「みんなで大家さんとは、どういった不動産投資なの?」

「みんなで大家さんには、どういったリスクがあるの?」

不動産小口化商品に投資をしたいと考えたことがある方の中には、「みんなで大家さん」という不動産ファンドを知っている方もいるのではないでしょうか。

そして、そういった方なら「みんなで大家さん」について、上記のような疑問を持ったことがあると思います。

では、みんなで大家さんとは、どういったサービスなのでしょうか?

みんなで大家さんとは、不特定多数の方と不動産の運営会社がともに不動産に出資して、その不動産の収益を分配する投資サービスになります。

1口100万円から投資が可能で、はじめやすいなど多くのメリットがある投資先です。

しかし、当然ですが、デメリットもあるので注意しなければいけません。

デメリットを知らずに安易に投資してしまうと大損をする可能性もあります。

ですから、みんなで大家さんに投資する価値があるかどうかを見極めるためには、リスクについて正確に把握することが重要です。

そこで、この記事では、みんなで大家さんのデメリットやその対応策、魅力について、解説していきます。

最後まで読んで「みんなで大家さん」に投資をするかの検討をしてみてください。

関連記事⇨みんなで大家さんの評判・口コミ

みんなで大家さんの公式サイトへ⇨

みんなで大家さんのリスク・デメリット4選

不動産小口化商品を取り扱うみんなで大家さんのリスクとデメリットは以下の4つです。

  • 元本保証や賃料収入保証がない
  • 募集が先着順なので、投資したい商品に投資できない可能性がある
  • 会社が倒産する可能性がある
  • REITのように、複数の不動産にまとめて投資できない

それぞれについて、説明していきます。

元本保証がない

銀行預金と違って、不測の事態が起きても出資した元本が保証されていません。

そのため、安全性については気をつける必要があります。

募集が先着順なので、投資したい商品に投資できない可能性がある

みんなで大家さんは多数の商品を取り扱っています。

しかし、取り扱っている商品の募集総口数の上限が決まっているため、上限に達するとその商品に投資できません。

そのため、良い条件の商品が見つかったら、すぐに投資をするスピードも重要です。

会社が倒産する可能性がある

みんなで大家さんの商品の営業者である都市綜研インベストファンド株式会社は過去に債務超過により行政処分を受けています。

そういうと不安を感じるかもしれません。

しかし、利益分配金が支払われなかったことはありませんので、安心してください。

ただし、どのような投資でもそうですが、会社が倒産するリスクやサービスが停止するリスクがあることは覚えておいてください。

REITのように、複数の不動産にまとめて投資できない

みんなで大家さんは個別の商品に投資を行うので、リスク分散が難しいデメリットがあります。

しかし、REITのように自動でリスク分散はできませんが、複数の商品に投資することは可能です。

もちろん、資金には限りがあるので、商品の内容を慎重に吟味することが重要になります。

みんなで大家さんの公式サイトへ⇨

みんなで大家さんのリスク・デメリットに対してのおすすめの対応策・解決策

みんなで大家さんのリスクやデメリットについて、説明してきました。

では、このリスクやデメリットに対する対応策はないのでしょうか?

それは、以下の3つです。

  • 複数の商品に投資を行うことで、リスク分散をする
  • 良い商品があれば、すぐに投資をおこなう
  • 商品の運営企業の経営状況をチェックする

それぞれについて、説明していきます。

複数の商品に投資を行うことで、リスク分散をする

単体の商品だけに投資をすると、運用している不動産の価値が下落するなどして、元本割れを起こすなどのリスクが高くなってしまいます。

では、どのようにすればリスクを避けられるのでしょうか?

このようなリスクを避けるためには、複数の商品に投資してリスクを分散させることが重要です。

リスクを分散させることで、安全性を高くして投資が行えます。

良い商品があれば、すぐに投資をおこなう

みんなで大家さんは、さまざまな商品を取り扱っており、新しい商品も増えていきます。

そのため、新商品の情報をいち早くつかんで、良い条件の商品には、素早く投資をおこなうことが重要です。

ただし、リスクはあるので、条件や不動産の内容にはついては慎重に見極めなければいけません。

商品の運営企業の経営状況をチェックする

みんなで大家さんの商品の不動産を運営している企業は「都市綜研インベストファンド株式会社」です。

この運営企業の経営が悪化するような事態になると、利益配分も停止して、元金も返ってこない可能性が高くなります。

このような事態を事前に察知するためにも、運営企業の経営状況を常にチェックすることが重要です。

みんなで大家さんの公式サイトへ⇨

みんなで大家さんのメリット・魅力4選を紹介

ここまで、みんなで大家さんのデメリットについて、説明してきました。

一方で、メリットや魅力はないのでしょうか?

そんなことはありません。

みんなで大家さんには、4つ魅力があります。

それぞれについて、説明していきます。

1口100万円から投資できる

みんなで大家さんは1口100万円から投資が可能です。

一方で、一般的な不動産投資は非常に高額な資金が必要になります。

このように、みんなで大家さんは手軽に投資をはじめられるメリットがあります。

不動産の管理をしなくてもよい

通常の不動産投資と違って、運営会社が不動産の管理をするため、余計な手間がかかりません。

このように手間がかからないため、不動産投資がはじめての方にもオススメです。

現金化がしやすい

不動産小口化商品は複数人で1つの物件に投資するため、個人の意向で売れません。

しかし、みんなで大家さんは運営会社に譲渡できるので、他の不動産投資より現金化がしやすいのは大きなメリットです。

優先劣後システム

優先劣後方式とは、元本割れになった際に、投資家の出資金から優先して返済する方法です。

そうすることで、投資家のリスクを低くするメリットがあります。

たとえば、以下のようなケースが優先劣後にあたります。

投資家が4200万円、事業者が800万円の出資をし、合わせて5000万の出資を行った際に、利益は4800万しか出ていない場合です。

こういった場合には、投資家の4200万円を先に返済して、残りを事業者の返済にあてます。

みんなで大家さんの公式サイトへ⇨

まとめ

みんなで大家さんは、手軽にはじめられる不動産投資なので、はじめて不動産投資する人にオススメの投資法です。

しかし、それでもリスクは当然あります。

ですから、みんなで大家さんの投資を成功させるためには、リスクとその対応策を正確に理解することが重要です。

そこで、この記事では、ここまでみんなで大家さんのリスクや魅力について詳細に解説してきました。

最後まで読んでくれたあなたは、みんなで大家さんについて理解して頂けたと思います。

この記事で得た知識を参考にして「みんなで大家さん」で投資を始めてもらえたら幸いです。

みんなで大家さんの公式サイトへ⇨

The following two tabs change content below.
【執筆・監修】松本拓也

【執筆・監修】松本拓也

投資家歴10年の個人投資家。ベンチャー企業の役員も務める。慶應義塾大学在学中に株式投資を始め、米国から新興国まで含んだ世界中の株式投資、債券、不動産、コモディティまで幅広く運用中。2014年から不動産中古ワンルームマンション投資、2017年からロボ投資、2018年からソーシャルレンディング、不動産投資クラウドファンディングも開始し、現在も継続中。