セルフ内見型の賃貸サービス「OHEYA GO(オヘヤゴー)」が2019924日にオープンしました。

これまで賃貸物件の内見と言えば、不動産会社の担当者が同伴するのが常識でした。

OHEYA GOは、担当者不在でも借主が一人で内見ができる画期的なサービスです。

今回の記事では、OHEYA GOのサービスについてその特徴、メリット、デメリットについてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

OHEYA GOの公式サイトはこちら⇨

OHEYA GOってどんなサービス?

OHEYA GOサービスを一言で言うと、「セルフ内見型賃貸サービス」です。

希望する賃貸物件の見学(内見)を自分一人(セルフ)で行うことができます。

そんなセルフ内見を可能にしている機能が、スマートキー(スマートロック)です。

スマートキーとは、スマホなどを使って部屋の開閉を行うことができる技術のこと。

OHEYA GOで内見したい希望物件がある場合、すべてスマホ操作のみでスマートキーを入手し、担当者に会わずに自分だけで希望物件の内見をすることができます。

OHEYA GOサービスの特長とメリット

OHEYA GOサービスの特長は、先ほどもお伝えした通り「セルフ内見」と「スマートキー」です。

賃貸希望物件の見学(内見)を自分一人で行うことができるので、不動産屋さんに会うことなく見学ができます。

見学(セルフ内見)の日時も、自分の都合で自由に設定できるので、仕事の帰りに行くことも可能です。

不動産屋さんの同行が必要な一般的な内見は、不動産屋さんとスケジュールの調整をする必要があります。

また不動産屋さんにとっても、見学に同行する手間が省け、人件費の節減になります。

結果として経費節減で、仲介手数料も安くできることもメリットです。

また、実際に賃貸を行う場合、申込書、保証会社との契約、賃貸借契約など種々の手続きを行う必要があります。

一般的な場合は、これらの種々の手続きは書面に手書きで行います。

しかし、OHEYA GOサービスではこれらの手続きは全てスマホまたはパソコンで完結できます。

OHEYA GOサービスは、紙の書面での手続きが無い分、簡潔かつ簡単です。

またOHEYA GOサービスで内見ができる物件は全て賃貸可能な案件です。

よくある「おとり物件」(広告や集客用に掲載している物件で実際には賃貸できない)は無いことを特長としています。

また内見で何かトラブル(例えば誤って部屋の設備にキズを付けてしまった)が発生しても補償を受けることができるように予め保険に入ることが可能です。

OHEYA GOサービスはスマホのみで、物件の検索から、内見、契約まで可能です。

最短では1日で新しい部屋に入居することも可能です。

OHEYA GOの公式サイトはこちら⇨

OHEYA GOサービスのデメリット、注意点

OHEYA GOサービスのデメリットは、「内見に不動産屋さんが立ち会わないことによる情報不足」です。

賃貸物件のプロである不動産屋さんは書面に書いていない細かな情報も持ち合わせています。

例えば、近所の環境はどうか、病院、学校などの公共施設へのアクセスなど詳細な情報です。

実際そこに住んでみないと判らないような情報も持っている場合があります。

セルフ内見では不動産屋さん担当者の頭の中にある情報までは収集困難です。

これがセルフ内見のデメリットとなります。

また内見の時にその場で聞きたいことができても直ぐに回答はもらえません。

別途、問い合わせが必要となり時間のロスになる場合もあります。

セルフ内見では、内見で見るべき(確認すべき)項目を予め準備して効率よく目的を達成することが重要です。

またOHEYA GOサービスでは、部屋探しから契約して入居するまで、一切人に会うことなく完結できます。

人に会わないと「何かトラブルがあった場合にどう対処して良いのか」という不安があります。

対面での手続きであればその人のことはある程度わかります。

担当の人は丁寧で安心できると思えば気持ちも楽に進めることができます。

しかし相手はスマホの情報のみですのでこのOHEYA GOサービスを信用して進めるしかありません。

トラブル時の対応については予め確認しておくことが大切です。

またセルフ内見(OHEYA GOサービス)では対象となる物件は全てスマートキー対応物件のみとなります。

世の中の全ての賃貸物件がスマートキー対応ではないので、その分、対象となる物件は限られてきます。

これはこのサービスのデメリットです。

OHEYA GOサービスの利用方法

OHEYA GOサービスを利用する場合の進め方についてご紹介します。

OHEYA GOサービスはサイト(サイト URL:​https://oheyago.jp/ )で受けることができます。

サービスはスマホあるいはパソコンを使ってサイト上で次のステップで行われます。

ステップ1:物件の検索

サイト上に登録されている物件から、入居希望の物件を探します。

物件は日本地図の各地域別に区分されています。

賃貸を希望する地区をクリックして、物件を探してください。

各物件には写真以外に次の情報が記載されています。

物件の基本情報:住所、利用駅名と徒歩所要時間、建物(アパート)の名称、面積、賃料、契約期間、入居可能時期、築年数、構造(鉄骨か木造か)、間取り(平面図)、階数、窓の向き、シャワー、洗髪洗面化粧台、給湯、収納スペース、CATV、駐輪場、エレベーター、オートロック、ネット環境、エアコン、洗濯機室内外など。

また地図上から実際の物件の場所も一目でわかるようになっています。

ステップ2:内見予約

見学希望物件を決めるとカレンダーで日時を予約します。

予約はスマホから行い、即座に決定されます。

スマホで予約ができれば内見は確定です。

もちろん、都合で内見のスケジュールを変更することも容易にできます。

自分の都合で自由にスケジュールを設定できることがセルフ型内見の大きなメリットです。

ステップ3:スマートキー(鍵)の入手

内見予約後に本人認証手続きをし、その後でスマートキー()が送られてきます。

これらの操作 はすべてスマホで行われます。

本人認証手続きは一般的には運転免許証、パスポート等の写真をスマホで送付して行われます。

スマートキーは一種の暗証番号です。

内見物件のドアに設定されたスマートキー対応鍵にスマホから暗証番号を送信(スマホのBluetooth Low EnergyBLE)等を使用する)して鍵の開錠/施錠を行います。

この時、スマホには事前に専用アプリをダウンロードします。

ステップ4:内見

予約した日時に物件まで行き、スマートキーで開錠/施錠して、部屋の内見を行います。

この時、当然、不動産屋さんの担当者はいません。

スマートキーの利用が初めてとかあるいは慣れていない場合は、内見は日中の方が良いかも知れません。

もしスマートキーの操作で何か不具合があった場合に、日中であれば電話などで直ぐに対応がとれる可能性が高いです。

物件の内見で何か質問事項などができた場合にはスマホで問い合わせることも可能です。

但し、問い合わせが深夜とかの場合には回答に時間を要することもあります。

ステップ5:入居申し込み/契約

内見の結果、入居希望する場合、入居申し込みを行います。

その後、賃貸借契約を行い、手続き完了です。

これら手続きはすべてスマホから行います。

それぞれの賃貸物件にはそれぞれ管理する不動産屋さんが記載されています。

もし、OHEYA GOサービスで賃貸借契約をした後、また契約前でも何か特別に確認したことなどがあれば直接不動産屋さんに問い合わせることも可能です。

まとめ

OHEYA GOサービスの内容についてご紹介しました。

OHEYA GOサービスの特長は「セルフ内見」とそれを可能にする「スマートキー」です。

自分自身の都合に合わせて内見のスケジュールを自由に設定することが可能です。

またその後の賃貸借契約まで全てスマホのみで完結できるので簡単です。

煩わしい書面での手続きは一切不要です。

手続きが簡単なので人件費も抑えられ、契約手数料も約出来ます。

但し、対象案件はスマートキーが対応可能な物件に限られるので、対象物件の件数が気になります。

このサービスを提供しているイタンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 :野口 真平、以下「イタンジ」)はスマートキー対応の機器を10万個用意して普及に努めているとのことです。

スマートキーは最新型のキー(ロック)システムなので今後普及していくことは十分予想されます。

その結果、スマートキーが対応可能な賃貸物件の件数が飛躍的に伸び、OHEYA GOサービスがさらに普及して便利になることが期待されます。

OHEYA GOの公式サイトはこちら⇨