「日本財託で不動産投資をしようか考えているけど、実際どうなんだろう?」

「実際に不動産投資をした人やセミナーに参加した人の感想を聞いてみたい!」

など、これから日本財託で投資をしようと考えている人に向けて、評判や口コミ、他社と比べた際の強みなどを紹介していきます。

今回の記事を読めば、日本財託の不動産投資に関する悩みは解決できるよう書いていくので、ぜひ参考にしてください。

関連記事⇨不動産投資セミナーおすすめランキング8選を徹底比較!

不動産投資のプロに第三者視点で相談できるサービス「セカオピ」

これから不動産投資を始めようとしている人の中には、

「本当にこの会社の投資物件を買っても大丈夫かな?」

「投資物件の金額やシミュレーション結果は本当に妥当なんだろうか?」

など不安に思う人も多いはず。数千万円単位の融資を組むわけですから、不安に感じるのは当然です。

せっかく将来のために投資を始めたにもかかわらず、その不動産のせいで自己破産したり、多額の借金をする状況などは絶対に避けたいですよね。

ただし、完全に初心者から始めて十分なリターンを得られる人はごくわずかですから、本来であればお金を払ってでもプロに相談すべきです。

「でも、プロに相談できるだけのお金もないし、そもそもそういったツテもない・・・。」

と感じる人にそこでぜひ活用して欲しいのが、無料で第三者の不動産投資のプロに相談できる「セカオピ」です。

セカオピは気軽にプロのフィナンシャルアドバイザーや不動産鑑定士に相談ができるサービス。

不動産の免許を取得していないため、セカオピから不動産投資の営業を受けることなどもありません。

購入を避けるべき不動産会社や物件についても、第三者視点でアドバイスしてもらえるので、これから不動産投資を始めようと考えている人はぜひ活用してみてください。

セカオピの公式サイトはこちら⇨

日本財託の不動産投資セミナーの評判・口コミまとめ

まず日本財託でセミナーを受けた人の口コミ・評判を紹介していきます。

日本財託の悪い評判・口コミ

SNSを中心に投資家の方々の口コミを検索してみましたが、日本財託のセミナーについて悪いという口コミはありませんでした。

見つかり次第、こちらにも情報を追記していきます。

日本財託の良い評判・口コミ

日本財託についての良い評判や口コミをご紹介しますね。

https://twitter.com/csyk1004/status/1177768322516938752

他社のセミナーにも参加しましたが、日本財託のセミナーはダントツで品質が高く、非常に勉強になりました。

会場や受付の方の雰囲気もとっても良かったです。

20代 男性会社員 都内在住)

日本財託のマンション投資はとても堅実で、確かに将来のために非常によい投資方法だと感じました。

30代 男性 会社員 埼玉県在住)

不動産投資会社は、ビジネスの性質上ネガティブな意見が集まりやすいです。

匿名のTwitterでは本来特に批判的な意見が集まりやすいのですが、日本財託は同業の不動産会社勤務の人からも高い評価を得ているのが印象的でした。

日本財託の公式サイトはこちら⇨

日本財託のワンルームマンション投資の3つのメリット・強み

次に、日本財託の不動産投資の3つのメリット・強み、

  1. 値ごろ感のある中古マンション投資
  2. 空室リスクを避けるために需要の多い東京都内中心
  3. 投資・管理・またご家庭への信託業務も一貫して行うワンストップサービス

について、紹介をしていきます。

1.値ごろ感のある中古マンション投資

不動産投資で利益を出すためには、購入価格・維持管理費・空室リスクこのバランスを取ることが必要です。

東京でのマンション投資は多いですが、一般人に手が出る金額とすれば自ずと上限があります。

高い家賃収入を得られるとしても億単位のマンション投資ができるのは一部の富裕層だけでしょう。

築年数が経っても良い場所であれば集客が可能です、投資金額を低く長期安定で家賃収入を得ることが出来れば相続対策にも有効です。

2.空室リスクを避けるために需要の多い東京都内中心

空室リスクを減らしコンスタントに家賃収入が入るマンション投資は堅実な方法です。

しかし、家賃が入らなければ投資は失敗します。

でも東京都内の場所が良いマンションならそれが可能です。

東京は常に需要があり、コンスタントな入居が見込めます、そのための東京都内で

のワンルームマンションなのです。

現在、日本財託での入居率は99.71%です。

この高い入居率が安定投資に結びつきます。

3.投資・管理・またご家庭への信託業務も一貫して行うワンストップサービス

不動産投資はマンションを購入し、入退者が居ればそれで終わりということではありません。

人が住む以上は、トラブル・クレームなど様々な対応が必要となるでしょう。

その管理はやはりプロに任せたほうがベストです。

そして、最後は資産としての不動産投資を継承することになるでしょう。

ご主人様に万一の場合が起きても、不動産投資の相続についてのご相談も一括して日本財託で対応することが可能です。

日本財託のワンルームマンション投資のデメリット

中古ワンルームマンション投資の日本財託についてのデメリットをお伝え致します。

1.地方の投資物件には対応されていない点

東京都が最も需要があるのは間違いないですが、その他首都圏や関西などにも中古マンションは多数あります。

口コミでもありましたが、中古マンションとはいえ東京のマンションはやはり地方に比べて高額です。

名古屋・大阪など大都市圏でのマンション投資を展開されていないのは残念なところでしょう。

2.セミナーも東京都が中心である点

投資対象が東京都内の中古マンションのためか、セミナー開催地もほとんど東京本社がメインです。

地方の方にとっては、参加のハードルがかなり高いと言えるでしょう。

日本財託の公式サイトはこちら⇨

日本財託で不動産投資を始めるためのステップを紹介

日本財託で実際に東京の中古マンション投資をするステップを具体的にご紹介致します。

資料請求やセミナーを経て個別相談に参加

自宅や資産状況、年金額などの情報を伝え、最適な不動産投資をご提案します。

担当者から物件の紹介

日本財託は、ほとんどの物件が2,000万円以下で販売されています。

この中から投資物件を選択していきます。

購入資金の調達

預金の解約または退職金、それもと融資にするのか資金調達には多くの選択肢があります。

中には子供たちと同居や、サービス付き高齢者住宅に住む方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合の自宅売却についてもすべて日本財託へ依頼可能です。

契約

物件が決まり、資金調達のめどが立ったらいよいよ契約です。

その際物件の管理契約もご希望なら一緒に契約し後は家賃収入を待つだけです。

他の収入も合わせて税務申告のセミナーもありますので安心ですね。

日本財託の公式サイトはこちら⇨

日本財託の不動産投資をオススメしたい人の特徴

日本財託の不動産投資をおススメしたいのは、資産形成に興味があって、長期的に安定投資を希望されている方でしょう。

財産を託すという「財託」という言葉を会社名に入れているのは、相続・資産継承を視野にいれての投資を目指しているからです。

日本財託の業務内容の中には、自宅の売却またはライフプランニングとして生命保険業務もあります。

投資家とそのご家庭すべてのライフイベントや投資状況も踏まえての財産管理を安心して任せられるのが日本財託の不動産投資です。

日本財託の会社情報まとめ

株式会社日本財託は、1990年に創業された会社で、30年の歴史を誇ります。

グループの社員数は244名の大所帯で、宅地建物取引士の保有者が138名、その他にも多数の有資格者が在籍しています。

長期間に渡って物件の入居率99パーセント以上を継続しているので、会社としての規模や安心感、実績まで申し分ない会社であると言えるのではないでしょうか?

日本財託の会社概要

会社名

株式会社 日本財託

代表取締役

重吉 勉

会社設立

199010

本社所在地

東京都新宿区西新宿1-22-2新宿サンエービル9

資本金

8,000万円

まとめ

日本財託について、その評判や投資内容について紹介してきました。

批判的な意見が多く飛び交うTwitterでも高い評価が多く、会社として評価されていることがわかります。

会社の規模や物件の運営実績なども申し分ないので、興味のある方はまずセミナーから参加してみてください

日本財託の公式サイトはこちら⇨

今回の記事があなたの参考になれば幸いです。

不動産投資のプロに第三者視点で相談できるサービス「セカオピ」

これから不動産投資を始めようとしている人の中には、

「本当にこの会社の投資物件を買っても大丈夫かな?」

「投資物件の金額やシミュレーション結果は本当に妥当なんだろうか?」

など不安に思う人も多いはず。数千万円単位の融資を組むわけですから、不安に感じるのは当然です。

せっかく将来のために投資を始めたにもかかわらず、その不動産のせいで自己破産したり、多額の借金をする状況などは絶対に避けたいですよね。

ただし、完全に初心者から始めて十分なリターンを得られる人はごくわずかですから、本来であればお金を払ってでもプロに相談すべきです。

「でも、プロに相談できるだけのお金もないし、そもそもそういったツテもない・・・。」

と感じる人にそこでぜひ活用して欲しいのが、無料で第三者の不動産投資のプロに相談できる「セカオピ」です。

セカオピは気軽にプロのフィナンシャルアドバイザーや不動産鑑定士に相談ができるサービス。

不動産の免許を取得していないため、セカオピから不動産投資の営業を受けることなどもありません。

購入を避けるべき不動産会社や物件についても、第三者視点でアドバイスしてもらえるので、これから不動産投資を始めようと考えている人はぜひ活用してみてください。

セカオピの公式サイトはこちら⇨

The following two tabs change content below.
【執筆・監修】松本拓也

【執筆・監修】松本拓也

投資家歴10年の個人投資家。ベンチャー企業の役員も務める。慶應義塾大学在学中に株式投資を始め、米国から新興国まで含んだ世界中の株式投資、債券、不動産、コモディティまで幅広く運用中。2014年から不動産中古ワンルームマンション投資、2017年からロボ投資、2018年からソーシャルレンディング、不動産投資クラウドファンディングも開始し、現在も継続中。