「日本財託で不動産投資をしようか考えているけど、実際どうなんだろう?」

「日本財託で不動産投資をした人や、セミナーに参加した人の感想を聞いてみたい!」

この記事では日本財託にこんな疑問をお持ちの方に向けて、評判や口コミ、他社と比べた際の強みなどを紹介していきます。

今回の記事を読めば、日本財託の不動産投資に関する悩みを解決できるよう書いていくので、ぜひ参考にしてください。

日本財託の公式サイトはこちら⇒

関連記事⇒不動産投資セミナーおすすめランキング9選を徹底比較!

投資のプロがおすすめする「TECROWD」(平均利回り8%)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気ですよね。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、平均想定利回りは8.0%以上を維持しています。

またTECROWDは今まで元本割れゼロですので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

少額から高利回りの不動産投資を始めてみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

TECROWDの詳細記事を見る

TECROWDの公式サイトを見る

日本財託の不動産投資セミナーの評判・口コミまとめ

まず最初に、日本財託でセミナーを受けた人の口コミ・評判を紹介していきます。

日本財託の悪い評判・口コミ

SNSを中心に投資家の方々の口コミを検索してみましたが、日本財託のセミナーについて悪く言う口コミはありませんでした。

見つかり次第、こちらにも情報を追記していきます。

日本財託の良い評判・口コミ

次に、日本財託についての良い評判や口コミをご紹介します。

avatar
20代 男性会社員 都内在住

他社のセミナーにも参加しましたが、日本財託のセミナーはダントツで品質が高く、非常に勉強になりました。
会場や受付の方の雰囲気もとっても良かったです。

avatar
30代 男性 会社員 埼玉県在住
日本財託のマンション投資はとても堅実で、確かに将来のために非常によい投資方法だと感じました。

不動産投資会社はビジネスの性質上、ネガティブな意見が集まりやすいです。

Twitterではその傾向が特に顕著ですが、日本財託は同業の方からも高い評価を得ているのが印象的でした。

またセミナーの品質が高く、内容はもちろん会場や受付の雰囲気もよいと高評価でした。

実際に利用している方の口コミは大変参考になりますね。

日本財託の公式サイトはこちら⇒

日本財託の不動産投資のメリット・強み3選

次に、日本財託の不動産投資の3つのメリット・強み

  • 値ごろ感のある中古マンション投資
  • 需要の多い東京都内中心で空室リスクを避ける
  • 管理業務も一貫して行うワンストップサービス

について、紹介をしていきます。

日本財託の不動産投資のメリット・強み1.値ごろ感のある中古マンション投資

不動産投資で利益を出すためには、購入価格・維持管理費・空室リスクのバランスを取ることが大切です。

東京でのマンション投資は多いですが、一般人に手が出る金額のマンションを探すとなるとなかなか大変です。

高い家賃収入を得られるとしても、億単位のマンション投資ができるのは一部の富裕層だけでしょう。

そこで日本財託は、値ごろ感のある中古ワンルームマンション投資をおすすめしています。

築年数が経っても良い場所であれば集客が可能ですし、投資金額を低く長期安定で家賃収入を得ることができれば、相続対策にも有効です。

日本財託の不動産投資のメリット・強み2.需要の多い東京都内中心で空室リスクを避ける

コンスタントに家賃収入が入るマンション投資は堅実な方法に見えますが、家賃が入らなければ投資は失敗してしまいますね。

日本財託が提供するのは、東京都内の好立地のマンションです。

東京は常に需要があり、コンスタントな入居が見込めるため、空室リスクを抑えることができます

2022年6月末時点、日本財託での入居率はおよそ98です。

この高い入居率が、安定投資に結びつきます。

日本財託の不動産投資のメリット・強み3.管理業務も一貫して行うワンストップサービス

不動産投資は、マンションを購入したら終わりではありません。

人が住む以上は、トラブル・クレームなど様々な対応が必要となるでしょう。

マンションの管理は、やはりプロに任せるのがベストです。

日本財託なら管理代行契約も結べるため、物件を安心して任せられます。

日本財託の不動産投資のデメリット・注意点2選

次に、中古ワンルームマンション投資の日本財託についてのデメリット2点

  • 地方の物件には対応していない
  • 対面でのセミナーは東京のみ

についても解説していきましょう。

日本財託の不動産投資のデメリット・注意点1.地方の物件には対応していない

東京に最も需要があるのは間違いないですが、その他の首都圏や関西などにも中古マンションは多数あります。

しかし東京のマンションは地方に比べて高額なので、手が出せない方も多いのではないでしょうか。

そこで地方の割安なマンションに目を向ける方もいますが、日本財託は地方の物件には対応していません。

名古屋・大阪などの大都市圏に対応していないのは、残念なところかもしれません。

日本財託の不動産投資のデメリット・注意点2.対面でのセミナーは東京のみ

投資対象が東京都内の中古マンションのためか、セミナー開催地も東京本社のみです。

オンラインセミナーも開催されていますが、「対面で話を聞きたい」という地方の方にとっては、参加のハードルがかなり高いと言えるでしょう。

日本財託の公式サイトはこちら⇒

日本財託で不動産投資を始めるためのステップを紹介

それでは、日本財託で実際に東京の中古マンション投資をするステップをご紹介します。

1.資料請求やセミナーを経て個別相談に参加

自宅や資産状況、年金額などの情報を伝えましょう。

不動産投資について不明な点があれば、遠慮なく質問してください。

2.担当者から物件の紹介

日本財託は、年収500万円未満の方でも購入できるお手頃な物件を多数取り扱っています

この中から投資物件を選択していきましょう。

3.購入資金の調達

預金の解約または退職金、それとも融資にするのかなど、資金調達には多くの選択肢があります。

無理のない資金調達方法を選択してください。

4.契約

物件が決まり、資金調達のめどが立ったらいよいよ契約になります。

管理代行契約も結べば、あとは家賃収入を待つだけです。

日本財託の公式サイトはこちら⇒

日本財託の不動産投資をおすすめしたい人の特徴

日本財託の不動産投資をおすすめしたいのは、資産形成に興味があって、長期的に安定投資を希望されている方でしょう。

財産を託すという「財託」という言葉を会社名に入れているのは、相続・資産継承を視野に入れて、顧客と一生涯付き合っていくことを目指しているからだそうです。

日本財託の業務内容の中には、ライフプランニングとして生命保険業務や自宅の売却もあります。

投資家とそのご家庭すべてのライフイベントや投資状況も踏まえての財産管理を安心して任せられるのが、日本財託の不動産投資です。

日本財託の会社情報まとめ

株式会社日本財託は、1990年に設立された会社で、30年の歴史を誇ります。

グループの社員数は273名の大所帯です。

宅地建物取引士の保有者が165名、その他にも多数の有資格者が在籍しています。

物件の入居率は98%以上を継続しているので、会社としての規模や安心感、実績に至るまで、申し分ないと言えるのではないでしょうか。

日本財託の会社概要

会社名

株式会社日本財託

代表取締役

重吉 勉

会社設立

199010

本社所在地

東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル5F・9F・10F・13F

資本金

8,000万円

まとめ

日本財託の不動産投資について、評判やメリット・デメリットを紹介してきました。

日本財託が提供するのは東京都内の好立地のマンションであり、需要があります。

空室リスクが少なく、安定的な家賃収入が見込まれるでしょう。

地方の物件には今のところ対応していませんが、これから取り扱いの範囲を広げていく可能性はあります。

批判的な意見が多く飛び交うTwitterでも高い評価が多く、会社として評価されていることが分かります。

会社の規模や物件の運営実績なども申し分ないので、日本財託の不動産投資に興味のある方は、まずセミナーから参加してみてはいかがでしょうか。

日本財託の公式サイトはこちら⇒

今回の記事があなたの参考になれば幸いです。

 

投資のプロがおすすめする「TECROWD」(平均利回り8%)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気ですよね。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、平均想定利回りは8.0%以上を維持しています。

またTECROWDは今まで元本割れゼロですので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

少額から高利回りの不動産投資を始めてみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

TECROWDの詳細記事を見る

TECROWDの公式サイトを見る