「武蔵コーポレーションの口コミは良いの?」

「武蔵コーポレーションのメリットやデメリットを知りたい」

この記事では、武蔵コーポレーションの不動産投資について、上記のような疑問に答えていきます。

株式会社武蔵コーポレーションは首都圏エリアでマンションやアパートの収益不動産に特化した不動産投資会社です。

高い入居率を誇り空室リスクが低いため、不動産投資に不安がある方でも安心して投資しやすい特徴を持っています。

一方で、武蔵コーポレーションには他社にない注意点もあるため、注意点を理解しておくことが重要です。

そこで、この記事では、武蔵コーポレーションの特徴や注意点について詳しく解説しています。

最後まで読んで、武蔵コーポレーションを利用する参考にしてください。

武蔵コーポレーションに関する評判・口コミ

武蔵コーポレーションの悪い評判と良い評判について、実際にあった口コミを紹介していきます。

武蔵コーポレーションに関する悪い評判・口コミ

最初に武蔵コーポレーションの悪い評判を紹介します。

“年齢ももうすぐ50歳になるため、老後資金の確保のためにワンルームマンション投資のセミナーを中心参加していましたが、良い担当者や物件に巡り会えませんでした。

そこで、アパート経営まで視点を広げてみようと思い、サイトでの評判がよかった武蔵コーポレーションの投資セミナーに参加しました。

非常にわかりやすい説明で具体的な提案もあり、非常によかったです。

その後、購入を検討した不動産を見学したところ、清掃が行き届いてない箇所などがあり、そこは少し残念でした。

しかし、指摘をしたところ、契約前にきっちり対応してくれたので満足しています。”

“不動産投資の勉強をしていたときに、社長である大谷さんの本で武蔵コーポレーションを知りました。

本で知った経営陣の考えなど共感できるポイントが多くあったので、一度話を聞いてみたいと思い、セミナーに参加。

メリットやデメリットなどを詳しく説明してもらえたので、良い印象でした。

しかし、担当者の方は非常に熱意のある方で良い方だったのですが、もう少しこちらの話も聞いてほしいと感じたところが残念でした。

ただ、提案してくれたプランは魅力的であったため、前向きに契約を考えています。”

具体的な提案があり、提案内容に魅力を感じたという声が多くありました。

一方で、熱意がある担当者が多いため、少し空回りをしているという指摘もあるようです。

武蔵コーポレーションに関する良い評判・口コミ

次に、武蔵コーポレーションの良い評判を紹介します。

“老後の資金確保ために、不動産投資を考えていました。

ただ、以前突然の電話連絡やしつこい電話があり、不動産会社にあまり良い印象がありませんでした。

しかし、武蔵コーポレーションのセミナーでは、非常にわかりやすい説明をしてくれたうえに、営業らしい営業もなかったので参加してよかったです。

その後の面談でも「あなたに合った物件で今すぐ紹介できるものはないです。

申し訳ありません。」と、紹介できない理由やどういう物件が合っているのか、丁寧に説明してくれました。

担当者の方が本当に良い方で、不安や疑問があるたびにすぐに回答してくれて不安を解消できたことが、投資した決め手になります。

購入後のフォローも素晴らしく、武蔵コーポレーションにお願いして本当によかったです。”

“コロナ禍の不動産動向が気になり、以前セミナーに参加した武蔵コーポレーションの面談に申し込みをしました。

担当者になった方の誠実な人柄と話をよく聞いてくれたうえでの魅力的な提案に感銘を受けて、前向きに投資を検討していました。

たまたま掘り出し物の物件がすぐに最適なタイミングで見つかったので、すぐに投資を決めたのです。

不動産投資に後ろ向きだった妻も担当者の方の説明や非常にわかりやすい資料を使って説得することで、家族全員納得して購入することができました。”

武蔵コーポレーションの大谷社長の著書を読んで、興味を持ってセミナーや面談に参加したという方が多く見受けられました。

また、担当者の方がお客様視点で提案してくれるのが、投資するきっかけになったという声も多かったです。

武蔵コーポレーションのメリット・特徴3選

武蔵コーポレーションの不動産投資を利用するメリットは以下の3つです。

  • 平均入居率が96.87%
  • ニーズに合わせて新築や中古アパートを提案できる
  • 豊富な資金調達先の提案ができる

それぞれについて説明します。

平均入居率が96.87%

武蔵コーポレーションが管理しているアパートの平均入居率は96.87%と非常に高い入居率を誇っています。

原状回復をする際にフロアタイルの張替えなど、質の高いリフォームを行っていることや仲介不動産会社に幅広く営業活動を行っているためです。

質の高いリフォームとは、流行の部屋の色彩への改装や原状回復工事だけでなく、費用対効果が見込める場合はUPグレード工事を行います。

例えば、畳の部屋よりもフローリングにした方が入居者を募集しやすいと考えた場合には、フローリングにすることをいといません。

さらに、武蔵コーポレーションは自社の仲介店舗を持たず、営業が仲介不動産会社に直接訪問して営業活動を行っています。

それにより、多くの不動産仲介会社に空室の客付けを依頼できるため、高い入居率の維持が可能です。

このように空室のリスクが低いことは、アパート投資を行ううえで魅力的なポイントと言えます。

ニーズに合わせて新築や中古アパートを提案できる

武蔵コーポレーションは、新築のアパートだけでなく、中古アパートも多く取り扱っています。

実際に、中古アパートの2019年の買取りと再生棟数の実績は全国1位(東京商工リサーチ)です。

そのため、ニーズに合わせたアパートを提案することが出来ます。

例えば、長期的に安定した家賃収入を得たい方には新築物件を提案することが可能です。

一方で、減価償却を活用して大幅に節税したい方には、中古物件を提案することが出来ます。

このように、ニーズや資金状況などに合わせた提案が出来ることが特徴の一つです。

豊富な資金調達先の提案ができる

武蔵コーポレーションは過去の取引実績により、多くの金融機関との資金調達のルートを持っています。

例えば、三井住友銀行やオリックス銀行、千葉銀行、栃木信用金庫など、メガバンクや地方銀行との取引実績があります。

そのため、資金状況に合わせた資金調達の方法を提案することが可能です。

さらに、資金調達の交渉に関しては武蔵コーポレーションの担当者が行うため、手間が掛かる金融機関との交渉を自身でする必要もありません。

不動産投資で不安を持つことが多い資金調達を安心して任せることが可能です。

武蔵コーポレーションのデメリット・注意点2選

武蔵コーポレーションのデメリットは以下の2つになります。

  • 富裕層向けの不動産投資会社
  • 首都圏エリアに特化している

それぞれについて説明します。

富裕層向けの不動産投資会社

武蔵コーポレーションは年収2,000万円以上の方や金融資産が3,000万円以上の方を中心に不動産投資のサポートをしています。

例えば、顧客の職業は会社経営社や開業医、弁護士など高所得の方が多いです。

ただし、年収などに条件があるわけではありません。

そのため、年収が2,000万円以下の方でも契約は可能です。

年収が2000万円以下の方でも興味を持った方は一度相談してみるようにしてください。

首都圏エリアに特化している

武蔵コーポレーションは営業エリアが関東エリアに特化しているため、関東以外のエリアの物件で投資したい方には向いていません。

ただし、地方在住の方でも武蔵コーポレーションが不動産の管理業務を代行してくれるため、投資することは可能です。

武蔵コーポレーションのセミナーに参加する手順

武蔵コーポレーションの不動産投資セミナーに参加するための手順は以下の3つです。

  1. ホームページから参加日時を選択
  2. 年収やメールアドレスなどの個人情報を入力して申し込む
  3. その後、登録したメールアドレスに返信があり、申し込みが完了

また、無料の投資相談や過去のセミナー映像なども申し込みをすることで利用出来ます。

武蔵コーポレーションの運営会社情報

運営会社である武蔵コーポレーション株式会社はアパートやマンションといった収益不動産に特化して、事業を展開しています。

そのため、投資不動産の運営や税務などの専門的なノウハウを持っているのが特徴です。

また、創業以来15期連続売上高と経常利益も伸長しています。

このように、安定した経営をしている会社のため、信頼性が高いです。

武蔵コーポレーション株式会社の会社概要

武蔵コーポレーション株式会社の詳細情報は以下の通りです。

会社名

武蔵コーポレーション株式会社

設立日

平成17年12月9日

資本金

1億円

従業員数

150名(パート、派遣社員を含む)

代表者名

大谷 義武

本社住所

〒100-6229
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内29階

まとめ

武蔵コーポレーションは首都圏エリアに特化した富裕層向けの不動産投資会社になります。

そのため、良質なアパートやマンションを提供しているのが特徴です。

高い入居率を誇っているため、初めて不動産投資をする方にもおすすめ出来ます。

首都圏エリアで不動産投資を検討している方は、ぜひ利用を検討してみてください。

 

編集部イチオシの投資サービス「Funds(ファンズ)」

投資には企業の株式を売買する株式投資以外にも、企業に間接的に貸し付ける方法もあります。 

Funds(ファンズ)という投資サービスでは、ファンドへの投資を通企業に間接的にお金を貸し付けて資産運用することができます。

Funds(ファンズ)において、投資されたお金の借り手となるのは上場企業グループの企業が中心です。 

お金の借り手となった企業は、私たちが間接的に貸し付けした資金で事業を行います。

弁済期がきたら借り入れた資金に金利を付けて返済行うため、投資家は投資元本に加えて金利を受け取ることができます。

Funds(ファンズ)のメリットとしては株式投資のように日々値動きがなく、投資する段階から予定利回りが定められています。 

株式投資であれば投資した企業の業績が良かったとしても、他の要因で株価が下がってしまい損をすることありますよね。 

Funds(ファンズ)ならば貸付先が倒産などしない限りきちんと元本と利息が受け取れますので、比較的損失を被るリスク社債のような投資が可能となります。 

※2021年5月12日現在

予定利回りは1-3%(年率税引前とファンドごとに異なりますが、株式投資の配当率の平均と同じくらいです。 

投資は1円からできることもメリットで、株式投資のように最初から数十万円という資金は必要なく、この点でも始めやすいですよね。 

ボラティリティの高い株式投資と併用でリスクの低いFunds(ファンズ)を使うことで、より投資ポートフォリオを安定化させることもできるでしょう。 

ぜひFunds(ファンズ)による投資を検討してみてはいかがでしょうか。 

Fundsの公式サイトを見てみる⇨