今回不動産テックラボでインタビューをさせていただいたのは、不動産テックサービス「業者間物件流通サービス」を運営している日本情報クリエイト株式会社様です。

「業者間物件流通サービス」とは、管理会社と仲介会社の情報共有を効率化するサービス。

これまで電話やFAXで行っていた物件確認や資料の送付が、クラウド上でリアルタイムに確認できるようになるため、大幅な業務効率化が実現します。

業務を効率化したい不動産会社の方はもちろん、収益の向上を目指す不動産会社の方にも、ぜひチェックしていただきたいインタビューです。

「業者間物件流通サービス」の公式サイトはこちら⇒

Contents

日本情報クリエイト株式会社様へのインタビュー内容を紹介します

それでは早速、「日本情報クリエイト株式会社様」へのインタビュー内容を紹介していきましょう。

Q1. 「今回はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。まず最初に、業者間物件流通サービスの概要について簡単に教えていただけますか?」

管理会社と仲介会社の情報共有を効率化するサービスです。

接点のない不動産会社と接点を持つことも可能です。

仲介会社へのお知らせメール配信や、書類の共有機能はもちろん、集客サイトへの連動も簡単にできるようになり、集客率アップにも繋がります。

Q2. 「次に業者間物件流通サービスをスタートしたきっかけ・経緯を教えてください。」

従来の元付業者様と客付業者様との物件情報の共有は、お電話やFAXで物件確認を行い、資料をFAXやメールで受け取るという形でした。

今でも多くの業者様で行われております。

これをクラウド上で共有してリアルタイムに情報を確認できる環境を整備することが、全ての業者様の効率的な業務に繋がると考えました。

また、多く業者様にご利用いただき、業界全体の情報鮮度と量が増えることで、実際に物件探しをされている一般消費者の方にも貢献できると考えました。

Q3.「ここからは具体的な質問に入っていきたいと思います。元付会社と客付会社のそれぞれにどのようなメリットがありますか?」

まず元付会社様は、自社の物件情報を登録して他の不動産会社に共有できます。

・物件情報登録で様々な仲介業務に活用できる

・仲介会社に年中無休で物件共有ができる

・資料印刷やFAX送信など会社間の対応時間が削減できる

などのメリットがあります。

客付会社様は、他社の物件情報を仕入れて募集や広告に活用できます。

・複数の他社物件情報をいつでも確認できる

・他社物件をコピーして広告として二次掲載できる

・物件情報を自社ホームページやポータルサイトに一括掲載できる

などがメリットではないでしょうか。

Q4.「15,000店舗以上が会員になっていますが、どの点が特に好評でしょうか?」

まずは無料でサービスをご利用いただける点です。

元付・客付どちらの業者様も無料でご利用になれます。

リリース以降、新しい機能やサービスも随時追加されており、昨年には電子入居申込機能も無料でご利用いただけるようになりました。

また、有償サービスも充実しております。

ポータルサイトへの連動や自社ホームページへの物件掲載などもあり、集客強化にも活用できる点も評価していただいております。

Q5.「業者間物件流通サービスを構築する上で困難だったことはありますか?」

業者間物件流通サービスは、日本各地のそれぞれの地域ごとに構築していく必要があります。

例えば鹿児島県でサービスを構築できても、北海道でのサービスの広がりにはほとんど関係がありません。

そのため、当社の各営業所の営業担当者を中心に根気強く各エリアで不動産業者様方の賛同を得ていく必要がありました。

幸い、当社にはすでに賃貸革命などのユーザ様が日本全国に数千社いらっしゃいましたので、業者間物件流通サービスは早いスピードで各地で構築することができました。

Q6.「業者間物件流通サービスで今後追加していきたい機能などはありますか?」

既にリリースしている電子入居申込機能やライフライン取次機能に加えて、今後も日本の不動産業界、ひいては住生活の発展に寄与するサービスを順次リリースしていく予定です。

Q7.「日本情報クリエイト株式会社様はエンジニアが多いのですか?どのような企業か教えてください

たしかにエンジニアは多く在籍しております。

当社は、企画・開発そして販売からサポートまでのほとんどを自社で行っております。

住生活・不動産業界に特化したサービスを提供しておりますので、全てを自社で行っていることで、時代に適したサービスの提供を迅速に行えていると考えております。

当社は、宮崎県に本社がございます。

そして北海道から九州まで11拠点にてお客様をサポートさせていただいております。

不動産業は地場産業としての側面もございますので、現地でサポートすることでお客様がより良い未来に向かえるように支援させていただいております。

更に各拠点にて営業・サポートメンバーの増員を行い、お客様の支援体制を強化する予定です。

Q8.「ITソリューション企業は他にもたくさんありますがどのような独自性や優位性がありますか?」

当社は1994年の創業当初より不動産業界のDX化を推進してまいりました。
これまでインターネット、クラウドサービス、スマートフォンの登場など様々な時代の変化がございましたが、
 
当社は時代の変化に合わせて不動産業界のDX化となるソリューションを提供し続けてまいりました。

これまでの当社の事業活動と今後の中長期ビジョンが評価され、経済産業省が定める「DX認定事業者」に認定をいただくこととなりました。

 
今後も不動産業界に寄与できるサービスを提供してまいります。

現在、15000店舗以上の不動産業者様との取引がございますので、不動産業界にとってあるべき姿・これから向かうべき未来を常に考えサービスを提供しております。

ですので、私どもの強みは、今までの経験値と新しいテクノロジーを融合して、今後の未来に向けたサービスを開発・提供していけることだと考えております。

Q9.「具体的な日本情報クリエイト株式会社の将来的なビジョン・ゴールがあれば教えてください。」

住生活・不動産業界にとって、なくてはならない存在になることです。

そのためには、不動産業者様・一般消費者の方にとって、より良いサービスを提供することが大切だと思っております。

そして、最終的には不動産業界の発展に寄与できればと考えております。

Q10.「最後にインタビュー記事の読者に向けて、一言お願いします!」

賃貸・売買や管理主体・仲介主体に関わらず、業務の効率化や収益の向上を目指していらっしゃる不動産会社様には、ぜひ、当社のホームぺージより各種サービスをご確認いただければ幸いです。

具体的なご検討については、資料請求をお願いいたします。

また、既に当社のサービスをお使いいただいている会社様には、当社の今後のリリース情報にご期待をいただきたいと思います。

日本情報クリエイト株式会社の会社情報

会社名日本情報クリエイト株式会社
所在地宮崎県都城市上町13街区18号
代表取締役社長米津健一
公式サイトURLhttps://www.n-create.co.jp/

最後に

今回は、「業者間物件流通サービス」を提供している日本情報クリエイト株式会社様のインタビュー記事を紹介しました。

不動産業界の根幹に関わるサービスを、テックとリアルの両方の取り組みで叶えて行く姿が印象的でした。

今後もさまざまな機能がリリースされるとのことなので、非常に楽しみですね。

今回の記事で興味を持たれた方は、ぜひ下記のリンクから業者間物件流通サービスの公式サイトをチェックしてみてください。

業者間物件流通サービスの公式サイトはこちら⇒

日本情報クリエイト株式会社様、今回はお忙しい中インタビューをお受けいただき、ありがとうございました!