これまで不動産を購入する際は、購入する物件を決めた後に住宅ローンの審査を行う必要がありました。

つまり、いくら借り入れができるかがわからない状態で、購入する物件を先に決める必要があったのです。

そこで新しく登場した不動産テックサービスがモゲパスです。

モゲパスを一言で表すとするならば、あなたが一体いくらの借り入れを行うことができるのか証明書を発行してくれるサービスといえるでしょう。

今回の記事では、モゲパスの特徴や評判について詳しく解説していきます。

是非参考にしてください。

モゲパスの公式サイトはこちら⇨

モゲパスの特徴・メリットまとめ

それではここからモゲパスの特徴について説明していきます。

モゲパスの主な特徴は以下の3点です。

  1. 購入前に購入予算を把握することができる
  2. 一番良い金利条件の金融機関を選ぶことができる
  3. 購入費用を結果として抑えることができるようになる

それぞれ詳しく解説していきます。

1.購入予算を把握することができる

モゲパスの一番のメリットは、実際に購入する不動産が決まる前に借入可能額の概算がわかるということです。

一般的に住宅ローンは購入する物件、売買契約が済んだ後に正式な審査を行います。

つまり購入する物件が決まった後でないと、いくら住宅ローンの融資が受けられるのかが判断できないのです。

場合によっては結局融資が下りないというケースもありますし、融資額が購入価格に達しないこともあります。

モゲパスはこれまで1000件以上の住宅ローンの審査データに基づいて、購入者がいくら借り入れることができるのかを把握することができます。

2.一番良い金利条件の金融機関を選ぶことができる

モゲパスを活用することで、最も条件の良い金融機関を比較して選ぶことができるモゲチェックを無料で利用することが可能になります。

金利が1%違うだけで、返済負担が数十万数百万円単位で変わってきます。

その中で最も良い金利条件のローンを選べるということは、結果として数百万円の利益を得ていることと同じことなのです。

3.購入費用を結果として抑えることができるようになる

先ほど紹介した最も金利の条件が良い金融機関を選ぶことができることと合わせて、モゲパスが提携している不動産会社を経由して物件を購入すると、手数料が半額になるキャンペーンも実施されています。

金利と手数料の負担減という2点のポイントからボケパスを利用することで、数百万円単位のメリットを得ることができます

モゲパスの注意点・デメリット

続いて向けパスの注意点いやデメリットについても紹介していきます。

モゲパスの注意点としては、モゲパスで証明された融資額がそのまま実際に融資される金額と同じではないということです。

例えばモゲパスで3,000万円の融資可能額が表示されたとしても、実際の銀行に行った時に2,800万円しか借りれなかったという可能性は十分考えられます。

しかし事前に一つ予算の基準を持っておくことによって、あなたの物件探しはよりスムーズになりますし、不動産会社も物件購入の際の手続きがとてもスムーズになります。

モゲパスの借入可能額いっぱいの物件を探すのではなく、余裕を持った物件を選んでおけば、問題も小さくて済むでしょう。

もう一つの理由としての注意点はモゲパスを利用する際には、前提条件を満たしている必要があるということです。

モゲパスが設けている前提条件は以下の7つ。

  1. 物件価格と金融機関の評価額に大きな乖離がないこと
  2. 年収が3百万円以上であること
  3. 勤務先や経営する会社が過去3年間赤字ではないこと
  4. 過去にデフォルトや延滞を起こしていないこと
  5. 日本国籍又は永住権を持っていること
  6. 投資用不動産取得のための借り入れを行っていないこと
  7. 10百万円以上の借り入れを行っていないこと

この条件を満たしていない人がモゲパスを実行したとしても、実際の金融機関からの融資とは異なる可能性が高いです。

上記7つをすべて満たしていることを確認した上で、モゲパスを利用することをお勧めします 

モゲパスに関する口コミ・評判

記事執筆時の2019年7月1日時点で、モゲパスはローンチされたばかりのサービスです。

そのため、実際の利用者の口コミはまだ存在しません。

確認が出来次第、こちらに追記していく形を取ろうと考えています。

ただ、ツイッターでは多くの人がモゲパスの記事をシェアしていたこともあり、非常に期待感や興味関心を持っている人が多い印象がありました。

モゲパスと提携している不動産会社(モゲパートナー)

モゲパスで証明された金額は、一般の不動産会社でも利用できますし、モゲパスと提携をしている不動産会社(モゲパートナー)で利用することで、より円滑な取引が可能になります。

モゲパスが提携している不動産会社は現時点で2社です。

1社目は不動産テック業界でも著しく成長を遂げている「RENOSY」。

2社目は、中古マンションに特化している不動産会社である「コンドミニアムアセットマネジメント」です。

モゲパスの使い方を写真付きで解説! 

ここからはもげお店に利用する際のステップについて解説をしておきます。

1.モゲパスの公式サイトにアクセスして、「モゲパスの発行へ進む」をクリック

2. メールアドレス(GoogleかFacebookアカウントもOK)でユーザー登録

2.メール登録完了後、利用規約を確認して、「プロフィール入力へ進む」をクリック

3.希望物件、条件について選択

4.基本情報・仕事情報を入力

5.入力した内容を確認し「モゲパスの発行を申し込む」を入力

以上で、モゲパスの申請は完了です。

最短で当日の間にもパスが発行されるので、もうしばらく待つようにしましょう。 

モゲパスの運営会社情報

最後にもモゲパスを運営する株式会社MFSについて紹介をしておきます。

代表を務めている中山田明さんは、東京大学経済学部を卒業し、ベアスターンズ証券会社にて日本で初めて住宅ローンを証券化する事業に携わった経験を持っています。

その後新生銀行で住宅ローンの証券化を指導した経験も持っており、アルヒ株式会社でも住宅ローン購入プログラムを作成した経験などもお持ちです。

アルヒ株式会社のCFOにまで上り詰めた後に、MFS株式会社を設立し現在に至っています。

MFSの会社概要

社名株式会社MFS
代表者中山田 明
所在地本社:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2階 FINOLABアクセスマップはこちら
資本金8.8億円(資本準備金含む)
設立2009年7月(2014年10月株式会社MFSに商号変更)
事業内容住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」の運営
住宅ローンクレジットスコア「モゲスコア」の運営
主要株主経営陣、YJキャピタル、ゴールドマン・サックス、オプトベンチャーズ、グロービス・キャピタル・パートナーズ、マネックスベンチャーズ、電通国際情報サービス、電通イノベーションパートナーズ
取引金融機関みずほ銀行
貸金業登録番号東京都知事(1)第31690号
日本貸金業協会会員第005928号

引用:会社情報 | 「新しい住宅ローン選びの形、ユーザーに常にベストな選択を」 |株式会社MFS

まとめ

今回の記事では、不動産を購入する前段階で融資可能額を把握することができるも原発について説明をしてきました。

これまで不透明だった資金計画の不安を解消することができる画期的なサービスですし、関連サービスのモゲチェックを活用することによって、より良い金利条件のもと住宅ローンを借りることができます。

これから不動産の購入を検討している人はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

モゲパスの公式サイトはこちら⇨