賃貸用の不動産を保有しているオーナーさんは、「鍵」に関する悩みを多く持っているのではないでしょうか。

「仲介会社や内装業者との鍵の受け渡し、管理が面倒・・・。」

「入居者の入れ替わりのタイミングで発生する鍵交換の費用や手間がばかにならない。」

そんな人にぜひ知ってほしいサービスが、株式会社ライナフが提供しているスマートロック「Ninja Lock M」です。

Ninja Lock Mは、従来の物理的な鍵での開閉だけでなく、暗証番号やカードギー、アプリでも開閉ができる便利なスマートロックです。

利便性の向上のみならず、コストをおさえながらセキュリティを高められるNinja Lock Mについて、詳しく解説をしていきます。

興味のある人はぜひ読み進めてみてください。

Ninja Lock Mの公式サイトはこちら⇒

Ninja Lock Mの特徴・メリット

まず最初に、Ninja Lock Mのメリットについて紹介しましょう。

主な特徴として挙げられるのは以下の5つ。

  1. 鍵交換の必要がないからコストが安く済む
  2. ドアの追加工が必要ない
  3. 入居者フレンドリーな機能が充実している
  4. 内見時にかぎの受け渡しの必要がない
  5. 美和ロックと共同で開発しているから安心感抜群

順番に解説します。

鍵交換の必要がないからコストが安く済む

Ninja Lock Mは従来の鍵と比べて、トータルでの設置コストが安く抑えられます。

なぜなら、Ninja Lock Mはカード式、アプリ、パスワードの方法で開錠することができ、いずれの方法も途中で開錠する権限を変更できるから。

入居者が退去した後は、以前のキーを使用不可にして新しいキーを設定することで、次の入居者だけが利用できるようになります。

ドアの追加工が必要ない

Ninja Lock Mは、設置のタイミングで別に設置工事や配線工事を行う必要がありません。

室内・室外の鍵の部分に、あとづけで設置できる手軽さも、大きなメリットです。

入居者フレンドリーな機能が充実している

スマートキーは便利なツールでメリットも多いですが、通常の鍵にはないデメリットや注意点も存在します。

例えば、スマートキー自体の電池が切れてしまうこと。

Ninja Lock Mなら、充電の残量の残りがわずかになったタイミングでお知らせ機能がついています。

万が一充電が切れてしまった場合でも、市販の9Vの電池を使うことで一時的に作動させることも可能です。

また、自動で閉まるオートロックに加え、一定時間が経過すると鍵がかかるタイマーロック機能も搭載されています。

もし、カードキーを忘れた場合はテンキー入力、テンキーの番号を忘れてもアプリで開錠、スマホを忘れた場合は従来の鍵方式で開けられるので、鍵が開けられなくなることはまずありません。

スマートキーのデメリットの部分をしっかり解消している点も、安心して利用できる理由ですね。

内見時にかぎの受け渡しの必要がない

不動産の賃貸物件はオーナーだけでなく、

  • 仲介会社
  • 内装業者
  • 工事業者

等さまざま人が出入りをします。

その都度鍵の受け渡しをしていては面倒ですし、セキュリティ面での不安もあります。

Ninja Lock Mであれば、一定期間のみ鍵を開錠できるように設定したり、一度だけ利用できる「ワンタイムパスワード機能」等もあるので、手間をなくしながらかつセキュリティを高く保つことができます。

美和ロックと共同で開発しているから安心感抜群

あなたは「MIWA」と書かれた鍵を見たことはありませんか?

多くの人が一度は見たことがあると思うのですが、実は従業員1000名を超える美和ロックという会社が製造をしています。

美和ロックは、建築用錠前の生産で国内の6割以上のシェアを誇り、世界50か国以上に鍵を販売している超優良企業です。

Ninja Lock Mは、その美和ロックと共同開発された製品なので、抜群の安心感があります。

 

〜特集記事〜

自己資金1万円からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」とは?

話題の「FANTAS FUNDING(ファンタスファンディング)」の評判や特徴をわかりやすく解説!

Ninja Lock Mのネット上の評判・口コミ

続いて、Ninja Lock Mに関しての口コミや評判を、リアルな声が飛び交うTwitterからいくつか紹介しておきます。

多くの人がサービスへの期待の声を寄せていました。

また、美和ロックとの共同開発に驚いている声もいくつか見られましたね。

実際に使った感想のツイートは見つかりませんでしたが、これから多くの人に使われていくでしょう。

Ninja Lock Mの運営会社ライナフの会社情報

最後に、Ninja Lock Mを運営する「株式会社ライナフ」の会社情報を紹介しておきましょう。

代表の滝沢潔さんは、三井住友信託銀行で資産運用を担当していた元銀行マン。

24歳の若さで不動産投資を始め、4棟のマンション・ビルを所有するオーナーでもあります。

ライナフが提供しているサービス

ライナフは、Ninja Lock M以外にも、以下のような不動産サービスを提供しています。

  • Ninja Lock
  • Ninja Entrance
  • スマート物確
  • スマート内覧
  • スマートブッキング
  • スマート会議室

Ninja Lock Mのようなスマートキーの別のタイプも発売していますし、不動産業務を効率化するサービスも提供していますよ。

運営会社ライナフの会社概要

会社名株式会社ライナフ
事業内容
  • 不動産管理向けシステムおよびアプリの開発、不動産活用サイトの運営
  • 不動産管理向けハードウェアの製造・販売
設立平成26年11月
住所〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町 8F
Googlemap

まとめ

管理の手間が削減され、カンタンに設置でき、トータルのコストが安くなり、そしてセキュリティ面も強化される。

Ninja Lock Mは調べれば調べるほどに、導入しない理由がないサービスでした。

まだまだスマートロックは一般に普及しているとは言えないので、今後より身近で当たり前になる時代がやってくるでしょう。

特に、賃貸物件を所有しているオーナーさんにとってメリットの大きいサービスかと思うので、興味のある人はぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね!

Ninja Lock Mの公式サイトはこちら⇒