今回不動産テックラボでインタビューをさせていただいたのは、「Park Direct」を運営している株式会社ニーリー様です。

「Park Direct」とは、月極駐車場の業務をすべてオンラインで完結させるサービス。

駐車場利用者の募集から契約業務、契約後の月額使用料の収納代行、顧客管理まで可能にした、不動産業界特化型のバーティカルSaaSです。

駐車場の管理でお悩みの不動産会社様方から、駐車場をお探しの方まで、ぜひチェックしていただきたいインタビューになっています。

「Park Direct」の公式サイトはこちら⇨

「Park Direct」の管理会社様向けページはこちら⇨

株式会社ニーリー様へのインタビュー内容を紹介します

今回は、株式会社ニーリーの取締役兼、Park Direct 事業責任者の「伊藤千央」様にお話を伺いました。

それでは早速、インタビュー内容を紹介していきましょう。

Q1. 「今回はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。まず最初に、Park Direct概要について簡単に教えていただけますか?」

Park Directは、紙と印鑑をなくし、月極駐車場の募集から契約業務、契約後の月額使用料の収納代行(保証も実施)や顧客管理まで、すべてをオンラインで実現する不動産業界特化型のバーティカルSaaSです。

不動産管理会社様にとって、月極駐車場の管理は、煩雑で負荷が大きい割には実入りが少ない業務です。

そのため、効率化が喫緊の課題でありながら、なかなか進んでいない現状がありました。

Park Directで業務をオンライン化することにより、物件の管理や駐車場のご利用希望者様との各種手続きを効率よく進めていただけます。

Q2. 「次にPark Directをスタートしたきっかけ・経緯は何ですか?」

Park Directは、複数の不動産会社様からのお問合せがきっかけで検討がスタートしました。

私(取締役 伊藤様)は、前職のSUUMOを運営しているリクルート住まいカンパニー(現:株式会社リクルート)で、駐車場のシェアリングサービスの責任者をしておりました。

その関係で、賃貸系の不動産会社様と繋がりがあり、「月極駐車場にまつわる業務をITでラクにしてほしい」といったお声を多数いただいていました。

最初は、弊社でシステム開発・提供を考えたのですが、ご相談先のご予算感と、業界の抱える大きな課題、事業の将来性からバーティカルSaaSとして提供することを2018年に決め、スタートしました。

ご利用希望者様も、わざわざ不動産管理会社へ出向くことなく、自分のスマホで契約や更新ができるので大変便利です。

さらにPark Directとして月極駐車場の利用者をオンライン上で募集しているので、駐車場利用者の集客力強化にも繋がり、オーナー様の収益にも貢献できる形となっております。

管理会社様、オーナー様、利用者様の全方位的に価値提供できるサービスだと考えております。

Q3.「ここからは具体的な質問に入っていきたいと思います。導入社数と掲載台数で日本一になられたと思いますが、他社と比べた特徴や優位性はありますでしょうか?」

具体的な違いとしては、「電子署名」への対応があげられます。

最近では、月極駐車場のオンライン契約を謳うサービスも増えてきましたが、実は、改ざんリスクや各種コンプライアンスリスク回避に正面から取り組む企業はそう多くないのが現状です。

弊社は電子署名技術を導入しており、法的効力の高い契約を締結できる仕組みとなっております。

もともと弊社は、メンバーのバックグラウンドを生かした、システム・サービスの安全性の担保、集客面の強化、周辺領域への展開に強みがあります。

駐車場や不動産が専門の会社様とは若干毛色が異なるかと思いますが、弊社独自の強みを活かし、パートナー企業との積極的なシステム連携にも着手しております。

電子署名の導入のほかにも、賃料保証として日本セーフティー様と審査情報・審査結果をAPI連携しており、賃貸管理システムではいい生活様と連携協議を開始、駐車場シェアではタイムズB様と連携しております。

Q4.「月極駐車場に特化した不動産テックサービスは珍しいですが、特別な思いや戦略はあるのでしょうか?」

賃貸管理業において、月極駐車場は賃貸住居よりも単価が低いなかで、業務負荷がさほど変わらない状況がございます。

まずは、Park Directを通じて、月極駐車場にまつわる業務負荷を削減し、導入企業さまには他の重要な業務に集中頂きたいと考えております。

そして、別の業務領域でもITの力で業務負荷を削減していきたいと中長期では考えております。

また、Park Directを通じて契約が締結されると、車検証・車両ナンバー・免許証など自動車関連のデータが自動的に溜まっていきます。

AI技術やTo C向けのアプリ開発に長けている弊社としては、このビッグデータを用いて、CASEやMaaSといった領域への展開を行い、利用企業様の収益UPを実現したいと考えております。

Q5.「募集、申込、契約、賃料保証、更新/解約といったすべての業務をオンライン化していますが、開発で困難な点はありましたか?」

募集だけでなく、申込から更新/解約までサービスを展開することで、当初思っていたよりも、想像を超える大変さがありました。

特に苦労した部分は、各社独自の運用に個社カスタマイズすることなく、SaaSとして合わせることです。

具体的には、各社・駐車場ごとに契約における1年の定義が365日の場合もあれば、日割り+12ヶ月の場合もあったり、お振込先が異なったり、更新期間が1ヶ月毎/1年毎/2年毎であったり、契約条文が異なったりなど、枚挙にいとまがないほど違いがありました。

そういったお客様ごとの運用の違いを、長年培った事業開発力・システム開発力で解決しています。

現状150社(2021年4月14日時点)を超える企業さまに導入頂いておりますが、ひとつも個社カスタマイズすることなく、提供を実現しております。

この点が、大変ではありましたが、多くの企業様に安価でサービスをご提供できることにつながっているため、他社サービス様との違いかなと思っております。

Q6.「Park Directを使うお客様に特に好評な機能はありますか?」

駐車場のご利用希望者様には、オンライン契約そのものが、便利で画期的であるとご好評をいただいております。

新幹線での移動中に契約が完了したケースや、コロナ禍で自宅待機期間中に契約をしなければならなかった時にPark Directを利用したケースなど、オンライン契約がもたらす利便性は、日常のさまざまな局面で発揮されています。

また、支払いにクレジットカードが利用できる点も大変好評で、これが決め手となってご契約いただくこともあります。

Q7.「Park Directで今後さらに改善や開発を続ける点はありますか?」

弊社の開発チームは2〜3週間ごとに複数の新機能をリリースしており、内容の多くは、実際にご利用頂いている現場の方から頂いたご要望です。

これまで幅広いサービスを見てきた経験から、この開発スピードの速さが2年後、3年後大きな違いになると確信しております。

さらには、CASE、MaaSにつながるマイページの開発、AIを用いた市場相場算定の機能など、大規模開発も進めております。

Q8.「株式会社いい生活や日本管理センター株式会社とシステム連携が発表されましたが、今後も他社との連携は増えていきますか?その場合は何を基準に決められますか?」

SaaSは、さまざまな企業と意味のある連携を多くすることで、提供価値が何倍にも、何十倍にもなると考えおります。

そのため、弊社としては利用企業様、その先のオーナー様、エンドユーザー様にとって便利であり、ベネフィットにつながるのであれば、積極的に連携を増やしていきたいと思っております。

Q9.「具体的な株式会社ニーリーの将来的なビジョン・ゴールがあれば教えてください。」

ニーリーは、「社会の解像度をあげる」をビジョンに掲げております。

IT・テック技術を用いて、様々な業界で抱える課題を解決し続け、法人だけでなく、個人個人が、解像度が高い状態で人生の意思決定ができる社会をつくることで、より良い未来を作っていけると信じております。

その上で、まずは「いまいいモノを作る」をミッションにPark Directの拡大に努めたいと思っております。

Q10.「最後にインタビュー記事の読者に向けて、一言お願いします!」

Park Direct導入時、現場からの反対が多々ございます。

しかし、Park Directの運用が始まると、一番「導入してよかった」「他の駐車場も全部Park Directにしたい」と言って頂けるのは、“役員の方”ではなく、“現場の方”です。

これは、事業を立ち上げた身としては大変うれしいことです。

ぜひより多くの方に、Park Directをご利用頂きたいと思っております!!!

株式会社ニーリーの会社情報

会社名株式会社ニーリー
所在地東京都中央区日本橋富沢町10-13 WORK EDITION NIHONBASHI 2F
代表取締役社長佐藤 養太
公式サイトURLhttps://www.nealle.com/

最後に

今回は、「Park Direct」を提供している株式会社ニーリー様のインタビュー記事を紹介しました。

敢えて単価が低い月極駐車場業務に特化することから、業界全体を変えて行こうとする姿勢がとても印象的でした。

今後も技術力や開発スピードの速さを生かした進化と、さらに領域を広げての展開に今後も注目です。

今回の記事で興味を持たれた方は、ぜひ下記のリンクからPark Directの公式サイトをチェックしてみてください。

「Park Direct」の公式サイトはこちら⇒

「Park Direct」の管理会社様向けページはこちら⇨

株式会社ニーリーの伊藤様、今回はお忙しい中インタビューをお受けいただき、ありがとうございました!