これまで不動産を購入するときは、購入する物件を決めたあとに住宅ローンの審査をする必要がありました。

つまり、いくら借り入れができるかわからない状態で、購入する物件をさきに決めなければなりません。

購入予算がわかってから物件を探せたら便利ですよね。

そこで新しく登場した不動産テックサービスがモゲパス」です。

モゲパスをひとことで言えば、自分がいくら借り入れできるのか証明してくれる、「借り入れ可能額証明書サービス」です。

今回の記事では、モゲパスの特徴と使い方を解説します。

モゲパスのメリットを知れば、損しない住宅購入の強い味方になるはずです。

モゲパスの公式サイトはこちら⇨

モゲパスの3つの特徴・メリット

モゲパスのおもな特徴は次の3つです。

  • 購入前に購入予算を知ることができる
  • 一番良い金利条件の金融機関を選べる
  • 購入費用をおさえられる

くわしく見ていきましょう。

1.購入前に購入予算を知ることができる

モゲパスの一番のメリットは、実際に購入する不動産を決める前に大まかな借り入れ可能額がわかることです。

一般的に住宅ローンは、購入する物件の売買契約が成立したあとに正式な審査が始まります。

つまり、購入する物件が決まらないかぎり住宅ローンの融資がいくら受けられるのかわかりません。

状況によって融資がおりないケースや、融資額が購入価格に届かないこともあります。

モゲパスは1000件以上の住宅ローンの審査データに基づいて計算し、いくら借り入れできるのか前もって知ることができるんです。

2.一番良い金利条件の金融機関を選べる

モゲパスを活用すると、金利条件を比較して一番良い金融機関を選べるモゲチェックを無料で利用できます。

金利が1%違うだけで、返済額が数十万、数百万円単位で変わります。

もっとも良い金利条件のローンを選べば、同じ物件を数百万円も安く購入できたことと同じです。

たくさんのローンから、もっとも低いローンをプロの目で探してくれます。

3.購入費用をおさえられる

モゲパスが提携している不動産会社を経由して物件を購入すると、手数料が半額になるキャンペーンも実施しています。

モゲパスを利用すると、金利と手数料の負担が減り、数百万円単位のメリットが得られます。

モゲパスの2つの注意点

モゲパスを利用する前に大切な点を2つ確認しておきましょう。

1.証明金額と融資額は同じとは限らない

モゲパスの注意点は、モゲパスで証明された融資額が実際に融資される金額と同じとは限らないことです。

たとえば、モゲパスで3,000万円の融資可能額が表示されたとしても、銀行から2,800万円しか借りられない可能性もあります。

しかし、予算の基準があるだけで物件探しはスムーズになり、不動産会社も物件購入の手続きが順調に進むでしょう。

モゲパスの借入可能額いっぱいの物件を探すのではなく、余裕を持った物件を選んでおけば問題も小さくすみます。

2.前提条件をクリアしているかどうか

2つめの注意点は、モゲパスの前提条件を満たしているか確認することです。

モゲパスの前提条件は以下の7つ。

  1. 物件価格と金融機関の評価額に大きな乖離がないこと
  2. 年収が3百万円以上であること
  3. 勤務先や経営する会社が過去3年間赤字ではないこと
  4. 過去にデフォルトや延滞を起こしていないこと
  5. 日本国籍又は永住権を持っていること
  6. 投資用不動産取得のための借り入れを行っていないこと
  7. 10百万円以上の借り入れを行っていないこと

引用元:モゲパス

条件を満たしていない人がモゲパスを実行した場合、金額は発行されますが金融機関からの融資額と大きな差が出る可能性が高くなります。

上記7つをすべてクリアしているか確認してから利用するのがおすすめです。

モゲパスに関する口コミ・評判

記事執筆時の2019年7月1日時点で、モゲパスはスタートしたばかりの新サービスです。

そのため、実際に利用した人の口コミは見つけられませんでした。

確認ができしだい、追記する予定です。

ツイッターではモゲパスの記事を大勢がシェアしていたことからも、期待感や興味関心を持っている人が多い印象です。

モゲパスと提携している不動産会社(モゲパートナー)

モゲパスで証明された金額は、一般の不動産会社でも利用可能ですが、モゲパスと提携している不動産会社(モゲパートナー)なら、よりスムーズな取引ができます。

モゲパスが提携している不動産会社は2020年10月末現在、9社です。

  • RENOSY
  • コンドミニアムアセットマネジメント
  • 三菱地所レジデンス
  • 住友林業
  • 三菱地所ハウスネット
  • TERASS
  • リノべる。
  • イエトヒト
  • LIFULL HOME’S

提携する不動産会社も増え、マンションだけでなく一戸建てを希望する人も利用できます。

マンション・一戸建てともに、中古から新築まで幅広いニーズに合わせた対応に期待できそうですね。

モゲパスの使い方を画像で解説!

モゲパスを利用する手順を画像つきで解説します。

1.モゲパスの公式サイトにアクセスし「モゲパスの発行へすすむ」をクリック

2. メールアドレス(Google・FacebookアカウントもOK)でユーザー登録

3.メール登録完了後、利用規約を確認しチェックを入れて「プロフィール入力へ進む」をクリック

4.希望物件・条件を選択

5.基本情報・仕事情報を入力

6.入力した内容を確認し「モゲパスの発行を申し込む」をクリック

以上でモゲパスの申請は完了です。

最短で当日にパスが発行されるので、しばらく待ちましょう。

モゲパスの運営会社情報

モゲパスを運営する株式会社「MFS」を紹介します。

代表は中山田明さん。

東京大学経済学部を卒業し、ベアスターンズ証券会社では日本で初めて住宅ローンを証券化する事業に関わってこられました。

その後、新生銀行で住宅ローン証券化を指導し、アルヒ株式会社でも住宅ローン購入プログラム作成の経験をお持ちです。

アルヒ株式会社のCFOに就任後、MFS株式会社を設立し現在にいたっています。

MFSの会社概要

社名株式会社MFS
代表者中山田 明
所在地本社:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2階 FINOLABアクセスマップはこちら
資本金8.8億円(資本準備金含む)
設立2009年7月(2014年10月株式会社MFSに商号変更)
事業内容住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」の運営
住宅ローンクレジットスコア「モゲスコア」の運営
主要株主経営陣、YJキャピタル、ゴールドマン・サックス、オプトベンチャーズ、グロービス・キャピタル・パートナーズ、マネックスベンチャーズ、電通国際情報サービス、電通イノベーションパートナーズ
取引金融機関みずほ銀行
貸金業登録番号東京都知事(1)第31690号
日本貸金業協会会員第005928号

引用:会社情報 | 「新しい住宅ローン選びの形、ユーザーに常にベストな選択を」 |株式会社MFS

まとめ

モゲパスは不動産を購入する前に借り入れ可能額がわかる便利なサービスです。

人生で大きな買い物の物件購入やローンの選択には、本当にこれが最適なのか、どれを選べばよいのか不安や疑問がつきません。

モゲパスなら不安を解消し、よりよい金利条件で住宅ローンを借りられるように、借り手の立場で最適なアドバイスが受けられます。

住宅の購入を検討しているなら、簡単に最適な住宅ローンを選べる「モゲパス」を活用して、幸せな生活設計をしてみてはいかがでしょうか。

モゲパスの公式サイトはこちら⇨

The following two tabs change content below.
アバター

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。