賃貸物件を借りるためには、不動産会社に行って部屋を見せてもらわないといけませんでした。

しかし、インターネットが発達し、不動産業界も不動産とインターネットを融合させた不動産テックにより、新しいサービスが新たに提供されています。

中でもVirtual Reality(以下VR)=仮想現実の技術を使ったVR内見を使えば、家にいながら物件の内見をすることが可能です。

VR内見をするには、VR内見システムや3D映像を作成する360度カメラなどが必要になります。

今回は、おすすめのVR内見・内覧サービスを人気ランキング形式で紹介します。

VR内見・内覧サービスの選び方のポイント・注意点3選を紹介!

VR内見は2016年に登場し、ここ数年で一気にサービスをする賃貸仲介業者が増えています。

これまで賃貸物件を決めるには、何件も内見する必要があり、最悪の場合は一度で決まらないケースもあります。

遠方や時間のないお客様にとっては、賃貸物件を探すことは非常に大変な作業です。

それがVR内見によって、お家にいながら内見が出来るようになりました。

今後VR内見はスタンダードになると考えられており、他社との差別化をする上でも、導入を検討される賃貸仲介業者の方も多いと思います。

ここでは、VR内見を始めるにあたって、VR内見・内見サービスの選び方のポイント・注意点をご紹介いたします。

VR内見をするための流れを理解しておく

インターネット上でVR内見をするためには、まず各社のVR内見システムを比較し、導入する必要があります。

VR内見システムは、開発会社によってそれぞれ特徴がありますので、お客様にどういったサービスを提供したいかによって、導入するシステムを検討しましょう。

次は、VR内見用に360度カメラなどの専用機器を使って映像を撮影します。

撮影した映像をVR内見システムにアップすれば準備は完成です。

アップされた映像は、会社のHP等で閲覧することが出来、お客様は内見したい物件があれば、スマートフォンとVRゴーグルを使ってVR内見することが出来ます。

どの機能を重視するかをチェック

VR内見システムを導入するにあたっては、操作のしやすさ、市販のカメラで映像が作成できる、独自の撮影アプリを導入しているといった様々な機能があります。

新築を取り扱う場合には、建物の内観・外観のCGを作成してVRで見せることが出来るものもあります。

又、VRゴーグルは一般のものでも問題はありませんが、独自の小型ゴーグルを提供している会社もあります。

自社では、どの機能を重視すべきかをきちんと検討し、VR内見システムを導入する必要があります。

VR内見・内見サービスを活用すれば、業務効率、成約率、集客はアップするのか

VR内見システムを導入する一番の目的は、やはりお客様へのサービス向上だと思います。

他社との差別化を図る上でもVR内見を活用するのは非常に有効な手段です。

しかし、企業としては単に顧客満足度が上がったので良いということにはなりません。

VR内見を導入したことで、案内する物件の数が減って業務効率が改善した、ある程度VR内見で確認してから内見に行くので成約率がアップした、サイトへの集客が大きく増えたという例も多いです。

しかし、気軽に内覧できる分、成約率が落ちたという例もあります。

業務効率は改善するのか、成約率、集客はアップするのかをある程度シミュレーションした上でVR内見の導入を検討する必要があります。

VR内見・内覧サービスのおすすめ人気ランキング6選を徹底比較!【2020年最新】

VR内見の導入にあたって、どのVR内見・内覧サービスを使えば良いかと悩まれる方も多いと思います。

導入にはコストが掛かりますので、それぞれのVR内見・内覧サービスの機能や特徴の違いについて理解した上で選ばないと失敗してしまいます。

次は、VR内見・内覧サービスの機能や特徴について、人気ランキング形式でご紹介いたします。

VR内見・内覧サービスおすすめ人気ランキング①VR内見(NURVE)

NURVE(ナーブ)は、不動産だけでなく、レジャー、ブライダルやバーチャル店舗など幅広い分野にVRサービスを提供している会社で、VR内見の先駆けとも言える会社です。

NURVEはクラウド上にVRコンテンツを作成するソフトで、独自の撮影アプリを使って撮影時の負担を軽減し、AIによる画質向上など編集面で負担を減らす工夫がされています。

VR内覧時は、お客様が見ている映像をスタッフも一緒に見て捜査をすることが出来る独自の機能を搭載しており、効果的な接客が可能です。

他にもVR技術を使って、ホームステージング、家具や小物類などをCGで設置したり、不要な家具を削除したりすることもできます。

ナーブの会社概要

運営会社ナーブ株式会社NURVE,Inc.
設立日2015年10月15日
資本金1億円(2019年9月末時点)
従業員数従業員数40名規模(2020年2月26日現在)
本社住所東京都千代田区大手町1-1-1大手町パークビルディング7F
 URLhttps://www.nurve.jp/

VR内見・内覧サービスおすすめ人気ランキング②house VR

house VR は、VRbouz社が不動産会社向けに開発したVRコンテンツ制作が可能なクラウドサービスで、住宅の室内の360°パノラマ撮影された写真を使って簡単にVRコンテンツの制作が可能です。

市販の対比2:1の360°画像が出力できるカメラであればメーカーを問わず利用できます。

宣伝、説明など、バーチャル空間上にピンポイントで自由にカスタマイズできるホットスポット機能や独自の画像処理技術で従来のカメラのような歪みのない映像を提供できます。

VRbouzの会社概要

運営会社VRbouz株式会社
設立日2016年11月
資本金記載なし
従業員数記載なし
本社住所愛知県名古屋市東区東桜一丁目10番9号 栄プラザビル3階
URLhttp://www.vrbouz.com/

VR内見・内覧サービスおすすめ人気ランキング③スペースリー

スペースリーは、不動産分野を中心に観光や旅行など2000社以上が利用しているクラウドサービスです。

高品質のVRコンテンツが、パノラマ写真をアップロードするだけで自動作成できます。

AI画質処理や顧客視線データ分析など最先端技術をシンプルな操作で利用でき、360°カメラやVRゴーグルの互換性も幅広いのが特徴です。

不動産事業者の継続利用率は、98.5%(2019年4月時)と高い評価を得ています。

スペースリーの会社概要

運営会社株式会社スペースリー (Spacely, Inc.)
設立日2013年8月
資本金2億6,796万円 (2019年7月現在)
従業員数記載なし
本社住所東京都渋谷区渋谷3-6-20 第5矢木ビル5F
 URLhttps://www.green-japan.com/company/6295

VR内見・内覧サービスおすすめ人気ランキング④THETA 360.biz

THETA 360.bizは、リコーが企業向けに提供しているTHETAの360度パノラマ画像を活用してVR用映像を作成するクラウドサービスです。

スマートフォンにアプリをダウンロードし、撮影した360度パノラマ画像をアップするだけで簡単にVR用映像が作成できます。

作成が完了すれば、URLが発行され、そのURLをメールやSNSで送信するだけで画像を共有することが出来ます。

お客様と一緒の画像が見られるVR Presenter、CGの家具などを配置してバーチャルステージングが行えるVRステージングも利用できます。

リコーの会社概要

運営会社株式会社リコー
設立日1936年2月6日
資本金1,353億円(2020年3月31日現在)
従業員数90,141名(2020年3月31日現在)グループ全体
本社住所東京都大田区中馬込1-3-6
 URLhttps://jp.ricoh.com/company/data/

VR内見・内覧サービスおすすめ人気ランキング⑤ZENKEI 360

ZENKEI 360は、リコーのTHETAを使って360度パノラマ画像を撮影し、画像と一緒に間取りなどの物件情報をサイトにアップすれば、約10分でVR用映像が作成できるクラウドサービスです。

スーモやホームズなどのポータルサイトや多く不動産会社が導入しており、100万物件以上のVR用映像がアップされています。

機能面では、図面で立ち位置や目線の方向が確認できる図面・視野表示、パノラマ映像の中を自由に歩き回れるウォークスルー機能などがあります。

全景の会社概要

運営会社全景株式会社 (ZENKEI Corporation)
設立日1995年4月
資本金1億円
従業員数記載なし
本社住所石川県金沢市大豆田本町甲48-1
 URLhttps://360.zenkei.com/company.html

VR内見・内覧サービスおすすめ人気ランキング⑥不動産VR

不動産VRは、建築前の内観や外観をWEB上のVRで体感できるクラウドサービスです。

CGへ特化したVRコンテンツ作りに力を入れており、CGの作成に加えて、360度パノラマ画像の撮影もプロのカメラマンを使うなど、不動産VRが2週間かけてVRコンテンツ作成してくれます。

プロが作成してくれるので、他社とは違うクオリティの高いVR内見の提供が可能です。

クオリティが高い分費用が高く、戸建ての場合は、外観のみのパターンで(例)140,000円〜と内観・外観パターンは(例)560,000円〜となっています。

VR画像にCGで家具などホームステージングしてくれるサービスのかぐおくんは、9,800円〜です。

VRの会社概要

運営会社株式会社VR
設立日記載なし
資本金記載なし
従業員数記載なし
本社住所横浜市西区高島2-11-2スカイメナー横浜2F
 URLhttps://fudosan-vr.jp/

VR内見サービス6選を表でわかりやすく紹介

会社名 VR内見 house VR  スペースリーTHETA 360.biz ZENKEI 360 不動産VR
サービス内容クラウドサービスクラウドサービスクラウドサービスクラウドサービスクラウドサービスVRコンテンツの制作
フリー(お試し)プラン××××
初期費用100,000円(スタンダード)
月額利用費4,980円〜10,000円〜(houseVRプラン)その他プランあり4,980円〜(Personalプラン)その他、Business、容量無制限プランあり10,000円(スタートプラン) 30,000円(ビジネスプラン) 50000円(エンタープライズプラン)5,000円(ライト) 10,000円(スタンダード)無 外観のみ140,000円 内観・外観560,000円
CG対応  ××

まとめ

VR内見システムを使えば、新築・中古物件の売買や賃貸物件の内見において、家や事務所内で手軽に行えるので非常に便利です。

お部屋探しが難しい遠方や忙しい人だけでなく、内覧する手間を省きたいといった顧客も増えています。

他社との差別化や顧客サービスといった点において、今後VR内見サービスを導入する企業は増えていくと思います。

VR内見に加えてIT重説なども導入すれば、非対面で物件を借りることも可能になります。

導入にあたっては、VR内見・内覧サービスによって費用や機能は様々なので、会社の規模や取扱い物件数などを踏まえて検討してください。

The following two tabs change content below.

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。