凄くいい仕組みで短所などないように思うかもしれません。

しかし、当然ながらリースバックにも短所はあります。

何事でもそうですが、長所だけの仕組みは存在しないことを覚えておいてください。

結局は、長所や短所を知ったうえで、あなたに合っているか判断することが大事なのです。

そこで、この記事では、リースバックの長所や短所、おすすめ業者まで、詳しく解説していきます。

住宅ローンの返済に不安がある人は、この記事を参考にしていただけると幸いです。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。

家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

家まもルーノの公式サイトをみる⇨

リースバック(不動産)方式とは?通常の不動産を売却した時点と比較して違いを解説

リースバックとは、家を投資家などの第三者に売り渡して、賃貸契約を交わすことで、その家に住み続けることができるシステムのことです。

通常の不動産売却と違う点は、契約後に家に居住し続けることができる点と、すぐに資金を得ることができる点の2つが挙げられます。

リースバックを利用する4つのメリット

メリットは以下の4つです。

  • 短期間で現金を得られる
  • 家をそのまま使用できる
  • 売り渡したことが、周りに伝わらない
  • 将来的に、家を買いもどすことが可能

それぞれについて、説明していきます。

短期間で現金を得られる

リースバックでは、家を不動産会社が買主として買い取るケースが多く存在します。

その場合だと、普通に家を売る場合と比べて、短期間での現金化が可能です。

早い場合には、査定額に合意してから約2週間で、現金を受け取れる場合もあります。

家をそのまま使用できる

家を売り渡したあとに、賃貸契約を交わすことで、そのまま家を使用できます。

一方、普通に家を売る場合では、売却後は引越しをしなくてはなりません。

そのため、引っ越し代や転校が必要になるなどの負担がかかってしまいます。

リースバックを使用すると、このような負担を減らすことも可能です。

売り渡したことが周りに伝わらない

販売先が決まっているため、家を売却したという情報が公開されません。

そのため、ご近所の方が家を売却したと知ることはなく、精神的にも負担を最小限に抑えることができます。

将来的に、家を買いもどすことが可能

リースバック契約では、買い戻し特約を設定できる場合が多いです。

買い戻し特約を設定した場合には、将来まとまった現金が手元にできた際に、家を買いもどすことができます。

当座の現金が必要で、将来現金を作れる見込みがある場合は、この買い戻し特約を設定する事がおすすめです。

リースバックを利用する際の4つのデメリット・注意点

デメリットは以下の4つです。

  • 家賃が相場より高額になる
  • 普通に家を売る場合よりも、価格が安くなる
  • 買いもどす際に、金額が売り渡した時よりも高くなる
  • ずっと生活を続けることができない場合もある

それぞれについて、説明します。

家賃が相場より高額になる

リースバックの家賃は、一般と異なる決め方で設定されている場合が多いです。

家賃は家を売り渡した時の価格によって変動し、その価格の8%〜12%程度(年間)で設定されています。

そのため、売り渡し価格が高額であればあるほど、家賃価格が高くなることになります。

このような場合には、周辺の家賃相場よりも高くなることがあるため、リースバックを依頼するかをよく考える必要があります。

普通に家を売る場合よりも、価格が安くなる

普通に家を売る場合よりも価格が安くなることがよくあります。

なぜなら、すぐに現金を必要な人が、多少割安でも売ってしまうことが多いからです。

このような場合には、普通に家を売るよりも、数百万円もの金額を損することもあります。

損をしないためにも、複数の見積もりを行い、売却金額を把握することが重要です。

買いもどす際に、金額が売り渡した時よりも高くなる

家を買いもどす場合には、売り渡した時よりも年月が経過しているにもかかわらず、買い戻し金額が高くなることがあります。

なぜなら、自分で買った家なので、思い入れが強く、高い金額を支払っても買い戻したい人が多いからです。

買い戻したいと検討しているなら、自分の気持ちと金額を比べて、慎重に買い戻すかどうかを決めるようにしてください。

ずっと住み続けることができない場合もある

売り渡した後に、交わす賃貸契約が「定期賃貸借契約」になっている場合があります。

この「定期賃貸借契約」は契約期間が終了した後の契約更新がありません。

そのため、お互いが合意して再契約をしない限り、そのまま家に住み続けることができない可能性があります。

将来にわたって自宅に住み続けたいと考えているなら、契約更新がある「普通賃貸借契約」であるかを必ず確認するようにしてください。

関連記事⇨リースバック業者おすすめ比較ランキング8選2020

リースバックとリバースモーゲージとは何が違う?

リースバックと似たシステムで、リバースモーゲージというものがあります。

リバースモーゲージとは、家を担保にして、金融機関などからお金を借り、死んだ後に家を売り渡すことで借金を返すという仕組みです。

リバースバックと違って、不動産の所有権が本人であることと、いくつかの条件が設定されているという違いがあります。

ちなみに、条件は以下の内容のような場合が多いです。

  • 投資や事業資金への使用は不可
  • 65歳以上といった年齢制限がある
  • 一戸建てのみが対象
  • 配偶者しか同居できない

その他にも条件がある場合があるので、依頼をする時は、条件の確認をすることをおすすめします。

おすすめのリースバック業者2選を紹介

ここまで、リースバックの特徴などを説明してきました。

では、リースバックを依頼するなら、どこの業者がいいのでしょうか?

おすすめの業者は以下2つです。

  • ハウスドゥ(ハウス・リースバック)
  • インテリックス(あんばい)

それぞれについて、説明します。

ハウスドゥ(ハウス・リースバック)

ハウスドゥは、2013年からリースバックの取り扱いを開始し、業界でパイオニア的な会社といえます。

提供しているハウス・リースバックの特徴は、プランの豊富さです。

例えば、最短5日で現金化できる「クイックリースプラン」や老人ホームに入居できるまでの間だけ住み続ける「シニア住替えリースバック」などがあります。

他にも、自由に住む期間を決めることができるプランもあり、用途に合ったプランが選択可能です。

このように、様々な要望を叶えるプランが豊富に用意されているため、オールマイティにおすすめできる業者になります。

インテリックス(あんばい)

インテリックスは中古マンションのリノベーション事業を中心に成長してきた会社です。

このインテリックスは、リースバックサービス「あんばい」を提供しています。

「あんばい」の特徴は工場や事業所など、どの種類の不動産でも対応できる点です。

また、好立地のマンションであれば、買取金額が高いのも特徴になります。

工場や事業所、店舗、マンションのリースバックを考えている方におすすめの業者です。

まとめ

リースバックは家に住みながら、資金を得ることができる仕組みです。

普通に家を売る場合と違い、引越しが必要ないことや環境を変えずにいられるなどの長所がたくさんあります。

しかし、当然ながら、長所ばかりではありません。

家賃が相場より高い事や買い戻す場合の金額が高額になるなどの短所もあります。

あまり調べずにリースバック契約をしてしまうと大損をする場合もあるので、注意してください。

リースバックを利用する場合は、長所と短所を正確に把握したうえで天秤に掛けて、自分に本当に合っているのかを検討することがとても重要です。

あなたが、リースバックの事を調べる際には、是非この記事を参考にしてみてください。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。

家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

家まもルーノの公式サイトをみる⇨

The following two tabs change content below.
アバター

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。