「資産運用をはじめてみたい」

「副業として、不動産投資で賃料収入を得たい」

など、資産運用や副業の一つとして、不動産投資に関心のある人は多いのではないでしょうか。

収益が期待できる物件に少額で投資する方法として、不動産投資型クラウドファンディングがあります。

不動産投資型クラウドファンディングでは、資金調達や不動産管理の手間をかけることなく、投資可能です。

なかでも、Mr.FUNDMAKERは創業30年以上の会社が厳選した物件に、少額から投資できる不動産投資型クラウドファンディングです。

この記事では、Mr.FUNDMAKERのメリット・デメリットや評判・口コミについて、詳しく解説しています。

資産運用や不動産投資に興味がある人・少額投資をはじめてみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

Mr.FUNDMAKERの公式サイトはこちら⇒

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

関連記事⇨不動産投資クラウドファンディングおすすめ比較ランキング【2022年最新】

Mr.FUNDMAKERの評判・口コミを紹介

Mr.FUNDMAKERは、Mr.LAND株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。

Mr.LAND株式会社は創業から30年以上にわたり、東京を中心に不動産の売買・仲介事業、コンサルティング事業、外国人向け不動産事業など、幅広く展開しています。

Mr.FUNDMAKERの評判はいったいどうなのでしょうか。

SNSなどから、投資家たちの声を拾ってみました。

Mr.FUNDMAKERの良い評判・口コミ

まず、Mr.FUNDMAKERの良い評判・口コミを紹介します。

avatar
利用者

一口一万円で投資できるところが気に入っています。

他社だと100万円ほどの金額が必要なところもありますが、Mr.FUNDMAKERでは一万円からだったので気軽に始められました。

avatar
利用者

運営会社が30年以上継続する会社だったので、信用できると思い、投資しました。

あまりにも新しい会社だと、倒産しないか心配ですが、Mr.LAND株式会社は長年継続していることが安心材料でした。

avatar
利用者

利回りの高さが契約の決め手となりました。

私が契約した案件は利回りが8%だったので、他社と比較してもダントツに高いと思います。また次の案件も出てきたら投資したいです。

投資家たちは、Mr.FUNDMAKERに対して、「一口一万円から投資可能であること」、「社歴30年以上の企業である点」、「利回りが高い点」を評価しているようです。

Mr.FUNDMAKERの悪い評判・口コミ

次に、Mr.FUNDMAKERの悪い評判・口コミを紹介します。

avatar
利用者

少額投資しかできなかったのが残念です。

本音を言うと利回りが高いので、まとまった資金で投資したかったです。

avatar
利用者

投資先のアパートの老朽化が気になりました。

その分利回りが高いのでしょうが、もう少し安定的な案件も出てきてほしいです。

Mr.FUNDMAKERのネガティブな意見としては、「少額投資しかできない点」、「投資対象物件の老朽化」が目立ちました。

Mr.FUNDMAKERは小規模不動産特定共同事業による運営であるため、多額の運用はできません。

しかし、少額で投資する人にとってデメリットにはならないでしょう。

Mr.FUNDMAKERの公式サイトはこちら⇒

Mr.FUNDMAKERの強み・メリット3選

Mr.FUNDMAKERは投資家目線で、どんなメリットがあるのでしょうか。

ここでは3つのメリットを紹介します。

  • 一口一万円から投資可能
  • 案件の利回りが高い
  • 劣後出資割合が20~30%と高めに設定されている

Mr.FUNDMAKERの強み・メリット1.一口一万円から投資可能

Mr.FUNDMAKERには、一口一万円から投資できます。

そのため、できるだけ少額で分散投資したい人や、多くの資金を用意するのが難しい人もはじめやすいサービスといえるでしょう。

資金の少ない若い世代でも気軽に不動産投資を始められ、分配金受け取ることが可能です。

Mr.FUNDMAKERの強み・メリット2.案件の利回りが高い

Mr.FUNDMAKERの利回りは、高めに設定されています。

第一号案件の利回りは、年利8%でした。

これは不動産投資型クラウドファンディングの平均的な利回り3~5%と比較すると、かなり高いといえるでしょう。

そのため少額の資金で効率よく運用することができます。

Mr.FUNDMAKER の強み・メリット3.劣後出資割合が20~30%と高めに設定されている

Mr.FUNDMAKERの劣後出資割合は、20~30%と高めに設定されています。

劣後出資割合とは、不動産投資で損失が出た場合、事業者が損失を補填する割合のことです。

つまりMr.FUNDMAKERの場合、20~30%の損失については、運営会社がカバーしてくれます。Mr.FUNDMAKERの第一号案件の運用期間は半年と短く、短期間でそれほど大幅な下落は考えにくいため、20~30%の劣後出資割合があれば、投資家の損失は極めて低いでしょう。

Mr.FUNDMAKERの公式サイトはこちら⇒

Mr.FUNDMAKERの注意点・デメリット2選

Mr.FUNDMAKERは少額で、高利回りの案件に投資できる魅力的なサービスです。

しかし、どれだけメリットの大きい投資先であっても、注意点も確認しておきましょう。

ここでは、2つの注意点を確認していきます。

  • 小規模不動産特定共同事業による運営で、案件は小規模である
  • 途中解約不可である

Mr.FUNDMAKERの注意点・デメリット1.小規模不動産特定共同事業による運営で、案件は小規模である

Mr.FUNDMAKERは、小規模不動産特定共同事業による運営であるため、1つの不動産会社が投資家から集められる資金は最大1億円です。

これは、1案件というわけではなく、全ての案件の合計金額と決められています。

また、個人で投資できる上限金額も100万円と定められているため、多額の投資はできません。

そのため、多額の資金を投資したい人は、Mr.FUNDMAKERと他社の不動産投資型クラウドファンディングを併用するとよいでしょう。

Mr.FUNDMAKERの注意点・デメリット2.途中解約不可である

Mr.FUNDMAKERの案件は、途中解約ができません。

急に資金が必要になり困らないためにも、生活資金と投資資金を色分けすることが大切です。

ただし、普段から投資資金を分けている人にとっては、それほどデメリットにはならないでしょう。

Mr.FUNDMAKERのキャンペーン情報

現在、Mr.FUNDMAKERのキャンペーン情報はありません。(2022年3月時点)

今後何かしらの、キャンペーンが出た場合には、ご紹介させていただきます。

また、ホームページ上では第二号案件の予告が出ており、「東京23区内の物件」、「利回りが7~8%」、「募集総額が3,000~4,000万円」、「募集期間が4月7日~14日」という情報が確認できました。

詳細は、3月29日にMr.FUNDMAKERのサイト内で公表されるようです。

Mr.FUNDMAKERの公式サイトはこちら⇒

Mr.FUNDMAKERを利用するまでの流れ

Mr.FUNDMAKERは会員登録から案件の申し込みまで、すべてホームページ上で完結します。

利用するまでの流れは以下の通りです。

  1. 公式ホームページ上で新規会員登録
  2. 仮会員登録
  3. 本会員登録
  4. 住所確認のハガキ到着後、マイページにコードを入力
  5. 会員登録完了
  6. 案件の申し込み

まずは、ホームページ上の「新規会員登録」をクリックし、登録をおこないましょう。

登録をおこなうと、登録住所にハガキが郵送されます。

そして、マイページ上でそのハガキに記載されているコードを入力すると、口座開設が完了します。

その後、気になる案件があれば、案件の申し込みが可能です。

ネット申し込みから、ハガキの授受などが発生するため、口座開設が完了するまで1~2週間かかることがあります。

案件募集開始前には余裕をもって、はやめに口座開設手続きをおこないましょう。

Mr.FUNDMAKERは少額で、大きなリターンを得たい人におすすめ!

Mr.FUNDMAKER は一口一万円から少額で始められ、利回りが8%前後と高いサービスです。

高利回りの案件に投資をしてみたいけれど、多額の資金を出すのは怖いという人もはじめやすいでしょう。

また、投資経験者にとっても、分散投資の一つとして少額で高利回り案件に投資するのもおすすめです。

Mr.FUNDMAKERの公式サイトはこちら⇒

Mr.FUNDMAKERの運営会社情報

Mr.FUNDMAKERの運営会社は、Mr.LAND株式会社です。

Mr.LAND株式会社は30年以上にわたり、不動産の売買や仲介、コンサルティング事業など幅広く携わってきた会社です。

マンションやアパート、戸建てやビルなど、さまざまな不動産の買い取り実績やノウハウがあります。

Mr.LAND株式会社の会社概要

Mr.LAND株式会社の詳細情報は以下の通りです。

社名

Mr.LAND株式会社(エムアールランド株式会社)

(外国人向け不動産事業呼称:ミスターランド)

代表者

名塚 令

資本金

7,500万円

本社

〒102-0083
東京都千代田区麹町一丁目7番地2 相互半蔵門ビルディング 10階

電話番号

03-6261-4097(代表) / 03-6261-4098(FAX)

事業内容

売買及び仲介事業

外国人向け不動産事業

不動産に関するコンサルティング事業

不動産リノベーション事業

不動産の管理及び賃貸借事業

各種保険代理業務

不動産投資顧問業

不動産特定共同事業

まとめ

Mr.FUNDMAKERは、少額で利回りが高い案件に投資できる不動産投資型クラウドファンディングです。

一口一万円から投資できるので、初めての不動産投資という人でも、投資しやすいでしょう。

また、4月7日から第二号案件の申し込みがスタートするようです。(2022年3月時点)

第二号案件も利回りは7~8%であることが決まっているため、人気が殺到することでしょう。

Mr.FUNDMAKERに興味がある人は、スムーズに第二号案件に申し込みできるよう、あらかじめ口座開設手続きを済ませておくことをおすすめします。

Mr.FUNDMAKERの公式サイトはこちら⇒

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る