100万円の少額から不動産投資ができて、面倒な手間も無くオンラインで完結できる「みんなで大家さん」は有名ですよね。

12年間で一度も元本が割れていない高利回りの実績がありますが、怪しいのではないか?失敗例はないのか?と不安な声もあるかもしれません。

そのため今回はみんなで大家さんに失敗例はあるのか、過去も遡って検証したいと思います。

みんなで大家さんの公式サイトを見る

関連記事⇨みんなで大家さんの評判・口コミ

みんなで大家さんの失敗例はある?

みんなで大家さんに失敗例はあるのでしょうか。

過去12年間のサービスを検証します。

みんなで大家さんの失敗例?①債務超過

みんなで大家さんは2012年に行政処分を受けているようです。

これは上場企業ではないみんなで大家さんが、行政より一部上場企業の会計基準を要求されたことに起因していると思われます。

会計上一時的に債務超過に見えたことがあったようで、みんなで大家さんが危ないという噂の大部分がこの事例を指すのではないでしょうか。

2012年に会計基準を修正したあとは債務超過などの問題はなく、7年以上もサービスが継続していることになります。

みんなで大家さんの失敗例?②返金遅延

みんなで大家さんは2012年に行政処分を受けた際に、危ないのではないかと解約が殺到して、一時返金が遅延したことがあるようです。

ただし返金は遅れたものの完了しており、その後は遅延も元本割れもなくサービスは続いております。

また公式ページでも発表されている通り、返金は元本だけではなく利息まで全て支払われているようです。

返金が遅れたのは事実でしょうが、失敗が損失を意味するのならば失敗とは言えないでしょう。

みんなで大家さんの公式サイトを見る

みんなで大家さんの裁判の噂は事実?本当に失敗例?

みんなで大家さんは約10年という長いサービス実績があるため、良い評判も悪い噂も出てきました。

噂の中には裁判になったという書き込みも見つけましたが、本当に裁判になったのか検証したいと思います。

みんなで大家さんに裁判の事実はない

筆者はみんなで大家さんの公式ページだけではなく、実際に投資している人たちのブログやSNS、YouTubeの動画、2ch(5ch)まで調べ上げました。

結論としてみんなで大家さんに裁判の事実はありませんでした。

あらゆる投資商品に対して匿名の書き込みでは怪しいなどという方はいますが、これだけ個人が好きに情報を発信できる時代ですので、もし本当に裁判が行われていたとしたら必ず情報は見つかるはずですよね。

みんなで大家さんの失敗例として、すでに8年ほど前ですが債務超過リスクはあったものの、裁判については単なる噂だと思われます。

みんなで大家さんの公式サイトを見る

みんなで大家さんで出資者は本当に失敗した?

みんなで大家さんは2012年の会計基準の違いによる行政処分と、それに伴う返金遅延は起きたようです。

この時点ではリスクは高かったかもしれません。

しかし投資の失敗である損失については、結果的に遅れた返金も完了していますし、それ以降も問題なく運営は続いているようです。

筆者は公式の情報だけではなく実際に出資していると思われる方のブログなども確認しましたが、損をしたという失敗例は見つかりませんでした。

みんなで大家さんは遅延した際も元本と利息まで完済

みんなで大家さんは確かに過去に2か月ほど業務が停止したことがあります。

これについてはみんなで大家さんの公式ページできちんと公表していますよね。

そこには遅延はしたが元本はもちろん利息まできちんと支払いを完了したと記載されています。

みんなで大家さんはとても注目度が高いため、仮にこの記載が虚偽であれば瞬く間に問題となっていたでしょう。

このようにネガティブな過去もきちんと公表していることは安心材料になりますし、中身を見ても失敗した投資家は最終的にいなかったことが分かります。

みんなで大家さんの公式サイトを見る

みんなで大家さんは通常の大家さんよりはるかに失敗リスクが低い

みんなで大家さんはここまで見てきた通り、実際に失敗した事例はないことになります。

みんなで大家さんを検討している方は、実際の大家さんのように定期的な収入を目的としている方が多いですよね。

みんなで大家さんならば出資もすぐにできますし、出資した後はほぼ何もすることがなく分配金を受け取るだけです。

非常に簡単に通常の大家さんみたいに家賃収入が手に入るわけですが、これが通常の大家さんの場合はとても大変になります。

大家さんになるとどれだけ手間や面倒さが異なるか、実際のプロセスをお伝えします。

みんなで大家さんではなく通常の大家さんがやるプロセス(失敗リスクは上がる)

通常の大家さんは大家になって家賃収入を得るためにたくさんやることがあります。

良い物件を自分で見つけるところから始めますが、もちろん物件は何でもいいわけがなく、物件選びをミスすると借金だけが残るような大惨事になりますよね。

自分で物件を見つけた場合は不動産屋に資料請求をして、当然現地に行き物件見学をしてしっかりと物件を見極める必要があり、時間もかかりますし専門性が求められます。

物件を買うと決めたならば買付申し込みをして、その際には金額交渉が発生することもありますし、現金で買える人は稀ですので銀行に融資相談にも行くでしょう。

売主に手付金を支払い売買契約を結びつつ、銀行とは借用書に該当する金銭消費貸借契約も結びます。

ほとんどの大家がそもそも借金をしなければ大家になれません。

大家さんは物件選びから賃貸管理まで全て行う(みんなで大家さんは全て不要)

仲介手数料や登記費用なども支払いながら決済を完了させて、ようやく半分終わったことになります。

ここから入居者を探さなければ収入はゼロですから、すぐにでも動く必要があります。

空室期間を作らないように掲載料や手数料を支払い可能な限り早く入居者を見つけて、入居者との契約を結んでようやく家賃収入を手にすることができるのです。

空室状況によっては家賃を下げる人も多いですよね。

ついに大家になれるわけですが、賃貸管理という仕事が発生し、苦情対応などはいつ起きるか分かりませんし、売却するまで管理と税金は永遠に続くことになります。

年金の代わりとして通常の大家を始めてしまうと老後も働くことになりかねません。

みんなで大家さんならば運営会社に丸投げしてほったらかし

自分で大家さんになる場合はこれだけ多くのことをしなくてはならず、老後に始めてしまうと悲惨なことになるでしょう。

一方でみんなで大家さんならばこれら全てを運営会社に丸投げできて、ほったらかしで収入を得られます。

年金のように2か月に1回分配金が支払われるのを待つだけでよく、この手間やストレスが無いだけでも間違いなくお得ですよね。

通常の大家さんとは比べ物にならないほど楽ができて、リスクも失敗する確率も低く年金の代わりになるみんなで大家さんはおすすめできます。

みんなで大家さんの公式サイトを見る

みんなで大家さんはギフトカードがもらえて失敗リスクがさらに減る

みんなで大家さんは通常の高い利回りに加えて、3つの場合でギフトカードがもらえます。

先ずはみんなで大家さんに申し込んだ時に、投資する口数に応じて10,000円分以上のギフトカードが受け取れるキャンペーンを頻繁に実施しています。

2021年7月現在もキャンペーン実施中ですし、このキャンペーンからみんなで大家さんを始める人が多いでしょう。

さらに2つめとして、一度投資して再投資する場合は、みんなで大家さんには会員ランク制度というものがあるため、ランクによって必ずギフトカードがもらえる特典がついています。

会員ランク条件紹介特典追加ボーナスプレミアム特典新商品優先案内
ホワイト会員出資口数が1口以上ギフトカード
2,000円
ギフトカード
1,000円
 
ブロンズ会員出資口数が5 口以上で2回以上出資ギフトカード
2,000円
ギフトカード
1,000円
 
シルバー会員出資口数が10 口以上で2回以上出資ギフトカード
2,000円
ギフトカード
2,000円
 
ゴールド会員出資口数が20 口以上で2回以上出資ギフトカード
2,000円
ギフトカード
2,000円
ゴールド会員
向け
プラチナ会員出資口数が50 口以上で2回以上出資ギフトカード
2,000円
ギフトカード
2,000円
プラチナ会員
向け

このように5つのランクに分かれていて、もちろん会員制度は無料で、再投資するごとに毎回ギフトカードがもらえますし、みんなで大家さんを紹介しても追加でギフトカードがもらえてしまいます。

どちらにしろみんなで大家さんに投資を続けていきたいという方にはお得でしかないボーナスですよね。

みんなで大家さんの中で再投資を続けていけば、老後は他に投資は必要ないくらい年金代わりになるお得な投資サービスだと言えます。

もちろん再投資ではなく使うこともできますし、あくまで会員ランク制度はボーナスのようなものと考えればよいですので、みんなで大家さんでさらに利益を増やしたい方におすすめの制度です。

会員費なども不要であるためお得なだけと考えればよいでしょう。

みんなで大家さんの公式サイトを見る

みんなで大家さんは優先劣後システムで失敗リスクを抑えている

みんなで大家さんは優先劣後システムという投資家には非常に有利な共同出資方法を導入しています。

優先劣後システムとは、投資をする同じ不動産物件に対して、我々投資家だけではなく運営会社のみんなで大家さんも共同出資をする構造です。

そのためみんなで大家さんも共同出資によって投資家と同様にリスクを負うため(リスクはみんなで大家さんの方が取る)、投資先の物件選定にはより専門性を発揮して力を入れることになりますし、投資家としては目利きや本気度について安心材料にもなるでしょう。

対照的なのが例えば証券会社で、投資家が株で儲けようが損をしようが手数料さえ入ってくればよいわけですから(証券会社の収入は手数料)、証券会社が推奨している株式をそのまま信用することはあまりおすすめできません。

投資家が大損しようが証券会社は儲かるためです。

一方でみんなで大家さんは投資家と同じリスクを負うわけですので、この点でも利害が一致していて信頼性が高まると言えます。

みんなで大家さんの優先劣後システムは投資家の元本と利回りまで守られる(失敗リスクの低下)

さらに万が一家賃収入が減ることや、不動産価格が下落することが起きて収益が落ちたとしても、みんなで大家さんの出資割合分の全てが無くなるまで、投資家の元本は一切損をせず、この点でも優先劣後システムは投資家にとって非常に大きなメリットとなります。

重要な点はこれは投資家の元本だけではなく、なんと利回り分まで守られる仕組みで、他の投資と比べても珍しいほど安全なシステムではないでしょうか。

このように物件の選定から運用管理、買付から売却、投資のリスク対策まで、投資家にとってはほったらかしなのに好条件というとても有利な投資がみんなで大家さんで可能だと言えるでしょう。

みんなで大家さんで元本割れが起きる確率はとても低く、その結果が12年以上元本割れなしという実績に繋がっていると考えられますし、今後も失敗リスクは低く抑えていけますよね。

みんなで大家さんの公式サイトを見る

みんなで大家さんの販売会社と運営会社情報

みんなで大家さんは販売会社と運営会社の2社体制で、どちらも不動産特定共同事業法に基づく許可を得ています。

宅地建物取引士であることや資本金1億円以上など厳しい条件の達成が必須となり、1, 2社しか取得できていない県もあるほどです。

必要な資本金については証券会社(5千万円)やソーシャルレンディング(1千万円)よりも高く、安定性と信頼性の高い法人が運営していると言えるでしょう。

みんなで大家さん販売株式会社の会社概要

本社所在地

東京都千代田区麹町5丁目3番地
第7秋山ビルディング5階

大阪支店

大阪府吹田市豊津町1-25 森田ビル

代表

代表取締役社長 栁瀨 健一

資本金

1億円

許認可

宅地建物取引業免許 国土交通大臣(4)第6254号
不動産特定共同事業許可 東京都知事第76号

社員数

50名(2020年3月現在)

都市綜研インベストファンド株式会社の運営会社情報

本社所在地

〒564-0051 大阪府吹田市豊津町1-25 森田ビル6F

代表

代表取締役社長 栁瀨 健一

資本金

29億2330万9139円

許認可

宅地建物取引業 大阪府知事(3)第54991号
不動産特定共同事業 大阪府知事 第8号

設立

1999年8月

まとめ

みんなで大家さんは2012年頃に行政処分と返金遅延で一時的にリスクは高まった可能性があります。

しかし結果的に返金もされておりそれから7年経っても正常にサービスは続いております。

投資の失敗とは損をすることですので、元本割れも過去にないみんなで大家さんを使ったことで本当に失敗したという方はいないと思われます。

みんなで大家さんの公式サイトを見る

 

編集部イチオシの投資サービス「Funds(ファンズ)」

投資には企業の株式を売買する株式投資以外にも、企業に間接的に貸し付ける方法もあります。 

Funds(ファンズ)という投資サービスでは、ファンドへの投資を通企業に間接的にお金を貸し付けて資産運用することができます。

Funds(ファンズ)において、投資されたお金の借り手となるのは上場企業グループの企業が中心です。 

お金の借り手となった企業は、私たちが間接的に貸し付けした資金で事業を行います。

弁済期がきたら借り入れた資金に金利を付けて返済行うため、投資家は投資元本に加えて金利を受け取ることができます。

Funds(ファンズ)のメリットとしては株式投資のように日々値動きがなく、投資する段階から予定利回りが定められています。 

株式投資であれば投資した企業の業績が良かったとしても、他の要因で株価が下がってしまい損をすることありますよね。 

Funds(ファンズ)ならば貸付先が倒産などしない限りきちんと元本と利息が受け取れますので、比較的損失を被るリスク社債のような投資が可能となります。 

※2021年5月12日現在

予定利回りは1-3%(年率税引前とファンドごとに異なりますが、株式投資の配当率の平均と同じくらいです。 

投資は1円からできることもメリットで、株式投資のように最初から数十万円という資金は必要なく、この点でも始めやすいですよね。 

ボラティリティの高い株式投資と併用でリスクの低いFunds(ファンズ)を使うことで、より投資ポートフォリオを安定化させることもできるでしょう。 

ぜひFunds(ファンズ)による投資を検討してみてはいかがでしょうか。 

Fundsの公式サイトを見てみる⇨