不動産を売却したいと思う時、いったい自分の家がいくらで売れるのか気になりますよね。

不動産会社に査定を依頼することで、売却時の概算価格を知ることができるのですが、同じ不動産であっても、不動産会社によって査定額は大きく異なります。

言い換えると、不動産会社の査定結果を鵜呑みにするのは危険であり、複数の査定額を比較した上で査定額を決めることが大切です。

複数の会社に査定を依頼するのは本来手間がかかりますが、たった3分ほどで最大6社の不動産会社に査定を依頼できるサービスが、リビンマッチです。

今回の記事では、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるリビンマッチの評判や特徴について説明をしていきます。

不動産の売却を検討している人は、ぜひ参考にして見てください。

リビンマッチの公式サイトはこちら⇨

リビンマッチの特徴・メリットまとめ

それではここから、リビンマッチの特徴やメリットについて紹介していきます。

具体的なメリットは下記の3つ。

  1. 1400社の中から、最大6社にまとめて査定の依頼ができる
  2. 外部調査による顧客満足度が高い
  3. 不動産会社との契約後に電話面談で5,000円分のギフトカードをGetできる

それぞれ紹介していきます。

①最大6社にまとめて査定の依頼ができる

リビンマッチの一番の特徴は、提携している1400社の会社の中から、最大で6社に査定を依頼できる点です。

通常、不動産会社に査定を依頼しようとすると、直接店舗に出向くか、公式HPから1社ずつ査定の依頼をしなければけません。

同じような説明をなんどもしなければならず、非常に非効率です。

リビンマッチを使うことで、3分ほどの入力時間で6社に査定を依頼できるので、とても便利です。

②外部調査による顧客満足度が高い

リビンマッチは、2017年に行われた楽天リサーチの調査で、

  • 「不動産価格の満足度」1位
  • 「利用したい不動産ポータルサイト」第1位

という高い評価を得ています。

どの会社であっても自社の商品やサービスのアピールはしますが、第三者からの客観的な評価が高い点は信頼に値しますよね。

③不動産会社との契約後に電話面談で5,000円分のギフトカードをGetできる

記事を執筆している2019年7月時点では、リビンマッチを利用して不動産会社と契約をし、電話面談に答えることで5,000円分のギフトカードがもらえます。

不動産会社を簡単に比較できる上に、不動産会社と契約するだけで5000円のギフト券をもらえるのは嬉しいですよね。

リビンマッチを利用した人の口コミ・評判

それではここから、リビンマッチを利用した人の口コミや評判をいくつか紹介していきます。

利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

両親がなくなり、相続したマンションを売却することにしました。いくつか不動産会社を回って査定を依頼したのですが、納得のいく価格になることはありませんでした。

ネットで不動産の査定についていろいろと調べていたところ、リビンマッチを見つけたので、利用することにしました。

最初は少し半信半疑だったものの、いただいた査定額は直接不動産会社に査定を依頼した時よりもずっと高いものでした。

築年数の古い家だったのでそこまで高値での売却は希望していませんでしたが、結果として納得のいく価格で買い手が見つかったので、よかったです。

50代 女性

これまではマンションに住んでいたのですが、子供が大きくなるにつれて手狭になってきたので、思い切って戸建てに引越しをすることになりました。

住み替えにあたって不動産の査定サービスについて調べていたところ、李敏マッチの広告をたまたま見つけて利用してみることにしたのです。

利用する際は、大手の不動産会社だけでなく、地域に密着した規模の小さい会社にも査定を依頼して見ました。

最終的には、地域に密着していた企業がレスポンスも早く対応もよかったので、売却を依頼しました。

査定してもらった金額でそのまま売りに出し、思っていた期限内に売却ができたのでよかったです。

40代 男性

初めてのマイホームは、夢だった一軒家を購入しましたが、次第に子供も独立して広いスペースをうまく使えずにいました。

夫と二人であれば、戸建てではなくマンションで十分だという結論に至り、戸建ての売却を始めたんです。

リビンマッチの広告を見たときは、実際に利用して売却をしようというよりも、実際に今の家がいくらで売れるのかを知りたかったので利用しました。

メールで査定結果をいただくように伝えていたのですが、担当者からの連絡が本当に早く、そのまま売却もお任せることにしました。

売却を依頼した会社の担当者の人から、私たちが住んでいた戸建ては少し特徴のある間取りだったので、好みが分かれますと言われたのでどれくらいかかっての売却になるかは心配でした。

いざ家を売りに出してみると、我が家の特徴のある間取りが逆に気に入っていただけたようで、結果としてたった3週間で買い手が見つかりました。

半年くらいはかかるだろうなと覚悟していたので、本当にリビンマッチを利用してよかったと思っています。

40代女性

リビンマッチを利用したことによって、高く査定してくれる会社が見つかった人や、複数の会社を比較する中で、信用できる会社が見つかった人が多かったですね。

不動産を売却する際は、不動産の査定額を比較すること、売却を依頼する不動産会社を比較することが大切なのですが、リビンマッチはどちらの目的も一度で達成することができるサービスです。

査定サービスを利用したからといって、必ずしも売却を依頼しなければいけないわけではないので、気軽に家の価格を調べる目的で利用するのも一つですね。

リビンマッチの使い方を写真付きで解説!

続いては、実際にリビンマッチを使って、一括査定を行う手順について説明をしておきましょう。

3分もあれば完了しますし、写真付きで解説をしていくので、ぜひ参考にしてください。

1.リビンマッチの公式サイトにアクセスします

2.査定を依頼したい物件の情報を入力します

3.査定結果の連絡先を入力します

4.査定をする理由を選択します

5.査定に関してのアンケートに回答し、査定を依頼したい不動産会社を選択します

以上で完了です。

査定を依頼した不動産会社から、登録した連絡先あてに査定結果が送られてくるので、しばらく連絡を待っておきましょう。

リビンマッチの運営会社情報

最後に、リビンマッチを運営しているリビン・テクノロジーズ株式会社について紹介しておきましょう。

リビン・テクノロジーズ株式会社は、2004年に創立された比較的新しい会社で、2019年6月にマザーズに上場しています。

一括査定以外にも多数の不動産サービスを展開しており、不動産売却、不動産買取、賃貸管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅など、多岐にわたります。

リビン・テクノロジーズ株式会社の会社概要

資本金192,516,000円(2019年6月28日現在)
設立2004年1月
役員代表取締役社長 川合 大無
取締役     小櫻 耕一
取締役     佐藤 慎也
取締役     藤井 千敏(監査等委員会)
取締役     平石 英皓(監査等委員会)
取締役     長富 一勲(監査等委員会)
上場市場東京証券取引所マザーズ市場(証券コード 4445)
事業内容
不動産プラットフォーム事業
  • 不動産に特化したWEBメディアの企画・開発・運営
  • 不動産・住宅業界専門の人材紹介
  • インターネット広告

引用:運営会社|リビンマッチ

まとめ

今回の記事では、複数の不動産会社に査定を依頼できるリビンマッチの特徴や評判について解説をしてきました。

不動産一括査定サービスは他にも多数あるのですが、運営歴数年、社員数名程度で運営しているものもあるので、信頼性には疑問符がつきます。

リビンマッチはマザーズに上場している会社で、一括査定サービス以外にも、総合的な不動産サービスを提供している会社です。

これから不動産を売却しようと思っている人は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

リビンマッチの公式サイトはこちら⇨