不動産を売却したいと思うとき、いったい自分の家がいくらで売れるのか気になりますよね。

不動産会社に査定を依頼すると、売却時の概算価格がわかりますが、同じ不動産であっても不動産会社によって査定額は大きく変わります。

言いかえると、ひとつの不動産会社の査定結果をうのみにするのは危険であり、複数の結果を比較したうえで査定額を決めることが大切です。

複数の会社に査定を依頼するのは手間がかかりますが、たった3分で最大6社の不動産会社に査定を依頼できるサービスが「リビンマッチ」です。

運営会社の「リビン・テクノロジーズ株式会社」は、2019年6月にマザーズに上場した信頼できる会社なので、安心して利用できます。

今回の記事では、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるリビンマッチの評判や特徴について説明します。

不動産の売却を検討している人はぜひ参考にしてください。

関連記事⇨【2020年最新】おすすめ不動産一括査定サイトランキング7選を徹底比較!

Contents

リビンマッチ不動産売却査定を利用した人の口コミ・評判を紹介

リビンマッチを利用した人の口コミや評判をいくつか紹介します。

利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

リビンマッチを利用した人の口コミ・評判①

リビンマッチを利用した40代女性の声

初めてのマイホームは、夢だった一軒家を購入しましたが、子どもが独立してからは広いスペースをうまく使えずにいました。
夫と二人であれば、戸建てではなくマンションで十分だという結論にいたり、戸建ての売却を始めたんです。
リビンマッチの広告を見たときは、実際に利用して売却しようというよりも、今の家がいくらで売れるのかを知りたかったので利用しました。
メールで査定結果をいただくように伝えていたのですが、担当者からの連絡が本当に早く、そのまま売却もお任せすることにしました。
売却を依頼した会社の担当者から、私たちが住んでいた戸建ては少し特徴のある間取りだったので、好みが分かれますと言われたため売却までどれくらいかかるかは心配でした。
いざ家を売りに出してみると、我が家の特徴のある間取りが逆に気に入っていただけたようで、結果としてたった3週間で買い手が見つかりました。
半年くらいはかかるだろうなと覚悟していたので、本当にリビンマッチを利用してよかったと思っています。

avatar
40代女性

リビンマッチを利用した人の口コミ・評判②

リビンマッチを利用した40台男性の声

これまではマンションに住んでいたのですが、子供が大きくなるにつれて手狭になってきたので、思い切って戸建てに引越しをすることになりました。
住み替えにあたって不動産の査定サービスについて調べていたところ、リビンマッチの広告をたまたま見つけて利用してみることにしたのです。
利用する際は、大手の不動産会社だけでなく、地域に密着した規模の小さい会社にも査定を依頼してみました。
最終的には、地域に密着していた企業がレスポンスも早く対応もよかったので、売却を依頼しました。
査定してもらった金額でそのまま売りに出し、思っていた期限内に売却ができたのでよかったです。

avatar
40代 男性

リビンマッチを利用した人の口コミ・評判③

リビンマッチを利用した50代女性の声

両親がなくなり、相続したマンションを売却することにしました。
いくつか不動産会社を回って査定を依頼したのですが、納得のいく価格になることはありませんでした。
ネットで不動産の査定についていろいろと調べていたところ、リビンマッチを見つけたので、利用することにしました。
最初は少し半信半疑だったものの、いただいた査定額は直接不動産会社に査定を依頼したときよりもずっと高いものでした。
築年数の古い家だったのでそこまで高値での売却は希望していませんでしたが、結果として納得のいく価格で買い手が見つかったのでよかったです。

avatar
50代 女性

リビンマッチを利用したことによって、高く査定してくれる会社が見つかった人や、複数の会社を比較するなかで信用できる会社が見つかった人が多いようですね。

不動産を売却するときは、

  • 不動産の査定額を比較すること
  • 売却を依頼する不動産会社を比較すること

が大切ですが、リビンマッチはどちらの目的も一度で達成できるサービスです。

査定サービスを利用したからといって、必ず売却を依頼する必要はないので、気軽に家の価格を調べる目的で利用するのもひとつですね。

リビンマッチ の公式サイトを見る⇨

リビンマッチ不動産売却査定の3つの特徴・メリット

つづいて、リビンマッチの特徴やメリットについて紹介します。

具体的なメリットは下記の3つです。

  1. 厳選された1,400社の中から、最大6社にまとめて査定の依頼ができる
  2. 外部調査による顧客満足度が高い
  3. 査定額の相場をつかめる

それぞれ説明します。

1.厳選された1,400社の中から、最大6社にまとめて査定の依頼ができる

リビンマッチの一番の特徴は、提携している1,400社の中から最大で6社に査定を依頼できることです。

不動産会社に査定を依頼する場合、直接店舗に出向くか公式HPから1社ずつ査定を依頼するのが一般的です。

とはいえ同じような説明をなんどもするのは非効率で面倒ですよね。

リビンマッチを使えば、3分ほどの入力時間で条件にあった6社に、まとめて依頼できるため効率的で簡単です。

しかも、リビンマッチの担当者が全ての不動産会社を実際に訪問したうえで、提携企業を選別しています。

リビンマッチを経由して依頼すれば、厳選された1,400社から選べるので、悪徳不動産業者に査定を依頼してしまうリスクを減らせます。

2.外部調査による顧客満足度が高い

リビンマッチは、2017年の楽天リサーチ調査で、

  • 「不動産価格の満足度」1位
  • 「利用したい不動産ポータルサイト」第1位

と、高い評価を得ています。

どの会社も自社の商品やサービスをアピールしますが、第三者の評価が高いのは重要なポイントですよね。

3.査定額の相場をつかめる

リビンマッチを利用する最大のメリットは、売却しようとしている不動産の査定額の相場をつかめることです。

あまり知られていませんが、不動産の査定額は会社によって数百万円単位で変わります。

同じ不動産にもかかわらず査定額が変わるのには理由があります。

  • 不動産会社によって売るのが得意な物件の種類が異なる
  • 査定額の判断基準が異なる
  • 見込み顧客を持っているかどうか

つまり、家の近くにあった不動産会社に査定を依頼して、その金額だけで売却をスタートしてしまうと、本来売れるはずだった金額よりもずっと安く売却してしまうリスクがあるのです。

リビンマッチを活用して複数社から見積もりをとれば、売却の相場観をつかみ安売りするリスクを減らせます。

リビンマッチ の公式サイトを見る⇨

リビンマッチの不動産売却査定の使い方を写真つきで解説!

リビンマッチを使って一括査定を依頼する手順を、写真つきで解説します。

3分もあれば完了する簡単操作です。

1.リビンマッチの公式サイトにアクセスします

2.査定を依頼したい物件の情報を入力します

3.査定結果の連絡先を入力します

4.査定する理由を選択します

5.査定に関してのアンケートに回答し、査定を依頼したい不動産会社を選択します

以上で完了です。

査定を依頼した不動産会社から、登録した連絡先あてに査定結果が送られてくるのでしばらく待ちましょう。

リビンマッチ の公式サイトを見る⇨

リビンマッチは5,000円のギフトカードプレゼントキャンペーン実施中!

2020年10月現在、リビンマッチを利用して不動産会社と契約し、電話面談に答えると5,000円分のギフトカードがもらえます。

不動産会社を簡単に比較できるうえに、不動産会社と契約するだけで5,000円のギフトカードがもらえるのはうれしいですよね。

電話取材も10分ほどで終了する簡単なものなので、リビンマッチを利用する人はぜひ覚えておいてください。

リビンマッチの不動産売却査定のよくある質問を3つ紹介

次に、リビンマッチによく寄せられる質問3つに回答します。

1.リビンマッチの査定を依頼したあとにキャンセルはできる?

リビンマッチで査定を依頼したあとでもキャンセル可能です。

キャンセルの方法は2つあり、

  • 査定を依頼したが、まだ不動産会社から連絡がない⇨リビンマッチに連絡
  • 査定結果がすでに不動産会社から届いている⇨不動産会社に連絡

となっています。

リビンマッチは無料で利用でき、利用しても不動産会社に必ず売却を依頼する必要はないので安心してください。

2.リビンマッチは電話で査定の依頼はできる?

リビンマッチは、公式サイトに電話番号を掲載していないため電話での査定には対応していないと思われます。

3.リビンマッチの加盟店はどんな会社?

リビンマッチは、全国展開している大手の不動産会社から地域密着型の不動産会社まで幅広く提携しています。

具体的に加盟しているおもな不動産業者をいくつかあげると、

  • 大成有楽不動産販売
  • 大東建託
  • 近鉄不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 住友林業ホームサービス
  • 朝日住宅
  • オークラヤ住宅

などがあります。

ほとんどの人が一度は聞いたことがある会社ばかりではないでしょうか?

リビンマッチは、大手の不動産会社と地場の不動産会社の査定額を比較できるので、より高く売却してくれる不動産会社を見つけられます。

リビンマッチの不動産売却査定のサービスを紹介

リビンマッチを運営している「リビン・テクノロジーズ」は、不動産売却査定だだけでなく、さまざまなサービスを運営しています。

その中でも、有名なサービスを3つ紹介しますね

1.リビンマッチ土地活用

リビンマッチ土地活用は、土地を保有している人が興味のある土地活用の方法を選択し、条件にあった土地活用に関する資料を一括で請求できるサービスです。

2.リビンマッチ賃貸管理

リビンマッチ賃貸管理は、複数の管理会社に一括で資料請求できるサービスです。

複数の中からより好条件の管理会社と契約を結べます。

3.リビンマッチ注文住宅

リビンマッチ注文住宅は、自分の条件にあったハウスメーカーや工務店から、一括でカタログを請求できるサービスです。

ネットで調べているだけではわからない、各社の特徴やデザイン・坪単価などもわかるのでおすすめです。

リビンマッチの不動産売却査定の運営会社情報

最後に、リビンマッチを運営しているリビン・テクノロジーズ株式会社について紹介します。

リビン・テクノロジーズ株式会社は、2004年に設立された比較的新しい会社で、2019年6月にマザーズに上場しています。

一括査定以外にも、不動産売却・不動産買取・賃貸管理・土地の活用・リノベーション・注文住宅など、多数の不動産サービスを展開しています。

リビン・テクノロジーズ株式会社の会社概要

資本金192,516,000円(2019年6月28日現在)
設立2004年1月
役員代表取締役社長 川合 大無
取締役     小櫻 耕一
取締役     佐藤 慎也
取締役     藤井 千敏(監査等委員会)
取締役     平石 英皓(監査等委員会)
取締役     長富 一勲(監査等委員会)
上場市場東京証券取引所マザーズ市場(証券コード 4445)
事業内容
不動産プラットフォーム事業
  • 不動産に特化したWEBメディアの企画・開発・運営
  • 不動産・住宅業界専門の人材紹介
  • インターネット広告

引用:運営会社|リビンマッチ

まとめ

今回の記事では、複数の不動産会社に査定を依頼できるリビンマッチの特徴や評判について解説しました。

不動産一括査定サービスはほかにもありますが、運営歴数年、社員数名程度で運営しているものもあり、信頼性には疑問符がつきます。

リビンマッチはマザーズに上場している会社で、一括査定サービス以外にも総合的な不動産サービスを提供している会社です。

これから不動産を売却しようと思っている人は、信頼度も高く、簡単で便利なリビンマッチをぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

リビンマッチ の公式サイトを見る⇨

The following two tabs change content below.
アバター

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。