「不動産会社を何件もまわったけれど、どこからも仲介を断られた」

「権利関係が複雑で、売るのは難しいと言われてしまった」

「所有しているアパートで、ニュースになるような事件があった。不動産の価値が減ってしまったので、なんとか売りたい」

不動産は資産として大事なものですが、場合によっては「負動産」になってしまうことがあります。

負動産とは、一般的に所有しているだけで自分の資産が減っていく、資産としてマイナスになってしまう不動産のことです。

固定資産税は容赦なく請求されますし、空き家であれば手入れが必要になります。

「もう無駄な固定資産税は払いたくない」

「早く売ってしまいたい」

そう思って不動産会社に問い合わせても、よい返事がもらえることは少なく、仲介すら断られてしまうこともあるのです。

通常の売却で買い手がつかない物件(負動産)の処分に困っている人におすすめなのが、今回紹介する「不動産売却どうする?(旧お困り不動産どうする?)」です。

「不動産売却どうする?」は、通常買い手が見つかりにくい物件を専門に扱う不動産会社の中から、最適な会社を紹介してもらえるサービスです。

より高値で買取をしてくれる不動産会社を提案してもらえるので、自分で調べて会社を選ぶよりも、高値で処分できる可能性が高まります。

「いつも仲介を断られてしまう」という悩みを持っている方や、下記のような物件の処分を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

  • 再建築不可物件
  • 事故物件
  • 共有物件
  • 築古の空き家
  • 任意売却物件
  • 賃借人が住んでいる物件

それでは本文にまいりましょう!

「不動産売却どうする?」の公式サイトはこちら⇒

 

「不動産売却どうする?(旧お困り不動産どうする?)」の評判・口コミを紹介

「不動産売却どうする?」に関する口コミや評判を、Twtitterで探してみました。

「不動産売却どうする?(旧お困り不動産どうする?)」の評判・口コミ①

「不動産売却どうする?(旧お困り不動産どうする?)」の評判・口コミ②

好意的な声が多かったのですが、比較的新しいサービスであるせいか、実際に利用したの感想は見つかりませんでした。

利用者の口コミなどが見つかれば、随時こちらに追記していきます。

「不動産売却どうする?」の公式サイトはこちら⇒

「不動産売却どうする?(旧お困り不動産どうする?)」のメリット・特徴3選

ここからは、「不動産売却どうする?」のメリット・特徴3点

  • 複数社から最適な会社を選んでもらえる
  • 仲介ではなく買い取り
  • 個人情報保護システム

について、詳しく解説をしていきます。

「不動産売却どうする?(旧お困り不動産どうする?)」のメリット・特徴1.複数社から最適な会社を選んでもらえる

不動産会社を多くまわれば、必ずそこで記入しなければならないことがたくさんあります。

物件情報だけでなく、個人情報など周囲にあまり知られたくないことを詳細に記入する必要があります。

同じ事を何度も書くことは大変ですし、時間も手間もかかり、さらには個人情報を知られてしまう不安もあるかもしれません。

「不動産売却どうする?」では、なんとたった1回の入力で複数の不動産会社から最適な会社を紹介してもらえるのです。

1回の入力で済むことで、それぞれの大事な時間を、大きく節約することができますし、査定へのハードルもぐっと低くなります。

「不動産売却どうする?(旧お困り不動産どうする?)」のメリット・特徴2.仲介ではなく買い取り

何度も仲介を断られると、本当に落ち込みますよね。

自分にとっては大事な資産に価値をつけてもらえないのは、悔しい気持ちでいっぱいになります。

「不動産売却どうする?」では、仲介してくれる会社ではなく、買取をしてくれる不動産会社を探してくれるのです。

持っているだけで税金がかかり、手入れの手間もかかる不動産は、早く売って現金化したいですよね。

仲介の場合は、まず物件を調査し、販売のため営業をし、お客様にご案内、商談、契約、という、少なくとも5つの段階があります。

一度のご案内で契約まで至ることは少なく、多くの方に物件を紹介する中で、買手が見つかればようやく契約となるため、長い時間がかかるのです。

数年経ってもなかなか売れないと、負担も大きくなっていきますし、「できれば早く売りたい」というのは誰もが思うところですよね。

「一生売れないのではないか…」と、焦る気持ちも出てくるでしょう。

「不動産売却どうする?」は仲介ではなく、買取会社専門のサイトですので、あなたの物件を買ってくれる会社を探します

買取の良いところは、買ってくれる会社が見つかればすぐに現金化されるところです。

不動産会社の直接買取りでは、物件調査、査定、意思決定、の3段階のため、仲介よりも短い時間で済みます。

売れ残っている自分の物件がのったホームページを、いつまでも見ることなく、不動産会社に不動産を直接買ってもらえるため、仲介でかかるような手間ひまを大幅に削減できるのです。

「不動産売却どうする?(旧お困り不動産どうする?)」のメリット・特徴3.個人情報保護システム

不動産の情報は、個人情報そのものです。

査定の依頼はしたいけれど、「本当に買ってくれる会社にだけ情報をすべて出したい」「査定を依頼していない会社から営業が来たら困る」という気持ちがある方も多いのではないでしょうか?

「不動産売却どうする?」では、最適と判断した会社だけに個人情報を伝える仕組みになっています。

この会社は実際に買い取ってくれる意思がある、と判断した場合のみ、利用者の詳細な個人情報を開示するというシステムになっているので、無鉄砲にたくさんの不動産会社に個人情報をばらまかなくていいという、大きなメリットがあるのです。

不動産の取引においては、信頼できる会社に、安心して任せられることが何より大事です。

「不動産売却どうする?」では、自分が本当に良いと思った会社と取引できる仕組みが整っていて嬉しいですね。

「不動産売却どうする?」の公式サイトはこちら⇒

他の一括査定サイトと「不動産売却どうする?」は何が違うの?

不動産を売りたいとインターネットを検索すると、不動産一括査定サイトがたくさん出てくるかと思います。

多くの一括査定サイトは、「数十社で一斉査定!」「数百社の中から、条件の良い会社を選びます」「最適な担当者探しを、あなたに代わってお探しします!」といったうたい文句が並んでいるものがすぐに見つかると思います。

しかし、先に述べたように、数十社、数百社に一斉に査定してもらうということは、自分の個人情報を一斉にばらまいてしまうようなものです。

たとえ、一括査定サイトの運営側が適切な担当者を選んでくれたとしても、ばらまかれた個人情報はなかったことにできません。

選ばれなかった不動産会社が、しつこく電話をしてきたり、時には家まで訪問してくることもあるでしょう。

売りに出したいと思っている物件も、査定のためには調査が必要です。

あやしげな不動産会社が自分の家の周辺にたくさん現れるようになったら、まだ住んでいる家であれば、売却を検討していることが近所の方にバレてしまうリスクもあります。

数十社、数百社に一括査定というのは、大変お得なようで、実は大きな個人情報漏洩リスクを抱えていることを、利用する側としては知っておかなければなりません。

「不動産売却どうする?(旧お困り不動産どうする?)」の運営会社情報

不動産売却どうする?を運営しているのは、ドウスル株式会社です。

東京都港区に本社を置いており、インターネットメディア事業などを行なっています。

ドウスル株式会社の運営情報

社名ドウスル株式会社
代表者名村田 大介
住所東京都港区浜松町2-2-15
電話番号03-6432-5932
設立平成30年6月

まとめ

近年、空き家などが増えているとニュースでも取り上げられています。

「売りたいけど売れない」「どうしたらいいのか分からない」という所有者の悲しい声も多いです。

不動産は、長く時間を置いてしまうと物件価値がどんどん減少していきます。

木造戸建ての家であれば、人が住まなくなった時点から家の劣化が始まり、たった1年で空いた家に動物が住み始めたり、家中がカビ臭くなってしまったりと、「早く売っておけばよかった」と後悔される方がとても多いのが現状です。

また、住まなくなった家でとても大変だと聞くのが、庭の手入れです。

毎年夏に、わざわざ空き家まで通って草刈りをするだけでも、本当に手間がかかって大変ですよね。

不動産を持っている方に知っておいてもらいたいこと、それはどの家についても言えることですが「一番高く売れるのは、家が空き家になったそのとき」だということです。

不動産の売却において大事なのは、とにかく早く行動に移すこと。

「今は相続したばかりだから、空き家を売るのには気持ちの整理ができていない」「もう少し時間が経ってから考えたい」という方もいるかと思います。

そんな時は、まず不動産を査定し、今現在どれくらいの価値があるのか知っておくだけでもいいのではないでしょうか。

そうすれば、いざ売ろうとなった時、より素早く物件売却までに動くことができます。

まずは査定をして、不動産の価値を知っておくというのも、大事なのかもしれませんね。

なかなか売れない、困った、ということにならないよう、早くに信頼できる会社を見つけておくことをおすすめします。

「不動産売却どうする?」の公式サイトはこちら⇒