1万円などの少額から不動産投資が可能となる不動産投資型クラウドファンディングが非常に人気ですよね。

サービスの運営会社は10社以上に増えていて今後も小口化のニーズは高まっていくでしょう。

ここではLIFULLが2021年2月に始めた「LIFULL不動産クラウドファンディング」という新しいサービスをご紹介いたします。

一度に複数のファンドを比較して投資したい方は、ぜひ参考にしてください。

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトを見る⇨

LIFULL不動産クラウドファンディングの評判・口コミ

先ずはLIFULL不動産クラウドファンディングの評判や口コミを見てみましょう。

LIFULL不動産クラウドファンディングの評判・口コミ①

LIFULL不動産クラウドファンディングの評判・口コミ②

LIFULL不動産クラウドファンディングの評判・口コミ③

始まったばかりのサービスのため、まだ実際に使ってみた感想などはありませんでした。

これからどのように発展していくのか注視している方々はいましたので、今後も評判をアップデートしていきます。

LIFULL不動産クラウドファンディングの特徴・メリット

LIFULL不動産クラウドファンディングの特徴やメリットについて、現時点で分かることをお伝えします。

LIFULL不動産クラウドファンディングの特徴・メリット1.複数のファンドを比較して見られる

LIFULL不動産クラウドファンディングはポータルサイトであり、運営会社がファンドを組成しているわけではありません。

複数のサービス会社が募集しているファンドや募集してきたファンドを、横並びで見ることができます。

不動産投資型クラウドファンディングは多くの企業が運営しており、それぞれ特徴が異なります。

自分で複数のサービスを比較するには時間がかかりすぎてしまうため、とても大変です。

LIFULL不動産クラウドファンディングを使えば想定利回りや運用期間などを比較できるので、時間短縮につながります。

今まで知らなかったサービス会社を見つけられるメリットはあるでしょう。

LIFULL不動産クラウドファンディングの特徴・メリット2.初心者向けの用語集がある

不動産投資型クラウドファンディングをこれから始めたい方には、初心者向けの用語集ページがあります。

不動産投資型クラウドファンディングについて、今まで何となくしか理解していなかった方にも、改めて理解を深める使い方はできるでしょう。

さらに投資の仕組みやリスクについての説明もあり、これから投資をはじめたい方にも役立つ情報が多く掲載されています。

投資について詳しくない方は、この用語集を使って少しずつ理解を深めてみてはいかがでしょうか。

LIFULL不動産クラウドファンディングのデメリット・注意点

LIFULL不動産クラウドファンディングを理解する上でデメリットや注意点はないのかも確認しましょう。

LIFULL不動産クラウドファンディングのデメリット・注意点1. あくまでポータルサイト

LIFULL不動産クラウドファンディングはあくまでポータルサイトであり、投資機会が増えるわけではありません。

いろいろな会社のファンドが一覧で見れる以上の機能がないのが現状です。

LIFULL不動産クラウドファンディング独自のファンドの組成が期待されていましたが、今のところファンド組成は行われていません。

LIFULL不動産クラウドファンディングのデメリット・注意点2. サービス会社は個別で登録が必要

LIFULL不動産クラウドファンディングはファンド情報を紹介しているだけですので、投資したいと思ったサービス会社やファンドが見つかったとしても、それぞれ個別で登録や出資準備が必要です。

また不動産投資型クラウドファンディングは人気がありすぎて、募集と同時に完売するファンドも多いです。

LIFULL不動産クラウドファンディングで気になったサービスがあれば、すぐに投資家登録をしておくとよいでしょう。

LIFULL不動産クラウドファンディングの運営会社情報

LIFULL不動産クラウドファンディングは「株式会社LIFULL」が運営しています。

プライム市場に上場しており、知名度は申し分ないですよね。

実際にLIFULLに資金を預けるわけではないですが、安全性の高いサイトと言えます。

株式会社LIFULLの会社概要

社名

株式会社LIFULL 英文:LIFULL Co., Ltd.

代表者

代表取締役社長 井上 高志

本社所在地

〒102-0083
東京都千代田区麹町1-4-4

上場市場

東京証券取引所 プライム市場

設立

1997年3月12日

資本金

9,716百万円

従業員数

1,606名(2022年6月30日時点、内、臨時雇用者数190名、海外子会社453名)

事業概要

不動産情報サービス事業
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S(ライフル ホームズ)」の運営

まとめ

LIFULL不動産クラウドファンディングは2021年2月に始まったばかりのサービスです。

知らなかった運営会社を知るきっかけになるメリットがある一方で、実際に投資をする際は各運営会社に登録しないといけないので、ひと手間掛かります。

今のところはポータルサイトですが、今後どのような発展をしていくのか期待して見ていきたいですね。

LIFULL不動産クラウドファンディングの公式サイトはこちら⇒

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトを見る⇨